「宮崎真紀」タグアーカイブ

イレーナ、永遠の地 /マリア・V・スナイダー


イレーナ、永遠の地 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年10月刊。
「毒見師イレーナ」から始まる、イレーナの過酷な運命を描いた物語もついに最終巻。全6巻で完結です。
愛する人と出会い、頼もしい仲間を得て、彼らとともに平和を勝ち取ろうと懸命に駆け抜けたイレーナ。

毒見をするか、今すぐ死ぬかーー

そんな選択肢を突きつけられた元死刑囚の少女が、生きてここに至るまでの軌跡を思い返し、なんだか感無量です。
とても素晴らしいファンタジーでした。ラブロマンスとしても最高だった。
最後まで刊行してくれたハーパーBOOKSさんに感謝。完結おめでとうございます。

☆あらすじ☆
世界累計100万部突破の壮絶ファンタジーシリーズ完結!運命はいつだって、この手で切り拓いてきた――
長年敵対してきた2つの国、イクシアとシティア。
両国はいま、支配欲に駆られた悪しき集団《結社》の手に落ちようとしており、最高司令官さえも操り人形と化していた。
いまだ魔力の戻らぬ中、イレーナは未来を、大切な人たちを守るため最後の闘いへと向かう――ヴァレクら残されたわずかな仲間と共に。
死刑宣告を受けながらも毒見師として生きながらえたイレーナの壮絶サバイバル、堂々のフィナーレ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレーナ、永遠の地 /マリア・V・スナイダー

イレーナ、闇の先へ/マリア・V・スナイダー

イレーナ、闇の先へ (ハーパーBOOKS)
イレーナ、闇の先へ (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
元死刑囚の少女が大切なものを守るために戦い続ける壮絶ファンタジーの新章第2巻。
前巻に引き続き、イレーナとヴァレクのW主人公制で物語は進行していきます(やったねジェンコ視点もある!)
前巻で語られたヴァレクの過去がこの巻で現実と繋がり、ヴァレクの主人公感がますます強まる一方。
前3部作では「無敵にして不動のヒーロー」という感じだったのに、新3部作では人間的な弱さや脆さが浮き彫りになっているんですよね。そこに惹かれる。
身体的にも精神的にも揺れ動くヴァレク。そんな彼を、今度はイレーナが支える番なのでしょう。
国家間の情勢も不穏で緊迫したムードが高まってきました。次の完結編が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
何者かに毒矢で射られたあと魔力を失ったイレーナ。いまだ力は戻らず、その原因も解明できないまま試練の時が続いていた。そんななか、長年苦楽をともにしてきたヴァレクと最高司令官の間の溝はいよいよ決定的に。ヴァレクは苦悩の末、ついにある大きな決断を下す―。交錯する思惑と、その裏で蠢く陰謀…怒濤の展開でクライマックスに向け加速する、“霊魂の探しびと篇”第2幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレーナ、闇の先へ/マリア・V・スナイダー

イレーナ、失われた力/マリア・V・スナイダー

イレーナ、失われた力 (ハーパーBOOKS)
イレーナ、失われた力 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年1月刊。
元死刑囚の少女が生きるために戦い抜くサバイバル・ファンタジーシリーズの最新作。
前3部作のラストから8年後を舞台にした新章、ついに開幕です。本当に心待ちにしていました・・・!
期待を裏切らずとても面白いし(なんとヴァレクの過去編が!)、この続きが気になる新章第1巻。
ラストは「ふぁ〜〜〜〜!!!」って叫んでしまいました。
ここからどんな展開をみせてくれるのか楽しみです。

☆あらすじ☆
新章開幕!死刑囚の日々から8年――いま、新たなる試煉が始まる。
国の最高司令官の毒見役となって、死刑を免れた日から8年――いまでは敵対国との間を繋ぐ連絡官を務めるイレーナだが、ある夜事件は起きた。何者かに毒矢で射られ、いっさいの魔力を失ったのだ。絶体絶命の窮地に陥ったイレーナ。頼みの綱のヴァレクもまた、長年固い絆で結ばれていた最高司令官との関係に、いま暗雲がたちこめ……。新たな敵、試される信頼と裏切り。〈霊魂の探しびと篇〉開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む イレーナ、失われた力/マリア・V・スナイダー

『イレーナの帰還』『最果てのイレーナ』(スタディ三部作2・3)/マリア・V・スナイダー

イレーナの帰還 (ハーパーBOOKS)
イレーナの帰還 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

第1作の感想はこちらから


総評:★★★★★
「イレーナの帰還」2016年3月刊、「最果てのイレーナ」2016年7月刊。
元死刑囚の少女が過酷な運命を生き抜くファンタジー三部作。最後まで最高に面白かったです。

下手を打てば死ぬだろうピリピリとした緊張感のなか、身体的にも精神的にも強くなっていくイレーナの成長から目が離せません。
強情なまでに自分の選択をやり遂げようとするイレーナの姿はとても格好良かった。イレーナが戦いの中でどんどんスキルアップさせていく魔法戦にもすごくワクワクしました。

彼女の周囲の人々も魅力的かつ躍動的に物語を盛り上げてくれていて、個人的にはイレーナのロマンスのお相手がすごくお気に入り。こちらもイレーナに負けず劣らず格好良くて、ふたりの信頼関係にニヨニヨが止まりませんでしたw

また、「魔法を拒絶した国」と「魔法が根付いた国」という2つの国を中心とする世界観はとても読み応えがありました。
人が持つには大きすぎる「魔法」という力に対する考え方の違いや、対象的な両国の人々の価値観の違いなどによって、奥行きのある世界となっていたと思います。

そしてなにより、ジェットコースターのような波乱続きの展開がすごく楽しかった!
次から次にトラブルが降りかかり、一体どうやってこの窮地を切り抜けるのかと何度手に汗を握ったことか。身につけた技術と天性の機転で困難を乗り切っていくイレーナ。彼女の冒険は最高のエンターテイメントでした。

本当に楽しかったです。こういう作品があるからファンタジーはやめられない!

☆「イレーナの帰還」あらすじ☆
生きたいと願った死刑囚の少女、第2章――。14年ぶりの帰郷、両親との再会。そして明かされる生い立ちと、国を揺るがす陰謀。
死刑宣告を受けながらも生き延びたイレーナは、故郷シティアに14年ぶりに戻ってきた。両親は涙ながらに娘を迎えるも、兄を始めとする他の者たちは、敵対国で育ったイレーナをあからさまに嫌悪し、密偵に違いないと疑う。またも四面楚歌となったイレーナに、さらなる危機と試練が――明らかになる14年前の真実と、2つの国に蠢く陰謀、そしてイレーナが生まれ持つ宿命とは? 見逃せない、第2章。

以下、2巻・3巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 『イレーナの帰還』『最果てのイレーナ』(スタディ三部作2・3)/マリア・V・スナイダー