「我鳥彩子」タグアーカイブ

楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘/我鳥彩子

楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘 (コバルト文庫)
楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘 (コバルト文庫)

評価:★★★☆☆
2018年4月刊。
前世の記憶があり楽観主義を強制された少女と、営業スマイル全開で腹黒な守銭奴王子の出会いから始まる中華ファンタジー。
楽観的かつ行き当たりばったりなノリで進みつつ、裏に隠された事情は意外とホンワカしていなかったりする本作。
とはいえ、我鳥さんらしいハイテンション&ハイテンポなラブコメだったと思います。
個人的には王子のキャラが好みだったかな〜。最後まで徹底した守銭奴で面白かったです。
ちなみに前世持ちヒロインではあるけれど異世界転生モノではありません。
あと「天都宮帝室の然々な事情」シリーズと繋がりのある世界観らしいのだけど、そちらは未読なんですよね。
特に問題なかったので、この作品から読んでも大丈夫だと思います。

☆あらすじ☆
三人の姉と王位継承権を争う王子・果潤は、自他共に認める筋金入りの守銭奴だ。半面、自分の益になりそうな人物には支援を惜しまないとも評判だった。そんな果潤のもとを、楽花という商家の娘が訪れる。楽花が言うには、彼女は「楽観国」という亡国の王女の生まれ変わりらしい。かつての王国を取り戻せば大金も手に入るからと、王国再興のために力を貸してほしいと頼まれた果潤だけれど…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 楽観戀情値千金 守銭奴王子と夢見る転生娘/我鳥彩子

チョコレート・ダンディ3 天使の誘惑は君の罪/我鳥彩子

チョコレート・ダンディ ~天使の誘惑は君の罪~ (コバルト文庫 わ 5-30)
チョコレート・ダンディ ~天使の誘惑は君の罪~ (コバルト文庫 わ 5-30)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
「あしながおじさん」モチーフのラブコメシリーズ完結巻。
全3巻となりましたが、丁度いい長さだったと思います。
お手紙要素はもうちょっと欲しかったけれど、楽しく読める良いラブコメでした。

☆あらすじ☆
大衆新聞紙の記者ユリアは、しつこくて頑固で、書く記事は妄想仕立て。オスカーの醜聞ネタ(ガセ)を掴んだユリアは、記事を載せない条件に、アデルに潜入捜査を提案し!? 甘くとろけるラブコメ最終巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む チョコレート・ダンディ3 天使の誘惑は君の罪/我鳥彩子

チョコレート・ダンディ2 君の瞳は甘い罠/我鳥彩子

チョコレート・ダンディ ~君の瞳は甘い罠~ (コバルト文庫)
チョコレート・ダンディ ~君の瞳は甘い罠~ (コバルト文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
前向き作家少女とこじらせ純情青年が織りなす明るく楽しいラブコメ第2弾。
前巻以上に初々しいバカップルにニヨニヨできる仕様となっていました。
今回は怪盗が登場して世間を騒がせ、アデルとオスカーも事件に無関係ではいられなくなるという波乱の展開へ。
そしてオスカーがついに深淵の世界に足を踏み入れて・・・・・・!

☆あらすじ☆
小説の続編を構想中の少女アデル。恋人のオスカーは、公爵家の嫡男という身分なのに、ネタ探しに燃えるアデルには振り回されっぱなし。そんな頃、王都に“黒薔薇”と名乗る美術品泥棒が出没しはじめ、アデルは興味津々。同時にアデルは、クライヴという美青年と知り合うことに。彼はリュミエラ・ローズという筆名で活躍する、人気恋愛小説家で…!?新釈「あしながおじさん」、待望の続編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む チョコレート・ダンディ2 君の瞳は甘い罠/我鳥彩子

チョコレート・ダンディ 〜可愛い恋人にはご用心〜/我鳥彩子

チョコレート・ダンディ 〜可愛い恋人にはご用心〜 (コバルト文庫)
チョコレート・ダンディ 〜可愛い恋人にはご用心〜 (コバルト文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年2月刊。
「あしながおじさん」をモチーフにした、青年貴族と孤児の少女の物語。
コミカルなシンデレラストーリーとして楽しめる作品でした。一見するとシリアスな展開も明るくサクサク進むのでとても読みやすかったです。
そして自立心が強くて前向きなヒロインに好感をもちつつ、こじらせ残念系のヒーローに不遜萌えw
この面倒くさい可愛さはクセになりそう。
6月発売予定の2巻も楽しみです!

☆あらすじ☆
公爵家の嫡男オスカーは、金と身分が目当ての女達に絶望していた。そんな折、友人のユーディに唆され、小説家志望の少女アデルを匿名で支援するという賭けに乗ってしまった。欲しい物をすべて与えて、アデルが堕落すればオスカーの勝ち。甘えずに夢を叶えたらユーディの勝ち。ところが、贈り物攻撃にまったく興味を示さないアデルに、オスカーは戸惑いながらも興味をひかれてしまい…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む チョコレート・ダンディ 〜可愛い恋人にはご用心〜/我鳥彩子

あくまで悪魔! おまえに最初で最後の恋を教えてやる

『あくまで悪魔! おまえに最初で最後の恋を教えてやる』(我鳥彩子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

あくまで悪魔! 〜おまえに最初で最後の恋を教えてやる〜 (コバルト文庫)
あくまで悪魔! 〜おまえに最初で最後の恋を教えてやる〜 (コバルト文庫)

前巻の感想はこちらから
あくまで悪魔!2 おまえにこの腕から逃れる術はない | 晴れたら読書を

「贅沢な身の上」の劇中小説の書籍化シリーズでしたが3巻完結。
林檎の王子様と不幸娘の魔界ラブコメという一発ネタっぽい内容で3冊も続けられるのか最初は疑問だったのですが、予想以上に綺麗にまとめて終わったのでとても満足です。

☆あらすじ☆
魔王の邪気を吸い込み、“聖憐の乙女(仮)”の身の上になってしまったディオナ。ナハトへの想いも告げられずにいた。そんな折り、天界から大物天使「通称デュー」が年末監査にやって来た。ディオナの存在が問題となるが、デューは、刻印が復活してから一ヶ月の間に、魔界で最も不幸な悪魔を救うことが出来たなら、魔界に“聖憐の乙女”が存在する意義を認めるという条件を出してきて…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あくまで悪魔! おまえに最初で最後の恋を教えてやる

あくまで悪魔!2 おまえにこの腕から逃れる術はない

『あくまで悪魔! おまえにこの腕から逃れる術はない』(我鳥彩子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

あくまで悪魔! 〜おまえにこの腕から逃れる術はない〜 (コバルト文庫 わ 5-24)
あくまで悪魔! 〜おまえにこの腕から逃れる術はない〜 (コバルト文庫 わ 5-24)

前巻の感想はこちらから
あくまで悪魔!1 おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う | 晴れたら読書を

悪魔の花嫁になってしまった善行貯め込み娘・ディオナの物語第2巻。
今回は里帰り編です。あと、たぶん上下巻?

☆あらすじ☆
魔王のとんでもない命令のために、トレンドが林檎作りとなった魔界。王子・ナハトに攫われ、花嫁となったディオナだが、今までの「不運」がドジとなって表れるようになってしまう。それを見て、ドジっ娘萌えが開花するナハト。一方、ディオナは「ナハトを人間に戻したいなら好きになるな」というザジルの言葉に戸惑っていて…!?驚くべき真実が明かされる、魔界ラブコメディ第2巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あくまで悪魔!2 おまえにこの腕から逃れる術はない

あくまで悪魔!1 おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う

『あくまで悪魔! おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う』(我鳥彩子著/集英社コバルト文庫)★★★☆☆

あくまで悪魔! ~おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う~ 集英社コバルト文庫
あくまで悪魔! ~おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う~ 集英社コバルト文庫

前作「贅沢な身の上」の主人公の愛読書がほんとに本になりました!という異色作。
贅沢は途中までは読んでたんですが・・・・・・。
それはともかく、本作の内容は嫁入り途中に悪魔の花嫁として攫われてしまった不運ヒロインが主人公のラブコメ。
来世のために善行積み立てをするって何なんだww
悪魔ヒーローの事情に少しシリアスが入っているものの、全体的には軽く笑って楽しめるお話でした。

☆あらすじ☆
「不運な家系」で有名な家に生まれたディオナ。今生での幸せは諦め、来世のための善行積立が趣味という風変わりな美少女である。17歳のある日、貧乏貴族のお決まりで借金の形に政略結婚することになるが、奇妙な三人組が現れ、見知らぬ世界に連れ去られてしまう!彼女を待っていたのは、眩しいほどに美しい青年ナハト。彼は自分を魔界の王子だと言い、ディオナを「花嫁にする」と宣言して…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む あくまで悪魔!1 おまえには漆黒の花嫁衣装がよく似合う

贅沢な身の上11 ときめきは遙かなる河に乱されて

『贅沢な身の上 ときめきは遙かなる河に乱されて』(我鳥彩子著/コバルト文庫)★☆☆☆☆

贅沢な身の上 ときめきは遥かなる河に乱されて! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)
贅沢な身の上 ときめきは遥かなる河に乱されて! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)

よし、もう切ろう。と前回も思ったような・・・
全く面白くないわけじゃなく、途中で読むのを断念するレベルでもない。なんとも微妙なシリーズ。
だらだらと11冊目?うーん。

☆あらすじ☆
稜王夫妻が誘拐された。関係者が一様に「めんどくさ…」と思っているところへ、稜王を解放する条件を記した文が届く。要求は金ではなく、意味不明な珍品。花蓮は、きっと犯人はただの河賊ではないと興味津々。そんな時、天綸に懐いている羽竜という美少年と出会う。初めは女の子だと思った。以前は、天綸と美少女が並べば、楽しく妄想していたのに、それが出来なくなっていることに気づいて…!?

以下、感想(書くことあるかな?)

続きを読む 贅沢な身の上11 ときめきは遙かなる河に乱されて

贅沢な身の上10 ほら、眸がときめきを伝えるから!

『贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから!』(我鳥彩子著/コバルト文庫)★★☆☆☆

贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)
贅沢な身の上 ほら、眸がときめきを伝えるから! (贅沢な身の上シリーズ) (コバルト文庫)

妄想暴走娘と恋愛脳残念陛下の掛け合い漫才を楽しむシリーズ第10巻。

☆あらすじ☆
帝国の実権を握る皇太后の許可まで得て、皇帝・天綸が煌星的男子デビューに向けて本格的に始動!? ところが養成合宿で天綸と離ればなれになった花蓮に変化が! 花蓮、ようやくデレる!? の巻、開幕!

以下、ネタバレありの感想。

続きを読む 贅沢な身の上10 ほら、眸がときめきを伝えるから!