「双葉はづき」タグアーカイブ

こちら黒宮警備、オカルト対策班 /八巻にのは


こちら黒宮警備、オカルト対策班 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
オカルト専門の警備員が様々な幽霊案件に挑むお仕事もの。
お金に困っている女子大生が、高待遇な仕事内容に釣られ、無愛想な上司とともに幽霊を浄化していく物語です。
おばけに悲鳴をあげつつも、バイトで培った多種多様なスキルを発揮する主人公の活躍ぶりが良かった。
あと、ホラー×ラブコメ×お仕事FTということで、前作の『こちらは、国内ワケアリ旅行代理店です。』が好きだったので新作も読んだのだけど、前作読者へのファンサービスもありました。嬉しい。
・・・・・・前作はもう続きが出ないのでしょうか?
それなら絶対にこちらの新作はシリーズ化してほしい!!

☆あらすじ☆
【御曹司だけど無感情な上司とともに、あなたを悪霊から守ります!?】
有望な柔道選手だったが、不幸が重なり引退した凛子(りんこ)。堅実な道が一番だ!と、就活とバイトの日々を送っていた。おかげで色々な職業知識は豊かになったけれど、やっぱり優良企業に就職したい!!
そんなとき無表情な御曹司・七々瀬(ななせ)と出会い、警備会社にスカウトされる。幸運と思いきや、配属先は悪霊対策をこなす班だった!
凛子は怯えながらも、持ち前の機転と柔道技で悪霊の成仏に一役買う。さらに、七々瀬が感情を失ってさえ悪霊浄化に打ち込む事情を知り――。過去の自分に重なる彼のため、凛子は現場で奮闘する。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む こちら黒宮警備、オカルト対策班 /八巻にのは

転生したら武闘派令嬢!? 恋しなきゃ死んじゃうなんで無理ゲーです1 /きゃる


転生したら武闘派令嬢!?~恋しなきゃ死んじゃうなんて無理ゲーです : 1 (Mノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
乙女ゲームのヒロインに転生した恋を知らない元ヤンが、キラキラした男どもを相手に悪戦苦闘を繰り広げるラブコメディ。
「ゲームヒロイン」である彼女は、デッドエンドを回避するために恋をしなければいけない。
けれど本人が鈍すぎるあまりに恋愛フラグがとても遠い。そういう可笑しみを楽しむ作品だと思います。
ヤンデレヤンデレと言う割に、私が求めるタイプのヤンデレはいなかったのが少し惜しい。これから病むのかな?

☆あらすじ☆
趣味はバイク、特技はケンカ、苦手なものは恋愛という硬派な元ヤンキーのあたしは、恋しなければ死んでしまうヤンデレ系乙女ゲームのヒロインに転生したらしい。いくら転生後の姿が儚げで美しくてナイスバディでも、恋愛初心者の元ヤンに恋をしろだなんて……無理ゲーすぎる(涙)ゲームが始まらないように、攻略対象である、執着系の王太子、鬼畜系の義兄、束縛系の王弟、二重人格の近衛騎士の4人には近づかないようにしていたのだけれど――。
「小説家になろう」発!ヤンデレという名の濃厚溺愛ラブコメディ、遂に書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生したら武闘派令嬢!? 恋しなきゃ死んじゃうなんで無理ゲーです1 /きゃる

アルバート家の令嬢は没落をご所望です7 /さき


アルバート家の令嬢は没落をご所望です 7【電子特典付き】 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
メアリ嬢、ご懐妊!(もう嬢じゃないか)
しかし直後にアディに隠し子発覚!?という珍事勃発な第7巻。
ゆるいです。ゆるゆる。面白いけれど、個人的にはもう少し読み応えがほしいなぁ。

☆あらすじ☆
ついに決まるか次期当主!? WEB発転生・ドタバタラブコメ第7弾!
次期当主争いも落ち着き(?)、おめでたも発覚してメアリたちは幸せムード全開。
しかし事態は一変。「その子はどこの子?」なんとアディと同じ髪色の女の子・アンナが現れる。
しかもアディのことを「お父さん」と呼び始めた!
思わぬ展開に動揺するメアリは一抹の不安を感じつつも、彼女を親元へ帰すため動き出すが……?「なにより俺が一緒ですから大丈夫ですよ」
2人の絆がグッと強まる、大人気WEB発・転生ラブコメ第7弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です7 /さき

アルバート家の令嬢は没落をご所望です6 /さき


アルバート家の令嬢は没落をご所望です 6 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
家督を巡りバチバチと対立するメアリとお兄ちゃんズの仲良し国外旅行編。
兄の妹愛が重くて良いし、メアリとアディの絆も素敵でした。
でも個人的にはもう少しハラハラさせてほしかったかなぁ。

☆あらすじ☆
本格化する次期当主争い、メアリを待ち受けるのは「秘密を知る男」!?
次期当主を決めるため、双子の兄たちと国外視察に出たメアリ。一風変わった訪問先の国・フェイデラで「貴女の秘密を知っています」と話しかける男が現れて……? メアリ史上、最大のピンチに仲間との絆が試される!
電子書籍限定特典として「アルバート家の小さな令嬢のピクニックは、残念ながら中止のようです」を収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です6 /さき

アルバート家の令嬢は没落をご所望です4/さき

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 4 (角川ビーンズ文庫)
アルバート家の令嬢は没落をご所望です 4 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年8月刊。
すでに完結したと思っていたシリーズのまさかの新刊。コミカライズが決まった関係でしょうか?
このシリーズは1・2巻で本編が綺麗に終わっていて、3巻が後日談のようなものだったのだけど、この4巻は後日談の後日談という雰囲気。
大好きなシリーズなのだけど、少し蛇足感が否めないかな。今更な「アレ」も最初は笑えたけれど・・・
でもアディとメアリの掛け合いはやっぱり可愛くて、ファンサービス的に楽しめる1冊だと思います。

☆あらすじ☆
従者アディにモテ期到来!? WEB発の転生・悪役令嬢ラブコメ第4弾!
「お嬢が嫉妬、俺のために?」乙女ゲームの転生・悪役令嬢メアリと、無礼な美形従者アディ。交換留学で新たな令嬢が現れ、アディにまさかのモテ期到来!? メアリ史上初の胸の痛みに、二人の関係もこじれていき!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です4/さき

委員長は××がお好き/穂兎ここあ

委員長は××がお好き (ビーズログ文庫アリス)
委員長は××がお好き (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
変態だ!変態がいる!!
廃ゲーマー主人公の転校先にいたのは、真面目と評判の足フェチクレイジーサイコだった!という学園ラブコメ。
先輩の暴走をひたすら笑う感じのハイテンションコメディです。
ここまでちょっと何言ってるか分からない少女小説ヒーローは久しぶりでした・・・!

☆あらすじ☆
「お前の上半身に興味はない」少女小説至上No.1? 変態委員長降臨!!
ゲーム廃人が故に転校を余儀なくされた渚。新しい学校も適当に過ごし、ゲーム生活を謳歌しようとしていた。しかし! 「あぁ、美しすぎる」――渚の脚に抱きつくのは真面目で厳しいと噂の風紀委員長で!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 委員長は××がお好き/穂兎ここあ

公爵令嬢の嗜み4/澪亜

公爵令嬢の嗜み4 (カドカワBOOKS)
公爵令嬢の嗜み4 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
悪役令嬢転生&バッドエンド済みのワーカホリック嬢の領地改革物語第4弾。
おお、なんか怒涛のごとく話が進んで1つの問題が解決してしまいました。
色々と火種が残ってる上に、引きが引きなので物語はまだまだ続きそうな雰囲気。
悲恋っぽい雰囲気が醸し出されてきたのも気になるところです。

☆あらすじ☆
恋を忘れた働くお嬢さまに、隣国から政略結婚の申し込み……!?
護衛・ディダも戻り、領地経営を謳歌するアイリス。彼女はある理由から、ディーンへの恋を忘れようとしていた。そんな中、アカシア国王子の使者がアルメリア領を訪れる。その用件は、アイリスへの求婚で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢の嗜み4/澪亜

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3/さき

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3 (角川ビーンズ文庫)
アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
本編完結後の後日談や、メアリとアディの子供時代のエピソードを含む短編集。
最後までめちゃくちゃ笑えて楽しい主従ラブコメでした!

☆あらすじ☆
表は完璧・実は残念お嬢様メアリは従者アディとゴールインして、めでたく物語はハッピーエンド……では終わりません! メアリ最大の夢、渡り鳥丼屋開業が遂に実現!? 他にも本編のその後を詰めこんだ短編集登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3/さき

公爵令嬢の嗜み3/澪亜

公爵令嬢の嗜み3 (カドカワBOOKS)
公爵令嬢の嗜み3 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
元悪役令嬢の内政奮闘記第3弾。
恋愛面の進展がすごく丁度いいテンポ。ほんのり甘くて、なのに切ないところが好みです。
内政面では色々と覚悟を決めたお嬢様が格好良かったなー。彼女を支える周囲のキャラとの関係性も相変わらず素敵でした。

☆あらすじ☆
自分にその覚悟があるのか──働くお嬢様、人生設計を考える!?
教会破門騒ぎを乗り切った令嬢アイリスに、“国軍解体の動きあり”の知らせが届く。これは戦争の前触れ!? そんな中、護衛のディダに「戦争になったら相手を殺せと命じる覚悟があるのか?」と問われた彼女は……

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢の嗜み3/澪亜

公爵令嬢の嗜み 1・2/澪亜

公爵令嬢の嗜み (カドカワBOOKS)
公爵令嬢の嗜み (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻:2015年11月刊、2巻:2016年4月刊。
面白かった!
悪役令嬢転生のテンプレに添いつつも、バッドエンドからスタートして内政モノへと移行する物語。
政治も経済も華麗にこなす公爵令嬢の有能さが爽快で楽しく、テンポの良い話運びも好みでした。
万能な働きをみせる一方で、傷ついた心を抱えるヒロインの再生の物語としても良かった本作。
ほのかに漂うラブロマンスに救いを求めつつ、3巻以降も楽しみでしかたないシリーズです。

☆あらすじ☆
バッドエンドから始まる、公爵令嬢の逆転劇――!!
「これって乙女ゲームのエンディングシーン?」前世の記憶が甦ったのは、床に押さえつけられた公爵令嬢(私)が婚約者の王子に婚約破棄をされる場面。設定通りだと、この後は教会に幽閉というバッドエンドで――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢の嗜み 1・2/澪亜