「ロードムービー系」タグアーカイブ

続・金星特急 竜血の娘3 /嬉野君


続・金星特急 竜血の娘(3) (ウィングス・ノヴェル)

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2022年3月刊。
人類を救うために世界各地を巡る金星特急の続編シリーズ第3弾。
ようやく彼の事情が明らかになってきました。
何とも哀れで、愚かで、虚しくなる……

☆あらすじ☆
ついに夏草と合流。眠りから覚めた彼は、意外なことに何ひとつ記憶を失っていなかった。一行は伯爵夫人の城を後にし、三月が夏草のために集めた蔵書と、鎖様が七百年前に書いた『成長しない子供』に関する論文を保管するサンクト・ペテルブルクに向かう。その陰で、実は蒼眼の一族である蜜蜂は、この先も疑われることなく旅に同行するため「桜を籠絡せよ」との密命を受けていて……? 対・蒼眼の戦い、いよいよ本格化。大人気シリーズ続篇第3弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘3 /嬉野君

神去り国秘抄 贄の花嫁と流浪の咎人 /水守糸子


神去り国秘抄 贄の花嫁と流浪の咎人(富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2022年2月刊。
面白かった!これは良いガールミーツボーイの和風ファンタジーですね!
空から日輪が消え、作物が育たなくなった国。
人々は神の助けを得るために贄を捧げることを決め、しかし贄にされた姫は別の方法を選ぶために旅に出る。
人と神の残酷なつながりに綻びが生まれつつある世界観は読み応えがあったし、慣れない旅の中で箱入り娘が成長する物語としても面白かったです。
この作品はWEB小説「白兎と金烏」のエピソードゼロに当たるとのこと。
その後の二人がとても気になるのでWEB版も読んでみたいと思います。

☆あらすじ☆
日輪が消えた国で、贄の少女と追放された皇子の旅が始まる。
十年前に日輪が消えた国、照日原。その辺境の郷の姫・かさねは狐神の花嫁に選ばれる。だが花嫁とは、日照不足で不作続きの郷を救うための贄を意味していた。知らずに狐に喰われかけたかさねは、金目の青年・イチに助けられる。見返りとして彼が要求してきたのは、日輪を司る日神に会うためにかさねの「力」を貸すことだった。
 戻る場所のないかさねはしぶしぶ同行を決める。しかしイチこそが日輪が消える原因を作り、都から追放された皇子だと気づき――。
 運命に抗うための旅が、今始まる。心揺さぶるファンタジー開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神去り国秘抄 贄の花嫁と流浪の咎人 /水守糸子

続・金星特急 竜血の娘2 /嬉野君

>
続・金星特急 竜血の娘(2) (ウィングス文庫)

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年9月刊。
名作『金星特急』の続編にして、文明崩壊後の世界を女神の娘が旅するファンタジー第2弾。
壊れてしまいながらも、かつての風景を残す世界。そのノスタルジーと哀愁がたまりません。
少しずつ物語の細部が見えてきて、冒険譚としても面白さが増してきました。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
七百年ぶりに目覚めたユースタスは恋人の砂鉄のことだけ忘れていた。何とか彼女の記憶を取り戻したい桜だが、当の砂鉄が何も言わず、見守ることしかできない。一方、三月の願いで《銀魚》の力を使ったユースタスにより、夏草の眠る方角が判明する。どこかは分からない、けれど夏草は生きている――。希望を胸に一行はグラナダを出て東北東を目指す……!! 金星特急の旅の終わりから約七百年後の世界を描く「金星特急」続篇、いよいよ本格始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘2 /嬉野君

続・金星特急 竜血の娘 /嬉野君


続・金星特急 竜血の娘(1) (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2021年3月刊。
初恋の女神にプロポーズするため、危険な特急列車の旅を駆け抜けた錆丸の冒険を描いた『金星特急』。
その錆丸の娘を主人公とする続編がスタートしました。

これを機に「金星特急」を最初から読み直したのだけど、何度読んでも傑作ですね。
私は金星特急の魅力は「世界各地を旅してまわる、愛と絆と駆け引きに満ちた冒険のワクワク感」だと思っているのだけど、連載開始から10年近く経っても、展開を知っていても、全く色褪せない名作だと思います。再読なのに徹夜してしまった。

とはいえ、しっかり完結した作品の続編は、オリジナルの面白さを引き継げるのか?

そんな不安を吹き飛ばす続編第1巻でした。
いやぁ予想外!かなり思い切った転換をしてきたなと思いました。

物語の雰囲気はガラリと変わり、今度は閉じた箱庭から何も知らない少女が放り出され、未知の世界へ漕ぎ出しました。
彼女の目的は果てしなく、物語の全貌もまだ見えてこない。
それでも壮大な旅になるだろうという予感にワクワクして、「ああ、金星特急が帰ってきた!」と思わせてくれました。
続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
女だけが暮らす絶海の孤島・犬蛇の島で育った桜。彼女が15歳になったある日、島にいわくありげな二人の男が降り立った。男の一人は桜を見つけると、満面の笑顔でこう言った――「迎えに来たよ、桜」。三月と砂鉄と名乗る彼らは桜の父親の仲間で、自分も知らない自分の過去を知っているらしい。まだ見ぬ世界をその目で見るため、彼らとともに島を出ることにした桜だが……? 今度の主人公は錆丸と金星の娘・桜。大人気「金星特急」続篇スタート!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 続・金星特急 竜血の娘 /嬉野君

Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時


Babel I 少女は言葉の旅に出る (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
面白かったー!
『Unnamed Memory』と同じ世界、違う時代に迷い込んだ少女の旅を描く異世界トリップファンタジー。

かつて電撃文庫で2巻まで刊行された作品ですが、電撃の新文芸にてリブート。
結局WEB版の続きを読めずにいたので、書籍版で再び読む機会を得られて嬉しかったです。
そしてリブート版は旧版よりも読み応えが大幅にアップ。こちらの方が格段に面白かったです。

元の世界に戻るために旅に出た少女。
彼女を助けながら、彼女から「文字」を学ぶ青年。

少しずつ違和感をにじませていく物語は、どのような全貌をみせてくれるのか。

とても楽しみです。続きは秋!

☆あらすじ☆
WEBで読者を熱狂の渦に巻き込んだ、珠玉の異世界ロードファンタジー
現代日本から突如異世界に迷い込んでしまった女子大生の水瀬雫。剣と魔法が常識の世界の辺境に降り立ってしまい途方に暮れる彼女だったが、魔法文字を研究する風変わりな魔法士の青年・エリクと偶然出会う。
「――お願いします、私を助けてください」
「いいよ。でも代わりに一つお願いがある。
僕に、君の国の文字を教えてくれ」
日本に帰還する術を探すため、魔法大国ファルサスを目指す旅に出る二人。その旅路は、不条理で不可思議な謎に満ちていて。――そうして、運命は回りだした。
これは、言葉にまつわる物語。二人の旅立ちによって胎動をはじめたばかりの、世界の希望と変革の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時

金星特急・番外篇 花を追う旅 /嬉野君


金星特急・番外篇 花を追う旅 (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年6月刊。
『金星特急』と言えば、謎の美女「金星」にプロポーズをするために彼女が用意した金星特急に乗り込んだ主人公・錆丸の世界を股にかけた冒険小説。
彼の旅は終わったけれど、彼の娘の旅はここから始まるようです。

そう!次世代編ですよ!!

ウィングス本誌では連載がスタートしています。
この番外編はその続編に繋がる物語であるとのこと。
錆丸から愛娘・桜へ。物語のバトンが受け継がれていくのを感じる内容でした。
後日談的な番外編としても続編の前日譚としても面白かったです。続編が楽しみだ〜!

☆あらすじ☆
金星特急の旅から八年、横浜で経営するバーを人に任せ、当時お世話になった面々を訪ねる旅に出た錆丸。月氏の幕営地で無名の赤子と初めて顔を合わせ、北極圏の村で夏草の母の墓を建て、最後に辿り着いたグラナダで先行していた砂鉄とユースタス、さらに愛娘・桜と合流する。この旅は、七歳になった桜に母親である金星について教えるための旅でもあった。初めて父と離れ、世界を巡った桜は何を見たのか――?
大人気小説「金星特急」番外続篇集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金星特急・番外篇 花を追う旅 /嬉野君

さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 /風見鶏


さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
すごく良かった・・・!
滅びかけた異世界。そこで出会い、共に旅をするようになった少年と少女。
たくさんのものを失って、この先に希望があるのかも分からなくて、それでも生きていくことに意味はあるのか。
二人の旅を通して描かれる、孤独と優しさがとても印象に残る物語でした。
他に何もないからこそ、大切なことが鮮やかに浮かび上がるのかもしれません。
本当に良い旅小説だと思う。とても面白かったです。ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
旅に出よう、君を助手席に乗せて。この滅びかけた異世界で。
滅びかけた異世界に迷い込んだケースケは、ハーフエルフの少女・ニトと出会う。彼女の母親が遺した手帳に描かれた“黄金の海原”を探し、二人は辛うじて生き残った人々たちとの出会いと別れを重ねてゆくのだが——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 /風見鶏