「内政もの」タグアーカイブ

僕は婚約破棄なんてしませんからね /ジュピタースタジオ


僕は婚約破棄なんてしませんからね (一迅社ノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
悪役令嬢を婚約破棄して追放する「予定」の王子様が主人公の悪役令嬢ラブコメ。
婚約者を悲しませないために、彼女と一緒にゲームの強制力と戦う少年の物語です(という体の、ショタとロリがイチャイチャする話ですね!)
大人顔負けの活躍で自分たちの地盤を築きつつ、来る運命と戦おうとする子どもたちが頼もしくて可愛い。
ゲーム開始時点に辿り着かずに終わったけれど、ゲームヒロイン側の不気味さが良かったし面白くなりそうです。
あと、序盤は10歳児の語り口が慣れなかったんだけど(ひらがなが・・・)、成長に応じて地の文も読みやすくなっていくので、次巻からは戸惑うことなく楽しめるはず?

☆あらすじ☆
「き……、きゃああああ――――!」第一王子の僕の婚約者になる、公爵令嬢のセレアさん。十歳の初顔合わせで、悲鳴を上げて倒れちゃいました! ええええ!? なになに、思い出した? 君が悪役令嬢?  僕の浮気のせいで君が破滅する? ひどいなその設定の僕。でもね、そんな『イベント』とか『設定』なんて関係ないって。一緒にいるうちに、控えめで優しい君が、どんどん好きになってきているんだから! でも、ヒロインだという女の子に会ったとき、強烈な胸のドキドキと、運命の鐘が頭で鳴り響いて……。これが”強制力”? それでも僕は、絶対に婚約破棄なんてしませんからね!!
これは、乙女ゲーのストーリーという過酷な運命にラブラブしながら抗い、ゲームの強制力とイチャイチャしながら戦う、十歳から始まる王子と悪役令嬢の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 僕は婚約破棄なんてしませんからね /ジュピタースタジオ

五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ /和知杏佳


五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
男であると偽り、王を選定する神剣の守り役となった主人公。
自分の存在が何かを歪めてしまうのではないかと迷い、怯えながらも、彼女は自らの役目と向き合っていくことになります。
5人の候補の中から王を選ぶ物語としても、次代の為政者たちの成長物語としても、国を良くしようとする内政ものとしても、神の意を受け取る巫女の物語としても面白い作品でした。なんて贅沢な!
和風ファンタジーとしても魅力あふれる世界観だと思います。いや本当にこれは素晴らしい新作ですよ。私は大好きだ。
ぜひシリーズ化してほしいです。応援しています!

☆あらすじ☆
性別を偽り運命に挑む少女が手にするものとは? 運命の和風ファンタジー!
神剣の意を聞き、王を選ぶ斉家に生まれた日夜子。その役割は男性に受け継がれるが、都からの使者に妹を人質にとられ、男装し偽りの選定をすることに!
ところが、五竜の一人・白金竜鎮に選定の真偽を怪しまれ……?

以下、ネタバレありの感想です。先に謝っておきますが、長いです・・・!

続きを読む 五竜の国 偽りの巫女は王を択ぶ /和知杏佳