「ラブロマンス」タグアーカイブ

【WEB小説感想】ルクトニア領百花繚乱円舞曲 /武州青嵐(さくら青嵐)

◎ルクトニア領百花繚乱円舞曲(カクヨム)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883311781

書籍化された子ども世代編の感想はこちらから

12月に刊行された『ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛少女を溺愛中』(角川ビーンズ文庫)が面白かったので、カクヨムで連載されていた親世代編も読んでみました。
なんでも角川ビーンズ小説大賞を受賞したのはこちらだったとか。
『ルクトニア領繚乱記』内で語られたヒーロー両親の話が好きな感じだったので(どこまでも追いかけていくパパ・・・!)、ちゃんと読めて嬉しい。こちらも面白かったです。
「ぶさいくな女どもを(俺の美貌で)蹴散らしてくれる!」とか宣言しちゃう系性格最悪傲慢女装男子が素敵。

☆あらすじ☆
アレクシア・フォン・ヴォルフヤークトは、父の死去に伴い、「働く」か「嫁に行くか」の選択を迫られていた。
嫁ぎ先がなかなか決まらず、焦って就職した先は、先王の遺児ジュリア・オブ・ルクトニア姫の家庭教師。
ところが、この姫君。実は『女装男子』だった。しかも、性格が少々……。あいたたたたた。
政敵・政変・災害が次々に襲いかかるけれど……。
負けるな、アレクシア。頑張れ、アレクシア。
いつか、運命の王子様に出会えるまで!

以下、最終話までのネタバレあり感想です。
書籍版の内容を踏まえた感想ですので、ご了承ください。

続きを読む 【WEB小説感想】ルクトニア領百花繚乱円舞曲 /武州青嵐(さくら青嵐)

女王の化粧師 /千花鶏

女王の化粧師 (ビーズログ文庫)
女王の化粧師 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年3月刊。
女王を巡る選挙戦から始まり、やがて周辺諸国を巻き込む権謀術数を描いていく歴史ロマンあふれるファンタジー。
書籍版1巻では花街の化粧師がとある貴族に仕える男に能力を見込まれ、主君たる女王候補に出会うまでが描かれています。
この書籍版、先の展開を知らずとも伝わってくる、思いきりプロローグな内容なんですよね。
個人的に最も気になる部分すら明かされなかったので、我慢できずにWEB版で続きを読みました。

で、読んでみたらとても面白かった!

書籍版1巻の範囲だけでは評価に困るのだけど、WEB版を全部読んだ今はかなり推したい作品です。
WEB版では完結が見えてきている様子。ホントもう超気になるところで生殺し・・・!

☆あらすじ☆
あなたの化粧には力がある――。時代に翻弄された女王候補と化粧師の物語!
五人の候補者が次期女王の座を競う小国デルリゲイリア。
ある日、花街の化粧師であるダイの下に、女王候補の遣いと称する男ヒースが現れる。
ダイの腕を見込んだ男は、専属の職人にとダイを誘うが、主となる娘は“最も玉座から遠い”と言われていて!?
「わたしにできることはただひとつ。あなたを、あなたが望むように美しくするだけ」
WEBで大反響! グランドロマン開幕!!

以下、書籍版1巻およびWEB掲載分のネタバレを含む感想です。ご注意下さい。

続きを読む 女王の化粧師 /千花鶏

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 /新山サホ


【電子限定版】聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
転生して聖女候補となった少女が、前世の因縁を乗り越えて自由に生きようとするファンタジー第3弾。
完結巻です。綺麗にまとめて終わっているし、とても満足できました。
しかし最後は思わず吹き出してしまうセリフや展開が多かったなぁ。この作品のギャグパート好きだ。

☆あらすじ☆
前世で不幸な死を遂げ、今度こそ好きに生きると決めた転生者のリズ。聖女になるための最終選定の最中、再びリズを前世の因縁が襲う。だが、誤解が解けぬまま一人で死んだ前世と違い、王太子キーファ、神官ロイド、他の候補者たちの存在を力に、黒幕へと迫る。
とうとう五百年前から続く因縁を断ち切ることができるのか!?
「必ず、ここで終わらせてみせる」
聖女を目指す彼女が、最後に掴むものは――。
リズ達の“その後”のストーリーも4万字を超える大幅書き下ろしで収録。爽快ファンタジー第三弾、待望の開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 3 /新山サホ

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ


聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2 (アリアンローズ)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
前世も今世も身分社会に苦しめられる平民の少女が、自由を目指して聖女候補の試験に挑戦する転生ファンタジー第2弾。
今回も面白かったです。前世ロマンスと陰謀サスペンスのバランスが丁度よい。
前世の恋は今世にも続くのか。恋をしているのは誰なのか。
神殿と王宮を巻き込む陰謀が進むなか、前世の因縁を乗り越えようとする主人公カップルの葛藤と奮闘が面白かったです。
それにしても、天与の才により突き進む主人公に比べると、悪役の方が努力してる感じになるのが少し笑える。でもそれが敵対関係に張り合いを生んで、読み応えに繋がっているのでしょうね。ラストのオチがとても好きでした。

☆あらすじ☆
前世で貴族に騙され不幸な死を遂げたリズは、今度こそ好きに生きるため、聖女になると決意する。
リズは次期聖女候補として、身分や思い込みにとらわれず選定試験を“自己流”でクリアしていく。その勢いはすさまじく、次期聖女は決まったものと思われたが、予期せぬライバルが登場し事態は大きく動き出す!
同じく転生していた前世の恋人、キーファと共に次の課題に挑むリズの前に、更に前世の自分そっくりの女性が現れて!?
「私にはわかる、あなたの本当の正体が――」
再び襲い掛かる前世の因縁もふっとばす、爽快ファンタジー第二弾、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます 〜王太子は、前世で私を振った恋人でした〜 /新山サホ


聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
前世と同じく平民として生まれ、身分社会の不条理に腹を立てる主人公。
前世の失恋を引きずりつつ、今度こそ身分に苦しめられない立場を望む彼女が、「聖女候補」として試練に挑む転生ファンタジーです。
オススメされて読んでみたのだけど、これは確かに面白い!
特別な力を持つ主人公の痛快活劇としても楽しく、切なさと甘さが交錯して描かれる転生ロマンスとしても好みなお話。
勧善懲悪要素も強いのだけど、そのなかで生まれる聖女候補同士の絆が心地よくて読後感ばっちりでした。
これは続きも読まないと!

☆あらすじ☆
婚約者は自分を裏切り、貴族のご令嬢と結婚。恋人や身分に振り回され不幸な死を遂げ――
(我ながら、ふざけた人生を送ったものだわ)
生まれ変わって、今度こそ自分の好きなように生きると決意したリズ。前世と同じく身分は平民だが、今世では天啓のような“不思議な力”を持っていた。その力を見いだされ、聖女候補の一人に選ばれたリズだったが、他の候補者は正統な魔力を持った貴族令嬢ばかり。
聖女になって、身分なんかに負けない力を手に入れようとするリズだったが、そんな彼女の前になんと“前世の恋人”が現れて――!?
魔力? 持ってません。身分? 平民です。
でも二度目の私は勝手にさせてもらいます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます 〜王太子は、前世で私を振った恋人でした〜 /新山サホ

魔法使いの婚約者9 かわいいあなたと紡ぐ祝歌 /中村朱里


魔法使いの婚約者9 かわいいあなたと紡ぐ祝歌 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
内容が内容だったので完結巻かと思ったら違った・・・!
救世の魔法使いと、その妻となった転生者の愛しき日々を描くラブファンタジー第9弾。
色んなことに区切りがつきましたね。幸せいっぱいでとても素敵でした。

☆あらすじ☆
夏のある日、王宮筆頭魔法使いで最強の旦那様であるエディとの間に授かった双子を出産したフィリミナ。彼女は、かわいい双子の存在に日々喜びを噛みしめつつ、とある難題に悩まされていた。それは、双子の妹が生まれながらに精霊に愛されているせいで、精霊に嫌われているフィリミナが我が子に近づけないというもので――。
「小説家になろう」でも大人気シリーズ、待望の書籍完全書き下ろし第9弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法使いの婚約者9 かわいいあなたと紡ぐ祝歌 /中村朱里

銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 /西嶋ひかり


銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
第17回角川ビーンズ小説大賞「優秀賞」受賞作。
面白かった!
神の力を使い、人の世を瘴気から守る不老不死の姫宮。
姫宮の力と権威に目をつけた権力者たちの争いに巻き込まれるなかで、彼女は惹かれてはならない唯一の存在と出会ってしまうのです。
姉への愛憎をこじらせ、孤独に苦しみながらも気高くあろうとする主人公。
そんな彼女の心を乱すのは、神をも恐れぬ悪名高き王。
二人の駆け引きと恋の行方にハラハラしつつ、神話が息づくような世界観に心惹かれました。
これは良い和風ファンタジーだ。綺麗に終わってるけれどシリーズ化するのかな?今後の展開に注目したい新作でした。

☆あらすじ☆
世を守る姫宮として、15才の姿見で永遠の時を生きる真珠。役目から解放され命を失うのは運命の相手“銀狼”に出逢うとき。ある日、冷徹な若き国主・透輝が宮を訪れると、彼を銀狼と感じた真珠は取引をもちかけて?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 /西嶋ひかり

勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん


勇者の君ともう一度ここから。 (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
一度は諦め、逃げ出してしまった、最愛の少女との未来。
後悔の涙に濡れる日々は突然終わりを迎え、主人公はやり直しのチャンスを得ることになります。
これは勇者が世界を救った、「その後」のお話。
そして、救われなかった勇者を救うために立ち上がった男の物語です。
甘くてほろ苦くて美しい純愛ファンタジーでした。もうねぇ、こういうの大好き!

☆あらすじ☆
勇者セラフィルナは、己の命と引き換えに狂神を討ち倒し、世界を救った。
一方、かつて勇者と共に旅をしていた隻腕の青年ジャンは、片田舎にて後悔の日々を過ごしていた。剣神と呼ばれながら、彼は逃げ出したのだ。──たかが腕を切り落とされた程度で。
そんなジャンの下へ現れた王都からの使者が告げる。
「勇者はまだ生きている。世界と彼女を救いたければ私たちと共に来てほしい」
「……どうして俺なんだ?」
「キミに伝えたいことがあるようだった。もし会わないというのならば、聞くべきではない。恐らく、その言葉を永遠に背負うことになるだろうから」
亡くした腕の代わりに魔神器『ヴルムの真腕』を与えられ、救われなかった少女のために、ジャンは再び立ち上がる。
今度は逃げたりしない。最後まで彼女のそばにいるのだと。
狂神の呪いを浴び、心を失った少女の傍らに、腕を失った男が寄り添う。
未来は優しく、果てなく、幸せになれるのだと信じて。
──勇者の君ともう一度ここから。
今、最高の感動ファンタジーが幕を開ける!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 勇者の君ともう一度ここから。 /みかみてれん

メイデーア転生物語1 この世界で一番悪い魔女 /友麻碧


メイデーア転生物語 1 この世界で一番悪い魔女 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
『かくりよの宿飯』『浅草鬼嫁日記』の友麻碧さんの新シリーズ開幕。
新作といっても、これはかつて富士見ファンタジア文庫から書籍化された『メイデーア魔王転生記』のリメイク作品です。
しかし改稿によるブラッシュアップがすごい。これは素晴らしいリメイクですよ・・・!

さて、本作は、「世界で一番悪い魔女」の末裔として生まれた少女が、恋しい人にもう一度会うため奮闘する異世界転生ファンタジーです。
運命によって邪魔される恋路を、負けるものかと必死に突き進む少女。
全寮制魔法学園で仲間たちと学業に励みつつ、主人公は自身が立ち向かうべき運命を知ることになるのです。

転生ラブロマンスとしても、魔法学校ものとしても、世界の命運をかけた壮大な御伽噺としても楽しめる1冊。
まだまだ序盤ですが、すでに面白いので今後も更に面白くなるに違いない。
続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
魔法の息づく世界メイデーアで紡がれる、片想いから始まる転生ファンタジー
悪名高い魔女の末裔とされる貴族令嬢マキア。ともに育ってきた少年トールが、異世界から来た〈救世主の少女〉の騎士に選ばれ、二人は引き離されてしまう。マキアはもう一度トールに会うため魔法学校の首席を目指す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む メイデーア転生物語1 この世界で一番悪い魔女 /友麻碧

魔法使いの婚約者8 黒染まる眠り姫は朝焼けを待つ /中村朱里


魔法使いの婚約者8 黒染まる眠り姫は朝焼けを待つ (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年5月刊。
前巻で起こった大ピンチに対する反撃編。
フィリミナとエディ、そして二人を見守る周囲との絆を感じる回でした。

☆あらすじ☆
王宮筆頭魔法使いで最強の旦那様・エディとの子供を授かったフィリミナは、幸福のただ中にいたのに……。「お腹の子は魔王ではないか」という嫌疑をかけられたことから全ては一転してしまった。エディは神殿に捕まり、フィリミナも仲良くなったと思っていた魔族の少年ノクトに裏切られ、魔族の館に囚われてしまったのだ。エディの助けを期待できないフィリミナは自分の力で打開しようとするけれど――。「小説家になろう」でも大人気シリーズ、緊迫の書籍完全書き下ろし第8弾!! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法使いの婚約者8 黒染まる眠り姫は朝焼けを待つ /中村朱里