「天才主人公」タグアーカイブ

プロペラオペラ2 /犬村小六


プロペラオペラ 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
飛行戦艦がぶつかり合う、恋と空戦の戦記ファンタジー第2弾。
戦闘シーンの理解が私には難しくて苦戦してしまったけれど、それを加味しても面白い作品だと思います。
思うままにならない不条理な圧力と戦い、圧倒的に不利な戦力差に立ち向かい、たったひとつの命を抱えて彼らはどこまで進むことができるのか。
戦争ものは読んでいて辛くなることが多いのだけど、そこできらめく命の輝きに、どうしようもなく目が奪われてしまいます。
あとやっぱりこの幼馴染ケンカップルが本当にいいんだわー!

☆あらすじ☆
美少女艦長+天才参謀、死の淵へダイブ!!
極東の島国・日之雄。その皇家第一王女・銀髪の美少女イザヤは18歳。
同い年で幼なじみのクロトは、10歳の時にイザヤにとんでもない“狼藉”をはたらき皇籍剥奪された曰く付き。
しかしふたりは今、タッグを組んで飛行戦艦「飛廉」を駆る国民的人気の艦隊司令官&超切れ者天才参謀である。互いを意識しているくせに素直になれないイザヤとクロト。イザヤと人気を二分する巨乳艦長リオ。彼女たちのためならいくつでも命を捨てたいファンもとい乗組員たち。その乗組員たちを我が手足として支配するために不謹慎で不埒な策略をこっそりと練るのが策略の天才クロト。
ということで、何も起こらないはずがない南の島のビーチでの休日……の後は、敵国リングランド艦隊との決戦が待っている!!
ファン待望の犬村小六真骨頂「空戦ファンタジー戦記」、スケール&面白さアップの堂々第二幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プロペラオペラ2 /犬村小六

茉莉花官吏伝8 三司の奴は詩をうたう /石田リンネ


茉莉花官吏伝 八 三司の奴は詩をうたう (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
表紙の茉莉花の衣装が可愛すぎる・・・!
火種を抱えた異国を舞台にして、新章がスタート。
これまで様々な経験を積んできた茉莉花が、天性の記憶力と観察眼を駆使して次なるステージへ進むようです。
その様は控えめにいって怪物。そこにとてもゾクゾクしました。
本当に楽しいシリーズだ!

☆あらすじ☆
あるときは間諜、あるときは学者、あるときは愛人(候補)!? 茉莉花の立身出世物語(シンデレラストーリー)叉羅国編スタート!
叉羅(サーラ)国の高貴な客人ラーナシュに、王の証(コ・イ・ヌール)というとんでもないものを押し付けられた茉莉花は、視察と称して叉羅国に返してくるよう珀陽に頼まれる。
ところがその道中ラーナシュが命を狙われ、辛くも逃げ出した茉莉花は、あろうことかラーナシュと敵対中の家の当主シヴァンに助けを求めてしまう。
しかし、連れて行かれた邸でなぜかもてなされて——!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝8 三司の奴は詩をうたう /石田リンネ

天才王子の赤字国家再生術6 〜そうだ、売国しよう〜 /鳥羽徹


天才王子の赤字国家再生術6~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
売国奴志望の天才王子の快進撃を描く戦記ファンタジー第6弾。
水着回です!ラブコメの波動・・・!(いつもよりウェイン×ニニムのアレがソレして凄かった気がする!)

☆あらすじ☆
「さて、どうしたもんかな」
青い海と白い雲、燦々と輝く南の太陽を鉄格子越しに眺めながら、ウェインは牢内で呟いた。
ソルジェスト王国との一戦に勝利し、不凍港の使用権を得たナトラ王国は、新たな交易相手を開拓するため大陸南方に位置する海洋国家パトゥーラに目を付ける。
ウェインは一気に話をまとめるため自ら交渉に赴くが、アクシデントの発生で、なぜか投獄される羽目に!?
パトゥーラ諸島における覇権の象徴・虹の王冠を巡って繰り広げられる骨肉の争い。嵐のような戦火の中、天才王子が新たな傑物との出会いを果たす、弱小国家運営譚第六弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天才王子の赤字国家再生術6 〜そうだ、売国しよう〜 /鳥羽徹

異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵


異人館画廊 透明な絵と堕天使の誘惑 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
人を狂わせる図像術を用いた絵画。
現代では失われた技術を研究する少女と、彼女を見守る画商の青年。
微妙な距離感にある二人と、様々な技能を持つ仲間たちが、図像術にまつわる謎に挑む絵画ミステリー第6弾。
なにげに2年ぶりの新刊です。
待ちに待ったシリーズ。ようやく色々と動きが――!

☆あらすじ☆
千景のもとに「―もうすぐ僕は、絵を完成させる。見た人を不幸にする絵だ…」と脅迫めいた手紙が届いた。消えた図像術の研究者、有名な心霊スポット「切山荘」、四つの絵…点と点が線となり、やがて千景の過去へと繋がっていく。誘われるように、自らの失った記憶に向き合おうとする千景を透磨は案じ、守ろうと二人の距離は近づいて―?
待望の第六弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵

王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 3.暗躍せし影 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年10月刊。
面白かった!
転生した1000年後の世界で蠢き始める陰謀の気配。
そこにレティシエルの運命も絡み始めてきました。これは楽しくなってきた・・・!
前世の記憶を取り戻す前の「失われた記憶」も謎めいた形で蘇りつつあり、こちらはどういう展開になるのか想像もつきません。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
最強王女VS邪悪なる意志
フィリアレギス公爵家との縁を切り、自由を謳歌するレティシエルの元に、公爵家の長女・サリーニャが訪れる。
公爵家の忌み子である『ドロッセル』を嫌っていたサリーニャの思惑が読めず困惑するレティシエル。
その裏では、クリスタがレティシエルの学友・ジークへと近づいており……?
違和感を拭えないまま始まった学園の課外授業の真っ最中、人々を誘拐する謎の集団にジークとヒルメスが捕まってしまう。
友人を狙われ怒るレティシエルは集団を制圧するも、敵の未知の力は不穏な匂いを感じさせ……?
レティシエルを取り巻き暗躍する影と、蘇り始める『ドロッセル』の記憶。転生した王女殿下を待ち受ける新たな謎とは――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓

王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 2.精霊王の来訪 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年4月刊。
1000年後に転生した最強王女がマイペースにわが道を突き進むファンタジー第2弾。
世界情勢が少しずつ明らかになり、国が抱える問題も見えてきた感じ。
レティシエルの新しい環境もゆっくりと整い始めているのを感じます。
まぁでも2巻は準備回という雰囲気で、大きな動きはそこまでなく(重要そうな新キャラは出てきましたが)
一方で様々な伏線が気になって仕方ありません。次巻も期待。

☆あらすじ☆
常識外れの最強魔術譚、第二幕!!
異形の怪物を退け、穏やかな日常へ舞い戻ったレティシエル。
しかし強大な魔術の力を求める国王に喚び出され、息をつく間もなく王城へ。自由を求めるレティシエルに、したたかな国王はとある条件を提示して……?
謁見を終え、学園に戻ったレティシエルは「魔法同好会」を立ち上げる。
同好会の仲間と期末試験を乗り越えてから数日、絶滅していたとされる双子の精霊王ディトとティーナがレティシエルの前に現れるが、二人はレティシエルに突然襲い掛かってきて!?
二人を無力化するべく、レティシエルはついに本領を発揮する──!
常識外れの王女殿下が我が道を往く最強魔術譚、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓

茉莉花官吏伝7 恋と嫉妬は虎よりも猛し /石田リンネ


茉莉花官吏伝 七 恋と嫉妬は虎よりも猛し (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
デート回!?デート回だ!茉莉花官吏伝でデート回!!(興奮)
珀陽すら眉をひそめるような問題が新たに起こる一方で、茉莉花と珀陽の関係が大きく動いた第7巻でした。
このシリーズで甘い展開がくるとテンションが跳ね上がりますね!

☆あらすじ☆
茉莉花と珀陽が手つなぎデート!? 立身出世物語、ときめき加速の第七弾!
珀陽に想いを告げられた茉莉花は、珀陽にとあるお願いをされた結果、二人で夜市に出かけることに!!
精いっぱいのおしゃれをして、まるで恋人のように珀陽と過ごす茉莉花だが、そこで探しものをしているわけありの異国人と出会う。
たちまち“皇帝”の顔に戻った珀陽から、茉莉花は「できる限りこの人に力を貸してあげてほしい」と密かに依頼され……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝7 恋と嫉妬は虎よりも猛し /石田リンネ

天才王子の赤字国家再生術5 そうだ、売国しよう /鳥羽徹


天才王子の赤字国家再生術5~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
空前の好景気にわくナトラ王国と立役者ウェイン。
しかしそこには新たな火種が存在し、それを解決するためにとった一手が新たな戦乱を呼んでしまう第5巻。
安定して面白いです。
計画通りに進むこともあれば、思惑が外れてワタワタと奔走することもある。
貧乏国の望まぬ快進撃から始まった物語は、諸国を巻き込み、一体どこへ向かうのでしょうか。
続きもとても楽しみです。

☆あらすじ☆
西と同盟して一流国家の仲間入りだ!
『やはり手を組むべきは、グリュエールだな、間違いない!』
ミールタースでの騒動を機に、大いに知名度を上げたナトラ王国は、空前の好景気を迎えていた。
追い風に上機嫌なウェインにとって気がかりなのは、西側への玄関口として成長著しいマーデン領の存在。
国内のパワーバランスを調整するため、ウェインはグリュエール王が治めるソルジェスト王国と手を結び国全体を底上げすることを画策する。
折しもグリュエールからの招待を受け、意気込んで外交に向かうウェインだったが、
そこでは予想外の展開が待ち受けていた! 戦雲垂れ込める、弱小国家運営譚第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天才王子の赤字国家再生術5 そうだ、売国しよう /鳥羽徹

プロペラオペラ /犬村小六


プロペラオペラ (ガガガ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
面白かった!
飛空士シリーズの犬村小六先生による、新たな恋と空戦の物語。
空に浮かぶ巨大艦隊同士が激突する迫力の空戦と、国を背負う幼馴染2人のツンデレな恋模様を楽しめる新作です。
太平洋戦争時の日本がモデルになっているところは『とある飛空士への夜想曲』を思い出すのだけど、あちらよりも物語に閉塞感は(現時点で)(そこまで)ないし、キャラが若々しく、コメディ色強め。
大言壮語を吐きつつ比類なき才能を発揮する主人公の活躍も痛快で、最後まで高揚感をもって楽しむことができました。
とはいえ、人がたくさん死ぬ「戦争」の物語ではあるし、先行きは暗いんですけどね・・・・・・
犬村作品には毎度心を○されるので続きを読むのが怖いけれど、それ以上に楽しみで仕方ありません。2巻も期待!

☆あらすじ☆
美少女艦長+天才参謀、天空の艦隊決戦へ!
極東の島国・日之雄。その皇家第一王女イザヤ18歳。
彼女はしかし同時に、重雷装飛行駆逐艦「井吹」の艦長である。イザヤのためなら命を投げ出す乗組員達は、全員彼女の大ファン!
そんな「井吹」に、突然イザヤの部下として乗り込んできたのは、主人公クロト。皇族傍系黒之家の息子であったクロトはイザヤとは幼なじみであったが、ある日、イザヤに対し最っ低の事件を起こして皇籍剥奪となり、家族もろとも敵国ガメリア合衆国へと逃亡したのであった。そのクロトが(どのつら下げて)なぜ今ここに!?
クロトは言い切る、「俺はガメリアを牛耳る怪物から日之雄を守るために帰ってきた」!おりしも我が国日之雄は、カネと武力で日之雄を我が物とせんとするガメリアと開戦に踏み切った。イザヤとクロトは「井吹」を駆り、超大国ガメリアの世界最強飛行艦隊に対し決戦を挑む!!
自信満々、超傲慢、頭が切れるのに加えてバカがつく努力家クロトの大驀進人生の絢爛舞台、ファン待望の犬村小六真骨頂「空戦ファンタジー戦記」が堂々開幕!!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プロペラオペラ /犬村小六