「世界の果てのランダム・ウォーカー」タグアーカイブ

【感想】天地の狭間のランダム・ウォーカー /西条陽


天地の狭間のランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
未知を求めて世界を旅する調査官のコンビを描いたファンタジー第3弾。
今回でひとまず完結だそうです。売上げが厳しかったのか・・・・・・
エピソードごとに作風も世界観もがらりと変える、変幻自在な引き出しの多さに圧倒されるシリーズでした。次は長編を書いてみてほしいなぁ。

☆あらすじ☆
調査官・ヨキとシュカの旅はまだまだ続く。珠玉の短編集第三巻!
セントラルの調査官・ヨキとシュカが今回調査するのは、剣の腕が最も重要視される地。そこには、世界を創世したと言われる剣が存在し――。シュカが調査官になるきっかけになった物語「月夜に架かる橋」も収録。

⚠︎以下の感想では作品の展開や結末に言及する場合があります。ご注意ください。

続きを読む 【感想】天地の狭間のランダム・ウォーカー /西条陽

世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽

世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界を愛するランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
天空国家から派遣された二人組の調査官が、広大な世界を旅しながら未知を解き明かす『世界の果てのランダム・ウォーカー』の続編。第2巻です。
今回も様々な文化や文明や不思議を抱えた場所が登場し、作風の多彩さにワクワクする1冊でした。
短編形式も面白いのだけど、この作家さんの長編作品も読んでみたいなぁ。

☆あらすじ☆
凸凹調査官コンビが遭遇する、新たな世界の謎とは。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。
調査官であるヨキとシュカが今回向かった先は、水上都市グランナーレ。音楽に愛されたこの街で、今宵世にも奇妙な音楽会が開かれるという。曰く、音楽会に参加すると、己の求める死者と邂逅する事ができるというのだが――。
ほか、春が来ない里、物理法則が乱れた学術都市など、五つの謎を巡る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界を愛するランダム・ウォーカー /西条陽

世界の果てのランダム・ウォーカー/西条陽

世界の果てのランダム・ウォーカー (電撃文庫)
世界の果てのランダム・ウォーカー (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
第24回電撃小説大賞《金賞》受賞作。
天空国家から調査のために地上に派遣された二人組を通して、様々な世界の不思議を描いていくファンタジーです。
同じ地上とは思えないほど文明レベルの差が激しいこともあって、闇鍋のような趣のある作品でした。そこが面白かったけれどw
規則に縛られない自由な女上司と、彼女をフォローしようとする青年部下の関係も良し。そもそも男女バディものってだけで好みです。
全ての謎を綺麗に解き明かすわけでもない不思議な読後感ですが、人が世界を知ろうとする事自体が無謀なのでしょう。壮大に広がりを持った世界観が魅力的な作品でした。

☆あらすじ☆
世界を知りたいヨキと、世界を愛するシュカ。二人が織りなす、少し不思議な物語。
深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。調査官であるヨキとシュカは、多大な個人的興味と、小指の先ほどの職務への忠誠心を胸に、様々な調査をする。これは二人が世界を巡り、人々と出会い、(時々)謎を解き明かす物語である。
「――とかいって、なんか凄く良い話みたいだね、ヨキ」
「どうでしょうね。僕はシュカ先輩が真面目に仕事をしてくれるなら何でもいいですけど」
凸凹調査官コンビによる、かけがえのない時間をあなたに。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 世界の果てのランダム・ウォーカー/西条陽