「ヤンデレヒーロー」タグアーカイブ

蟲愛づる姫君 後宮の魔女は笑う /宮野美嘉


蟲愛づる姫君 後宮の魔女は笑う (小学館文庫キャラブン!)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年5月刊。
蟲と毒を愛する姫君と壊れた王様の日常を描く中華ファンタジー第七弾。
今回から新章スタート。
主人公夫妻の子ども達が本格的に動きはじめました。色んな意味でばっちり二人の血を引いてますね。

☆あらすじ☆
オトナになった姫と子供たちの新章スタート。
 毒蟲と蠱毒をこよなく愛する変わり者の「蟲愛づる姫君」こと玲琳。彼女と魁の国王・鍠牙が結婚しておよそ八年の月日が流れた。ふたりの間に生まれた双子の王子と王女の五歳の誕生祝いの宴席に、玲琳の姉である斎帝国の女帝から様々な贈り物が贈られ、中には人の未来を予言できる占い師の紅玉という女性もいた。
 紅玉は様々なことを言い当て、すっかり双子のお気に入りに。しかしその直後、魁の都では謎の獣に人を喰う怪事件が頻発し、玲琳は事件解決に乗りだすのだった。調べてみれば被害者は全員犯罪者で、玲琳は何者かが明確な意図をもって特定の人物を殺害しているのではないかと疑う。一方、占い師の紅玉は、次の被害者が玲琳の双子たちだと予言し、王子王女を救いたければ自分の言うとおりにせよと王宮の人々を脅すのだった。
 子供たちを溺愛する鍠牙は、敵を捕らえるために後宮に兵士を配して警戒する。しかし玲琳はといえば、我が子なら災厄程度は自力で退けられるはずだと、子供たちに護身術を教えるマイペースぶりで……。
 世にも奇妙な夫婦の物語が、個性最強な家族の物語にパワーアップ! 極上中華風ファンタジー、新章突入!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 蟲愛づる姫君 後宮の魔女は笑う /宮野美嘉

オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 /染井由乃


オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2021年1月刊。
あとがきに書かれていたコンセプト(?)がこの作品の魅力を見事に示していると思うので引用します。
“暗い過去のせいで仲違いしてしまったが、今も互いに憎み切れず、軽口をたたき合いながら一緒にいる“
これが本作の主人公と幼馴染の関係性ですよ!めちゃくちゃ良かった!

殺意と憎悪で心が掻き乱れるのに、かつて抱いた慕わしさが消えてくれない。
今すぐ消えてほしいと思いながら、隣にいることが当たり前で自然に思う。
少年への愛憎に苦しむ少女と、少女だけに慈愛と執着を見せる少年のお話でした。
とても面白かったけれどプロローグみたいな内容だったので、絶対に続刊が欲しいです。よろしくお願いします!

☆あらすじ☆
その魔法には、香りと想いが込められている――。
 互いに偉大な魔術師と同じ魔法香を持つ孤児のシルヴィアとルグ。二人は優しい魔術師に引き取られ、日々幸せに過ごしていた。しかし、ある事件を境に溝が出来てしまう。
 それから数年後。16歳になった彼らの元に、名門と名高いフォルトゥナ魔法学園への入学案内が届く。期待に胸を膨らませるも、あまりにも珍しい二人の魔法香に、様々な噂が立ってしまい……?
 彼らの魔法香に秘められた謎、そして忌まわしき事件の秘密。魔法学園を舞台に、運命の歯車が回りだす――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 /染井由乃

悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる4 /稲井田そう


悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる4【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★
色々な裏事情が明らかになる第4巻。
裏側メインの話だったので表紙ほど攻略対象との絡みはなかったなぁと思ったら次巻で完結?

☆あらすじ☆
ヒロインをダンスパーティーに連れていくために男装までしたのに、攻略対象と恋に落ちてくれない……と、困惑する悪役令嬢ミスティア。
次のイベント・生徒会選挙では、会長候補である婚約者に贈賄疑惑が浮上。何者かが彼を貶めようとしているらしい。
冤罪を晴らすため、証拠探しをするも……
狙われていたのは自分? 他にも転生者がいる?
深まる謎に翻弄され、気づけば自分が誘拐されてしまいーー
デッドエンド回避のはずが、無自覚にお人よしを発揮し続ける彼女の下へ攻略対象たちが勢ぞろい!
エンディングシーンが迫る中、ミスティアは望む「未来」を掴めるのか?
ついに『きゅんらぶ』最難関イベント・学園放火へ!
気付かない間に地獄絵図のサスペンス学園ラブコメ第4巻♡

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる4 /稲井田そう

悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる3 /稲井田そう


悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる3【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2021年4月刊。
周囲をヤンデレ化させていく悪役令嬢の破滅回避物語第3巻。
鈍感系陰キャ主人公を囲んでいたヤンデレたちが堕ちました。もうメインの誰かが死なないと話が終わらない気がしてきたぞ…!

☆あらすじ☆
貴族学園に入学後もなお、全キャラクターから異常な好意を向けられていることに気付かない超お人好し悪役令嬢ミスティア。破滅エンド回避のため、体育祭で“ゲームのヒロイン”と攻略対象のひとりである婚約者をくっつけようとするも失敗してしまう。新たな活路として婚約者を慕う転校生令嬢に期待を寄せ、ほのぼのイベントの「勉強会」に参加するのだが……なぜか拉致・暴力事件が発生!? さらには、家族同然の専属侍女との“思い出”の場所・孤児院を訪れたことで、衝撃の真実を知ってしまいーー。勘違いとヤンデレがますます泥沼化! 気付かない間に地獄絵図の大人気・サスペンス学園ラブコメディー第3巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる3 /稲井田そう

悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる2 /稲井田そう


悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる2【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
2020年11月刊。
周囲の人間をヤンデレに変貌させていく悪役令嬢(本人は何も気づいていない)の奮闘物語第2弾。
前巻で「異常なのは攻略対象だけじゃないじゃん!」と思いましたが、攻略対象の方が圧倒的に異常化してきました。
ミスティアを中心に執着と憎悪が飛び交いすぎて、誰かが死なないと終わらなそうな気配がすごい。
これはラブコメか?ギリギリまだラブコメかな?

☆あらすじ☆
前世を思い出し、破滅エンド回避に奮闘し始めてから早五年。超お人好し悪役令嬢ミスティアは、婚約解消もできないまま貴族学園に入学してしまう。新たな作戦として、“ゲームのヒロイン”と攻略対象たちの恋愛イベントを裏でサポートすることに。だが、体育祭でヒロインは予想外の行動をとって――
婚約者を“ブラコン”、嫉妬深い幼馴染を“わんこ男子”、妄想担任を“教師の鑑(かがみ)”と思い込むミスティアの前に、神出鬼没サポート同級生や黒幕キャラの双子先輩、そしてとっても親切な用務員さんと新キャラクターが続々登場!
勘違いの錯綜はさらなる展開に!?
気付かない間に地獄絵図のサスペンス学園ラブコメディー第2巻❤

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる2 /稲井田そう

蟲愛づる姫君シリーズ4〜6巻 /宮野美嘉


蟲愛づる姫君の純潔 (小学館文庫キャラブン!)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

1巻の感想はこちらから

評価:★★★★
『蟲愛づる姫君の純潔』2020年8月刊。
『蟲愛づる姫君の永遠』2021年1月刊。
『蟲愛づる姫君の宝匣』2021年2月刊。

毒蟲を愛する姫君と、彼女を愛する壊れた王様。
そんな変テコ夫婦の奇妙な日々を描く中華ファンタジーの続刊です。
丸1年積んでいたら続きが大量に刊行されていて驚きました。宮野先生の筆の速さが凄すぎる。
慌てて追いかけている途中なのですが、これだけ早い刊行でもクオリティが維持されていて更に凄い。
毒々しくて禍々しくて歪みきっていて耽美で素敵な夫婦の物語。とても面白かったです。

☆あらすじ(『蟲愛づる姫君の純潔』)☆
毒蟲マニア・玲琳王妃またトラブルの予感!
新興国である魁の若き王・楊鍠牙と、その妃である李玲琳。不幸体質の鍠牙は愛する妻にいつか殺されることを夢見ており、玲琳は玲琳で相変わらず毒蟲を愛し、蠱毒の魅力に囚われつづける毎日だが、完全なる政略結婚から始まったこの婚姻関係は、当人たちにしかわからない謎の絆で、どうやらうまくいっているようだった。
そんなある日、王宮に大きな衝撃が! 牙の妹である累姫が帰還したというのだ。実はこの累姫、玲琳が嫁いでくるよりも以前――かれこれ一年ほど前に、旅の途中で盗賊に襲われ、馬車ごと谷底に落ちて死んだはずが戻ってきたのだ。しかし心身ともに深く傷ついた累姫は、どんな医師の治療も受け入れないらしく、万策尽きた臣下たちは玲琳に姫の問診を願い出る。つまり玲琳の王妃という高い地位と、毒とはいえ薬の類いによく通じる知識、そしてなにより空気を読まない傍若無人な性格をもってすれば、誰もなしえない累姫の診療ができるに違いないというのだ。ところが、兄である鍠牙は玲琳が妹に接することを、なぜか快く思っていないようで……? 変わり者の最強王妃と、妻にしか興味がない不幸体質国王の、奇妙奇天烈な結婚生活の明日はどっちだ!?

以下、各巻のネタバレありの感想です。

 

続きを読む 蟲愛づる姫君シリーズ4〜6巻 /宮野美嘉

【WEB小説感想】ヤンデレ至上主義の悪役令嬢はハッピーヤンデレカップルを慈しみたい! /染井由乃

https://twitter.com/amenaraneru/status/1437339742870257668

Twitterで「ヤンデレが好き」と定期的に鳴いていたらオススメいただきました。めちゃめちゃ面白かった〜!

『公爵令嬢レイラの逃避行』の染井由乃先生による悪役令嬢転生もの。
ヤンデレばかり揃えた乙女ゲームの世界に悪役令嬢として転生し、各種ヤンデレカップルを愛でながら、彼らのバッドエンドを回避しようと奔走する物語です。

様々な病んだ恋愛が描かれ、それらをニヨニヨしながら見守る悪役令嬢。
「ヤンデレ×美少女のココが良い!」という熱い主張に、何度「わかる!」と叫んだことか。ヤンデレスキーの性癖に対する解像度が異様に高い。

そして、もちろんヤンデレものとしても楽しい作品でした。
よそのヤンデレカップルを愛でる悪役令嬢の背後で、ひっそりふつふつと煮詰まるように育っていく執着心……
こういうの、大変美味しいですねっ!!

☆あらすじ☆
16歳の誕生日、エレノアは自分が、ヤンデレ系恋愛シミュレーションゲーム「狂愛のスノードロップ」の世界に転生していることに気づく。
ヤンデレ塗れのこのゲーム、バッドエンドは悲惨も悲惨。ヤンデレたちの拗らせ執着の末に、ヒロインですら死亡、監禁は当たり前。
肝心のエレノアの立場はというと、これまた死亡フラグだらけの悪役令嬢。だが、歪んだ愛をこよなく愛する彼女は、自らの境遇に絶望することもなく一人ほくそ笑む。
フラグ回避? 改心していい子ちゃんになる?
それももちろん大事だけれど、最も大切なことは「ヤンデレ×美少女」の恋路を見守ることではなくって?
悪役令嬢の対場を利用して、ハッピーヤンデレルートを見届けるまでは死んでも死にきれない!
「さあ、見せて頂戴! 歪んだ愛の美しさを!!」
これは、ヤンデレ至上主義の悪役令嬢が、ヒロインたちのバッドエンドを全力で回避しながら、尊いヤンデレカップルの成立を見届けるために奔走する喜劇の物語。

以下、最終話および番外編までのネタバレあり感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】ヤンデレ至上主義の悪役令嬢はハッピーヤンデレカップルを慈しみたい! /染井由乃

悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる  /稲井田そう


悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2020年7月刊。
破滅回避を目指す悪役令嬢が、知らないうちにヤンデレハーレムを築いてしまうド修羅場ラブコメです。
攻略対象の様子は異常だけど、攻略対象以外の様子も異常というか。異常者じゃない方が少数派では??
普通に暮らしているだけで周囲の心を捻じ曲げていく主人公が恐ろしいです。一番恐怖を感じているのは彼女なんだけども。
破滅回避どころか地獄が形成されていく様を、ふふっと笑える楽しい語り口で描く作品でした。とにかく地の文が面白すぎる。
1巻時点の推しは婚約者かな。普通の少年が徐々に心を病んで壊れていく様子がとても丁寧に描かれていて、性癖のピタリ一致を感じました。続きも読んでいきます。

☆あらすじ☆
十歳の誕生日、前世を思い出した悪役令嬢ミスティアは、乙女ゲーム『きゅんきゅんらぶすくーる』の世界で――無意識に次々とキャラクターをヤンデレ化!?
破滅エンドを導く“ヒロイン”と恋敵にならないため、彼女は「王子様系同級生」との婚約解消に奔走開始! ……するはずが、超お人好しな性格のせいで逆に好感度アップ!? 「享楽主義の貴族」、「純情ヤクザ教師」などのトラウマも解消してしまい、彼らに歪んだ愛情を抱かれてしまう。さらにゲームで見た覚えのない専属侍女もいて――
すべてが異常だらけのなか、ヒロインと出会う貴族学園入学までにシナリオ改変できるのか?
勘違いの錯綜でドキドキがとまらないっ!
気付かない間に地獄絵図のサスペンス学園ラブコメディー

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる  /稲井田そう

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 /染井由乃


傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年8月刊。
泥沼ヤンデレ三角関係という濃い内容のラブロマンスですが、下巻は更にパワーアップして濃厚でした。
選ばれなかったヤンデレは恐ろしく、選ばれたヤンデレも本当に大丈夫か?と不安になり。
でもこういう作品って、その不安定な関係性こそが楽しいもの。
本作もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
溺愛×監禁。身を焦がす執着愛のたどり着く先は――。
元婚約者である王太子によって塔に監禁されたレイラ。彼女の心には、喧嘩別れになってしまった最愛の魔術師の事が残り続けていた。複雑に絡み合う、歪な執愛の末に公爵令嬢がたどり着いた恋の結末とは――?

以下、ネタバレありの感想です。WEB版の後日談にも触れるのご注意を。

続きを読む 傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 /染井由乃

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上 /染井由乃


傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
性癖で殴る系のドロ沼ヤンデレ三角関係もの。
女性向けラノベ界隈を見渡しても、なかなかのディープ路線じゃないだろうか。
病みっぷりがやばいぞと薦められて読んだのだけど、正直こういうの好きだよ・・・・・・

そんな本作は、電撃文庫が宣伝する「電撃の新文芸」から出ている作品です。どうしたの電撃??

右を向いても左を向いてもヤンデレがスタンバイしてる薄幸公爵令嬢の物語。
展開も地獄みが深いです。そういうの好きな人はめっちゃ楽しいと思う!

☆あらすじ☆
溺愛×監禁。婚約破棄の末に逃げだした公爵令嬢が囚われた歪な愛とは――。
事故による2年もの昏睡から目覚めたその日、レイラは王太子との婚約が破棄された事を知った。彼はすでにレイラの妹のローゼと婚約し、彼女は御子まで身籠もっているという。全てを犠牲にし、厳しい令嬢教育に耐えてきた日々は何だったのか。たまらず公爵家を逃げ出したレイラを待っていたのは、伝説の魔術師からの求婚。そして婚約破棄したはずの王太子からの執愛で――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上 /染井由乃