「彼女が俺を暗殺しようとしている」タグアーカイブ

彼女が俺を暗殺しようとしている /大平しおり


彼女が俺を暗殺しようとしている (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
高校入学直後に出会った女の子に一目惚れ。彼女も自分を好きだという。
しかし彼女の手にはカッターナイフ。そうして次から次に襲いくる命の危機。
いったい何が起こっているのか。彼女の殺意はどこに向かうのか。
そういうサスペンスな青春小説でした。デッド・オア・ラブな話って好き。
コワモテゆえに誤解されやすい主人公の語り口も元気がよく、読んでいて楽しかったです。
ただ、オチは途中で察してしまうし、終盤の展開が一部ちょっと雑だったことも惜しいかなぁ。

☆あらすじ☆
待ちに待った初デートの日、俺は——彼女の愛は殺意だと知った。
「あのね。私とつきあってくれる?」
美少女に告白された。ヤンキーに絡まれがちな日常から抜け出すため、元お嬢様校である杏子ヶ丘学園高等部に進学した俺は、ついに初彼女をゲットしたのだ。
これで夢にまでみた幸せな高校生活が送れる、そう思っていたのに——
「ハルくんのことが好きだから。永遠に自分のものでいてほしいって、思うでしょ?」
なぜ、俺は初デートで彼女に殺されかけているのだろう?
衝撃の結末から目が離せない。これは、不器用なふたりの愛と殺意の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女が俺を暗殺しようとしている /大平しおり