「影の王国」タグアーカイブ

現代日本と異世界で繰り広げられる貴種流離譚── 『影の王国』シリーズ /榎木洋子

影の王国 ピジョン・ブラッド【電子版限定・書き下ろしつき】 (集英社コバルト文庫)

評価:★★★★★

『影の王国』シリーズは、1997年から2002年までコバルト文庫から刊行されていた現代ファンタジーです。

亡き母の戒めを破り「赤い月」を見てしまった女子高生・瞳。
その日から人ならざるものが見えるようになった彼女は、地味なクラスメイト・渡会月哉が影の中で麗しく変貌することを知り、やがて「月の影の王国」という異世界の存在を知ることになります。

そこは自らの血をひく王子を生贄とし、巨大な力を維持する「月の王」が支配する世界。

父に殺されるか、父を殺すか。
そんな血なまぐさい王位継承争いを繰り返す月の王家に生まれ、生贄に選ばれながらも地上へ逃げのびた月哉。
追っ手から逃げる月哉に関わるうちに秘められた巫女の力を覚醒させ、隠されてきた真実をその目で見通す瞳。

物語は、学園ジュブナイルホラーな第一部、貴種流離譚の本題に突入する第二部、すべての謎が解き明かされる第三部という形で、中だるみすることなく一気に駆け抜けていきます。
複雑な伏線を幾重にも編み込みながら、様々な思惑と想いを抱えた人々のドラマが胸を打つストーリーとなっています。

はじめて私が読んだ頃はすでに完結済みだったこともあり、全14巻をズラっとならべ、夢中になって一気に読破したことを覚えています。
しかし最近は内容をすっかり忘れてしまっていて、面白かったことは感覚として覚えているのに「どんな風に面白かったのか」を全く思い出せない状態でした。
それが無性に悔しく感じられたので初読み気分で「影の王国」を再読。これがもうめちゃくちゃ楽しかった。
こんなに読み応えある壮大な話だったのかぁ。惚れ直してしまいました。

そして再読した今だからこそ自信をもって言えます。

 

『影の王国』は面白いよ!!

 

☆あらすじ☆
学校の帰りに、赤い月を見た翌日から、瞳の生活は一変した。全然目立たなかった同級生月哉が、存在感のある人に思えてきたのだ。それだけではない。道端に生える蔦、向かいの住人の不気味な影など、他の人には見えない変な物が、見えるようになった。最近ペットが次々にいなくなる怪事件と、何か関係があるのだろうか。月哉は何かを知っているらしいが…。ホラー・ファンタジーの登場!
電子版限定書き下ろしSS「赤い鳥」収録!

以下、シリーズ全体のネタバレありで雑に色々と感想を。

 

続きを読む 現代日本と異世界で繰り広げられる貴種流離譚── 『影の王国』シリーズ /榎木洋子