「姐川」タグアーカイブ

スピリット・アームズ・オブリビオン 君と剣聖少女の未完成な現実/本山葵

スピリット・アームズ オブリビオン 君と剣聖少女の未完成な現実 (角川スニーカー文庫)
スピリット・アームズ オブリビオン 君と剣聖少女の未完成な現実 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年8月刊。
フルダイブ型VRゲームで出会った、ある問題を抱える少女と彼女に憧れる少年。
少年が無謀なクエスト依頼を受けたことから、二人の関係は動き始めるのです。
仮想現実と現実という2つの世界が存在する意味を、ヒロインの特異性に絡めて描こうとする点が面白い作品でした。これは確かに難しい問題だと思うと同時に、その難題を通して距離を縮める少年少女の姿が素敵。
ただ、惜しむらくは文章がいまいち私と相性良くなかったことかな。視点人物はもう少し固定してくれた方が好みなのです・・・

☆あらすじ☆
あなたの目の前にいる私は、誰ですか?
世界で初めて痛覚を搭載したVRゲーム「スピリットアームズ」。そこに入り浸っている高校生、関場宏介の周りには『末次文音』が2人いた。
1人はゲーム世界で最大ギルドのマスターであり、聖女と讃えられる少女。
そしてもう1人は、入学以来クラスの誰とも話したことがない同級生。
相反する2人はとても同一人物とは思えなかったが……。
ゲーム内では他の追随を許さない剣士である文音と偶然パーティを組むことになった宏介は、たった2人で碧竜を倒すというクエストを通じて彼女の””秘密””を知ってしまう。
その秘密はやがて、スピリットアームズの世界と彼らの現実を揺るがす事件の引き金となっていき――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スピリット・アームズ・オブリビオン 君と剣聖少女の未完成な現実/本山葵