「大泉貴」タグアーカイブ

ダンジョン・ザ・ステーション /大泉貴


ダンジョン・ザ・ステーション (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
怪物はびこる迷宮と化した新宿駅。
行方不明になった妹を探すため、迷宮へと乗り込んだ少年の冒険を描くファンタジーです。
変質した新宿駅構内の描写が面白かったし、主人公を取り囲むメンバーも個性豊かで魅力的だったと思います。
続刊予定のシリーズらしく、まさに冒険の始まりを描いた第1巻という趣。
今後に期待したいと思います。

☆あらすじ☆
迷宮と化した新宿駅で繰り広げられるダンジョンファンタジー、ここに開幕!!
迷宮主(イニシエーター)を名乗る謎の人物の宣言により、突如新宿駅は、底の見えない巨大迷宮と化した。
そこには駅員(ガーディアン)と呼ばれる危険な怪物も出現。
国は迷宮駅攻略のために探索員制度を制定するが、どうにも個性的な強者ばかりが集うように。
最強の殺し屋聖女、常に眠い魔法使い幼女、元救世主のステゴロヤクザ、謎多きアイテムコレクター。
そしていま、行方不明になった妹を探す少年が一人、混沌とした物語に足を踏み入れる。
迷宮駅の大いなる秘密をその手に携えて。
新宿駅で繰り広げられる果てしなき冒険譚が––ここに始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョン・ザ・ステーション /大泉貴

我がヒーローのための絶対悪3/大泉貴

我がヒーローのための絶対悪 3 (ガガガ文庫)
我がヒーローのための絶対悪 3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年4月刊。
最愛の幼なじみを守るための苛烈な闘争を描くピカレスクロマン最終巻。
3巻で完結ということで少し不安に感じていたのですが、読んだ今は「やりきってくれた!」という思いでいっぱいです。控えめに言って最高でした・・・・・・。
次回作も楽しみです!

☆あらすじ☆
悪が身を賭して救おうとした正義のゆくえ。 沖名武尊が二代目ヘルヴェノム卿となり、半年が経過していた。 家族同然の水町佐和子を手にかけ、悪に堕ち続けた事件。月杜MATビルで繰り広げたガイムーンとの激しき闘争。そして旧リヴァイアサンの元幹部である第一種の怪人ビートリガたちとの殺し合い。 それらの苛烈な闘争を経てもなお、争いは終わることなく、さらに激しさを増していく。それらを殲滅し取り込んでいく二代目ヘルヴェノム卿は、名実ともに怪人(オルタ)たちを束ねる絶対悪(アルケマルス)となっていた。 すべてはガイムーンを倒すため。幼なじみである天羽ミアをガイムーンの呪縛から解き放つため、武尊は果てなき闘争を続けている。 一方で、正義の化身として覚醒を続けるミアは本来自身が持ち合わせているヒーローとしての感覚と「正義を行使する」というマインドセットのズレの影響で頭痛に悩まされていた。 そんな止まらない進化を不安に感じているミアの前に、フクロウを模った仮面した怪人が現れ事態を急変させる――。 絶対悪になった少年は果たして最愛の少女を救うことができるのか。そして悪に堕ち続けた武尊の運命は――。青春ヒーローピカレスクロマン、最終巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 我がヒーローのための絶対悪3/大泉貴

古書街キネマの案内人 おもいで映画の謎、解き明かします

『古書街キネマの案内人 おもいでの映画の謎、解き明かします』(大泉貴著/宝島社文庫)★★★★☆

古書街キネマの案内人 おもいで映画の謎、解き明かします (宝島社文庫)
古書街キネマの案内人 おもいで映画の謎、解き明かします (宝島社文庫)

2016年3月刊。
宝島社さまよりご恵投いただきました。
神田神保町の名画座を舞台にした、古い映画と謎を巡るライトミステリー。
名画座にやってくる人々が抱える様々な想いを、映画を愛する「案内人」が紐解いていく短編集です。
映画館事情や名作映画の裏話などの小ネタも面白く、とても映画館に行きたくなりました。ここに出てくる名画を鑑賞したい気持ちにも。
優しくて温かな良い作品でした。とても面白かったです。

☆あらすじ☆
東京・神田神保町。世界最大級の書店街であるこの街の裏路地には、小さな名画座『神保町オデヲン』がある。大学生の多比良龍司は、そこで出会った女性・六浦すばるに惹かれてバイトを始めることにした。彼女は映画にまつわる悩みを聞いて解決する“案内人”なのだった。映画の感動と興奮、その“おもいで”が人と人を繋いでいく。これは小さな名画座で巻き起こる、どこか温かく懐かしい物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 古書街キネマの案内人 おもいで映画の謎、解き明かします

我がヒーローのための絶対悪2

『我がヒーローのための絶対悪〈アルケマルス〉』(大泉貴著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

我がヒーローのための絶対悪 2 (ガガガ文庫)
我がヒーローのための絶対悪 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
我がヒーローのための絶対悪〈アルケマルス〉 | 晴れたら読書を

 

2015年8月刊。
待ちに待った第2巻。
最高だった1巻からの期待を裏切らない、良質なピカレスクロマンとなっていました。やはりこのシリーズは良い!!
怪人達を束ねる悪の総帥である主人公と、その最大の敵にして最愛の幼なじみである正義のヒーロー。
ふたりの「良き闘争」は、様々な思惑に巻き込まれながら、次なる段階へと進むのです。

☆あらすじ☆
少年は悪へと身を落とし続ける――。
正義のヒーロー・ガイムーンの勝利に終わった、あの正義と悪の激闘から二週間。 かつて正義に屈したと思われていた悪の総帥の出現に人々は恐怖したものの、時間が経つにつれてまた月杜市は平穏を取り戻しつつある。悪の組織・新生リヴァイアサンもそれ以来、表立った活動は控えていた。だが二代目ヘルヴェノム卿――沖名武尊はまだガイムーン打倒を諦めてはいなかった。 一方そのころ、二代目ヘルヴェノム卿の存在を重く見たリヴァイアサンの元幹部である第一種たちはヘルヴェノム卿の抹殺を画策。さらにミアも本来味方であるはずの【財団】の思惑により思いがけないピンチに晒されてしまうこととなる――。 第一種、【財団】、そして新たな存在「外種」。さまざまな試練が立ち塞がる中、武尊はガイムーンの正体・天羽ミアという最愛の少女を救うため、どれだけ自身が傷つこうと、月杜市のすべてを巻き込み絶対悪であることを渇望し続ける――。
青春ヒーローピカレスクロマン、新たな波紋を生む第二巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 我がヒーローのための絶対悪2

詐欺師キッドの英雄演武1

『詐欺師キッドの英雄演武1』(大泉貴著/オーバーラップ文庫)★★★★☆

詐欺師キッドの英雄演武 1 (オーバーラップ文庫)
詐欺師キッドの英雄演武 1 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年6月刊。
英雄の子孫を騙る詐欺師が、人類を救うために神の寵愛を賭けた戦いに挑むことになるというファンタジー。
特殊な力なんて持たない一介の詐欺師が、そのペテンだけで強者を圧倒していく爽快な物語でした。
偽物の英雄は「本物」になれるのか。偽物は「本物」の信頼に応えることができるのか。
その問いに応えるかのように、飄々とした主人公がここぞという時に見せる熱さがとても格好良かったです。
今回はまだ前哨戦ですが、かなり好みな主人公と物語。次巻以降も楽しみです!(*゚▽゚)ノ

☆あらすじ☆
「―おたくの魔法、騙りに堕ちたぜ」文明が発展し、神の不在が囁かれ始めた時代。伝説の英雄を騙って悪徳貴族から金銭をだまし取っていた詐欺師のキッドは、ある少女に協力を依頼される。「お願いします、キッド様。あなたにも参戦して頂きたいのです。神ユグラティアの制定せし戦い、“神儀演武”に」伝説は真実を伝えており、キッドとその仲間は世界を統べる7つの種族の戦い、神儀演武に巻き込まれることとなる。これは、嘘から始まる綻びだらけの英雄譚。詐欺師キッドの大いなるショータイム、いよいよスタート!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 詐欺師キッドの英雄演武1

我がヒーローのための絶対悪〈アルケマルス〉

『我がヒーローのための絶対悪〈アルケマルス〉』(大泉貴著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

我がヒーローのための絶対悪 (ガガガ文庫)
我がヒーローのための絶対悪 (ガガガ文庫)

これはやばいです。変化球でどストライクきました。
登場するのは悪の怪人と正義のヒーロー。ヒーローものを悪の側から描くピカレスクロマンな作品は多いですが、それをここまで切ないラブストーリーに仕上げてくるとは。
主人公は怪人達を束ねる悪の結社の総帥。そんな彼が戦うのは、怪人達の天敵として「正義」を振るう最愛の幼なじみなのです。
彼らの闘争と、その裏に隠された愛に衝撃を受けました。もうほんと、切なすぎて動揺するレベル。
ダークヒーローものとしても終始緊張感のある展開が続き、とても面白かったです。
最高だよ!こういうの大好きだ!!

☆あらすじ☆
街の平和を守るため、ヒーローに変身し日夜戦う少女・ミア。そんな彼女を見守る幼馴染の少年・武尊。平凡な高校生である彼には秘密があった―。それは、彼こそがミアの倒すべき悪の組織の総帥なのである。武尊が悪に身を落とす理由。それは正義の味方として悪と戦うことを宿命づけられてしまったミアのために、敵として立ちはだかり続けることだった。悪の首領とヒーローの関係は二人をどんな運命へと導くのか。最愛の者を守るため、最愛の者と戦い続ける、正義と悪に彩られた青春ヒーローピカレスクロマンここに誕生!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 我がヒーローのための絶対悪〈アルケマルス〉