「変態ヒーロー」タグアーカイブ

EDGEシリーズ 神々のいない星で 1・2巻 /川上稔


EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩の惑星クラフト〈上〉 (DENGEKI EDGEシリーズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻「僕と先輩の惑星クラフト」(上)2019年8月刊、(下)同年9月刊。
2巻「僕と先輩のウハウハザブーン」(上)2020年5月刊、(下)同年7月刊。

最近、川上稔作品を読み漁ってるのだけど、最新シリーズもすごく面白いですね!
これは世界各地の神話や伝承が好きな人にはたまらない作品だと思います。特に神話の成り立ちを考察するのが好きな人とかね。
人類史と神話の交錯に思いをはせつつ、元気いっぱいな主人公たちの馬鹿騒ぎに終始笑いっぱなしでした。
テラフォーム系SFとしても楽しめるし、90年代のレトロな空気も面白く、そして先輩と主人公のラブコメは可愛くてにっこり。
各種要素を並べると闇鍋のようだ。それらが上手くまとまっているところも凄いです。
そしてこういう知識量で殴る系の物語大好き!
まじで神話好きは読んだらいいですよ。これは楽しいぞ・・・!

☆あらすじ☆
『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る待望の新シリーズが登場!
境界線上のホライゾンでたびたび言われる“神代の時代”。人々が天上にいたとき、何があったのか……、というか、その前提?
気づくと現場は1990年代。広大な学園都市の中で、僕は馬鹿なダベりをしつつ、巨乳の先輩に縦方向の盛り上がりをしていたのだけど、何か没入系ゲームで即死したりといろいろありましてね……。
チョイと気軽に天地創造。つまりこれは「神話再現」だ……!

以下、2巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む EDGEシリーズ 神々のいない星で 1・2巻 /川上稔

AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔


終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

総評:★★★★★
2003年6月刊 〜 2005年12月刊。
おッッッッッッッッッもしろかったーー!!!

かつて存亡をかけて10の異世界と戦い、その全てに勝利した世界。
しかし世界は再び滅びに向かっており、滅亡を防ぐためには「戦争が残したもの」を清算をしなければならない。
そうして戦後処理を任された少年少女は、異世界の生き残りたちと戦い、交渉し、その過程で戦争の真実と世界の謎に迫るのです。

各異世界の人々が持つ様々な「概念」、様々な戦闘スタイル、様々な事情、様々な信念。
新たな異世界と対峙するたびに物語の雰囲気が変わり、章ごとに新鮮な楽しさを感じるシリーズでした。
生身の肉弾戦、巨大ロボット、戦闘機による高速空中戦・・・・・・バトルパートだけでも多種多様な趣向が用意されていて、途中で飽きる暇もなかった。ずーーっと楽しくて夢中になって読みました。

4組の男女を中心に置く、群像劇的なストーリーも最高。
カプ厨に大変美味しい構造なんですよね。みんな魅力的だから全てのカップルが推せる。
変態彼氏とツッコミ彼女とか、変態彼氏と暴力彼女とか、変態彼氏と天然彼女とか、変態天然彼女と巻き込まれ彼氏とか・・・・・・・・・・・・変態多くない?多かったなぁ。
でも決めるべきところでは鳥肌たつくらい格好良いのがずるいんだ・・・!

☆あらすじ☆
かつて世界は、平行して存在する10個の異世界と戦闘を繰り広げていた。概念戦争と呼ばれるその戦争に勝利してから60年。全てが隠蔽され、一般の人々に知られることなく時が過ぎた現在…。高校生の佐山御言は祖父の死後、突然巨大企業IAIより呼び出しを受ける。そして、この世界がマイナス概念の加速により滅びの方向へ進みつつあること。それを防ぐには、各異世界の生き残り達と交渉し、彼らが持つ10個の概念を解放しなければならないことを伝えられる。かくして、佐山は多くの遺恨を残した概念戦争の戦後処理として、最後の闘いに巻き込まれていくが…。川上稔が放つ新シリーズ、遂に始動。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔

少女願うに、この世界は壊すべき 〜桃源郷崩落〜 /小林湖底


少女願うに、この世界は壊すべき ~桃源郷崩落~ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
第26回電撃小説大賞《銀賞》受賞作。
中華風と和風を足して2で割ってポストアポカリプスで味付けした楽しいファンタジーでした。
かなり込み入った設定で、そこに慣れるのが少し大変だったかな。でも読み応えはすごかったです。
あと最近では廃れた暴力系ツンデレヒロインに懐かしさを感じたり。全裸で始まり、全裸で終わる男がいかんのよ(違)

☆あらすじ☆
時空を超え目覚めた最強の霊術遣いが、残虐な妖魔を殲滅する!
こんな世界はぶっ壊してやる——
妖狐の因子を持つ少女・熾天寺かがりは、村を襲う天颶や心ない人間たちから迫害され、この世界の全てを忌み嫌っていた。
そんな彼女の願いに応じ、はるか昔に自らを封印した最強の聖仙・神津彩紀が覚醒する。五彩の覇者と呼ばれ、全能の薬神でもある彼の姿は——
全 裸 だ っ た 。
「間一髪だったな」流れるように神州刀を振り回し、敵を殲滅した彩紀は告げる。
「どうやら俺はお前の式神、平たく云えば奴隷になってしまったようだ。お前の願いはなんだ──」
最強のエロ聖仙と灼熱の狐耳少女による、世界変革の物語が始まった。
——人の祈りは、天の法則を書き換える。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 少女願うに、この世界は壊すべき 〜桃源郷崩落〜 /小林湖底

次期風紀委員長の深見先輩は間違いなく病気 /稲井田そう


次期風紀委員長の深見先輩は間違いなく病気(角川書店単行本) 【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
面白かったー!

他者の心が聞こえる少女と、彼女への愛情を暴走させる先輩。
元気に狂った先輩の心の声にドン引きしつつも、風紀委員として共に過ごす中で、彼の人間性を知っていく主人公。
異端の能力ゆえに絶望の淵にいた少女は、自分に異常な執着をみせる先輩の姿に何を思うのか。

内向的で心が死んでるヒロインと、変態的で心が元気すぎるヒーローのすれ違いがとても楽しいラブコメでした。
結構シリアスな話なんだけど、先輩の元気な声で闇が吹き飛ばされていくかのよう。こういう救済物語は大好きです。
先輩、変態は変態でも、健全に真面目な変態なんだよなぁ。
この変態は良い変態(良い変態とは)

☆あらすじ☆
ある秘密を抱え、家族と離れて暮らす高校1年生・石崎鏡花は、特待生に選ばれるために入った風紀委員会で、眉目秀麗にして校内一の優等生・深見先輩に衝撃を受ける。なぜなら、鏡花の秘密とは「他人の心の声が聞こえること」。そして深見の心の中では、初対面のはずの鏡花への、異常な愛の叫びが渦巻いていたのだ。全力で接触を回避し続けようとする鏡花と、冷静沈着を装いながら、内心でとんでもない妄想を繰り広げる深見。2人のすれ違いの行方は……。
心の声が聞こえる少女と本音が言えない優等生の恋の行方は——。
出会いに笑い、ラストは号泣!
「小説家になろう」発、異能ラブコメ×青春小説!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 次期風紀委員長の深見先輩は間違いなく病気 /稲井田そう

狂伯爵と買われた花嫁1 愛と殺意の新婚生活!?

『狂伯爵と買われた花嫁 愛と殺意の新婚生活!?』(梨沙著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

狂伯爵と買われた花嫁: 1 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)
狂伯爵と買われた花嫁: 1 愛と殺意の新婚生活!? (一迅社文庫アイリス)

発売当初から気になってはいたものの、「ネクロフィリアなヒーローって、またキワどいところ狙い撃ちしてきたな・・・・・・」と何となく積みっぱなしだった本作。
満を持して読んでみたらこれが意外にすごく面白かったんでビックリです!
剥製大好きで死体だったときのヒロインに一目惚れするというだいぶ変態なヒーロー。ですがどこか可愛くて、そんなヒーローにつられて物語全体も可愛げのあるものでした。同時進行するダークな犯罪に主人公達が巻き込まれてはいくものの、基本的にはフフっと笑ってしまう感じのラブコメです。フリルエプロンの執事に萌えた。
そういえば梨沙さんの著作を読んだのは「華鬼」以来だったなぁ。

☆あらすじ☆
旦那様の趣味は剥製作り。そして、そんな旦那様に一目惚れされ、“購入”されてしまった私。え?生きてる私に興味はない?私を殺して永遠の愛を誓うってどういうこと!?狂伯爵と呼ばれるクリストファーと、彼と結婚して一緒に暮らすことになってしまったリリアン。二人の新婚生活は愛と危険がいっぱいで―!?美貌の青年伯爵と花嫁の“死”からはじまるラブファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狂伯爵と買われた花嫁1 愛と殺意の新婚生活!?