「岩井恭平」タグアーカイブ

リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)
リオランド 02.星紡ぎの姫と聖なる獣 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年11月刊。
1巻から間を置かずに2巻が刊行された理由、読んで察しました。
ここまでが序章なのでは。
明かされた真相の衝撃は大きかったけれど、1巻に比べると2巻自体はやや乗り切れず・・・。
1巻が面白すぎたことと、ページ数の問題かもしれない。あと某ヒロインへの苦手意識が・・・

☆あらすじ☆
リオランド王国の騎士ミカドと地球の姫エチカは、《科学》世界からやってきたEI軍の王都進撃を一時は退けたものの、EI軍はさらなる大攻勢を開始する! 圧倒的な物量と死を恐れない《科学》兵力を打ち破るべく、ミカド率いる騎士団は儀法にエチカの知識を掛け合わせ、対抗するが、戦況は劣勢で……。
「団長命令だ。己の魂を、強く保て。――決して、死ぬなよ」
絶望的な戦況を覆すべく、ミカドはその身に刻まれた“禁忌の呪い”――この世界の理(ことわり)を揺るがす大儀法を解放する!!
すべては王国と、愛すべきリューリリリィ姫のために。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む リオランド2 星紡ぎの姫と聖なる獣 /岩井恭平

リオランド1 最慧の騎士と二人の姫/岩井恭平

リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫 (角川スニーカー文庫)
リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
めちゃくちゃプロローグなのにどうしてこんなに面白いの!
異世界から現れた異邦人。突然の事態に戸惑う現地の人々。
中世的FT世界と未来SF世界が交錯するとき、そこに何が起こるのか。
壮大なスケールの物語が幕を開いてしまいました。ここから更に面白くなるのは間違いない。
この期待感だけでも本作は推せます。続きが楽しみ!

☆あらすじ☆
“世界が替わる”運命を――キミと変えていく。
リオランド王国の若き天才騎士・ミカドが戦場で出会ったのは、《科学》の異世界の姫・エチカ。
監視役となったミカドとエチカは互いの信念に惹かれ合うが、リオランド皇女・“予言姫”リューリリリィにより、《科学》世界の王国侵攻が示され――!?
「オレはこの国とリューリ姫をお護りする。手を貸してくれ」
「私はこの戦いを止めて故郷に帰りたい。お願い、手伝って」
リューリへの忠誠、エチカとの約束のため、ミカドは戦場でその真価を示す。その先には別れがあることを――そしてリューリリリィの紡ぐ予言(コトバ)が、大陸を禍乱へ導くことを知りながら。
「ムシウタ」「東京侵域:クローズドエデン」著者・岩井恭平最新作は、魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。 続きを読む リオランド1 最慧の騎士と二人の姫/岩井恭平

東京侵域:クローズドエデン3 人類の敵VS人類の敵/岩井恭平

東京侵域:クローズドエデン 03.人類の敵VS人類の敵 (角川スニーカー文庫)
東京侵域:クローズドエデン 03.人類の敵VS人類の敵 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
大切な人を取り戻すため共に戦う男女バディアクション第3弾。
今回もめちゃくちゃ熱くて面白かった!!
どんな窮地にあっても、離れていても、揺るがずに互いを信じ合う関係が本当に格好いいのです。
しかしこれ続刊厳しいとか・・・・・・こんなにこんなに面白いのに(´・ω・`)

☆あらすじ☆
どれだけ傷ついても、どれだけ絶望に囚われても、戦うことを諦めない。
決死の“東京”侵入で、“スポット”と“ハーメルン”への手がかりを失った蓮次たち。活路を求める叶方は最後の手段――人気アイドルKANATAとして救務庁に潜入する。しかし、“奪還派”の起こしたクーデターに巻き込まれ!? 一方、別行動を取る蓮次にも救務庁の刺客が迫り、決死の逃亡劇が始まる。全世界を敵に回しても走り続ける蓮次。命をかけて希望を繋ぐ叶方。送る者と征く者――二人の魂と絆をかけた戦いが始まる!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京侵域:クローズドエデン3 人類の敵VS人類の敵/岩井恭平

東京侵域:クローズドエデン2 Enemy of Mankind[下]

『東京侵域〈インローデッド〉:クローズドエデン 02.Enemy of Mankaind [下]』(岩井恭平著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

東京侵域:クローズドエデン 02.Enemy of Mankind (下) (角川スニーカー文庫)
東京侵域:クローズドエデン 02.Enemy of Mankind (下) (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
東京侵域:クローズドエデン1 Enemy of Mankind[上] | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
待望の下巻!今回もとても面白かったです。
物語的には一区切りついた感じですが、気になる伏線が出てきたことですし、むしろ本題に入ったのかも。

☆あらすじ☆
“EOM”が支配する“臨界区域”に戻ってきた蓮次と叶方。しかし、救務庁の待ち伏せで叶方が人質に!人気アイドルという正体がバレたうえに、命の危機にも晒される叶方。だが、蓮次を狙う“金色の糸”の襲撃で状況は一変し!?同じ頃、別の場所では“上級者”の精鋭・人工衛星ヒマワリと、二刀流の剣士・魚瀬鞠緒が動き出す。さまざまの想いが交錯するなか、蓮次と叶方は宿敵“ハーメルン”を倒し、大切な人たちを取り戻せるか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京侵域:クローズドエデン2 Enemy of Mankind[下]

東京侵域:クローズドエデン1 Enemy of Mankind[上]

『東京侵域〈インローデッド〉:クローズドエデン 01. Enemy of Mankind[上]』(岩井恭平著/角川スニーカー文庫)★★★★☆

東京侵域:クローズドエデン 01.Enemy of Mankind (上) (角川スニーカー文庫)
東京侵域:クローズドエデン 01.Enemy of Mankind (上) (角川スニーカー文庫)

面白かった!
「ムシウタ」の岩井恭平さんの新作。ムシウタは1巻を読んでから延々積みっぱなし・・・・・・
本作の舞台は紫色の壁によって外の世界と隔絶された東京都心。そこに取り残された大切な人を取り戻すために侵入者(レイダー)となった少年と少女の物語です。
希望を見せては絶望に叩き込み、そしてそこから這い上がるというジェットコースターのような上巻でした。そう、上巻なんですよね・・・・・・下巻はどうなってしまうんだろう。

☆あらすじ☆
“東京”が変貌して2年―高校生の秋月蓮次と、大人気アイドルの弓家叶方には二人だけの秘密があった。二人は“臨界区域・東京”に侵入する“侵入者”だったのだ。エリア限定の特殊能力“注入”を使って探索を続ける蓮次と叶方。敵対する政府機関“救務庁”と、エリア最悪の怪物“EOM”との三つ巴の状況で、蓮次と叶方は誓いあった“約束”を果たすことができるのか!?人類vs.人類の敵―希望と絶望のボーイミーツガール始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京侵域:クローズドエデン1 Enemy of Mankind[上]