「和風ファンタジー」タグアーカイブ

春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈


春夏秋冬代行者 春の舞 上 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★★
2021年4月刊。
神の力を宿した4人の現人神によって春夏秋冬が巡る世界で、四季の代行者と彼らを守る護衛官の絆と切ない感情を描く和風ファンタジー。

いやぁ……凄まじい作品でした……
各人が抱える感情の重さと大きさが途方もない。

かつて世界に見捨てられ、地獄に落とされた二人の少女。
かつて大事な人を奪われ、後悔の中で苦しむ二人の青年。

二組の主従を中心に描かれる物語は、美しくも残酷な世界観をバックに情緒でぶん殴る系でした。

ボロボロに傷ついた心を共依存の中で癒し合い、再起を目指す少女たちの絆がめちゃめちゃよかった。
迂闊に触れたら壊れてしまいそうな儚さがあるのに、彼女たちは懸命に前へ進むのです。戦う意思を携えて。
美しきリベンジャー。可憐にして果敢な少女主従なんです。最高すぎ。

本作には春夏秋冬の4組の主従が登場するのだけど、そのどれもが粒揃い。
主従関係や恋愛関係をはじめとする、様々な形の人間ドラマが読み応えたっぷりに詰まっていました。
友情も愛情も憎悪も苦悩も、あらゆる感情が割り切れずに混沌として描かれるのがとても面白かった。
どんよりと暗い感情で散々殴ってくるのに、最後は晴れやかな気持ちで読み終われるところも素敵です。

主従関係を強く推したい作品ですが、恋愛パートもかなり好み。
初恋が絶望に染められ、苦しみながら春に焦がれる冬の恋が特に好き。。。

ていうか、どこを切り取っても好きだわ。最高のファンタジーがきたよ、これは。
続きも出るらしいです。とても楽しみ!

☆あらすじ☆
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の暁 佳奈が贈る、四季の物語。
「春は――無事、此処に、います」
世界には冬しか季節がなく、冬は孤独に耐えかねて生命を削り春を創った。やがて大地の願いにより夏と秋も誕生し、四季が完成した。この季節の巡り変わりを人の子が担うことになり、役目を果たす者は“四季の代行者”と呼ばれた――。
いま一人の少女神が胸に使命感を抱き、立ち上がろうとしている。四季の神より賜った季節は『春』。母より授かりし名は「雛菊」。十年前消えたこの国の春だ。雛菊は苦難を乗り越え現人神として復帰した。我が身を拐かし長きに亘り屈辱を与えた者達と戦うべく従者の少女と共に歩き出す。彼女の心の奥底には、神話の如く、冬への恋慕が存在していた。
暁 佳奈が贈る、季節を世に顕現する役割を持つ現人神達の物語。此処に開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 春夏秋冬代行者 春の舞 上・下 /暁佳奈

お狐様の異類婚姻譚5 元旦那様は恋狂うところです /糸森環

お狐様の異類婚姻譚: 5 元旦那様は恋狂うところです【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚: 5 元旦那様は恋狂うところです【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2021年5月刊。
ドキドキの状態で終わった前巻に続くシリーズ第五弾。
手加減!もう少し手加減してください!(褒め言葉)
いや、でも、すごいよ。
読み手である私の気持ちすら手玉にとって物語が展開される感じ。
こちらの心の揺れ動きをどこまで正確に把握してるんだ?全部わざとでしょ?計算づくで翻弄してるんでしょ?そうなんでしょ!?
まんまと翻弄されましたよありがとうございます。
素晴らしく甘美な地獄でした。

☆あらすじ☆
「雪緒、俺のもとに戻れ。戻らねば……」もののけたちの世界で薬屋を営む雪緒の元夫は、郷を治める大妖の白狐・白月。鬼に執着されたことで微妙な立場になった雪緒に「里の長候補にならないか?」という提案が持ち込まれるが、白月は反対のようで……。彼から覚悟を決めろと言われたけれど、一途に恋していた頃には戻れない――。白月への思いに悩む雪緒は、気づけば懐かしい過去に戻っていて!? 大人気異類婚姻ラブ第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚5 元旦那様は恋狂うところです /糸森環

お狐様の異類婚姻譚4 元旦那様が恋を知り始めるところです /糸森環


お狐様の異類婚姻譚: 4 元旦那様が恋を知り始めるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年8月刊。
最高か・・・?
このサブタイでこの物語を出してくる糸森環先生を永遠にお慕いしてしまう。
繰り返すけど最高か・・・?
もう何も分からない・・・・・・4巻が最高だったことしか分からない・・・・・・

☆あらすじ☆
もののけたちの世界で薬屋を営む雪緒の元旦那様は、八尾の狐・白月。彼のことが信用できないでいたが、ついに復縁することを決意!ーーしたのに、雪緒が鬼の青年に執着されたことを理由に周囲に反対されてしまう。そんな中、里で呪が原因と思われる奇妙な病が流行りはじめて……。え? これは鬼の呪で、原因は私!? 仕方なく里を出ることにしたら、かわいいモフモフがお供についてきました!?
大人気★お狐様との異類婚姻ラブ第4弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚4 元旦那様が恋を知り始めるところです /糸森環

いまはむかし 竹取異聞 /安澄加奈


いまはむかし 竹取異聞 (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2013年9月刊。
新たな切り口と大胆な解釈で描く「竹取物語」。
かぐや姫の末裔と月守りの少年の冒険を描く和風ファンタジーです。
彼らを見守る武家の少年、その幼馴染の薬師の少女。
まつろわぬ民の長の息子。
5つの宝を探す旅のなかで偶然に出会った少年少女の冒険と友情、そして成長と恋。
後半が特に駆け足だったのが気になったかな。設定とキャラが良かっただけに、もう少し長い尺で読んでみたい作品でした。

☆あらすじ☆
武官となるのを拒んで家を出た弥吹が出会ったのは、ある目的のためにふたりだけで旅をしている「月守」の少年たち。彼らは「かぐや姫」の伝説に深く関係していた。興味をひかれた矢吹は、彼らと行動をともにするうちに、次第にかぐや姫にまつわる壮絶な運命の渦へと巻き込まれていく。ふたりはいったい何者なのか? 五つの宝とは?
「竹取物語」を大胆かつ自由に解釈した、瑞々しく清々しい和製ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いまはむかし 竹取異聞 /安澄加奈

神招きの庭 /奥乃桜子


神招きの庭 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
面白かった!

恐ろしい神々を招き、もてなし、荒ぶることがないよう鎮める神聖な場所。
そこで起こった殺人事件の真実を知ろうと飛び込んだ主人公は、神と対峙する人々が抱える苦悩を知り、そこに潜む陰謀に巻き込まれていくことになるのです。

平安と古代を足して2で割ったような神秘的な世界観が読み応えあり。
駆け引きと信頼の間で揺れる主人公と王弟の関係も良かったし、切ない友情の物語としても楽しめました。

良い和風ファンタジーだったから、これは続きがほしいな!

☆あらすじ☆
兜坂国の斎庭(後宮)は、神を招き、もてなす場。実体を持つ神々は豊穣と繁栄を招く半面、ひとたび荒ぶれば恐ろしい災厄を国にもたらす。地方の郡領の娘・綾芽は、親友の死の真相を探るため上京した。そこで偶然、荒ぶる女神を鎮めてみせた綾芽は、王弟の二藍に斎庭の女官として取り立てられる。だが、それは国の存亡を揺るがす事件の幕開けに過ぎなかった……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神招きの庭 /奥乃桜子

鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫 /沙川りさ


鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
ロミジュリ×和風ファンタジー。
喰うものと喰われるものの関係になった二つの領の対立と、その領主筋に生まれながら惹かれ合ってしまった男女の恋を描いた物語です。
思ったよりグロとホラー要素があった気がする。
そして切ないお話でした。

☆あらすじ☆
願いは、ただひとつ。——共に生きたい。許されるなら。
薬師の文梧は、記憶を失った白皙の青年・主水と旅をしている。
30年前、平穏なこの地は一変した。青山領の民が突然変異して「鬼」となり、小寺領の民を襲い血を吸って殺すようになったのだ——。
彼らは、故郷から逃げ出し、身を潜めて暮らしている小寺の民を救うべく、山々を巡っているのだ。
一方、今から3年前。小寺の若き領主・菊は、屈託なく笑う勇敢な少年・元信に窮地を救われる。
青山の餌食となっている領民を護るため、もっともっと強くなりたいと願っていた菊は、元信に願い出て剣術を教えてもらうことにした。
やがて惹かれ合う2人。けれどそれは、禁忌の恋に他ならなかった……。
——旅の途中、文梧と主水は竜胆という少女と出会う。
竜胆はかつて仕えていた領主・菊を捜していた。菊は3年前、青山領に捕らわれたのだ。
旅を共にすることになった3人だが、やがて文梧は「一枚、二枚——」と何かを数える謎の声をしばしば聞くようになる。
心にこびりついて離れないその声を聞くたびに、文梧の胸はざわついて……。
出逢ってはならない者たちが出逢う時、物語は動き始める。待ち受けるのは、如何なる運命か——。
第5回角川文庫キャラクター小説大賞〈優秀賞〉受賞作!
選考会でも「筆力がある」「作り込まれた世界観でぐいぐい読んでしまった」「熱量を感じる」と絶賛を受けた作品がついに刊行!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫 /沙川りさ

かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 /糸森環


かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年5月刊。
面白かったー!いや、ほんとヤバいくらい面白かったな!?

糸森環先生の新作は和風異世界転生譚。怪異に侵された人々を手当して救う少女のお話です。

この作品、世界観が最高に魅力的でした・・・・・・あまりにも好きすぎるやつだった。
主人公の住まいは巨大な空き瓶で、それを改造して家具や雑貨を詰め込んで暮らしているんです。ボトルシップみたいなイメージかな。
異世界なのに空き瓶ハウスってなんだよ、と思った方こそぜひ読んでほしい。
「不思議の国のアリス」と日本神話を足して2で割ったような、めくるめくワンダーランド和風異世界が待ってますよ!

孤独な少女が自分の居場所をみつけようと足掻く物語としても読み応えばっちり。
色々と手厳しい虎様との関係も、サスペンスと愛嬌がたっぷりで、すごく良かったです。
これはもう絶対にシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
異世界に転生したら、神様(怪異)の医者でした。世直し和風ファンタジー!
名により本質が定められる『此の世』——亥雲の国に転生した八重。ある日、化け物に襲われた八重は、かつて神だったという金虎・亜雷を解き放つ。俺様な彼に振り回されて弟捜しを手伝うが、見つけた弟・栖伊は本質を失い、異形と化す病に冒されていた。亜雷は、独特な魂を持つ八重ならば栖伊を治せると言うが……?
「俺はおまえのために解き放たれた」アブない虎に懐かれて、魂の意味を取り戻す“神様治療”はじめます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 /糸森環

少女願うに、この世界は壊すべき 〜桃源郷崩落〜 /小林湖底


少女願うに、この世界は壊すべき ~桃源郷崩落~ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
第26回電撃小説大賞《銀賞》受賞作。
中華風と和風を足して2で割ってポストアポカリプスで味付けした楽しいファンタジーでした。
かなり込み入った設定で、そこに慣れるのが少し大変だったかな。でも読み応えはすごかったです。
あと最近では廃れた暴力系ツンデレヒロインに懐かしさを感じたり。全裸で始まり、全裸で終わる男がいかんのよ(違)

☆あらすじ☆
時空を超え目覚めた最強の霊術遣いが、残虐な妖魔を殲滅する!
こんな世界はぶっ壊してやる——
妖狐の因子を持つ少女・熾天寺かがりは、村を襲う天颶や心ない人間たちから迫害され、この世界の全てを忌み嫌っていた。
そんな彼女の願いに応じ、はるか昔に自らを封印した最強の聖仙・神津彩紀が覚醒する。五彩の覇者と呼ばれ、全能の薬神でもある彼の姿は——
全 裸 だ っ た 。
「間一髪だったな」流れるように神州刀を振り回し、敵を殲滅した彩紀は告げる。
「どうやら俺はお前の式神、平たく云えば奴隷になってしまったようだ。お前の願いはなんだ──」
最強のエロ聖仙と灼熱の狐耳少女による、世界変革の物語が始まった。
——人の祈りは、天の法則を書き換える。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 少女願うに、この世界は壊すべき 〜桃源郷崩落〜 /小林湖底

帝都コトガミ浪漫譚 勤労乙女と押しかけ従者 /道草家守


帝都コトガミ浪漫譚 勤労乙女と押しかけ従者 (ことのは文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊行。
帝都×異能×主従の和風ファンタジー。
面白かったです。和モノが好き!という著者の愛が詰まっていたと思う。

本に封じられた神魔「言神」を使役する者たちが活躍する帝都。
その帝都で働く主人公は、あるトラブルから言神の青年に懐かれ、彼と共に言神絡みのトラブルに巻き込まれていきます。
物語嫌いで芯が強くて優しいヒロインと、頬を赤らめつつ押しが強い自称従者。
凸凹なふたりの掛け合いがとても楽しかったです。
このイケメン、かなり面倒くさ可愛い。すぐ照れるし、いじけるんですよ。可愛い。

舞台となる帝都の雰囲気も良かったです。
神魔という超常現象を昔から当然のものとして認識するくせに、近代化によって非科学的だと排斥する空気もある。
果たしてそれは時代の変容の始まりか、それとも・・・?

キャラ・設定が楽しい作品だったからシリーズ化してくれたら嬉しいな。

☆あらすじ☆
――本には神様が宿っている。
想いを紐解くレトロモダン・ファンタジー。
帝都で職業婦人をしている朱莉は、ある日、巷を騒がせている怪異に襲われ、住んでいたアパートが全焼してしまう。
途方に暮れている朱莉を助けたのは、眉目秀麗な青年・智人。
だが彼は本に奉られた神様・言神(ことがみ)で、ある洋館の住み込み管理人の仕事を朱莉に紹介する。
寝食が保証されることで住み込みを了承した朱莉だったが、案内された洋館は一癖も二癖もある言神たちの住まう、問題山積みの物件だった!?
ワケあり洋館ではじまる、個性的な言神たちとの同居生活。
今、緩やかに動き出す、人ならざるものが本に綴られ奉られる時代を生きる恋(?)と物語の奮闘記!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 帝都コトガミ浪漫譚 勤労乙女と押しかけ従者 /道草家守

パソコン持ち転生令嬢ですが、推しキャラと永遠の独房生活を満喫中です。 /和泉杏花


パソコン持ち転生令嬢ですが、推しキャラと永遠の独房生活を満喫中です。【特典SS付】 (一迅社ノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年3月刊。
表紙買いです。綺麗な星空に惹かれまして。
乙女ゲー転生もので、冤罪によって謎空間に閉じ込められた主人公が謎能力で引きこもりライフを満喫するお話。
正直とても都合が良い設定が多く、特に深く説明もしない仕様なので、そのへんは微妙かな、と思いました。
ただ、主人公とヒーローがふたりぼっちの空間で互いの孤独を癒やし合う姿はとても良かった。
特にヒーロー側の、一度絶望を味わった心から生じる執着は大変にエモくて・・・・・・

☆あらすじ☆
監獄で、ふたりっきり。ゆっくりとした時間が、ふたりの傷ついた心と体を癒していく――。
昔から嫌われていた実の姉と元婚約者から裏切られ、真っ白な部屋に幽閉された撫子。彼女はそこで……笑みをこぼした。
「大成功、ってね」
ここは撫子が転生前にハマっていた和風乙女ゲームの世界。前世でGETした宝くじの当選金と、通販ができる不思議なパソコンで、自由な生活を満喫しよう!と思った矢先。心底好きだった、あの初期シリーズのキャラ蘇芳が目の前に現れる――。ずっとひとりぼっちだった彼の震える手を握って、たくさんの時間をいっしょに過ごした。家庭用のプラネタリウムで、星を眺めた。
「ねえ蘇芳さん」「ん?」「これから先どうなるかなんてわからないけど、ずっと一緒にいてね」「……ああ」
そんな中、撫子に“監獄の外に出られる”と綴られた手紙が届いて……。ふたりぼっちの監獄生活の行きつく先とは――?
※電子版はショートストーリー『白の牢獄での日常【蘇芳視点】』付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む パソコン持ち転生令嬢ですが、推しキャラと永遠の独房生活を満喫中です。 /和泉杏花