「日向夏」タグアーカイブ

最低で優しい妓楼の男を描く中華小説『女衒屋グエン』/日向夏

女衒屋グエン (星海社FICTIONS)
女衒屋グエン (星海社FICTIONS)

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
「薬屋のひとりごと」(ヒーロー文庫)の日向夏さんの最新作。
浮世離れした美しい箱庭であり、常に憂いが漂う妓女たちの世界・妓楼。
そんな妓楼を統べる美しい女と、顔の半分を隠した隻眼の下働き。そして冴えない人買いの男。
妓楼に住み続ける彼らは、様々な妓女たちを美しく育てあげ、やがて彼女たちを見送っていくのです。
見送る彼らの胸に宿るのは、果たしてどのような思いなのか。
秘密を抱えた最低で優しい男の物語に、そして、傷を抱えながらも凛とした聡明な女の物語に、最後まで心を奪われてしまいました。
とても面白かったです!

☆あらすじ☆
今宵も妓館・『太白楼(たいはくろう)』は眠らない。とある花街のとある一角、遊女たちは春をひさいで生きていた。
生娘のまま女盛りを過ぎてしまった静蕾(ジンレイ)、勝ち気で反抗的な万姫(ワンジェン)、別れた男に囚われ続ける思思(スースー)……。そして西施(シーシー)、この世界を統べるうつくしい主。冴えない女買いの男・虞淵(グエン)と下働きの醜い少女・翡(フェイ)を従える彼女もまた、大きな秘密を抱えていた。そんなある日、都から届いた一通の文が妓館の運命を揺るがしていく。偽りだらけのこの街で、本当の幸せとはいったい何か?
遥か古都の遊郭を舞台に綴られる、儚い色里模様の幕が上がる。
『薬屋のひとりごと』日向夏 ×『おしえて! ギャル子ちゃん』鈴木健也が描く、新たな中華小説の誕生!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最低で優しい妓楼の男を描く中華小説『女衒屋グエン』/日向夏

薬屋のひとりごと7/日向夏

薬屋のひとりごと 7 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 7 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
薬と毒が大好きな(マイルドな表現)薬師・猫猫が様々な謎を解き明かす中華宮廷ミステリー第7弾。
今回もめちゃくちゃ面白かったです。
新しい職場で猫猫の同僚になったツンデレお嬢様とヤンデレ従者のコンビ(表紙のふたり)が可愛くて好きです。
猫猫と壬氏の関係も何やら楽しい動きが????

☆あらすじ☆
里樹妃との一件が片付いたのもつかの間、猫猫のもとに高順が厄介ごとを持ってやってくる。どんな用事かといえば、猫猫に官女試験を受けさせないかというものだった。猫猫は、半ば強制的に試験を受ける羽目になる。新しく医官付の官女となった猫猫の前に現れるのは、面倒くさい変人軍師に厳しい上司の医官たち、それと同僚たる同じ官女たちだが―。猫猫は同僚たちにお約束の通り嫌がらせを受ける。特に、官女の首領である姚は猫猫に対して突っかかってくるのだった。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと7/日向夏

カロリーは引いてください! 学食ガールと満腹男子/日向夏

カロリーは引いてください! ~学食ガールと満腹男子~ (富士見L文庫)
カロリーは引いてください! ~学食ガールと満腹男子~ (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年5月刊。
「薬屋のひとりごと」の日向夏さんの新作。
大学の学生食堂で働く主人公と、彼女に食事を作ってもらう巨漢の幼なじみが、日常の様々な謎に遭遇していく減量ライトミステリーです。
低カロリーでも美味しいごはんを!というコンセプトの料理がたくさん登場するのだけど、主人公の努力をあざ笑うかのようなヒーローの大食漢っぷりに和みましたw
謎解きも面白かったし、主役二人の関係もほのぼのしていてよかったし、とても満足。
シリーズ化を期待しています!

☆あらすじ☆
オーダーは彼のダイエット!? 賄い女子とハイスペック巨漢の献立奮闘録!
大学の学食で働く楓は、学内の人気者・朝生くんのマンションに、住み込みでご飯を作る契約をしている。学業優秀、スポーツ万能、悩み事も優しく引き受ける彼は、まさに完璧だった――たった一つ、その体重を除いて。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カロリーは引いてください! 学食ガールと満腹男子/日向夏

薬屋のひとりごと6/日向夏

薬屋のひとりごと 6 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 6 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
ラブコメモードが暴発してしまった壬氏の安否が気になって仕方なかった第6巻。
猫猫は手強すぎるけど、くじけない壬氏も強いw
そして今回のメインは表紙のふたり。淡い想いの行方にハラハラさせられたけれど、今回も安定の面白さでした。

☆あらすじ☆
猫猫は壬氏からのプロポーズを受けるのか? 花嫁の自殺、人気画家の食中毒、湖の上を歩いて渡る仙女……第六弾も大注目!
西都にて、壬氏に求婚された猫猫。今まであやふやだった関係が大きく変わろうとしていた。今までと変わりなく接したい猫猫に壬氏は焦る。皇弟として、政に関わる者に恋という自由はない。猫猫もまた、壬氏の心を知りつつも、己の立場を考えると首を縦に振ることはできない。軍師羅漢の縁者、それが西都で用意された猫猫の肩書だった。猫猫は重い気持ちのまま、ある決断をくだすのだが────。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと6/日向夏

薬屋のひとりごと5/日向夏

薬屋のひとりごと 5 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 5 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年4月刊。
新章の序章的な内容で、本題はまだまだこれからという感じのシリーズ第5巻。
でも猫猫と壬氏が!猫猫と壬氏が!!(大興奮)

☆あらすじ☆
読後満足度絶好調の大人気シリーズは新章突入。難事件の謎解きは勿論、猫猫と壬氏の関係から目が離せない!
子の一族の反乱がおさまり、宮廷では皇子が生まれたことで玉葉妃が正室になった。壬氏もまた、宦官ではなく皇弟として政を行うこととなる。一見、何事もなく平和におさまったかに見えたが、都にはすでに不穏な空気が漂っていた。猫猫はといえば、謎の毒菓子事件、蝗害への不安、紙の村の所有権問題……いつものごとく巻き込まれ、首を突っ込むことになる。また、壬氏からの命令で、玉葉后の故郷、西都へと向かうことになった。色とりどりの花たちが咲く舞踏会で何者かの陰謀が渦巻いていく。猫猫はその思惑を暴くことができるだろうか! ?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと5/日向夏

薬屋のひとりごと4

『薬屋のひとりごと4』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★★

薬屋のひとりごと 4 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 4 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
薬屋のひとりごと3 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
1巻からの多くの伏線が一挙に回収されるクライマックスな第4巻。最高に面白かったです!
最終巻的盛り上がりに完結かと焦りましたが、巻末に「薬屋のひとりごと5に続く」の文字があったので安心しました。この調子でまだまだ続いてほしいシリーズです(*^ω^*)せめて彼が報われるまでは・・・・・・

☆あらすじ☆
壬氏が宦官ではないと知ってしまった猫猫。後宮内で皇帝以外のまともな男がいるのはご法度、それがばれないようにどきどきする毎日を過ごす。そんな中、友人の小蘭が後宮を出て行ったあとの就職先を探していることを知る。
猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作るために後宮内の大浴場に向かう。その折、気弱な四夫人里樹妃が幽霊を見たという話を聞いてそれを解決すべく動き出す。一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが新たな問題が浮上する。後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして――拉致される。宮廷で長年黒く濁っていた澱(おり)、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと4

薬屋のひとりごと3

『薬屋のひとりごと3』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★☆

薬屋のひとりごと 3 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 3 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
薬屋のひとりごと2 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
後宮で大活躍する薬毒マニア猫猫の事件簿第3弾。
今回も安定の面白さでした。ほんとこのシリーズ大好きです。
ラストはニヤニヤが止まりませんでしたーッε٩( ºωº )۶з

☆あらすじ☆
玉葉妃の妊娠により、再び後宮に戻ってきた猫猫。皇帝の寵妃ということもあって、それは秘密厳守。しかし、女たちの腹の探り合いは日常茶飯事で、後宮内だけでなく外部からも怪しげな動きが見え隠れする。後宮外では壬氏たちが隣国の特使の要求に頭を悩ませていた。特使たちは、数十年前にいたという妓女、それが見たいと無理難題を言ってきたのである。花街の事情に詳しい猫猫に相談を持ちかけてくるが、それは意外な人物だった。猫猫はその美女にかわる絶世の美人を用意することとなる。また、猫猫は避暑地へ行く壬氏に同行することに。そこで待っていたのは―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと3

薬屋のひとりごと2

『薬屋のひとりごと2』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★★

薬屋のひとりごと 2 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 2 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから
薬屋のひとりごと1 | 晴れたら読書を

2015年1月刊。
まさか続編があるとは思わなかったシリーズ第2巻。
名探偵な薬毒マニア猫猫の知性冴え渡る宮廷ミステリーですが、今回は前巻以上に綿密に置かれた伏線と、それが鮮やかに回収されていく様子がとても素晴らしかったです。
中華風な世界観も相変わらず魅力的。猫猫と壬氏のコミカルなやりとりも楽しかった!
そして、猫猫自身の過去にも迫っていきます。泣きました。最高です。

☆あらすじ☆
後宮女官を解雇された猫猫は、花街に戻ってきた。しかし、すぐに超美形の宦官・壬氏のお付として、外廷に出仕することになる。壬氏への嫉妬から他の官女たちにからまれ、倉庫の小火、官僚の食中毒、腕利き職人が残した不思議な遺言の調査など奇妙な事故や事件が多発する。いろいろな事件が重なりあう中、それらはある一つのことに収束することを猫猫は知る。そこにはある人物の思惑があった。そしてそんな中、壬氏に付きまとう武官・羅漢が現れる。変人として有名なこの男は、何かにつけて壬氏に問題を持ってくるようになる。羅漢の本当の狙いとは一体?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと2

路地裏の精霊姫

『路地裏の精霊姫』(日向夏著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

路地裏の精霊姫 (一迅社文庫アイリス)
路地裏の精霊姫 (一迅社文庫アイリス)

私、まちさんのイラスト好きなんです。
そして日向夏さんの「薬屋のひとりごと」(ヒーロー文庫)は最近ハマった1冊。
ということでこのタッグに期待を寄せて読んでみました。
内容は、宝石職人見習いの少女が、行き倒れの駄犬、じゃなかったイケメンを拾って餌付けする話です。前半は大体そんな感じですが、次第に通り魔事件やら青年の正体やらが絡んで騒動に発展していきます。
とりあえず言いたいのは、表紙に騙された!
か弱そうにみえてこのヒロイン、おてんばってレベルじゃないです!ww
下町娘としては正しい形かもしれませんね。すごいです。何がすごいって、とりあえずピンチは頭(物理)と脚(上から)でどうにかくぐり抜けてる感じがすごい。おそらくこの表紙の次のカットでは、ヒロインの頭が隣の美青年のアゴの下にめり込んでるはず・・・・・・。そんなこともあるかもしれない。
ちょっと終盤が展開が急ぎ足な上に消化不良気味でしたが、全体的には面白かったです。

☆あらすじ☆
精霊が見える、宝石職人見習いの少女クラウディア。ある日彼女は、精霊に囲まれていた青年アズーロが、目の前で倒れたのでつい助けてしまう。それ以来、彼女の家を訪れるようになった彼の目的は、もちろん助けてくれたクラウディア。…ではなく、彼女が作るご飯!?世間知らずなアズーロに調子は崩されっぱなし。そのうえ、奇妙な事件に巻き込まれはじめて―。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 路地裏の精霊姫

薬屋のひとりごと1

『薬屋のひとりごと』(日向夏著/ヒーロー文庫)★★★★☆

薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)

2014年8月刊。
とても面白かったです。
中華な世界観の後宮を舞台に、薬毒マニアの女の子が探偵役で活躍するライトミステリー。
冷静沈着で知性あふれるものの、かなりの変人という主人公が良いキャラクターでした。そして彼女をこき使っている態の宦官の青年がミイラ取りになっていっている様がとても楽しかったです。
連作短編のように、小さな事件を積み上げて大きな流れを描き出す構成なのですが、ひとつひとつの事件も味があって読み応えがあります。おすすめです。

☆あらすじ☆
大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。そばかすだらけで、けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。まかり間違っても帝が自分を“御手付き”にしない自信があったからだ。
そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 薬屋のひとりごと1