「和風ファンタジー」タグアーカイブ

五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ /和知杏佳


五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
男であると偽り、王を選定する神剣の守り役となった主人公。
自分の存在が何かを歪めてしまうのではないかと迷い、怯えながらも、彼女は自らの役目と向き合っていくことになります。
5人の候補の中から王を選ぶ物語としても、次代の為政者たちの成長物語としても、国を良くしようとする内政ものとしても、神の意を受け取る巫女の物語としても面白い作品でした。なんて贅沢な!
和風ファンタジーとしても魅力あふれる世界観だと思います。いや本当にこれは素晴らしい新作ですよ。私は大好きだ。
ぜひシリーズ化してほしいです。応援しています!

☆あらすじ☆
性別を偽り運命に挑む少女が手にするものとは? 運命の和風ファンタジー!
神剣の意を聞き、王を選ぶ斉家に生まれた日夜子。その役割は男性に受け継がれるが、都からの使者に妹を人質にとられ、男装し偽りの選定をすることに!
ところが、五竜の一人・白金竜鎮に選定の真偽を怪しまれ……?

以下、ネタバレありの感想です。先に謝っておきますが、長いです・・・!

続きを読む 五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ /和知杏佳

銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 /西嶋ひかり


銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
第17回角川ビーンズ小説大賞「優秀賞」受賞作。
面白かった!
神の力を使い、人の世を瘴気から守る不老不死の姫宮。
姫宮の力と権威に目をつけた権力者たちの争いに巻き込まれるなかで、彼女は惹かれてはならない唯一の存在と出会ってしまうのです。
姉への愛憎をこじらせ、孤独に苦しみながらも気高くあろうとする主人公。
そんな彼女の心を乱すのは、神をも恐れぬ悪名高き王。
二人の駆け引きと恋の行方にハラハラしつつ、神話が息づくような世界観に心惹かれました。
これは良い和風ファンタジーだ。綺麗に終わってるけれどシリーズ化するのかな?今後の展開に注目したい新作でした。

☆あらすじ☆
世を守る姫宮として、15才の姿見で永遠の時を生きる真珠。役目から解放され命を失うのは運命の相手“銀狼”に出逢うとき。ある日、冷徹な若き国主・透輝が宮を訪れると、彼を銀狼と感じた真珠は取引をもちかけて?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 /西嶋ひかり

陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の /秋月忍


陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★☆☆☆
2019年10月刊。
男装陰陽師と検非違使がバディを組んで怪異に挑む平安風ファンタジー。
暗い感情に澱む人の心に切り込んでいく二人の活躍を描いた物語です。
主役二人の心情描写が少し粗く感じたかな?
1冊できちんと終わっているけれど、いまひとつ楽しみ方が掴めない作品でした。

☆あらすじ☆
あやかしがはびこる都を守るのは、凄腕の男装の陰陽師——
幼い頃に呪いをかけられた鶴丸は、男と偽り、陰陽師となる。出向先の検非違使庁で、鶴丸は少将の孝行を相棒にあやかしの事件に挑むことに! 女に戻れば死。陰陽師として競り負けても死。平安風陰陽伝記、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 陰陽花伝 天雲に翼打ちつけて飛ぶ鶴の /秋月忍

紗和国竜神語り 麗しの公達に迫られても、帝になれません! /伊藤たつき


紗和国竜神語り 麗しの公達に迫られても、帝になれません! (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年10月刊行。
竜神に支配された国を舞台にした和風ファンタジー。
突然本当の身分を明かされ女帝候補となった庶民育ちの少女が、教育係兼夫候補の青年たちを相手に奮闘しつつ、竜神の求める答えを見つける物語です。
気まぐれな竜神に生殺与奪をがっちり握られた国という舞台設定が面白かったです。
ただ、主人公をはじめ登場人物のキャラ立ちがやや弱く、話の筋も少し定石通りすぎたかな・・・・・・
でも今後の展開次第では盛り上がりそうな気もするので、続刊に期待したいと思います。

☆あらすじ☆
竜神に選ばれ、公達に迫られて、帝にならないと国が滅ぶなんて!?
竜神と女帝との契約で、雨の恵みを受ける紗和国。貴族の館で働く緋蝶に帝から迎えが!? 次の帝として竜神と契約し、雨を降らせて欲しいという。けれど帝教育をする花賢師と呼ばれる公達たちは、くせもの揃いで!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紗和国竜神語り 麗しの公達に迫られても、帝になれません! /伊藤たつき

妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル /渡瀬草一廊


妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
面白かった!
大正×妖怪×○○という伝奇ロマンな新シリーズ。
下宿先の不思議な稼業に関わることになった少年が、妖怪たちのトラブルに巻き込まれていくお話です。
思い込みの激しい蛇のお姫様や細マッチョな女鬼など、登場する妖怪がとにかく個性的で生き生きとしている。
そんな彼らが住む世界は妖しい魅力に満ちていて心がときめきました。
また、主人公の存在感が妖怪に負けないくらい鮮烈。
この少年、本当に何なんだ・・・?と妖怪も動揺するレベルの活躍っぷりが痛快でした。

☆あらすじ☆
妖の姫君と体術無双の少年が織り成す、大正伝奇ロマン!
大正十三年、春。少年、椚雪緒は、上京した先の夜鳴川邸にて美しき白蛇に出会う。
彼女は父である八頭八尾の大蛇、「十六夜」の決めた縁談から逃れるため、妖相手に商売をする「化猫堂」へ助力を求めに来たと云う。
化猫堂の店主、夜鳴川夜霧と猫のミタマ様に連れられて、雪緒は妖達の住まう「常夜之町」へ乗り込むが、そこは人の世の常識が通じぬ異境だった——!
関東大震災後の横浜を舞台に、人と妖の縁を紡ぐ大正伝奇ロマン。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 妖姫ノ夜 月下ニ契リテ幽世ヲ駆ケル /渡瀬草一廊

竜宮輝夜記3 天よ望めよ、恋の久遠 /糸森環


竜宮輝夜記 天よ望めよ、恋の久遠 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
四竜に愛でられる元奴隷階級の巫女が、天と地に分かれた世界で自分の役目を見定める和風ファンタジー第3弾。
最終巻です。駆け足気味だったけれど綺麗に終わっていると思います。
恋愛要素に関して言えば、前回がハーレムエンドで今回が個別ルート突入といった感じ。
どうなることかとハラハラしたけれど、最後まで楽しめました。面白かったです。

☆あらすじ☆
人が、竜が、世界の在り方が変わっても。心を捧げるのは貴方だけ
竜を統べる姫・斎花である紗良が、星宮より流罪を宣告される。それは竜が守護する世界の在り方を変える事件の始まりだった。人の思惑が竜たちの心を傷つけて行く中、紗良は最後に誰の手を取るのか——和風恋絵巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜宮輝夜記3 天よ望めよ、恋の久遠 /糸森環

鬼人幻鐙抄 葛野編 水泡の日々 /中西モトオ


鬼人幻燈抄 葛野編 水泡の日々【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年6月刊。
妹を守るために家を飛び出し、製鉄の里の者に拾われた主人公。
里の巫女に想いを寄せ、その護衛となった彼は、想像もしていなかった過酷な運命に落ちていくことになるのです。
天保の世を舞台に、人と鬼の衝突と切ない恋の行方を描いた和風伝奇ものでした。
この巻だけだと、なんだかシリーズの途中で満を持して語られる主人公の過去話っぽい雰囲気。
途方もない道のりを歩む主人公の「始まり」を描いたお話でした。
面白かったけれど、まさに戦いはこれからだ!なノリなので今後に注目しようと思います。

☆あらすじ☆
江戸時代、山間の集落葛野には「いつきひめ」と呼ばれる巫女がいた。よそ者ながら巫女の護衛役を務める青年・甚太は、討伐に赴いた森で、遥か未来を語る不思議な鬼に出会う――江戸から平成へ。刀を振るう意味を問い続けながら途方もない時間を旅する鬼人を描いた、和風ファンタジー巨編の第一巻。
「何度読んでも号泣必至」「人生観が変わった」と絶賛の嵐だったWEB小説シリーズが、待望の書籍化! 全編改稿のうえ、書籍版番外編も収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鬼人幻鐙抄 葛野編 水泡の日々 /中西モトオ

お狐様の異類婚姻譚2 元旦那様に誘拐されるところです /糸森環

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
溺愛ムーブで誑かしにくる妖狐の元夫を全力で拒否する薬屋の少女。
恋情のない、打算まみれの求婚を受け入れることはできない。
そう自分に言い聞かせながら、必死で逃げ続ける少女の奮闘を描く和風ファンタジー第2弾。
今回もとても面白かったです。やっぱり糸森作品の人外恋愛は本当に凄い。
人と怪の間に横たわる生態や価値観の違い。その摩擦によって生まれる火花のように鮮やかで儚い感情の交錯。
甘い言葉で包んだ残酷な関係なのに、そこに芽生える偽りではない何かにとても惹かれるのです。

☆あらすじ☆
「黙れよ、雪緒。もう甘やかさないからな」
幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。新婚早々放置され離縁されたことから、復縁を求めてくる彼のことが信用できずにいたけれど、白月が行方不明になったと聞いて……。彼を追った先で出会ったのは、白月そっくりの黒狐!? え? 他人の振りをしているけれど、あなた、白月様ですよね?
お狐様との異類婚姻ラブ第2弾! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚2 元旦那様に誘拐されるところです /糸森環

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森環

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
誑かそうとする狐の元夫と、誑かされまいとする人の元嫁の攻防を描いた和風ファンタジー。
『花神遊戯伝』を思い出させる、麗しくも残酷な神話的世界観が最高でした。個性とセンスが光りすぎ!
肝心のストーリーは、溺愛人外ラブの皮を被った「人と怪の化かし愛」といったところ。
「嫁に来い」「いやです!」の掛け合いに込められた二人の想いは、物語が進むなかで、くるくると万華鏡のように変化していくのです。特にラストのヒロインのモノローグがとても秀逸。
さて、この恋で一枚上手なのはどちらだろう?
初恋をこじらせたヒロインの想いは届くのか?
この先の展開がぜひ見たいので続編をお願いします!

☆あらすじ☆
「嫁いできてくれ、雪緒。……花の褥の上で、俺を旦那にしてくれ」
幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元に現れたのは、元夫の八尾の白狐・白月。突然たずねてきた彼は、雪緒に復縁を求めてきて――!? ええ!? 交際期間なしに結婚をして数ヶ月放置した後に、私、離縁されたはずなのですが……。
薬屋の少女と大妖の白狐の青年の異類婚姻ラブファンタジー。 

以下、ネタバレありの感想です。
ちなみにネタバレ注意系作品だと思います。ご了承ください。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森環

白竜の花嫁7 恋秘めるものと塔の姫君

『白竜の花嫁 恋秘めるものと塔の姫君』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

白竜の花嫁7(仮) (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁7(仮) (一迅社文庫アイリス)

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
竜と人の異種婚姻譚シリーズ第7巻。
前巻ラストで感動(?)の再会を果たしたものの、一度こじれたものがそう簡単に元通りになるわけないのがこのシリーズ。
ほの暗い雰囲気の物語なのは相変わらずですが、良くも悪くも純粋だった澄白が歪んできたのは個人的には期待の傾向。
今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
「君は竜の《花嫁》で、私の妻だ」
白竜のシュトラールの“花嫁”となった小国の姫、澄白。名ばかりの花嫁である自分を傍らに置き続けるシュトラールに、彼への恋慕を胸に秘める澄白は喜びと共に哀しみを感じていた。黒竜を追い地上に降り立った澄白たちは、塔に住む公女と若きドラゴン学者に出会い――。
花嫁への独占欲を強める竜と恋心を抑え続ける姫君、切なく純粋な想いの行き着く先にあるものとは…? 人気作第七弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白竜の花嫁7 恋秘めるものと塔の姫君