「守野伊音」タグアーカイブ

神様は少々私に手厳しい6 /守野伊音


神様は少々私に手厳しい 6 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年6月刊。
プライムノベルスで5巻まで刊行された後、ヒーロー文庫で1巻から出し直し。
そしてついに完全新作の第6巻が登場です。
プライムノベルス版を集めていたので版型変更に戸惑いはあるけれど、最後まで書籍化してくれるなら全て受け入れます!やっと電子書籍化してくれたしね!笑

☆あらすじ☆
閉ざされた集落からの逃走劇!? ルーナと兄妹になる!? 滝に落ちた二人は無事に仲間の元へ帰れるのか。
巡礼の滝から落とされたカズキとルーナは洞窟で目を覚ます。
どうにか一命をとりとめた二人は、迎えに来た住人に案内されてとある場所に辿り着いた。
そこは、驚くほどのどかで、大人も子供もいる小さな村だった。
どうやら巡礼の滝から落とされて生き延びた人たちが集まって、村を築いたらしい。
ルーナと兄妹という設定にしてしばらくそこで暮らすことになったカズキは、一緒に料理をしたり、同じベッドで眠ったりと穏やかで幸せな時間を過ごす。
一生この平穏な時間を過ごしたいと願いつつ、再会を約束したアリス達の元へ戻らなければいけないと、二人は帰る手段を探すのだが、住人たちは、村からは決して出られないと言い――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい6 /守野伊音

狼領主のお嬢様3 /守野伊音

狼領主のお嬢様3 (カドカワBOOKS)
狼領主のお嬢様3 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年4月刊。
悪徳領主の令嬢として殺された女と、彼女を殺して領主の座についた男。
悲恋で終わったはずの恋が再び動き出す転生ラブロマンス第3弾。
なぜか2巻完結だと思っていたので3巻が出てビックリしました。でも続編として面白かった〜!
過去を乗り越えた先に掴んだ幸せは消せない後悔と表裏一体で、今にも壊れそうなほど脆く感じる。
一方で、複雑な事情を背負いながら「絶対に手放せない・・・!」と必死になる姿がまたエモい。
悲恋のようでいて悲恋じゃない。儚くみえるけれど、その実とても逞しい。そういうところが好きだなぁ、と改めて思う第3巻でした。

☆あらすじ☆
「狼領主を私にちょうだい」--王女の言葉にシャーリーは!?
前世を乗り越え、婚約した狼領主・カイドと“お嬢様”シャーリー。挨拶に上がった王城で、王女・アジェーレアと出会う。模範的な王女である彼女にシャーリーは違和感を覚えて!? 転生しても続く恋物語、王都編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狼領主のお嬢様3 /守野伊音

神様は少々私に手厳しい5/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 5 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 5 (プライムノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年7月刊。
ポジティブ少女が幾多の苦難を乗り越える異世界セカンドトリップファンタジー第5弾。
相変わらず語り口は笑えるのに、状況は全く笑えないという。
今回の表紙になっているシーン、めちゃくちゃ切なくて、ものすごく素敵でした・・・!

☆あらすじ☆
ルーナの失われた記憶は戻るのか? もう一人の異世界人の存在!? この世界に持ち込まれた「爆弾」のすべての元凶とは――。
ルーナとアリス、そしてユアンとともにガリザザへ出発したカズキ。
ルーナの記憶は戻らず、ユアンも子供に返ったままだったが、船上ではそれなりに平穏に日々を過ごしていた。
しかし突然の嵐によって船は難破。次に目を覚ましたときには、何故かガリザザの兵士とともに囚われていた。
ガリザザの皇子ディナストは、罠に人間を嵌めて上から見学する遊戯にハマっているとのこと。とんでもなく悪趣味な自体に巻き込まれたカズキ達だったがアリスとルーナの持ち前の運動神経により、一同は何とか試練をクリアしていく。
しかし、同じ闘技場に囚われ、仲間だと思っていたはずの男たちに突如として剣を突きつけられてしまい――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい5/守野伊音

狼領主のお嬢様1・2/守野伊音

狼領主のお嬢様 (カドカワBOOKS)
狼領主のお嬢様 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻2017年8月刊、2巻2017年11月刊。
悪徳の領主一家として殺され、孤児として転生した主人公。
旧領主一族に対する民衆の憎悪を聞いて育った彼女は、前世の自分を殺した元恋人と15年ぶりの再会を果たすことになり―― という物語です。

自分の「罪」に自覚的(というか自罰的)なヒロインなので、復讐譚ではありません。
殺された女と殺した男が悲恋で終わった過去を精算する話かな。

淡々と寂しく語られる1巻に胸を締め付けられ、ハラハラしつつ読んだ2巻で死にました。
落とした分だけ打ち上げられた感。守野作品のラブコメ、本当に大好きです(泣)

ちなみに同著者の『淋しき王は天を堕とす』(ビーンズ文庫刊)と同じテーマだったりするのだけど、私はこういう設定にとても弱いと改めて思い知りました。
だって因縁に縛られた純愛って最高じゃないですか・・・・・・

☆あらすじ☆
前世は恋人で仇。現世は旦那様とメイド――この恋には続きがある
悪逆領主の娘として処刑された記憶を持ち、同じ場所に転生したシャーリー。15歳になった彼女は前世の自分を処刑し、現領主となったカイドの館でメイドをすることに……終わったはずの因縁の“恋”が、再び始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狼領主のお嬢様1・2/守野伊音

白銀王の日帰り王妃/守野伊音

白銀王の日帰り王妃 (角川ビーンズ文庫)
白銀王の日帰り王妃 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年5月刊。
面白かった〜!
幼なじみで遠縁で片思い中の王様に頼まれ、バイト王妃になった女子高生の日帰り異世界トリップ・ファンタジー。
隙あらば笑いを取ろうとする軽妙な文章にニヤニヤを抑えるのが大変でした。相変わらず守野作品は外で読めない。
明るく元気に進む物語ですが、次第に見えてくる幼なじみの絆と覚悟は切なすぎて胸がキュッと痛くなるほど。
テンションの振れ幅が大きすぎて私の感情は色んな方向に大騒ぎです。この緩急の付け方めちゃくちゃ好み。
そして何より主役カップルが性癖に刺さりすぎて・・・・・・結婚するよりも先に、恋をするよりも先に、なんという強い想いで繋がっているのか・・・!

☆あらすじ☆
幼馴染みが異世界の王様なので、色々あって王妃バイト始めました
平凡な高校生・春野月子には、異世界の王様な幼馴染み・ルスランがいる。とある事情で密かに片思い中のルスランの王妃バイトをするうち、国を揺るがす陰謀に巻き込まれて!? WEB発、日帰り異世界トリップラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白銀王の日帰り王妃/守野伊音

神様は少々私に手厳しい4/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 4 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 4 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年1月刊。
次々と襲いくる手厳しい運命に対し、ハートフル&コミカルに立ち向かっていく異世界セカンドトリップファンタジー第4弾。
表紙上部の飛行機にギョッとしたのだけど、手前のカズキの内心を知ると渾身のドヤ顔が面白すぎましたw
状況は相変わらずのハードモード。それだけに人の優しさが沁みます・・・

☆あらすじ☆
反乱軍を迎え討つため、かつての敵の砦ウルタで過ごすカズキ。双子の弟であるユアンからは相変わらず嫌われていたが、兄のユリンから、ユアンの女嫌いの理由と二人の過去を聞く。自分達を売った母親を自分はもう捨てたが、ユアンはずっと母親から受けた傷を抱え続けている。そんなユアンの傷を癒してほしいと願うユリンに、カズキは自分にできることは必ずすると約束する。一方、ウルタ砦に姿を現した反乱軍が用意していた兵器に、皆は見慣れぬせいか怪訝な表情をするばかり。だが、カズキは悲鳴を上げてしまう。それは爆弾、そして大砲だったのだ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい4/守野伊音

淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟―/守野伊音

淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟― (角川ビーンズ文庫)
淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟― (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年12月刊。
第15回ビーンズ小説大賞「優秀賞」受賞作。
天人と人間の争いが続く世界で出会った、とある師弟。
悲劇的な運命を背負う二人の関係を、時にシリアスに、時にコミカルに描いていくラブファンタジーです。
ストーリーラインや設定は重いのだけど、主人公の明るさとコミカルなノリに包み込まれているため、とても楽しく読むことができました。
ていうか、「背中に羽を持つ天人」とか、「戦場の神殺し」とか、「愛してるけど殺さなきゃいけない」とか、「愛してるから殺してあげる」とか、そういう中二あふれるゴシックファンタジーな雰囲気が好きて・・・・・・
ぶっちゃけ性癖に刺さりすぎてしんどい!

☆あらすじ☆
天人の“師匠”は、敵対する人間の王・ルタに殺された。彼女の最期の願いは、愛してしまったルタの幸せ。しかし千年後、人間・アセビに転生した“師匠”が見たのは、神話として語られ孤独に生きるルタだった。
互いに恋しても、種族が、世界が、誤解が、邪魔をして“相手を幸せにできない”と空回る想い。共に在ることが叶わないなら──変えるべきは世界か。
第15回ビーンズ小説大賞優秀賞受賞、魂に刻まれた恋物語。電子特典としてルタとアセビの“その後”を描いたショートストーリーを収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟―/守野伊音

神様は少々私に手厳しい3/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 3 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 3 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
もはやタイトルの「少々」に疑問を覚える異世界セカンドトリップファンタジー第3弾。
カズキの珍妙言語力でもカバーできないほどのシリアス展開に突入です。
カズキの周囲が良い人たちばかりだからこそ、この展開が辛すぎる・・・・・・

☆あらすじ☆
ゼフェカの企みにより、十年の蟠りが噴出したグラース国とブルドゥス国。軍士の大規模な離反が現実となってしまった中、カズキは偽黒スヤマの侍女としてお茶会に付き添っていた。ゼフェカがそばを離れたこの好機に、少しでもスヤマから情報を得ようと、イヴァルとヒューハと共におしゃべりに花を咲かせてスヤマの動揺を誘う。そんな中、会場内に一人の男が現れ、カズキに同行を願い出る。知らない男に警戒するカズキだが、男の正体を知って一気に警戒を解く。男は問う。「異世界人の目から見て、この国はどう見える」と。カズキは、その質問にこう答えた―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい3/守野伊音

神様は少々私に手厳しい2/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 2 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 2 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年3月刊。
異世界転移してうまく言語習得できなかった平凡少女が色々頑張るセカンドトリップファンタジー第2弾。
今回もひたすら笑ってました。シリアスなシーンなのに笑いすぎてもう何がなんだか・・・・・・あー楽しかった! ほんと外では読めない!
今回は前回よりもカズキが酷い目にあっているけれど、表紙のボロボロな姿の理由がもっと酷すぎて、そんなカズキが私は大好きだと思いました。

☆あらすじ☆
十年ぶりに降り立った異世界で無事にルーナと再会できたカズキ。だが、黒曜という肩書の為に命を狙われてしまう。身の安全を守る為、アリスローク・アードルゲの家にかくまわれ、彼の女家族達と楽しい時間を過ごすことに。だが、娼館を襲ったものと同じ集団がアードルゲを襲う。戦争によって大切な人を失い続けてきたアードルゲにある、故人を偲ぶ唯一の絵を燃やさせるわけにはいかないと、カズキは自ら囮となって屋敷を飛び出した。捕らわれた先で地下室に閉じ込められたカズキは、謎の青年ゼフェカに出会う。彼はカズキの「いつまでここにいればいいのか?」という質問に「時代が終わるまで」と答えるのだった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい2/守野伊音

神様は少々私に手厳しい1/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 1 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 1 (プライムノベルス)

評価:★★★★☆
2017年1月刊。
ヒーロー文庫発の新レーベル「プライムノベルス」の創刊第一弾。
めっっっちゃ楽しかった!
異世界で苦楽を共にした恋人と強制的に引き離されたと思いきや、10年後の世界に再転移した少女カズキ。
タイトルの通り、少々(?)手厳しい運命に巻き込まれるものの、基本的には明るく楽しい純愛系のラブコメです。
異世界の言語を拙くも一生懸命喋る女の子は可愛いはずなのに、カズキの語学力は愛でるには面白すぎました。腹筋痛い・・・!
人情味溢れるキャラクター陣がとても魅力的だし、メインとなる10年越しの恋も微笑まし・・・いや、ごめんやっぱり爆笑してた。
何はともあれ、元気で宜しい恋せよ乙女!
今後もすごく楽しみな期待の新作です。

☆あらすじ☆
戦時中のグラース国に転移した須山一樹は、年下の少年、ルーナ・ホーネルトと恋に落ちた。しかし、長かった戦争が終わった夜、気がつくと日本に帰っていた。それから十か月後。何の因果か、カズキは再び異世界にいた。だがそこは、敵対関係にあったブルドゥス国の王都。しかも、自分が消えた夜から十年が経過していた。行き場のないカズキは、偶然出会った少女リリィが経営する娼館で下働きとして過ごすことになる。二度目の異世界生活に慣れてきたある日、カズキはこの十年で名が知れ渡った「黒曜」という存在を知る。それは、終戦の夜に消えた異世界人の自分が、終戦の女神だと担ぎ上げられたものだった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい1/守野伊音