「中華後宮もの」タグアーカイブ

宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う /顎木あくみ


宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う (ポプラ文庫ピュアフル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
『わたしの幸せな結婚』の顎木あくみさんの新作中華後宮ファンタジー。

後宮で起こる怪異現象を解決するため、平民のまじない師の少女が「偽りの妃」として悪戦苦闘する物語です。
劣等感を抱えた主人公と、自信満々な皇帝陛下の掛け合いが良かった。
正反対に見えて通じ合う部分を持つカップルは好きです。

この大変な時期に発売されたにも関わらず、速攻で重版を決めたようだし、これはシリーズ化するんじゃないか?
身分差のある二人の関係の行方が気になるので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
白髪と赤い瞳の外見から鬼子と蔑まれてきた、まじない師・珠華。 皇帝陛下からの依頼を受け、偽りの妃として後宮へ――。 彼自身にかけられた呪いと、宮廷で起きた怪異事件の謎を解くために、愛憎渦巻く闇へと足を踏み入れる……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宮廷のまじない師 白妃、後宮の闇夜に舞う /顎木あくみ

後宮の烏4 /白川紺子


後宮の烏 4 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
後宮に閉じ込められた神秘の妃を描く中華ファンタジー第4弾。
寿雪の変化が更なる変化を呼び、物語が大きなうねりをみせてきたように感じます。
「烏妃」という存在の問題が浮き彫りになり、彼女の運命がどうなるのか目が離せません。

☆あらすじ☆
今宵も夜明宮には訪いが絶えない。泊鶴宮の蚕室で、大切な繭がなくなったという宮女……。一方、花娘を通じ城内での謎多き失せ物探しも舞い込んで!? 烏妃を頼る者は日に日に増え、守るもののできた寿雪の変化に言いようのない感情を抱く高峻。やがて二人は真実眠る歴史の深部へ。鍵を握るのは名もなき幽鬼か、あるいは――。
圧倒的中華幻想譚、待望の第四弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏4 /白川紺子

薬屋のひとりごと9 /日向夏


薬屋のひとりごと9 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
前巻ラストのあの衝撃から続く第9巻。
そして今回もまた最後の最後に衝撃が走り・・・・・・めちゃめちゃびっくりした・・・!

☆あらすじ☆
シリーズ累計600万部! 待望の最新刊では二人の「その後」が明らかに! 猫猫と壬氏が船旅に?
壬氏の一世一代の行動の結果、とんでもない秘密を共有することとなってしまった猫猫。
折しも後宮は年末年始の休暇に入る時期。
実家に帰りたくない姚は、猫猫の家に泊まりたいと言い出した。
とはいえお嬢様を花街に連れていくわけにもいかず、姚と燕燕は紹介された羅半の家に泊まることになる。
一方、口外できない怪我を負った壬氏のために、猫猫は秘密裏に壬氏のもとに通わなくてはならなかった。
できる範囲で治療を施していくが、医官付き官女という曖昧な立場に悩まされる。
壬氏が今後さらに怪我を負わないとも限らないが、医官にはなれない猫猫は医術を学ぶことはできない。
そこで、羅門に医術の教えを乞おうと決めるのだが――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと9 /日向夏

後宮妃の管理人2 寵臣夫婦は悩まされる /しきみ彰


後宮妃の管理人 二 ~寵臣夫婦は悩まされる~ (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年12月刊行。
皇帝に難題ばかり押し付けられる寵臣夫婦の活躍を描く中華後宮物語第2弾。
今回は夫の扱いが少し気になったけれど、女商人主人公のキャラクターは相変わらず痛快でした。
ライバル登場で負けん気が発揮される展開、良いぞ〜!

☆あらすじ☆
優蘭長官の初仕事は秀女選抜! しかしそこには天敵がいて——!?
健美省長官に就任した優蘭は、早々に秀女選抜の詔令を賜る。そこに……「珀優蘭!わたしを馬鹿にしてるの?」怒り心頭で乗り込んできた、まったく話の通じない美女、徳妃。彼女の実家・郭家は珀家と犬猿の仲で——?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮妃の管理人2 寵臣夫婦は悩まされる /しきみ彰

後宮妃の管理人 寵臣夫婦は試される /しきみ彰


後宮妃の管理人 ~寵臣夫婦は試される~ (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年5月刊。
第1回富士見ノベル大賞審査員特別賞受賞作。
皇帝の命令により結婚することになった夫婦が、後宮の妃嬪たちの美容に気を配ったり、後宮内で起こるトラブルの処理に奔走する中華後宮物語です。
損得勘定に厳しい敏腕女商人と、貧乏くじを引きやすい廷臣の夫。
突如夫婦となった二人の距離が少しずつ近くなっていくなかで、互いへの信頼を高めていき、良いパートナーとなっていくところが楽しかったです。
あと、あらすじにもあるけど女装ヒーローものですね。いやぁ、旦那はもっと上司に怒っていいと思うよ!笑

☆あらすじ☆
後宮を守る相棒は、美しき(女装)夫――? 商家の娘、後宮の闇に挑む!
勅旨により急遽結婚と後宮仕えが決定した大手商家の娘・優蘭。お相手は年下の右丞相で美丈夫とくれば、嫁き遅れとしては申し訳なさしかない。しかし後宮で待ち受けていた美女が一言――「あなたの夫です」って!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮妃の管理人 寵臣夫婦は試される /しきみ彰

紅霞後宮物語 第零幕 四、星降る夜に見た未来 /雪村花菜


紅霞後宮物語 第零幕 四、星降る夜に見た未来 (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
じわじわと本編開始時に近づいている前日譚シリーズ第4弾。
文林の厄介者扱い、あまりにも妥当すぎて、しみじみと頷くしかありません。

☆あらすじ☆
彼女は、やがて高き御位にのぼるだろう――
幼き日、老婆から告げられた小玉の未来。それは着実に現実のものになっていると兄嫁は感じていた。しかし、予言には出てこなかった男・周文林の存在が気にかかる。この男が、小玉を不幸にするのではないか――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 紅霞後宮物語 第零幕 四、星降る夜に見た未来 /雪村花菜

神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す /真楠ヨウ


神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
不本意にも女装が似合う可憐な少年料理人が、ひょんなことから公主の厨房を任されることになり、彼女の様々な無茶振りに振り回され後宮内で起こる問題に挑んでいく―― という中華後宮もの。
とにかく元気がいい主人公が魅力的な作品でした。
美味しい料理をつくり出す繊細な味覚を持つわりに、色々と感性が雑なところも好き。
比類なき美しさを持つ豪快甘党公主とのコンビも良かった。最初から最後まで賑やかで楽しかったです。

☆あらすじ☆
公主の菓子担当は可憐なイケメン!? 女装厨師、後宮の暗殺計画を曝く!
とある依頼を受け女装で後宮へ侵入していた天矢は、甘い物に目がない公主に半ば恐喝され、お菓子担当の厨師として雇われる。 開口笑(ドーナツ)、杏仁豆腐、数々の菜を頬張る姫君を横目に、後宮の闇を曝けるか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す /真楠ヨウ

後宮の烏3 /白川紺子


後宮の烏 3 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
後宮に住みながら皇帝に従わない謎の存在「烏妃」。
烏妃となった少女の運命と、烏妃に隠された謎に迫る中華ファンタジー第3弾。
今回も面白かったのだけど、何やら大きな事件に繋がる前触れのような内容。
今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
「梟」が残した羽根に、自らの行く末を重ねる寿雪。
先代の戒めに反し夜明宮は孤独から遠ざかるも、寿雪自身は真に虚しさから逃れることが出来ずにいた。
烏妃の元には、今宵も訪問者が絶えない。泊鶴宮での怪異は、やがて烏漣娘娘への信仰を脅かす『八真教』へと通じて……?
他方、高峻は烏妃を「烏」から解放する一筋の光明を見出し、半信半疑ながらも寿雪と共にあることを決めた。
それぞれの過去が少しずつ明らかになり、真実はなおも遠い――。それでも確かに進んでいく、たとえ禁忌に触れることになろうとも……。
真の‟救い”は光であり、葛藤……。
数多の謎が繋がり、導く……歴史が再び動き出す――
シリーズ累計30万部突破!!圧倒的中華幻想譚、第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮の烏3 /白川紺子

薬屋のひとりごと8 /日向夏

薬屋のひとりごと 8 (ヒーロー文庫)
薬屋のひとりごと 8 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
表紙、とてもヘッドロックですね!
うわぁうわぁ、うわぁうわぁ。
ラストを読んで「うわぁ・・・・・・」以外の感想が消えそうなんですけど、うわぁ・・・!

☆あらすじ☆
毒で体調を崩した姚が医局勤めに戻れるようになった頃、猫猫のもとに大量の書物が届いた。
送り主は、変人軍師こと羅漢。碁の教本を大量に作ったからと猫猫に送り付けてきたらしい。
興味がないので売り飛ばそうと考える猫猫の考えとは裏腹に、羅漢の本によって、宮中では碁が流行していった。
一方、壬氏はただでさえ忙しい身の上に加えて、砂欧の巫女の毒殺騒ぎや蝗害の報告も重なり、多忙を極めていた。
そんな中、宮廷内で碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、羅漢のもとに直接交渉をしかけに行く。
開催場所を壬氏の名前で提供する代わりに、さぼっている仕事をこなすように説得するのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと8 /日向夏