「嬉野君」タグアーカイブ

金星特急・番外篇 花を追う旅 /嬉野君


金星特急・番外篇 花を追う旅 (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年6月刊。
『金星特急』と言えば、謎の美女「金星」にプロポーズをするために彼女が用意した金星特急に乗り込んだ主人公・錆丸の世界を股にかけた冒険小説。
彼の旅は終わったけれど、彼の娘の旅はここから始まるようです。

そう!次世代編ですよ!!

ウィングス本誌では連載がスタートしています。
この番外編はその続編に繋がる物語であるとのこと。
錆丸から愛娘・桜へ。物語のバトンが受け継がれていくのを感じる内容でした。
後日談的な番外編としても続編の前日譚としても面白かったです。続編が楽しみだ〜!

☆あらすじ☆
金星特急の旅から八年、横浜で経営するバーを人に任せ、当時お世話になった面々を訪ねる旅に出た錆丸。月氏の幕営地で無名の赤子と初めて顔を合わせ、北極圏の村で夏草の母の墓を建て、最後に辿り着いたグラナダで先行していた砂鉄とユースタス、さらに愛娘・桜と合流する。この旅は、七歳になった桜に母親である金星について教えるための旅でもあった。初めて父と離れ、世界を巡った桜は何を見たのか――?
大人気小説「金星特急」番外続篇集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金星特急・番外篇 花を追う旅 /嬉野君

異人街シネマの料理人4/嬉野君

異人街シネマの料理人(4) (ウィングス・ノヴェル)
異人街シネマの料理人(4) (ウィングス・ノヴェル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
お見事!!と拍手を送りたい完結巻でした。
呆れるほどにスケールが大きくなっていく三ツ野家の兄妹喧嘩。
国際規模で繰り広げられた家族問題は、名画と食を描いてきたシリーズに相応しいラストを迎えたと思います。
とても楽しい作品でした。完結おめでとうございます!

☆あらすじ☆
カイの大統領暗殺、それを助けようとする冬基の企みを止めるため、テジェニスタンにやってきた桃だが……?
手に汗握る怒濤の完結巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人街シネマの料理人4/嬉野君

異人街シネマの料理人3/嬉野君

異人街シネマの料理人(3) (ウィングス・ノヴェル)
異人街シネマの料理人(3) (ウィングス・ノヴェル)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年10月刊。
祖父から受け継いだミニシアターを守る女子高生が主人公のシネマ・ミステリー第3弾。
いよいよ物語が大きく動きはじめました。
登場人物たちが日本を飛び出し舞台が世界へと移ったことで、どことなく『金星特急』を彷彿とさせるスケール感が。楽しい・・・!

☆あらすじ☆
冬基とカイの不和は決定的に。もはや対決は避けられないのか?舞台は日本を離れ、ヨーロッパ、そして中央アジアへ―。美味しいご飯と名画と謎。シネマティック・ミステリー緊迫の第3巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人街シネマの料理人3/嬉野君

黒猫邸の晩餐会/嬉野君

黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫)
黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫)

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
老婦人と謎の和服青年が新婚夫婦のように暮らす家に、奇妙な謎が持ち込まれていく物語。
あらすじで押すほどの「おいしさ」や「ほっこり」はあんまりなかったような・・・・・・。
ただ、探偵役の青年が解き明かす数々の謎めいたエピソードはとても面白かったです。
ラストでちょっと奇妙な世界に迷い込んだような不思議なオチがついたりして、そこも結構お気に入り。

☆あらすじ☆
地味リケジョの律を夕食に迎えたのは、和服イケメンの竜弥とほんわか老女の文絵。謎めいた話を聞き出す竜弥と、五十年前から時が止まっている文絵が交わす会話はまるで夫婦!?見つめるだけで料理をおいしくする不思議な黒猫・フミエも怪しい。おいしさと切なさに溢れるほっこり系ミステリ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒猫邸の晩餐会/嬉野君

異人街シネマの料理人1・2/嬉野君

異人街シネマの料理人(1) (ウィングス・ノヴェル)
異人街シネマの料理人(1) (ウィングス・ノヴェル)

総評:★★★★☆
1巻:2016年1月刊、2巻:2016年7月刊。
「金星特急」の嬉野君さんの最新作。期待通り、とても面白かった!
祖父が遺したミニシアターを守りたい女子高生と、彼女の前に現れた「兄」を名乗る2人の男。
家族になった三兄妹が、名作映画を鑑賞し、劇中に登場する料理を食し、そして様々な謎を解き明かしていく物語です。
サスペンス色の強いミステリーは面白かったし、映画の小ネタが随所にふんだんに散りばめられているのも楽しい。
何より、ヒロインを中心とするミステリアスな人間関係に目が離せません。
才能の原石を秘めた映画好きのヒロイン、優しげに見えて食えない実業家の異母兄、そして過去が分からない養子の次兄。
彼らの関係に一体どんな秘密が隠されているのか。今後の展開もすごく楽しみです。

☆あらすじ☆
育ての祖父が急逝し、彼の映画館を取り戻す為働くつもりの桃の元に兄と名乗る二人の男が現れて…?シネマティック・ミステリー開幕!

以下、1巻・2巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 異人街シネマの料理人1・2/嬉野君

金星特急外伝

『金星特急・外伝』(嬉野君著/新書館ウィングス文庫)★★★☆☆

金星特急・外伝 (ウィングス文庫)
金星特急・外伝 (ウィングス文庫)

すでに完結している金星特急(全7巻)の短編集。
雑誌のほうで本編終了後に連載されていた「外伝」と書き下ろし「花の海で」が収録。ユースタス&砂鉄の話も2話あります。この2人の話が私は大好きです。
書き下ろしは錆丸のその後。うーん、不穏(笑)

☆あらすじ☆
フランス外人部隊の砦に調査潜入した白鎖五十二位の夏草は、瞳の中に虚無を抱えるルイという中隊長に出逢い…?金星の残した不思議な力を回収すべく世界を旅する砂鉄とユースタス。純国普と戦いながら言語の研究を続ける王女達と、それを護衛する月氏達。そして金星との娘を育てる錆丸。錆丸と金星の世紀の恋の一方で語られなかったいくつかの物語と、彼らの旅の後日談を描いた、大人気シリーズ珠玉の番外篇集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金星特急外伝