「剣と魔法のファンタジー」タグアーカイブ

七代勇者は謝れない2 /串木野たんぼ


七代勇者は謝れない2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年3月刊。
妹襲来の第2巻。
途切れた兄妹愛の顛末がとても感動的でした。
が、ケンカップル分がちょっと足りてない気がする!?

☆あらすじ☆
妹セーネ登場! 聖剣争奪戦、再生の第2巻!!
「どーしよ。くっつくのそれ……?」
勇者の力を奪いあう八代勇者(仮)ジオと(元)七代勇者イリア。崩壊しかけるジオの体をなんだかんだで維持しつつ、折れた聖剣を直す手段を求めて、2人は協力して(故)六代勇者ミルカークの出身地アステリアに向かう。
そんななかジオたちの前に現れる、ジオの妹セーネ。何よりも大事に思っていた彼女の出現に、ジオは激しく動揺してしまう。なぜなら、セーネは2年前に死んでいたはずで……。
セーネを蘇らせたという魔王ヴェル=カの目的とは。そして、兄妹の失われた絆の行方は――?
2人の勇者候補が紡ぐ聖剣争奪ファンタジー、再生の第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七代勇者は謝れない2 /串木野たんぼ

やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 /永瀬さらさ


やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
とっても面白かった!

婚約者に殺される瞬間、なぜか6年前に戻っていた主人公。
身体は10歳の幼女。中身は強大な魔力を操る「軍神令嬢」。
そんなギャップありすぎる存在となった彼女は、本来あるべき未来を物理で捻じ曲げ、人生のやり直しを目指すのです。

その鍵を握るのは、勢いで夫婦になった敵国の皇帝。
乙女ムーブが可愛い皇帝と、匂い立つ幼女趣味疑惑に戦慄する主人公。
この二人の攻防が楽しすぎました。なんて癖が強いラブコメ!

自分は恋に落ちたくないが、相手は落とす!という強い覚悟と甘い罠。愛は戦争。女は度胸。
それぞれの思惑が交錯する中で、果たしてジルは未来をやり直すことができるのか。

武闘派ヒロインならではの格好良いアクションも大満足でした。これは続きも期待できそう!

☆あらすじ☆
人生2周目は、10歳の竜妃サマ!? しかも敵だった陛下に求婚してました
婚約者の王太子から処刑を言い渡された令嬢・ジル。だけど死ぬ間際に、6年前婚約が決まったパーティーに時間が戻る。
破滅ルートを避けるべく、とっさに後ろにいた人に求婚すると最大の敵だった皇帝・ハディス!? 彼が闇落ちする未来を知っている……慌てて撤回するも、喜んだハディスはジルを城へ連れ帰り、ごはんを作る始末。胃袋をつかまれたジルは決めた。
「あなたを必ず更生――いえ、しあわせにします」 いざ、人生やり直し!
累計550万PV突破! WEBの超・話題作!
強すぎた少女×孤独だった陛下の、年の差ラブ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やり直し令嬢は竜帝陛下を攻略中 /永瀬さらさ

七つの魔剣が支配する5 /宇野朴人


七つの魔剣が支配するV (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
主人公・オリバーはどんな少年なのか。
それが見えてくる第5巻でした。彼の苦しみと憎悪はどこへ落ちていくのだろうか。

☆あらすじ☆
運命の魔剣を巡る魔法バトルファンタジー、待望の第5弾!
勉強と鍛錬を重ねて己を高めつつ、時には後輩たちを相手に頼れる先達としての一面も見せ始めるナナオたち。魔法生物学でグリフォンと格闘するカティに、魔道工学にのめり込むピート。ガイは迷宮で『生還者(サバイバー)』から教えを受けていた。
一方で、次の仇討ちの標的をエンリコに定めたオリバーは同志たちと共に戦いの段取りを詰めていく。しかし、迷宮に消えたピートとエンリコを追いかけ、エンリコの研究所にたどり着いたオリバーとナナオは、そこでエンリコの魔道工学の脅威と、『魔法使い』と『異端(グノーシス)』の対立の一端を垣間見ることになり──。
宿敵の一人に必殺を期すオリバーたち。彼らが戦場に選んだ場所とは——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七つの魔剣が支配する5 /宇野朴人

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました6 /ざっぽん


真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました6 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
冬はやっぱりモフモフよね・・・・・・
波乱だらけのイチャラブスローライフ(スローとは)第6弾。
今回からまた新展開に突入です。
飛び込んできた問題はさておき、主役カップルは相変わらずトロ甘にラブくて最高でした。

☆あらすじ☆
WEB版と異なる新規書きおろしストーリーで展開。人気作、待望の第6弾!
ヤランドララとの再会に喜んだのも束の間、謎の老婆ミストームに関わる因縁から大国の軍船、最強アサシンの襲来とゾルタンは未曾有の危機に直面する。
だが、襲撃者達は知らない。この地には世界最高峰の勇者達がいることを——。
卓越した英雄の力を発揮するレッドとルーティ、伝説の暗殺者と対峙するティセ、更にリットは加護の力で狼の知覚能力を宿らせて!?
「ほら、せっかくの機会だし狼リットちゃんに触れてみない?たまにはイチャイチャしましょ!」
騒乱巻き起こる辺境の地。しかし、決して侵されることのない二人の幸福は続いていく。
冬の夜、月光降り注ぐ大地の下でのんびり過ごす第6弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました6 /ざっぽん

魔法至上学院の騎士 魔法適性ゼロの魔剣使い /西都徹也


魔法至上学院の騎士 魔法適性ゼロの魔剣使い (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年1月刊。
魔法使いの台頭により騎士職が冷遇され、魔法至上主義となった世界。
そんな逆境を覆して聖騎士を目指す少女と、彼女に感化されていく少年の出会いから始まる学園ファンタジーです。
なにやら壮大な物語に続きそうではあるのだけど、この巻はあまりにも序章的。
提示された目標に対し、最初の一歩があまりにも(言っちゃなんだけど)小さいんですよね・・・・・・
でもまぁ粗の少ない物語という印象ではあるので、続くなら面白くなる、かも?

☆あらすじ☆
その剣は、魔法を超越する——。魔術学園×ソードファンタジー!!
騎士の時代は、圧倒的な力を誇る””魔法使い””の登場により終わりを告げた。
訪れた魔法至上主義の世界——魔兵学院エルフィナでも、その卵が優遇されることは必然であった。
騎士組のゼロ・アンタークは、生まれながら魔法が使えない””シロガミ””ゆえに、学院では見下される日々。
果てに魔法組との決闘に巻き込まれるが——
「君たちは、魔法のことを知らないんだな」
ゼロは敵うはずのない魔法を、その剣で斬りふせてみせ!?
魔薬《ドラッグ》による魔法使いの暴走、横行する『騎士狩り』……ゼロは魔法社会の暗部を探るため学院に潜入した、“魔剣”使いの諜報官だった!
無比の剣士が邪道を斬る、学園ソードマギカ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法至上学院の騎士 魔法適性ゼロの魔剣使い /西都徹也

陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで /松尾からすけ


陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
これは良いケンカップルラノベ!

幼なじみの存在感に潰されてきた主人公が、本当の実力を魔王に見初められ、そのまま魔王軍に引き抜かれるファンタジー。
正直、序盤は読むのがキツかったです。クセの強い陰キャのノリが合わず・・・・・・

ただ、そんな主人公が魔王軍に入ってから物語はどんどん面白くなりました。これから読む方はもし途中で投げ出したくなっても最後まで読んでみてほしい。
上にも書いたけれどケンカップルが良いんですよ。ラブコメパートが本当に良い。
養い子に「パパ」「ママ」と懐かれる、恋愛関係すらない男女の距離感が絶妙なんです。
喧嘩しつつ意識し合うツンデレ×ツンデレの恋人未満夫婦もどきとか、もうこれ大好きなやつ・・・!

☆あらすじ☆
本当の幸せは魔王軍≪ココ≫にありました
完全無欠の親友の陰に隠れて実力を出し渋っていたクロは、ある日魔王軍に引き抜かれることに。””本気””を出して魔王軍の改革を進めたり、サキュバスの秘書や魔族幼女と暮らすうち居心地がよくなってきて……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで /松尾からすけ

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8 /細音啓


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 8 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
好敵手として戦場で出会い、惹かれ合う最強同士の波乱を描くファンタジー第8弾。
物語が新たな局面へと突入しました。盛り上がってきたなぁ!

☆あらすじ☆
魔女の楽園の崩壊で、新たな始祖の血脈たちが動き出す!
魔女狩りの夜が明け、混乱の責任を問われ政権が大きく揺らぐ中、女王代理であるアリスは、シスベル奪還をイスカに託す。イスカもまた自分たちの目的のため、ヒュドラ家の研究施設『雪と太陽』への潜入を試みる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8 /細音啓

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ /大森藤ノ


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
episodeリューに続く、「ファミリアクロニクル」シリーズ第2弾。
今回は女神フレイヤと幹部たちをメインに据えた【フレイヤ・ファミリア】のエピソード集です。
フレイヤ・ファミリアの好感度、というか、オッタルの好感度が爆上げしました。フレイヤ様はフレイヤ様だなぁと思うなどした。
割と重要情報も開示されたし、フレイヤとあの子の関係性についても・・・・・・

☆あらすじ☆
それは神の眷族が紡ぐ歴史の欠片(クロニクル)――。
「私の伴侶はどこにいるのかしら?」
迷宮都市オラリオ最大の【フレイヤ・ファミリア】主神であるフレイヤの呟きに、その従者は「――またか」と頭を悩ませた。
この美しい主神は時折『運命探し』という『発作』を起こし一人旅に出てしまう。主の望みは最大限に叶えたいが、この世の誰よりも大切にしている彼女の一人旅など到底許容できない話であった。
そんな心配をよそに、ひっそりとオラリオを抜け出したフレイヤは『砂海の船(デザート・シップ)』でオアシスに築かれた『リオードの町』へとやってきたのだが――。
大人気のクロニクルシリーズ第二弾、オッタルの過去に迫る物語も収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeフレイヤ /大森藤ノ

七代勇者は謝れない /串木野たんぼ


七代勇者は謝れない (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
面白かった!
最強少女と次点少年の、「どっちが勇者にふさわしい!?」を問いまくる人気投票系コメディファンタジー(なんだそれ)
すぐ推し変する神々のせいで、勇者力(なんだそれ)を争うことになった主人公とヒロイン。
魔王の驚異にさらされる世界で、救世主として立つべきはどちらなのか。
勢いで突き進む話なので、勢いで読むべき作品なのだと思います。
でも勢いに乗って読んでいると、意外な落とし穴に何度もハマってギョッとしたりする。そこが楽しい作品でした。
あと拗らせケンカップル好き的にも楽しい。
ヒロインが可愛いんですよね。もうね、ずっと主人公と対立し続けてほしい。

☆あらすじ☆
勇者候補2人の勇者力争奪ファンタジー!
聖剣を抜いたのに、神々に勇者と認められなかった勇者志望の少年ジオ。
横で見ていただけなのに、なぜか七代目勇者にされた天才少女イリア。
一度すれ違った二人の運命は、イリアが魔王に敗北を喫し、戻ってきたことで再び交錯する。
「勇者代われイリアァァァ!!」「だめ、私がもう一度やる」
勃発するは、勇者の資格争奪戦。
代われ代わらぬ喧々囂々。いがみ合つつも、七代目(元)と八代目(仮)の2人の勇者候補はそれぞれの想いを胸に、ともに旅立つことになるのだが――?
真の勇者はどっちだ!?
なんとかやり直したい元勇者と早く勇者になりたい少年による勇者力争奪ファンタジー、出立!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七代勇者は謝れない /串木野たんぼ

勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん


勇者の君ともう一度ここから。 (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
一度は諦め、逃げ出してしまった、最愛の少女との未来。
後悔の涙に濡れる日々は突然終わりを迎え、主人公はやり直しのチャンスを得ることになります。
これは勇者が世界を救った、「その後」のお話。
そして、救われなかった勇者を救うために立ち上がった男の物語です。
甘くてほろ苦くて美しい純愛ファンタジーでした。もうねぇ、こういうの大好き!

☆あらすじ☆
勇者セラフィルナは、己の命と引き換えに狂神を討ち倒し、世界を救った。
一方、かつて勇者と共に旅をしていた隻腕の青年ジャンは、片田舎にて後悔の日々を過ごしていた。剣神と呼ばれながら、彼は逃げ出したのだ。──たかが腕を切り落とされた程度で。
そんなジャンの下へ現れた王都からの使者が告げる。
「勇者はまだ生きている。世界と彼女を救いたければ私たちと共に来てほしい」
「……どうして俺なんだ?」
「キミに伝えたいことがあるようだった。もし会わないというのならば、聞くべきではない。恐らく、その言葉を永遠に背負うことになるだろうから」
亡くした腕の代わりに魔神器『ヴルムの真腕』を与えられ、救われなかった少女のために、ジャンは再び立ち上がる。
今度は逃げたりしない。最後まで彼女のそばにいるのだと。
狂神の呪いを浴び、心を失った少女の傍らに、腕を失った男が寄り添う。
未来は優しく、果てなく、幸せになれるのだと信じて。
──勇者の君ともう一度ここから。
今、最高の感動ファンタジーが幕を開ける!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん