「主従関係」タグアーカイブ

終わる世界の魔人執事 /景山千博


終わる世界の魔人執事 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
第8回講談社ラノベ文庫新人賞佳作受賞作
幼馴染なお嬢様と執事が終末世界で殺し愛、という盛りすぎ!でも好き!と言いたくなる終末もの。
ただ、心理描写がざっくりとして展開が駆け足だし、バトルは盛り上げようとする割に決着があっさりだし、うーん、ところどころ惜しいかなぁ。
でもシリーズ化前提の1巻みたいなので、掘り下げてほしかった部分は続刊に期待なのかもしれません。

☆あらすじ☆
世界が滅びると告げられた一年まで、残り七日。ほぼ全ての生物が消滅していく中で消滅を免れている唯一の場所――『終末の地』と呼ばれる場所で、お嬢様と執事が戦っていた。世界を終わらせる「滅び」を退け、新たな世界を生み出す救世主となってしまったお嬢様――ユズハと、救世主を阻止するべく魔人の力を得た元執事――シュウヤ。想い合う二人は、それぞれの意志を胸に秘め、戦い続ける。相手のために――第8回講談社ラノベ文庫新人賞<佳作>受賞作が登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わる世界の魔人執事 /景山千博

茉莉花官吏伝7 恋と嫉妬は虎よりも猛し /石田リンネ


茉莉花官吏伝 七 恋と嫉妬は虎よりも猛し (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
デート回!?デート回だ!茉莉花官吏伝でデート回!!(興奮)
珀陽すら眉をひそめるような問題が新たに起こる一方で、茉莉花と珀陽の関係が大きく動いた第7巻でした。
このシリーズで甘い展開がくるとテンションが跳ね上がりますね!

☆あらすじ☆
茉莉花と珀陽が手つなぎデート!? 立身出世物語、ときめき加速の第七弾!
珀陽に想いを告げられた茉莉花は、珀陽にとあるお願いをされた結果、二人で夜市に出かけることに!!
精いっぱいのおしゃれをして、まるで恋人のように珀陽と過ごす茉莉花だが、そこで探しものをしているわけありの異国人と出会う。
たちまち“皇帝”の顔に戻った珀陽から、茉莉花は「できる限りこの人に力を貸してあげてほしい」と密かに依頼され……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝7 恋と嫉妬は虎よりも猛し /石田リンネ

天才王子の赤字国家再生術5 そうだ、売国しよう /鳥羽徹


天才王子の赤字国家再生術5~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
空前の好景気にわくナトラ王国と立役者ウェイン。
しかしそこには新たな火種が存在し、それを解決するためにとった一手が新たな戦乱を呼んでしまう第5巻。
安定して面白いです。
計画通りに進むこともあれば、思惑が外れてワタワタと奔走することもある。
貧乏国の望まぬ快進撃から始まった物語は、諸国を巻き込み、一体どこへ向かうのでしょうか。
続きもとても楽しみです。

☆あらすじ☆
西と同盟して一流国家の仲間入りだ!
『やはり手を組むべきは、グリュエールだな、間違いない!』
ミールタースでの騒動を機に、大いに知名度を上げたナトラ王国は、空前の好景気を迎えていた。
追い風に上機嫌なウェインにとって気がかりなのは、西側への玄関口として成長著しいマーデン領の存在。
国内のパワーバランスを調整するため、ウェインはグリュエール王が治めるソルジェスト王国と手を結び国全体を底上げすることを画策する。
折しもグリュエールからの招待を受け、意気込んで外交に向かうウェインだったが、
そこでは予想外の展開が待ち受けていた! 戦雲垂れ込める、弱小国家運営譚第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天才王子の赤字国家再生術5 そうだ、売国しよう /鳥羽徹

異世界拷問姫8 /綾里けいし


異世界拷問姫8 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2019年9月刊。
評価:★★★★☆
今回もまた表紙が美しい・・・!
この醜悪な世界で異質な輝きをみせる彼女たちの愛にときめいた第8巻。
いよいよ次が最終巻ということで、クライマックスに向けて物語が加速しています。
この先に待つのは果たして悲劇なのか喜劇なのか。

☆あらすじ☆
「エリザベート・レ・ファニュはセナ・カイトを愛している」大人気ダークファンタジー第八弾!
『断罪を止めたくば、代償を、犠牲を、生贄を。我々は結晶化した【狂王】とその花嫁。及び、【拷問姫】エリザベート・レ・ファニュの身柄をお前達の命の代わりに求めよう』各地での殺戮を煽動するアリスとルイスの要求に対し、三種族は救世の英雄を生贄とする決断を下す。「……貴様ら夫婦を相手取る羽目になろうとはな。流石に予想せぬわ」再び世界の敵となったエリザベートの前にはジャンヌとイザベラが立ちはだかり、「さぁ――父性愛の勝負といこうじゃないか!」愛娘の道を切り開くためヴラドはルイスを迎え撃つ。綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る至高のダークファンタジー第八弾。彼らは戦う。各々の何かを守り抜くために。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫8 /綾里けいし

金の女領主と銀の騎士 /伊簑木サイ

金の女領主と銀の騎士 (アイリスNEO)
金の女領主と銀の騎士 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年2月刊。
男性主人公の女性向けラノベでここまで甘いやつって珍しい・・・!
そんなド級に甘い主従ラブロマンスでした。
密かに想いを寄せる女主人のため、身も心も尽くす覚悟で傍にいる元騎士の執事。
しかし超鈍感×クソ真面目×朴念仁の彼は、自分に向けらた彼女の言動の意味に全く気づかないのです。
知らぬは本人ばかりなり・・・・・・いやいや、なんで!そこまでされてるのに!気づかない!?!?
すれ違う主従の想いが切なくて可愛くて甘ったるくて最高でした。とても楽しかったです。

☆あらすじ☆
幽霊城と噂される陰気な城に住むライエルバッハ家の女当主・サリーナ。領地経営に追われる彼女のたった一つの道楽は、恋愛小説家を育てること!
そんなサリーナに仕えるのは、処刑寸前だったところを彼女の父親に救われた、元騎士の執事 (バトラー)・エディアルド。現実的なようでいて、夢見る乙女な一面を持つ女領主と、朴念仁な執事との誤解とすれ違いの恋の行方はーー?
WEB掲載の人気作に書き下ろしを加え書籍化!! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金の女領主と銀の騎士 /伊簑木サイ

お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係/梨沙

お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
凜々しい男装王女と健気な少年執事見習いが、竜の卵を預かって一緒に育てることになったり、王宮内の騒動に巻き込まれたりする物語。
両片想いで性差逆転な感じの楽しい主従ラブコメでした。執事見習いくんの理性と本能がせめぎ合ってた・・・w
途中までごちゃっとした内容に手こずってしまったけれど、バラバラだった伏線が回収される終盤の展開は面白かったです。

☆あらすじ☆
「この忠誠はあなただけのために」
幼き日、姫は少年から生涯変わらぬ真心を送られた。姫の名はミシェル・バースト、少年の名はアンバー・クリムゾン。跡取りとして精力的に暮らす彼女の日常は、弟の誕生により一変する。政略結婚の駒となることを余儀なくされた彼女が選んだ新たな道―それは、誰にも負けない“王子”になること!?
美しく勇ましい姫君と、そんな姫君に振り回される執事見習い+竜の両片想いラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係/梨沙

緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま!/伊月十和

緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま! (一迅社文庫アイリス)
緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま! (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
秘密の護衛少女と皇帝候補の中華風ラブコメ。
主従で寄宿学校とか個人的に好きな設定でとても良いですねー。
もうちょっとドタバタコメディ押しだとなお良かったのですが、要所でクスッと笑えるところもあり、全体的には悪くなかったです。
特にヒーローの正体?本性?が判明するシーンとか、この人残念な人だ!と楽しくなりましたし。
ただマスコットに虫がいるので(表紙左下)、幼虫系が苦手な方はご注意を。

☆あらすじ☆
「皇帝候補の黎影(れいえい)様をお守りせよ!」
護衛任務を請け負う一族の娘・琉瑠(りゅうりゅう)は、最難関校を首席で合格した黎影皇子をお守りすることに。しかも、自分の出自を知らない庶民育ちの彼に、護衛だと気付かれてはいけないという条件つきで。そこで琉瑠は、彼の同級生となって、こっそり見守ることにしたけれど――不真面目で女好きで皇帝に相応しいとは思えない黎影に、彼が大好き過ぎて追いかけまわしている残念娘だと誤解されてしまって!? 誰にも言えない任務、絶賛遂行中? 勘違いだらけ凸凹主従の中華風ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま!/伊月十和

クシエルの矢 全3巻(クシエルの遺産シリーズ1)

『クシエルの矢 1〜3』(ジャクリーン・ケアリー著/和爾桃子訳/ハヤカワ文庫FT)★★★★☆

クシエルの矢〈1〉八天使の王国 (ハヤカワ文庫FT)
クシエルの矢〈1〉八天使の王国 (ハヤカワ文庫FT)

中世ヨーロッパをモチーフにした壮大な歴史ファンタジー。
天使の末裔が築いた王国を舞台に、神に仕える娼婦フェードルの波乱に満ちた運命を描く物語です。
かなり設定が作り込まれており、登場人物も国内外の勢力図も複雑すぎて一読で理解するのは本当に大変でした。特に1巻は完全な理解を放棄してひたすら文字を追っかけていたレベル。
しかし話が進むにつれて、その細部まで練られた世界観が読み応えにつながっていくのです。2巻3巻は夢中になって読んでしまいました。
苦痛に快感を覚える性癖を神から与えられ、逆境を切り抜ける才覚を養父から与えられた主人公。彼女のその才能は、彼女にどんな運命をもたらすのか。
主人公のマゾヒズムに最後までハラハラさせられましたが、とても面白かったです!

☆第1巻あらすじ☆
天使の血をひく人々の国、テールダンジュ。ここでは、愛の営みは神への捧げ物である。少女フェードルは“クシエルの矢”と呼ばれる印をもって生まれ、それゆえに数奇な運命をたどる。謎めいた貴族デローネイに引きとられ、陰謀渦巻く貴族社会で暗躍するためにあらゆる知識と技術を授けられたのだ…一国の存亡を賭けた裏切りと忠誠が交錯する中、しなやかに生きぬく主人公を描くローカス賞受賞の華麗な歴史絵巻、開幕。

以下、シリーズ第1弾「クシエルの矢」全3巻のネタバレあり感想です。

続きを読む クシエルの矢 全3巻(クシエルの遺産シリーズ1)

ご主人様のお目覚め係1

『ご主人様のお目覚め係1』(織川あさぎ著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

ご主人様のお目覚め係1 (一迅社文庫アイリス)
ご主人様のお目覚め係1 (一迅社文庫アイリス)

2016年1月刊。
表紙イラストのイメージ通りに優しい雰囲気が素敵なファンタジー。
主人公とヒーローの関係は最初は脱力系かと思っていたのに、徐々に雰囲気が変わってきてニヤニヤ。
寝ぼすけヒーローのしれっとした行動のアレコレが楽しく、対するヒロインもしっかり者でとても好印象でした。
そして主人公の後ろをとことこ付いてくる猫が!可愛すぎる・・・・・・っ!!
猫のあざといまでの可愛さに陥落です。ヒロインも実は猫に落とされたんじゃないか疑惑があったりなかったり。
ちなみに、本作はWEBで完結済みの作品で、この書籍化は2か月連続刊行とのこと。
1巻でも割と切りのいいところで終わっているのですが、この続きがとても楽しみです(*゚▽゚)ノ

☆あらすじ☆
とある事情から公爵邸で侍女として働くことになったジゼル。彼女に与えられた仕事は、離れに住む公爵家三男で魔法技師の青年シリルが目覚めるときに傍にいるという変なものだった。首を傾げるジゼルだったが…。仕事初日、目の前で寝ぼけた彼がベッドから消えて、気づけば天井裏に!?って、寝ぼけ癖、ひどすぎませんか!!寝ぼけ癖がひどすぎる青年と彼の世話係になってしまった侍女のラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ご主人様のお目覚め係1

魔女の使い魔は王子様でした

『魔女の使い魔は王子様でした』(瑞山いつき著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

魔女の使い魔は王子様でした。 (一迅社文庫アイリス)
魔女の使い魔は王子様でした。 (一迅社文庫アイリス)

2015年6月刊。
森の守護者である魔女が拾って使い魔にしたのは、魔物化の呪いを受けた王子様。
王子の呪いを解くために魔女が頑張るファンタジーです。
1冊で綺麗にまとまった可愛い物語でした。面白かったです(*゚▽゚)ノ
あと個人的には今回のすがはら竜さんのイラスト、色気が非常にヤバイと思いました。必見ですよε٩( ºωº )۶з

☆あらすじ☆
美女姿に変身していた魔女リタが、仔猫のような魔物と使い魔契約を結んだ翌朝―檻の中に入れていた魔物が、なぜか青年になっていた!?しかも彼は、自分はこの国の第一王子ヴァルトで、魔女に助けを求めに来たのだと分かりやすい嘘をつく始末。これは絶対に舐められている!しっかり躾けなければと思っていたけれど…。まさか本当に王子様だったなんて!?呪われた王子様をうっかり使い魔にしてしまった魔女の解呪ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔女の使い魔は王子様でした