「井上悠宇」タグアーカイブ

誰も死なないミステリーを君に2 /井上悠宇


誰も死なないミステリーを君に 2 (ハヤカワ文庫JA)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
死の予兆から謎を推理し、誰も死なせないために奔走する男女二人を描く青春ミステリー第2弾。
今回も面白かったです。
横溝正史オマージュが多く、遺産相続と「神隠し」を巡る骨肉の争いにワクワクしてしまいました笑

☆あらすじ☆
人が死ぬ予兆がみえてしまう志緒のため、僕は、その死を防いできた。高校生の時から大学生になった今も――
志緒の友人、獅加観飛鳥に“死線”が現われた。幼少期に故郷で“鬼”に追われて神隠しにあった経験を持つという飛鳥には、いまの莫大な財産の相続話が。そして獅加観家の一族――言動不可解な芸術家、軽薄な私立探偵、狐面をかぶる医者にも死線が……僕は死を止めるため、策略を発動する。優しい嘘をつきながら…。
青春ミステリ・シリーズ第2作"サトシオ"、悪魔的な華麗なる一族に挑む!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 誰も死なないミステリーを君に2 /井上悠宇

誰も死なないミステリーを君に /井上悠宇


誰も死なないミステリーを君に (ハヤカワ文庫JA)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年2月刊。
「回避可能な死の未来が見える」という不思議な能力を足がかりにして、誰も死なないように奔走する男女を描いた青春ミステリー。
「死」という結果を防ぐために仕掛けられる逆転のアプローチが面白い作品でした。“安全なクローズド・サークル”とかね。
誰も死なせない。誰も殺させない。そうすれば、きっと全てを救うことができるはず。
そんな、主役コンビの徹底した優しさがとても好きです。ふたりを繋ぐ信頼の絆も素敵だった。
2巻もすぐに読みたいと思います。

☆あらすじ☆
自殺、他殺、事故死など、寿命以外の“死”が見える志緒。彼女が悲しまぬよう、そんな死を回避させるのが僕の役目だった。
ある日、志緒は秀桜高校文芸部の卒業生4人に同時に“死”の予兆を見た。“そして誰もいなくならない”ため、僕は4人を無人島に招待、安全なクローズド・サークルをつくった。だが、そこに高校時代の墜死事件が影を投げかけ、一人、また一人と―
これは、二人にしかできない優しい世界の救い方。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 誰も死なないミステリーを君に /井上悠宇

きみの分解パラドックス/井上悠宇

きみの分解パラドックス (富士見L文庫)
きみの分解パラドックス (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
バラバラにしたい衝動を抱える少女と、彼女がバラバラにしたものを元に戻す少年。
そんな2人が学校近辺で起こった殺人事件の謎を追っていく、というミステリーです。
ヒロインがサイコパスということで理解不能な行動をとったりするけれど、主人公との関係性はなかなか好みでした。
事件そのものについてはコンパクトにまとまっていてサクサクと楽しめたし、シリーズ化したら続きも読みたいと思います。

☆あらすじ☆
物も謎もすべてバラバラに――異質な少女の学園青春ミステリー
物をバラバラにすることに異常な情熱を持つ少女・玲夏と幼なじみの少年・友紀は、総合パズル研究同好会に入部する。とあるバラバラ連続殺人事件の謎を調査する友紀たちだったが、校内で1人の生徒が殺害され――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む きみの分解パラドックス/井上悠宇