「尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る」タグアーカイブ

尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る/紺野アスタ

尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る (ダッシュエックス文庫)
尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る (ダッシュエックス文庫)

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
面白かった!
廃デパートにあらわれる「観覧車の花子さん」と、花子さんに逢いたい少年と、心霊写真を撮る少女の物語。
感情の薄いヒロインが、主人公との交流を通して少しずつ心に揺らして傷を癒やす話って好きなんですよね。もどかしさと甘酸っぱさに青春を感じてときめくんです。
都市伝説的なオカルトから、主人公の姉の秘密を探っていくミステリーへと移っていく展開も読み応えあり。二転三転して意外な真実を明かしつつ、読後感は切なくも爽やかなものでした。

☆あらすじ☆
久佐薙卓馬は廃墟と化したデパートの屋上遊園地で、傷だらけの古いカメラを持った不思議な少女―尾木花詩希と出逢う。卓馬の通う高校で“心霊写真を撮ってる変わった女”と噂される詩希に「屋上遊園地に出るといわれる“観覧車の花子さん”を撮ってほしい」と依頼するのだが、「幽霊なんていない」と取り合ってもらえない。しかし、諦めきれない卓馬は写真部を訪ね、詩希を捜そうとするのだが、彼女がいるのは“心霊写真部”だと教えられて…。卓馬が逢いたいと願う“観覧車の花子さん”を、詩希は写すことができるのか―。少年の想いが少女の傷を癒す、優しく切ない青春譚。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 尾木花詩希は褪せたセカイで心霊を視る/紺野アスタ