「守野伊音」タグアーカイブ

忘却聖女1 /守野伊音


忘却聖女(1) (SQEXノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2021年10月刊。
めちゃめちゃ面白かった!
人々に忘れ去られ、身一つで放り出された聖女が、再び聖女の座に返り咲くために聖女選定の儀式に挑む物語。

なぜ人々は聖女たる彼女を忘れたのか。
誰のどんな思惑が彼女から全てを奪ったのか。

未だ多くが謎のまま。頼れるのは彼女を忘れてなかった神官一人だけ。
そんなドン底の状況で汚泥に塗れても、奪われたものを取り戻そうと目を爛々と光らせる主人公。その不屈の魂が最高でした。

そして笑った。これだけキツい物語でこんなに笑わせてくれるとは。
喜怒哀楽全ての感情を揺さぶってくる守野伊音作品の良さを改めて感じました。
ぜひ続きが出ますように!

☆あらすじ☆
“聖女”――それはアデウス国の象徴であり、神の代弁者。歴代随一の治癒と浄化の力をもつ第十三代聖女マリヴェルはある日、目を覚ますと周囲の人間から綺麗さっぱり忘れ去られていた。聖女を騙った冒涜者として神殿から追放されたマリヴェルは全てを失いスラムに流れ着くがただ一人、聖女を忘れていなかった神官と再会し再び聖女の座を目指して選定の儀式へ参加することに。ところが、マリヴェルに敵意をもつ何者かの影響か彼女の選定儀式はトラブル続きで……。
これは力強くも健気、泥臭くも美しい聖女マリヴェルが、ささやかな幸せを取り戻すために奮闘する物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 忘却聖女1 /守野伊音

神様は少々私に手厳しい7 /守野伊音


神様は少々私に手厳しい 7 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年7月刊。
感情の振れ幅が大きすぎて情緒が大変なことになる最終巻でした。
あっちで吹き出し、こっちで泣いて、涙が止まらないうちに次の笑いの波が来る。
ほんと良い最終巻だったなぁ。
異世界トリップした主人公の選択と、大事な人たちが彼女に向ける様々な想い。
その優しさ、温かさ、切なさに胸がいっぱいになりました。
とても面白かったです。最高でした。

☆あらすじ☆
皇都エルサムで始まった戦争の中、カズキは人質解放の条件として一人でディナストに追いかけ回されていた。
宮殿内を走り回って逃げていると、異世界にやってきていたある人物と出会う。
その出会いがきっかけとなり、大きな決意をするカズキ。
そして、城で待つディナストの元にルーナがようやくたどり着き、長かった戦争はついに決着する。
戦乱の時代を駆け抜けた少女カズキと騎士ルーナの運命は?ハンカチ必須の感動のクライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい7 /守野伊音

西方守護伯付き魔女の初陣 /守野伊音


西方守護伯付き魔女の初陣 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
偉大なる母の威光の影に押し込められ、周囲の心ない言葉によって自信を根こそぎ奪われた王女。
見かねた母によって「少年」に変えられた少女は、むくつけき男たちが守護する西方の要塞で何を知るのか。
それは知らなくても・・・!という悲鳴から始まるコメディ分おおめなファンタジーでした。
快活で優しい人達にもみくちゃにされ、頼りがいのある上司に励まされ、少しずつ立ち直っていく少女の成長物語として面白かったです。
あと思った以上に甘かった。終盤にかけて激甘の洪水状態。良き良き。
でも今までの作品より読みづらさを感じたのは何故だろう?

☆あらすじ☆
WEB掲載作品を大幅加筆修正! 落ちこぼれ魔女は恋を知って最強に!?
魔法がうまく使えず引きこもっていた王女ミルレオは、男になる呪いをかけられ、西方守護軍で少年魔女(!?)として修行することに。しかも自力で呪いが解けなきゃ即結婚! ところが西方に、王女が来たとの知らせが——って、ありえない! ミルレオは“女装”して、守護伯ガウェインと己の名を騙る偽王女の正体を暴きに行くが……「お前、女か!?」「きぃあああ!!」 落ちこぼれ魔女が世界を変える、最強ラブコメファンタジー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 西方守護伯付き魔女の初陣 /守野伊音

神様は少々私に手厳しい6 /守野伊音


神様は少々私に手厳しい 6 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年6月刊。
プライムノベルスで5巻まで刊行された後、ヒーロー文庫で1巻から出し直し。
そしてついに完全新作の第6巻が登場です。
プライムノベルス版を集めていたので版型変更に戸惑いはあるけれど、最後まで書籍化してくれるなら全て受け入れます!やっと電子書籍化してくれたしね!笑

☆あらすじ☆
閉ざされた集落からの逃走劇!? ルーナと兄妹になる!? 滝に落ちた二人は無事に仲間の元へ帰れるのか。
巡礼の滝から落とされたカズキとルーナは洞窟で目を覚ます。
どうにか一命をとりとめた二人は、迎えに来た住人に案内されてとある場所に辿り着いた。
そこは、驚くほどのどかで、大人も子供もいる小さな村だった。
どうやら巡礼の滝から落とされて生き延びた人たちが集まって、村を築いたらしい。
ルーナと兄妹という設定にしてしばらくそこで暮らすことになったカズキは、一緒に料理をしたり、同じベッドで眠ったりと穏やかで幸せな時間を過ごす。
一生この平穏な時間を過ごしたいと願いつつ、再会を約束したアリス達の元へ戻らなければいけないと、二人は帰る手段を探すのだが、住人たちは、村からは決して出られないと言い――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい6 /守野伊音

狼領主のお嬢様3 /守野伊音

狼領主のお嬢様3 (カドカワBOOKS)
狼領主のお嬢様3 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年4月刊。
悪徳領主の令嬢として殺された女と、彼女を殺して領主の座についた男。
悲恋で終わったはずの恋が再び動き出す転生ラブロマンス第3弾。
なぜか2巻完結だと思っていたので3巻が出てビックリしました。でも続編として面白かった〜!
過去を乗り越えた先に掴んだ幸せは消せない後悔と表裏一体で、今にも壊れそうなほど脆く感じる。
一方で、複雑な事情を背負いながら「絶対に手放せない・・・!」と必死になる姿がまたエモい。
悲恋のようでいて悲恋じゃない。儚くみえるけれど、その実とても逞しい。そういうところが好きだなぁ、と改めて思う第3巻でした。

☆あらすじ☆
「狼領主を私にちょうだい」--王女の言葉にシャーリーは!?
前世を乗り越え、婚約した狼領主・カイドと“お嬢様”シャーリー。挨拶に上がった王城で、王女・アジェーレアと出会う。模範的な王女である彼女にシャーリーは違和感を覚えて!? 転生しても続く恋物語、王都編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狼領主のお嬢様3 /守野伊音

神様は少々私に手厳しい5/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 5 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 5 (プライムノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年7月刊。
ポジティブ少女が幾多の苦難を乗り越える異世界セカンドトリップファンタジー第5弾。
相変わらず語り口は笑えるのに、状況は全く笑えないという。
今回の表紙になっているシーン、めちゃくちゃ切なくて、ものすごく素敵でした・・・!

☆あらすじ☆
ルーナの失われた記憶は戻るのか? もう一人の異世界人の存在!? この世界に持ち込まれた「爆弾」のすべての元凶とは――。
ルーナとアリス、そしてユアンとともにガリザザへ出発したカズキ。
ルーナの記憶は戻らず、ユアンも子供に返ったままだったが、船上ではそれなりに平穏に日々を過ごしていた。
しかし突然の嵐によって船は難破。次に目を覚ましたときには、何故かガリザザの兵士とともに囚われていた。
ガリザザの皇子ディナストは、罠に人間を嵌めて上から見学する遊戯にハマっているとのこと。とんでもなく悪趣味な自体に巻き込まれたカズキ達だったがアリスとルーナの持ち前の運動神経により、一同は何とか試練をクリアしていく。
しかし、同じ闘技場に囚われ、仲間だと思っていたはずの男たちに突如として剣を突きつけられてしまい――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい5/守野伊音

狼領主のお嬢様1・2/守野伊音

狼領主のお嬢様 (カドカワBOOKS)
狼領主のお嬢様 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻2017年8月刊、2巻2017年11月刊。
悪徳の領主一家として殺され、孤児として転生した主人公。
旧領主一族に対する民衆の憎悪を聞いて育った彼女は、前世の自分を殺した元恋人と15年ぶりの再会を果たすことになり―― という物語です。

自分の「罪」に自覚的(というか自罰的)なヒロインなので、復讐譚ではありません。
殺された女と殺した男が悲恋で終わった過去を精算する話かな。

淡々と寂しく語られる1巻に胸を締め付けられ、ハラハラしつつ読んだ2巻で死にました。
落とした分だけ打ち上げられた感。守野作品のラブコメ、本当に大好きです(泣)

ちなみに同著者の『淋しき王は天を堕とす』(ビーンズ文庫刊)と同じテーマだったりするのだけど、私はこういう設定にとても弱いと改めて思い知りました。
だって因縁に縛られた純愛って最高じゃないですか・・・・・・

☆あらすじ☆
前世は恋人で仇。現世は旦那様とメイド――この恋には続きがある
悪逆領主の娘として処刑された記憶を持ち、同じ場所に転生したシャーリー。15歳になった彼女は前世の自分を処刑し、現領主となったカイドの館でメイドをすることに……終わったはずの因縁の“恋”が、再び始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狼領主のお嬢様1・2/守野伊音

白銀王の日帰り王妃/守野伊音

白銀王の日帰り王妃 (角川ビーンズ文庫)
白銀王の日帰り王妃 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年5月刊。
面白かった〜!
幼なじみで遠縁で片思い中の王様に頼まれ、バイト王妃になった女子高生の日帰り異世界トリップ・ファンタジー。
隙あらば笑いを取ろうとする軽妙な文章にニヤニヤを抑えるのが大変でした。相変わらず守野作品は外で読めない。
明るく元気に進む物語ですが、次第に見えてくる幼なじみの絆と覚悟は切なすぎて胸がキュッと痛くなるほど。
テンションの振れ幅が大きすぎて私の感情は色んな方向に大騒ぎです。この緩急の付け方めちゃくちゃ好み。
そして何より主役カップルが性癖に刺さりすぎて・・・・・・結婚するよりも先に、恋をするよりも先に、なんという強い想いで繋がっているのか・・・!

☆あらすじ☆
幼馴染みが異世界の王様なので、色々あって王妃バイト始めました
平凡な高校生・春野月子には、異世界の王様な幼馴染み・ルスランがいる。とある事情で密かに片思い中のルスランの王妃バイトをするうち、国を揺るがす陰謀に巻き込まれて!? WEB発、日帰り異世界トリップラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白銀王の日帰り王妃/守野伊音

神様は少々私に手厳しい4/守野伊音

神様は少々私に手厳しい 4 (プライムノベルス)
神様は少々私に手厳しい 4 (プライムノベルス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年1月刊。
次々と襲いくる手厳しい運命に対し、ハートフル&コミカルに立ち向かっていく異世界セカンドトリップファンタジー第4弾。
表紙上部の飛行機にギョッとしたのだけど、手前のカズキの内心を知ると渾身のドヤ顔が面白すぎましたw
状況は相変わらずのハードモード。それだけに人の優しさが沁みます・・・

☆あらすじ☆
反乱軍を迎え討つため、かつての敵の砦ウルタで過ごすカズキ。双子の弟であるユアンからは相変わらず嫌われていたが、兄のユリンから、ユアンの女嫌いの理由と二人の過去を聞く。自分達を売った母親を自分はもう捨てたが、ユアンはずっと母親から受けた傷を抱え続けている。そんなユアンの傷を癒してほしいと願うユリンに、カズキは自分にできることは必ずすると約束する。一方、ウルタ砦に姿を現した反乱軍が用意していた兵器に、皆は見慣れぬせいか怪訝な表情をするばかり。だが、カズキは悲鳴を上げてしまう。それは爆弾、そして大砲だったのだ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神様は少々私に手厳しい4/守野伊音

淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟―/守野伊音

淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟― (角川ビーンズ文庫)
淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟― (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年12月刊。
第15回ビーンズ小説大賞「優秀賞」受賞作。
天人と人間の争いが続く世界で出会った、とある師弟。
悲劇的な運命を背負う二人の関係を、時にシリアスに、時にコミカルに描いていくラブファンタジーです。
ストーリーラインや設定は重いのだけど、主人公の明るさとコミカルなノリに包み込まれているため、とても楽しく読むことができました。
ていうか、「背中に羽を持つ天人」とか、「戦場の神殺し」とか、「愛してるけど殺さなきゃいけない」とか、「愛してるから殺してあげる」とか、そういう中二あふれるゴシックファンタジーな雰囲気が好きて・・・・・・
ぶっちゃけ性癖に刺さりすぎてしんどい!

☆あらすじ☆
天人の“師匠”は、敵対する人間の王・ルタに殺された。彼女の最期の願いは、愛してしまったルタの幸せ。しかし千年後、人間・アセビに転生した“師匠”が見たのは、神話として語られ孤独に生きるルタだった。
互いに恋しても、種族が、世界が、誤解が、邪魔をして“相手を幸せにできない”と空回る想い。共に在ることが叶わないなら──変えるべきは世界か。
第15回ビーンズ小説大賞優秀賞受賞、魂に刻まれた恋物語。電子特典としてルタとアセビの“その後”を描いたショートストーリーを収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 淋しき王は天を堕とす ―千年の、或ル師弟―/守野伊音