「変態カップル」タグアーカイブ

AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔


終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

総評:★★★★★
2003年6月刊 〜 2005年12月刊。
おッッッッッッッッッもしろかったーー!!!

かつて存亡をかけて10の異世界と戦い、その全てに勝利した世界。
しかし世界は再び滅びに向かっており、滅亡を防ぐためには「戦争が残したもの」を清算をしなければならない。
そうして戦後処理を任された少年少女は、異世界の生き残りたちと戦い、交渉し、その過程で戦争の真実と世界の謎に迫るのです。

各異世界の人々が持つ様々な「概念」、様々な戦闘スタイル、様々な事情、様々な信念。
新たな異世界と対峙するたびに物語の雰囲気が変わり、章ごとに新鮮な楽しさを感じるシリーズでした。
生身の肉弾戦、巨大ロボット、戦闘機による高速空中戦・・・・・・バトルパートだけでも多種多様な趣向が用意されていて、途中で飽きる暇もなかった。ずーーっと楽しくて夢中になって読みました。

4組の男女を中心に置く、群像劇的なストーリーも最高。
カプ厨に大変美味しい構造なんですよね。みんな魅力的だから全てのカップルが推せる。
変態彼氏とツッコミ彼女とか、変態彼氏と暴力彼女とか、変態彼氏と天然彼女とか、変態天然彼女と巻き込まれ彼氏とか・・・・・・・・・・・・変態多くない?多かったなぁ。
でも決めるべきところでは鳥肌たつくらい格好良いのがずるいんだ・・・!

☆あらすじ☆
かつて世界は、平行して存在する10個の異世界と戦闘を繰り広げていた。概念戦争と呼ばれるその戦争に勝利してから60年。全てが隠蔽され、一般の人々に知られることなく時が過ぎた現在…。高校生の佐山御言は祖父の死後、突然巨大企業IAIより呼び出しを受ける。そして、この世界がマイナス概念の加速により滅びの方向へ進みつつあること。それを防ぐには、各異世界の生き残り達と交渉し、彼らが持つ10個の概念を解放しなければならないことを伝えられる。かくして、佐山は多くの遺恨を残した概念戦争の戦後処理として、最後の闘いに巻き込まれていくが…。川上稔が放つ新シリーズ、遂に始動。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔

妹さえいればいい。14 /平坂読


妹さえいればいい。 (14) (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年2月刊。
ラノベ作家たちのラブコメ群像劇、ついに完結!
とても面白かったです。いや本当に面白かった。
びっくりするくらい真っ直ぐ刺さって、なんだか表に引きずり出されたような気分になりました。
何もかも満足!

☆あらすじ☆
青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!!
「アンチも編集者も俺以外の売れっ子も全員爆発しろ!」作家としてブレイクし、愛する人と結婚し、父親となっても、人は(特に作家は)そう簡単に聖人君子のように生まれ変わったりはしない。羽島伊月は今日も荒ぶりながら小説を書く。そんな彼を生温かく見つめる妹の千尋も、報われない片想いにいい加減疲れていて――。伊月、千尋、京、春斗、那由多、アシュリー、海津、蚕、刹那、撫子……時を経て大きく変わったり変わらなかったりする主人公達が、それぞれに掴む未来とは!? 青春ラブコメ群像劇の到達点、堂々完結!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。14 /平坂読

妹さえいればいい。13 /平坂読


妹さえいればいい。13 (ガガガ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
とても綺麗に終わったので完結巻かと思ってしまいました。次が最終巻とのこと。
伊月と並ぶ「もうひとりの主人公」として、京がフィナーレへ連れて行ってくれるようです。

☆あらすじ☆
そして、新しい日常が始まる。
冬が終わり、季節は春。主人公達はそれぞれ、新しい一歩を踏み出していた。新シリーズを発表した不破春斗。出版社ブランチヒルに入社し、ついにプロの編集者となった白川京。大学のTRPGサークルでオタサーの姫と化した羽島千尋。そして10万文字のラブレターによって何かを掴んだ伊月は、今度こそ本物の主人公になるべく精力的に小説を書き続けていた。ゲームして旅行して酒を飲み、仕事して、恋をする。同じようで変わりゆく、新しい日常が幕を開けた。大人気青春ラブコメ群像劇、いよいよ最終章――前編!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妹さえいればいい。13 /平坂読