「学園ファンタジー」タグアーカイブ

大正浪漫 横濱魔女学校1 シトロン坂を登ったら /白鷺あおい


シトロン坂を登ったら (大正浪漫 横濱魔女学校1) (創元推理文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
『ぬばたまおろち、しらたまおろち』の白鷺あおいさんによる、新たなる魔女学校三部作がスタート!
とても楽しみに待っていました。そして今作も面白かった!

時は大正。舞台は横浜。そして今度の主役は魔女学校に通う3人娘。
レトロでモダンでとびきり可愛い大正女学生の魅力が詰まっていました。こういう雰囲気大好き!
物語は意外な方向にすっ飛んでいくのだけど、そこもまた味があって良し。
続きもとても楽しみです。

ちなみに前作と世界観は一緒だけど(時代は違う)、前作を読んでなくても問題なさそうですよ。

☆あらすじ☆
わたしは花見堂小春、横濱女子仏語塾の3年生。うちの学校はちょっと変わっていて、実は魔女学校なの。創立者のマダム・デルジュモンが魔女で、おかげでわたしたち女学生はマダムの母国語フランス語だけでなく、薬草学や占い、ダンス(箒で空を飛ぶことを、そう呼ぶ)も学んでいる。本当はもうひとつ大きな秘密があるんだけど、それはおいおい話すとして。そんなわたしのもとに、新聞記者の甥っ子が奇妙な噂話を持ち込んできた。横濱に巨大な化け猫が出没しているんですって。しかも学校の近くに……。大正時代を舞台にした魔女学校3部作開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 大正浪漫 横濱魔女学校1 シトロン坂を登ったら /白鷺あおい

魔法至上学院の騎士 魔法適性ゼロの魔剣使い /西都徹也


魔法至上学院の騎士 魔法適性ゼロの魔剣使い (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年1月刊。
魔法使いの台頭により騎士職が冷遇され、魔法至上主義となった世界。
そんな逆境を覆して聖騎士を目指す少女と、彼女に感化されていく少年の出会いから始まる学園ファンタジーです。
なにやら壮大な物語に続きそうではあるのだけど、この巻はあまりにも序章的。
提示された目標に対し、最初の一歩があまりにも(言っちゃなんだけど)小さいんですよね・・・・・・
でもまぁ粗の少ない物語という印象ではあるので、続くなら面白くなる、かも?

☆あらすじ☆
その剣は、魔法を超越する——。魔術学園×ソードファンタジー!!
騎士の時代は、圧倒的な力を誇る””魔法使い””の登場により終わりを告げた。
訪れた魔法至上主義の世界——魔兵学院エルフィナでも、その卵が優遇されることは必然であった。
騎士組のゼロ・アンタークは、生まれながら魔法が使えない””シロガミ””ゆえに、学院では見下される日々。
果てに魔法組との決闘に巻き込まれるが——
「君たちは、魔法のことを知らないんだな」
ゼロは敵うはずのない魔法を、その剣で斬りふせてみせ!?
魔薬《ドラッグ》による魔法使いの暴走、横行する『騎士狩り』……ゼロは魔法社会の暗部を探るため学院に潜入した、“魔剣”使いの諜報官だった!
無比の剣士が邪道を斬る、学園ソードマギカ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法至上学院の騎士 魔法適性ゼロの魔剣使い /西都徹也

落第騎士の英雄譚17 /海空りく


落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)17 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
大炎編クライマックス。
意外な人物の再登場にテンションが上がり、共闘展開や覚醒展開に胸が熱くなり、そして気づけば読み終わっていました。
でも待って・・・・・・主人公どこ・・・?

☆あらすじ☆
運命を超越せよ!
若き騎士たちの真価が試される激闘の第17弾!
「――ならば倒すしかないのです! 貴女が! この私を!!」
刀華の魂に輝きを見出した天童は、九州全土を巻き込む災害級の伐刀絶技を発動した。その目的はただ一つ、自分を打倒せざるを得ない状況に刀華を追い込み、彼女を「祝福」――すなわち《覚醒》に導くこと! 大勢の命が人質にとられた状況で、自らの限界を超えるため足掻く刀華。だが、その心は天童の圧倒的な強さに完全に敗北していて――
一方、首都東京では海の向こうから迫る新たな脅威を察知。これに対応すべく、騎士連盟は戦力の総動員を開始する!
かつて《落第騎士》と鎬を削ったものたち、その真価が試される激闘の第17巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 落第騎士の英雄譚17 /海空りく

六花爵と螺子の帝国

『六花爵と螺子の帝国』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)
六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)

シリーズ化超希望!!!
男女入れ替わりモノのセオリーを抑えつつ、魅力あるファンタジー世界との調和がとにかく素晴らしい作品です。
そして何よりラブコメとして秀逸なんです!
糸森さんは好きな作家さんなのですが、シリアス調のダークファンタジーが得意なイメージがあったんですよね。作中でふふっと笑うことはあっても、「ぶはぁっ」って吹き出したのは初めてかも。外で読まなくてホント良かった・・・・・・。
本作は背景に暗さはありつつも、基本的にハイテンションラブコメのテンポで物語が展開していきます。暗いシーンがあっても引きづらないので、シリアス苦手な人も安心して読んでほしい。
主役カップルがとにかく可愛いし脇を固める個性豊かなキャラクターも魅力的で、明るく楽しめるとても良い少女小説でした。

☆あらすじ☆
奴隷の少女アオは、精霊王の攻撃から青年貴族ジーンをかばい死亡した…はずだったのに、目覚めたらなぜか二人の身体は入れ替わっていた!?魔導学院でも“六花爵”と呼ばれる特権階級のジーンに、畏れ怯えるアオだったけれど―。「おまえの身体が気に入ったからくれないか」って、ジーン様、それは無理です!全寮制の学院に強制入学させられた少女と無自覚天然青年貴族の、逆転学院ラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 六花爵と螺子の帝国