「ロミジュリ」タグアーカイブ

矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位


矛盾が神を殺すまで 1~その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く~ (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
最強の矛と最強の盾を対決させたらどうなるのか?から始まるファンタジー。

敵同士の家に生まれた恋人というロミジュリっぽい設定のカップルですが、悲恋系ではなく仲良しの幼馴染カップルでした(もう少しロミジュリ設定を生かしても良かったんじゃないかとは思う)
まったく正反対の性格で、その凸凹がかっちりハマってる感じの二人組です。とても可愛かった。

内容的には序章すぎて評価に迷うところ。続きを読ませてほしいな〜

☆あらすじ☆
『絶対貫通の矛』と『絶対防御の盾』。王国に伝わる矛盾する二つの至宝が、何の因果か同じ時代に揃う。それぞれの継承者、矛の騎士ミシェルと盾の騎士ザック。恋人同士であることを隠している二人に、突如「矛盾の結末を明らかにせよ」という決闘の王命が下る。ミシェルとザックはどちらの『絶対』が上かを証明するため激突することになり―― その対決の結果は……あまりにも予想外のものだった!!
世界の裏側を知ったザックとミシェル、二人の運命が動き出す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位

鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫 /沙川りさ


鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
ロミジュリ×和風ファンタジー。
喰うものと喰われるものの関係になった二つの領の対立と、その領主筋に生まれながら惹かれ合ってしまった男女の恋を描いた物語です。
思ったよりグロとホラー要素があった気がする。
そして切ないお話でした。

☆あらすじ☆
願いは、ただひとつ。——共に生きたい。許されるなら。
薬師の文梧は、記憶を失った白皙の青年・主水と旅をしている。
30年前、平穏なこの地は一変した。青山領の民が突然変異して「鬼」となり、小寺領の民を襲い血を吸って殺すようになったのだ——。
彼らは、故郷から逃げ出し、身を潜めて暮らしている小寺の民を救うべく、山々を巡っているのだ。
一方、今から3年前。小寺の若き領主・菊は、屈託なく笑う勇敢な少年・元信に窮地を救われる。
青山の餌食となっている領民を護るため、もっともっと強くなりたいと願っていた菊は、元信に願い出て剣術を教えてもらうことにした。
やがて惹かれ合う2人。けれどそれは、禁忌の恋に他ならなかった……。
——旅の途中、文梧と主水は竜胆という少女と出会う。
竜胆はかつて仕えていた領主・菊を捜していた。菊は3年前、青山領に捕らわれたのだ。
旅を共にすることになった3人だが、やがて文梧は「一枚、二枚——」と何かを数える謎の声をしばしば聞くようになる。
心にこびりついて離れないその声を聞くたびに、文梧の胸はざわついて……。
出逢ってはならない者たちが出逢う時、物語は動き始める。待ち受けるのは、如何なる運命か——。
第5回角川文庫キャラクター小説大賞〈優秀賞〉受賞作!
選考会でも「筆力がある」「作り込まれた世界観でぐいぐい読んでしまった」「熱量を感じる」と絶賛を受けた作品がついに刊行!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鬼恋綺譚 流浪の鬼と宿命の姫 /沙川りさ

怪盗主夫は幸せな家庭を愛している /つるみ犬丸


怪盗主夫は幸せな家庭を愛している (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
怪盗と捜査官。追われる者と追う者。
そんな自分たちの実態を、当人たちだけが知らないラブラブ夫婦の物語です。
隠れロミジュリ系の怪盗コメディって感じ。これ系の作品は先日ドラマもありましたね。好きな設定です。
まぁでも本作は結構ツッコミどころが多いんだけど・・・・・・いやいや冷静になったら負けかもしれない。
なんといっても一番冷静じゃないのは主人公たちだしね!

☆あらすじ☆
愛する夫婦の裏稼業は、怪盗と捜査官!? 夫婦リバーシ・コメディ!
料理上手な専業主夫の黄太郎と家計を支えるキャリアウーマンの花恋。
べったりとろ甘な新婚夫婦。だけども、お互いに言えないヒミツの顔があって……。
実はこの二人“伝説の大怪盗”とそれを追う“腕利き捜査官”だったのだ!
家をひとたび出れば知らずのうちに敵と敵。
それぞれが思い描くハッピーな未来を守るため、今宵もお互いの正体を知らない夫婦による大捕物が幕を開ける!
二人の幸せな家庭はいったいどうなってしまうのか――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 怪盗主夫は幸せな家庭を愛している /つるみ犬丸

恋せよ天敵。いずれ二人が過去とする永戦世界にて /波口まにま


恋せよ天敵。いずれ二人が過去とする永戦世界にて (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★☆☆☆
2019年11月刊。
ロミジュリ系のファンタジーってとても好きなジャンルで、とりあえず読んでみようと思うんだけど、これはちょっと合わなかったです。
ロミジュリもので私が欲しい展開はなかったし、世界観も戦闘も何がなんだか・・・

☆あらすじ☆
最強のふたりが絶望の未来を切り開く!
凶悪なモンスターが跋扈する世界で、限られた資源を巡り争う天使属と冒涜者。そんな中、休戦協定が結ばれることに。その証として両種族選抜で『合同部隊』が結成されるのだが……。“世界の最果て”に大志を抱く冒涜者フレドと、片翼に劣等感を抱く天使属、少女ラブラ。「わたし〈おれ〉は大切なものを守るため最強になる!!」二人の運命的な出会いが、絶望の未来を希望に変える!! 超王道ボーイミーツガールファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。
ネガティブ注意。

続きを読む 恋せよ天敵。いずれ二人が過去とする永戦世界にて /波口まにま