「執着ラブコメ」タグアーカイブ

お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環


お狐様の異類婚姻譚: 3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2019年11月刊。
お狐様と薬師の少女の甘くてこわい攻防を描く和風ファンタジー第3弾。
3巻を読み終えてふと思ったのですが、この作品面白すぎませんか??本当にめちゃんこ面白くない???

あやかしが支配する世界の風習にまでこだわった設定、
その設定が後から後から意味を重ねていく物語の構成、
そして鮮烈な存在感で心を惹きつけるキャラクターの裏表。

完璧なんですよ。求めるものを最高水準で与えられている実感がある。
和風ファンタジーで面白いものを読みたければコレを読め!ってところまできた。
このシリーズに対する愛が最高値に達して頭がバグッてる自覚はあるけど、それにしたって面白すぎるんですよ・・・!

そしてコミカライズ連載開始おめでとうございます。
コミカライズ担当の方の絵柄が原作担当の凪さんの雰囲気に近くて嬉しい。こちらも応援せねば!

☆あらすじ☆
神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。婚姻してすぐに離縁された雪緒は、彼が信用できず復縁を断り続けていた。そんなある日、鬼の嫁入りの祭儀の混乱の中、雪緒が鬼にさらわれてしまう。白月は、雪緒を取り返そうとするが――。え? このままだと私が鬼の嫁にされてしまうってどういうことですか!? 大人気異類婚姻ラブ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環

お狐様の異類婚姻譚2 元旦那様に誘拐されるところです /糸森環

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
溺愛ムーブで誑かしにくる妖狐の元夫を全力で拒否する薬屋の少女。
恋情のない、打算まみれの求婚を受け入れることはできない。
そう自分に言い聞かせながら、必死で逃げ続ける少女の奮闘を描く和風ファンタジー第2弾。
今回もとても面白かったです。やっぱり糸森作品の人外恋愛は本当に凄い。
人と怪の間に横たわる生態や価値観の違い。その摩擦によって生まれる火花のように鮮やかで儚い感情の交錯。
甘い言葉で包んだ残酷な関係なのに、そこに芽生える偽りではない何かにとても惹かれるのです。

☆あらすじ☆
「黙れよ、雪緒。もう甘やかさないからな」
幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。新婚早々放置され離縁されたことから、復縁を求めてくる彼のことが信用できずにいたけれど、白月が行方不明になったと聞いて……。彼を追った先で出会ったのは、白月そっくりの黒狐!? え? 他人の振りをしているけれど、あなた、白月様ですよね?
お狐様との異類婚姻ラブ第2弾! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚2 元旦那様に誘拐されるところです /糸森環

薬屋のひとりごと8 /日向夏

薬屋のひとりごと 8 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 8 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
表紙、とてもヘッドロックですね!
うわぁうわぁ、うわぁうわぁ。
ラストを読んで「うわぁ・・・・・・」以外の感想が消えそうなんですけど、うわぁ・・・!

☆あらすじ☆
毒で体調を崩した姚が医局勤めに戻れるようになった頃、猫猫のもとに大量の書物が届いた。
送り主は、変人軍師こと羅漢。碁の教本を大量に作ったからと猫猫に送り付けてきたらしい。
興味がないので売り飛ばそうと考える猫猫の考えとは裏腹に、羅漢の本によって、宮中では碁が流行していった。
一方、壬氏はただでさえ忙しい身の上に加えて、砂欧の巫女の毒殺騒ぎや蝗害の報告も重なり、多忙を極めていた。
そんな中、宮廷内で碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、羅漢のもとに直接交渉をしかけに行く。
開催場所を壬氏の名前で提供する代わりに、さぼっている仕事をこなすように説得するのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと8 /日向夏

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森環

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
誑かそうとする狐の元夫と、誑かされまいとする人の元嫁の攻防を描いた和風ファンタジー。
『花神遊戯伝』を思い出させる、麗しくも残酷な神話的世界観が最高でした。個性とセンスが光りすぎ!
肝心のストーリーは、溺愛人外ラブの皮を被った「人と怪の化かし愛」といったところ。
「嫁に来い」「いやです!」の掛け合いに込められた二人の想いは、物語が進むなかで、くるくると万華鏡のように変化していくのです。特にラストのヒロインのモノローグがとても秀逸。
さて、この恋で一枚上手なのはどちらだろう?
初恋をこじらせたヒロインの想いは届くのか?
この先の展開がぜひ見たいので続編をお願いします!

☆あらすじ☆
「嫁いできてくれ、雪緒。……花の褥の上で、俺を旦那にしてくれ」
幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元に現れたのは、元夫の八尾の白狐・白月。突然たずねてきた彼は、雪緒に復縁を求めてきて――!? ええ!? 交際期間なしに結婚をして数ヶ月放置した後に、私、離縁されたはずなのですが……。
薬屋の少女と大妖の白狐の青年の異類婚姻ラブファンタジー。 

以下、ネタバレありの感想です。
ちなみにネタバレ注意系作品だと思います。ご了承ください。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森環