「新人賞受賞作」タグアーカイブ

銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 /西嶋ひかり


銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
第17回角川ビーンズ小説大賞「優秀賞」受賞作。
面白かった!
神の力を使い、人の世を瘴気から守る不老不死の姫宮。
姫宮の力と権威に目をつけた権力者たちの争いに巻き込まれるなかで、彼女は惹かれてはならない唯一の存在と出会ってしまうのです。
姉への愛憎をこじらせ、孤独に苦しみながらも気高くあろうとする主人公。
そんな彼女の心を乱すのは、神をも恐れぬ悪名高き王。
二人の駆け引きと恋の行方にハラハラしつつ、神話が息づくような世界観に心惹かれました。
これは良い和風ファンタジーだ。綺麗に終わってるけれどシリーズ化するのかな?今後の展開に注目したい新作でした。

☆あらすじ☆
世を守る姫宮として、15才の姿見で永遠の時を生きる真珠。役目から解放され命を失うのは運命の相手“銀狼”に出逢うとき。ある日、冷徹な若き国主・透輝が宮を訪れると、彼を銀狼と感じた真珠は取引をもちかけて?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 /西嶋ひかり

終わる世界の魔人執事 /景山千博


終わる世界の魔人執事 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
第8回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作
幼馴染なお嬢様と執事が終末世界で殺し愛、という盛りすぎ!でも好き!と言いたくなる終末もの。
ただ、心理描写がざっくりとして展開が駆け足だし、バトルは盛り上げようとする割に決着があっさりだし、うーん、ところどころ惜しいかなぁ。
でもシリーズ化前提の1巻みたいなので、掘り下げてほしかった部分は続刊に期待なのかもしれません。

☆あらすじ☆
世界が滅びると告げられた一年まで、残り七日。ほぼ全ての生物が消滅していく中で消滅を免れている唯一の場所――『終末の地』と呼ばれる場所で、お嬢様と執事が戦っていた。世界を終わらせる「滅び」を退け、新たな世界を生み出す救世主となってしまったお嬢様――ユズハと、救世主を阻止するべく魔人の力を得た元執事――シュウヤ。想い合う二人は、それぞれの意志を胸に秘め、戦い続ける。相手のために――第8回講談社ラノベ文庫新人賞<佳作>受賞作が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わる世界の魔人執事 /景山千博

前略、顔のない騎士と恋を始めます。 /春臣あかり


前略、顔のない騎士と恋を始めます。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
第1回ビーズログ小説大賞受賞作。
えっ、新人さんですか?
なんだかベテランのような安定感のある作風で、途中で引っかかるところもなく、気づけば楽しく読み終えていました。これは安心と信頼の少女小説・・・!
魔術師の仮面をつくる仮面造形師の少女が、魔術院の採用試験に合格するために奮闘するファンタジー。
試験に挑む中でワケありの仮面騎士を必死に追いかける主人公は素直に好感の持てる頑張り屋さんだったし、タイトルにある「恋」の始まりもじっくりと丁寧に描かれていきます。
キャッチーな要素があるわけではないのだけど、滋味のある良作という感じ。
1冊でそれなりに綺麗に話をまとめてありますが、シリーズ化に繋がりそうなラストでした。伏線も少し残っているし。
続きを楽しみに待ちたいと思います。

☆あらすじ☆
どんな過去(ルビ:キズ)があろうとも、“惹かれる想い”は止まらない!! 仮面作りを通して描かれるクラシカルお仕事ラブロマン!
「選ばれた十二席(ヘルヘニル・ツヴェルフ)」の一人になる——。
その夢を抱き【仮面造形師】の試験を受けに王都へとやってきたイルゼは、そこで漆黒の仮面をつけた寡黙な騎士ヴィンセントと出会う。
“顔のない騎士”と揶揄され、素顔に醜い傷と凄惨な過去を負う彼に、たまらなく惹かれていくイルゼ。
だが仮面を作らせてほしいと頼むも「お前とは関わりたくない」と一刀両断され!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 前略、顔のない騎士と恋を始めます。 /春臣あかり