「宇野朴人」タグアーカイブ

七つの魔剣が支配する4 /宇野朴人


七つの魔剣が支配するIV (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年10月刊。
恐ろしく闇が深い魔法学校を舞台にしたファンタジー第4弾。
いよいよ今回から二年生編がスタートです。
過酷な1年間を走り抜いた剣花団メンバーの成長を感じつつ、少しずつ変化する彼らの関係から目が離せません。
交流を深め、切磋琢磨し、絆を育んだ先にあるのは、果たして・・・・・・
続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第4弾!
新入生の季節を迎えたキンバリー魔法学校。オリバーたちも二年生に進級し、苛烈さを増す授業や日常の中で、魔法使いとしての現実に直面していく。
つかの間の休息を魔法都市ガラテアで過ごすことにした6人。魔法の絨毯に乗り、買い物や名物料理を楽しみ、魔法生物のお店を覗く。そんな穏やかな夕食の席でキンバリーと対立関係にある、フェザーストン魔術学舎の生徒たちと激突することになり──。
さらに、シェラの父であり、ナナオをキンバリーに迎えたセオドールが現れ、ナナオと話がしたいと誘う。この街には「人斬り」が出ると言うセオドールに、真意を測るオリバーだが──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する4 /宇野朴人

七つの魔剣が支配する3 /宇野朴人


七つの魔剣が支配するIII (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年5月刊。
1年生編クライマックス。
更に深く迷宮に進み入り、魔法使いの業と悲しみを目の当たりにする第3巻でした。
すごく面白かったけれど、すごく辛い。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第3弾!
オフィーリアが魔に呑まれ、ピートがその使い魔に攫われた。キンバリーの地下迷宮に消えた生徒数の多さに、学園内は厳戒態勢が敷かれる。学生統括のゴッドフレイをはじめ、上級生らが奪還に向かうも救出活動は難航していた。
迷宮の深みに潜む魔女を相手に、自分たちに何が出来るのか? 苦悩するオリバーらに、ある人物が取引を持ちかける。それは彼らにとっての光明か、それとも破滅への誘惑か。
目指す場所は地下迷宮の更にその奥。想像を超えた環境と罠、恐るべき合成獣たちが行く手を阻む。果たして彼らはサルヴァドーリの工房にたどり付き、友人を取り返すことができるのか──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する3 /宇野朴人

七つの魔剣が支配する2 /宇野朴人

七つの魔剣が支配するII (電撃文庫)
七つの魔剣が支配するII (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
期待の魔法学園ファンタジー第2弾。
今回も面白かったです。1年生の最強決定戦が行われるなかで順調に育つ仲間の絆がとても良い。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第2弾!
魔法学校に入学して半年ほど過ぎ、ようやくオリバーやナナオたち6人も、エキサイティングな学園生活に慣れてきた。そんなある日、誰が最強の魔法使いかを決める「一年生最強決定戦」が開催されることになり――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する2 /宇野朴人

七つの魔剣が支配する/宇野朴人

七つの魔剣が支配する (電撃文庫)
七つの魔剣が支配する (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
面白かったー!
「天鏡のアルデラミン」の宇野朴人さんの最新作は魔法学園ファンタジー。
底知れない闇が広がる魔法学校を舞台に、新入生たちは緊張感に満ちた学園生活をスタートさせるのです。
剣と魔法を駆使した派手なアクションも見どころ。
少女と少年が斬り結ぶ表紙のインパクトがすごいけれど、仲間たちの友情と共闘にも胸が熱くなる作品でした。
もはや期待しかない新シリーズ。次巻もとても楽しみです。

☆あらすじ☆
春――。名門キンバリー魔法学校に、今年も新入生がやってくる。
黒いローブを身に纏い、腰に白杖と杖剣を一振りずつ。胸には誇りと使命を秘めて。
魔法使いの卵たちを迎えるのは、満開の桜と魔法生物のパレード。
喧噪の中、周囲の新入生たちと交誼を結ぶオリバーは、一人の少女に目を留める。
腰に日本刀を提げたサムライ少女、ナナオ。
二人の魔剣を巡る物語が、今始まる──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン11/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
天才という名の劇薬を投下する第11巻。
ほぼ内政回だけど、これまでの人間関係をいったん整理する話でもある感じ?
最後の展開にめちゃくちゃワクワクしたので次巻がとても楽しみです。

☆あらすじ☆
イクタ・ソロークの推挙によって、三等文官として国政に携わることになる少女ヴァッキェ。アナライ博士の弟子で、イクタの妹弟子でもある彼女は、たしかに尋常な人材ではなかった。国政の場では、誰もが畏れる女帝が相手であっても理路整然と反論を声高に唱えて周囲を凍りつかせ、日常生活では、シャミーユの食事の場に乗り込んでいって「一緒に楽しく食べよう!」と女帝の顔をひきつらせる…。その無邪気さと人懐っこさと狂気を発揮する彼女によって、硬直した帝国や女帝シャミーユは、どのように変わっていくのだろうか―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン11/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン10/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (10) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (10) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
アニメの放送が開始したアルデラミンの第10巻。
まだアニメを見ていないのですが、ネットの評判は悪くなさそうなので視聴が楽しみです。
そして原作の方ではついに彼が再び戦場に・・・・・・!

☆あらすじ☆
帝国から亡命を図るアルデラ教徒に、捕虜収容所から脱走したエルルファイ少将をはじめとするキオカ海軍が加わることで、一気に力を増す敵を目の前に、出征しきていた女帝シャミーユは安全のために東へと移動する。一方、〈不眠の輝将〉ことジャン率いるキオカ陸軍&アルデラ神軍に東から追撃されて、マシュー少佐らは西に向かって撤退していた。やがてシャミーユとマシューたちは合流する。しかしそれは、彼らが東西から敵に挟まれることを意味していた。シャミーユ、トルウェイ、マシューたちカトヴァーナ軍が陣取ったのは、垂直を越える角度で切り立つ峻険な崖が南北に数キロにもわたって続いている卓状台地の上。地形を利用して、なんとかキオカ軍の攻撃を防ごうとするのだが、ジャンの意外な策略によって、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。もはやこれまで……と思ったとき、そこに現れたのは――!胸の熱くなる展開に涙する第10巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン10/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン9/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (9) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (9) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年4月刊。
表紙、なんて悪い笑顔なんでしょうか・・・・・・。
7月からアニメがスタートする「天鏡のアルデラミン」第9巻。
アニメも楽しみなんですが、それ以上に本編の続きが気になって気になって落ち着けない!

☆あらすじ☆
ようやく反乱分子の掃討を終え、国内を掌握したかに見えた女帝シャミーユ。しかしアルデラ教徒に不穏な動きがあることを知り、信頼厚いマシューとサザルーフに、ある任務を命じるのだった。一方、捕虜としてカトヴァーナ帝国北域辺境で開拓労働に従事させられているエルルファイ少将らキオカ海軍兵士たちも、決起のときを静かに待っていた。そして長い眠りから醒めたパトレンシーナが、いよいよ暗躍を始める…。再びカトヴァーナ帝国に大きな騒乱が起きようとしていた。その中で、物言わぬイクタは果たして―!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン9/宇野朴人

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン8

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅧ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★☆

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (8) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (8) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7 | 晴れたら読書を
2015年10月刊。
祝アニメ化!!
本当におめでとうございます。そしてめっちゃ楽しみです!!

それはさておき第8巻。
阿鼻叫喚な前巻ラストから、2年後に時間を移しての新章開幕です。
新章の序章的な内容でありながらも、今回も流石の面白さでした。

☆あらすじ☆
国を大きく揺るがしたクーデターから約二年。第二十八代皇帝となったシャミーユは、反発の気運漂う国内を、トルウェイ中佐やマシュー少佐を従えつつ、強硬な手段をもって治めようとしていた。一方、隣国のキオカ共和国でも小さくない内紛が起こる。その鎮圧にあたったのは、当世の麒麟児ジャン少将。そこで彼は科学者アナライと出会い、進化の兆しを見せ始める。歪みを抱えたままの新生カトヴァーナ。日の出の勢いのキオカ。二国間の熾烈な戦いは、新たな局面を迎えることになる。そしてイクタは…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン8

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅦ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (7) (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6 | 晴れたら読書を

本格ファンタジー戦記である本作の最大のヤマ場。
素晴らしかったです。はい。もう・・・・・・言葉がうまく出てこない・・・・・・

☆あらすじ☆
軍事クーデターによって、カトヴァーナ帝国内はイグセム派、レミオン派、旭日連隊の三つの勢力に分裂する。旭日連隊のイクタは、行方不明だった帝国皇帝の身柄を確保することに、いち早く成功するが、佞臣トリスナイの巧みな謀略に踊らされてしまう…。イグゼム派の将校として捜索隊を率いていたヤトリと、戦場で対峙するという、まさかの事態を迎えるのだった―。非情な運命は、二人の未来をどう変えることになるのか?話題沸騰の本格ファンタジー戦記、ついに最大のヤマ場を迎える!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン7

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6

『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンⅥ』(宇野朴人著/電撃文庫)★★★★★

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (6) (電撃文庫)

イラストレーター交代の第6巻。
前任者のキャラデザを踏襲しているのでそこまで激しく何かが変わったということはないものの(ジャンはあれ?と思いましたけど)、女性キャラの見た目年齢が少し下がったように感じました(シャミーユ殿下が幼女化。というか元から幼女だったっけ?)。
肝心の本編は軍事クーデター勃発による三つ巴の抗争劇。その中で、ついに彼が目覚める話でした。

☆あらすじ☆
軍事クーデターが起こり、カトヴァーナ帝国内でイグセム派とレミオン派が激突する。それはイクタたちにも影響を及ぼし、イグセム家のヤトリは父のもとに戻るべく、騎士団を離脱。またレミオン家のトルウェイは、父と対峙することを決意。そしてイクタは、父バダ・サンクレイの残した独立部隊「旭日連隊」を率いて、内戦を収めようと立ち上がる。激しく揺れる帝国で、それぞれの想いを胸に戦場を走る少年少女たち。彼らの未来に希望はあるのか…?話題沸騰の本格派ファンタジー戦記、待望の6巻が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン6