「後宮の烏」タグアーカイブ

後宮の烏2 /白川紺子


後宮の烏 2 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
後宮に住みながら帝に従わない神秘の存在・烏妃。
第1巻では孤独に幽鬼だけを見て生きてきた烏妃の変化と転換が描かれていました。続く第2巻ではその変化がもたらす運命が動き始めたようです。
単巻読み切り作品としても楽しめた1巻とは違い、2巻は長編シリーズに大きく舵を切った雰囲気。
風呂敷の広げ方、伏線の置き方、気になる新キャラの登場など、今後繰り広げられるであろう物語のスケールに期待が膨らむ内容でした。
ただでさえ中華系ダークファンタジーって好きなのに、神話に絡め取られた烏妃の運命の行方にハラハラドキドキが止まりません。
続きもとても楽しみです!

☆あらすじ☆
後宮で生きながら帝のお渡りがなく、また、けして帝にひざまずくことのない特別な妃・烏妃。
当代の烏妃として生きる寿雪は、先代の言いつけに背き、侍女を傍に置いたことに深く戸惑っていた。
ある夜、後宮で起きた凄惨な事件は、寿雪が知る由もなかった驚愕の真実をもたらす、が--。
烏妃をしばる烏漣娘娘とは何か?
烏漣娘娘がおそれる「梟」とは一体誰なのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏2 /白川紺子

後宮の烏/白川紺子

後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)
後宮の烏 (集英社オレンジ文庫)

2018年4月刊。
評価:★★★★★
面白かった!!

謎多き「烏妃」を主人公として、後宮で起こる怪異現象に隠された真実を描いていく中華幻想小説。
落とし物の持ち主探しから始まる烏妃と皇帝の物語は、やがて国の歴史を揺るがす壮大な秘密を暴くことになるのです。

表紙の美しさに心惹かれたら是非読んでほしい。
オリエンタルな中華後宮を舞台としつつ、花や鳥が舞い踊る幻想的な世界観がとにかく素晴らしいのです。そして寂しさと優しさが交錯する人間ドラマは読み応え抜群です。

また、烏妃のキャラ造形はとても秀逸で、その一点だけでも本作を推したい!
夜が似合い、心に傷と秘密があり、幻想的な術を操る孤高の美少女。それでいて人を突き放しきれずに餌付けされてしまう(!)お人好しの優しい女の子。
ああ、この主人公、最高に好きです・・・・・・

☆あらすじ☆
後宮の奥深くに、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、うら若い少女だったと言う者もいた。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物探しまで、頼めばなんでも引き受けてくれるという――。
ある夜、時の皇帝・高峻が、烏妃のもとに訪れる。拾った翡翠の耳飾りに女の幽霊が取り憑いており、その正体を知りたいと言うのだが……。
少年時代、生母を皇太后に殺され、廃太子となって辛酸を舐めた皇帝、高峻。
神に選ばれし者と言われ、皇帝をして「誰も烏妃には命令できない」と言わしめる存在として生きる寿雪。
二人の巡り合わせは、歴史をも覆す「秘密」を暴くことになる……!
大ヒット『下鴨アンティーク』の著者がおくる、圧倒的中華幻想譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏/白川紺子