「人外ヒーロー」タグアーカイブ

お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環


お狐様の異類婚姻譚: 3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2019年11月刊。
お狐様と薬師の少女の甘くてこわい攻防を描く和風ファンタジー第3弾。
3巻を読み終えてふと思ったのですが、この作品面白すぎませんか??本当にめちゃんこ面白くない???

あやかしが支配する世界の風習にまでこだわった設定、
その設定が後から後から意味を重ねていく物語の構成、
そして鮮烈な存在感で心を惹きつけるキャラクターの裏表。

完璧なんですよ。求めるものを最高水準で与えられている実感がある。
和風ファンタジーで面白いものを読みたければコレを読め!ってところまできた。
このシリーズに対する愛が最高値に達して頭がバグッてる自覚はあるけど、それにしたって面白すぎるんですよ・・・!

そしてコミカライズ連載開始おめでとうございます。
コミカライズ担当の方の絵柄が原作担当の凪さんの雰囲気に近くて嬉しい。こちらも応援せねば!

☆あらすじ☆
神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。婚姻してすぐに離縁された雪緒は、彼が信用できず復縁を断り続けていた。そんなある日、鬼の嫁入りの祭儀の混乱の中、雪緒が鬼にさらわれてしまう。白月は、雪緒を取り返そうとするが――。え? このままだと私が鬼の嫁にされてしまうってどういうことですか!? 大人気異類婚姻ラブ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環

公爵令嬢ティアレシアの復讐 〜悪魔の力、お借りします〜 /奏舞音


公爵令嬢ティアレシアの復讐 ~悪魔の力、お借りします~【電子特典付き】 (ビーズログ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
第1回ビーズログ小説大賞「優秀賞」受賞作。
姉によって処刑された元女王が、悪魔に魂を売って復讐を目論む転生ファンタジー。
1巻が女の子ピン表紙って女性向けレーベルでは割と珍しいような?なんか少女漫画のカバーっぽくて新鮮です。
復讐を敢行する少女と彼女に執着する悪魔のバディもの、でもあるのかな。
色々と設定は美味しかったし、内容は1冊で綺麗に終わっているのだけど、細部が私の琴線に触れるほどではなく、ううむ、、、

☆あらすじ☆
無実の罪で処刑!? それなら転生いたします!
異母姉に嵌められ、十六という若さで処刑された女王クリスティアン。
それから十六年の月日が経ち、女王生誕祭に思いを馳せる少女が一人。
公爵令嬢ティアレシアだ。
彼女の従僕は囁く――「俺はいつまでお守りをさせられるんだ?」
そう彼女こそ、この美しき悪魔と取引をし、転生した元女王だった!
今ここに、転生令嬢と悪魔による復讐の幕が上がる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢ティアレシアの復讐 〜悪魔の力、お借りします〜 /奏舞音

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森環

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
誑かそうとする狐の元夫と、誑かされまいとする人の元嫁の攻防を描いた和風ファンタジー。
『花神遊戯伝』を思い出させる、麗しくも残酷な神話的世界観が最高でした。個性とセンスが光りすぎ!
肝心のストーリーは、溺愛人外ラブの皮を被った「人と怪の化かし愛」といったところ。
「嫁に来い」「いやです!」の掛け合いに込められた二人の想いは、物語が進むなかで、くるくると万華鏡のように変化していくのです。特にラストのヒロインのモノローグがとても秀逸。
さて、この恋で一枚上手なのはどちらだろう?
初恋をこじらせたヒロインの想いは届くのか?
この先の展開がぜひ見たいので続編をお願いします!

☆あらすじ☆
「嫁いできてくれ、雪緒。……花の褥の上で、俺を旦那にしてくれ」
幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元に現れたのは、元夫の八尾の白狐・白月。突然たずねてきた彼は、雪緒に復縁を求めてきて――!? ええ!? 交際期間なしに結婚をして数ヶ月放置した後に、私、離縁されたはずなのですが……。
薬屋の少女と大妖の白狐の青年の異類婚姻ラブファンタジー。 

以下、ネタバレありの感想です。
ちなみにネタバレ注意系作品だと思います。ご了承ください。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に求婚されているところです/糸森環

恋と悪魔と黙示録10 降り積もる恋のための寓話集/糸森環

恋と悪魔と黙示録10(仮) (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録10(仮) (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年4月刊。
過酷な運命を背負った少女と乙女な悪魔の冒険と恋を描いたラブファンタジー。その後日談を含めた短編集です。
これで本当に終わりなんですね。ああ、終わってしまった・・・!
後日談以外にも、本編の前日譚、幕間の掌編、そして「起こり得たかもしれない結末」を描いた闇落ちIFルートなど、驚くほど沢山のエピソードが詰め込まれた豪華仕様の1冊でした。すごい満足感。楽しかったです!

☆あらすじ☆
神魔を使役し《名もなき悪魔》の名を書に記す朔使(さくし)。人と獣の姿を持つ美しき神魔アガルと契約したレジナは、彼と恋に落ち共に生きていくことに。平和な地で悪魔の力によって起こった事件、魔となることが決められている少年の物語、優しい天使とのひととき……欠片たちが集まり、旧き物語と新しき物語が描き出されていく――。一途な魔物と乙女が織りなす、大人気悪魔召喚ラブ★ サイドストーリーと本編のその後を描いた物語集登場!!

以下、ネタバレありの感想です

続きを読む 恋と悪魔と黙示録10 降り積もる恋のための寓話集/糸森環

箱入り魔王の花嫁

『箱入り魔王の花嫁』(佐槻奏多著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

箱入り魔王の花嫁 (一迅社文庫アイリス)
箱入り魔王の花嫁 (一迅社文庫アイリス)

タイトルそのまま「箱入り」の魔王のもとに王女が嫁ぐというラブコメ。
ひたすら笑いながら読んでました。終盤にいくにつれてどんどんテンションが高くなっていきます。
出てくるキャラがみんな生き生きしていてとても楽しかったです。

☆あらすじ☆
異常な怪力のせいで三度目のお見合いに失敗した王女ディートリンデ。彼女に残された道は、ただ一つ。兄王の命令通りに結婚して、離婚されないように役に立つ妻だと認めてもらうこと。そのためなら、魔物あふれる山を持つ伯爵ランベルトのために、魔王だって倒してみせる。そう斧を手に決意したのだが…。結婚早々、旦那様の正体が魔王だと知ってしまって!?退治すべき?それとも尽くすべき?悩ましき怪力王女の新婚ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 箱入り魔王の花嫁

白竜の花嫁1 紅の忌み姫と天の覇者

『白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者』(永野水貴著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)

イラストがすごく素敵です。それに相応しく、物語もおとぎ話か神話のような「綺麗」な雰囲気があります。内容は陰鬱な要素が割とあるのですが。
和風ファンタジー、ということになるのかな。人間側は中世(?)日本ぽいけど、竜側は西洋のイメージなので、折衷的かも。
赤い瞳のために「忌み姫」と呼ばれて不遇の身にあった澄白と、彼女が生け贄同然の花嫁として嫁いだ竜のシュトラールの物語。
かなり終盤まで悲壮感たっぷりなのですが、ラストはとても良かったです。じんわり感動するタイプのラノベ。

☆あらすじ☆
「君は綺麗だ。その紅い瞳も、肌も…」
婚礼を控え幸福の中にいた小国の姫、澄白は、国を護るため、竜に捧げられる“花嫁”に選ばれてしまう。異なる形で国を護ろうとする兄の計略に従い、竜を殺すための呪をその身に刻み、嫁いだ澄白。しかし夫となった竜、シュトラールの優しさに触れ、次第に決心が揺らいでいく。竜を殺し許婚のもとに戻るか、竜を救うか―。美しい竜の青年に出会い、澄白が選んだ運命とは―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白竜の花嫁1 紅の忌み姫と天の覇者

恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁

『恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)

「花神遊戯伝」(角川ビーンズ文庫)と同じ著者の作品です。
花神のほうもけっこう好きなので、読もう読もうと思っていたシリーズ。
読んでみたら、赤面乙女系ヒーローにやられました。なにこの生きもの、可愛すぎます。
主人公であるレジナも自分の目的をしっかり持った強い女の子なので、とても好感がもてます。アガルを言い負かしたりするしね。
文体自体も、花神と違って三人称視点だからか、読みやすい。花神より好きかもしれません。
2014年2月現在、3巻まで刊行されていますが、この1冊だけでも完結しています。気になっている方にはぜひ読んで欲しい作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたは特別。契約して差し上げる」。悪魔の名を記した書を複製する森玄使であるレジナ。ある日、彼女は教会内で美しい獣型の高位の魔物を召喚してしまう。慌てて自室に獣を匿うけれど、聖祭の“神の花嫁”候補が悪魔に襲われる事件が発生!レジナは囮役として花嫁の身代わりをすることに―。そんな中、彼女の危機に美青年に姿を変えた獣が契約を迫ってきて…!?一途な魔物と乙女が織りなす、悪魔召喚ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁