「モーテ」タグアーカイブ

モーテ3 夢の狭間で泣く天使

『モーテ 夢の狭間で泣く天使』(縹けいか著/MF文庫J)★★★★☆

モーテ ‐夢の狭間で泣く天使‐ (MF文庫J)
モーテ ‐夢の狭間で泣く天使‐ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
1巻から続いていた、大きな因縁に決着がつく第3巻。
それはそれとして、読み終えると表紙を見るだけで胸が詰まります。なんで・・・・・・こんな・・・・・・。

☆あらすじ☆
――俺は、アミヤをこの手で殺したい
モーテを発症し、荒んでいくアミヤを見かねたダンテはグラティアを脱走する。起こるはずもない奇蹟を信じる彼らだったが、自殺衝動を止められず苦しむアミヤは言った――ダンテに殺してほしい、と。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モーテ3 夢の狭間で泣く天使

モーテ2 死を謳う楽園の子

『モーテ 死を謳う楽園の子』(縹けいか著/MF文庫J)★★★★☆

モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)
モーテ ―死を謳う楽園の子― (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
モーテ1 水葬の少女 | 晴れたら読書を

まさか続きは出るとは思わなかった「モーテ」の第2巻。1巻の登場人物達もがっつり出ていますが、おそらくこれから読んでも問題なく楽しめると思います(でも1巻も完成度高くて素晴らしいのでぜひ読んで欲しい)
10代の少年少女を自殺に追いやる謎の奇病「モーテ」。そんな恐ろしい病を前に、人はどう生きてどう死ぬのか・・・・・・今回も色々と考えさせられるところの多い作品となっていました。素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
遺伝子の罠――数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。小説家志望の青年・ダンテは、モーテを患う子らを収容するホテル・グラティアでアルバイトとして働くことになる。どんなに不穏で陰湿な場所かと不安を感じていたが、そこで出逢ったのは天真爛漫な少女・アミヤだった。グラティアで暮らすモーテの子らは皆前向きで、死を予感させるようなこともなく、平穏な日々を送っていた。しかし、安寧の日々は一瞬にして崩れ去る――ある少女の自殺によって。しかもその自殺には不審な点が多く、ダンテは真相を追及し始める。果たしてそれはモーテによる症状か、陰惨な他殺か、それとも……? モーテの子らが望む“命の使い道”とは――?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む モーテ2 死を謳う楽園の子

モーテ1 水葬の少女

『モーテ 水葬の少女』(縹けいか著/MF文庫J)★★★★☆

モーテ ―水葬の少女― (MF文庫J)
モーテ ―水葬の少女― (MF文庫J)

罹患した少年少女が自殺する謎の奇病モーテ。少年少女を集める謎の施設ドケオー。ミステリアスな雰囲気を持つ美しい少女と彼女の傍にいる気味の悪い男。
冒頭はあまりの謎の多さにどういう物語になっていくのか分からず、とても戸惑いました。全ての事実を知って思い返せば、あらすじと口絵に騙された気分です。
ミステリーとかサスペンスなのかな?と思う前半から一転し、視点の切り替わる中盤以降は純愛物語。悲恋か?悲恋なのか?と重苦しい気分にさせつつ、謎を明かしながら物語は進んでいきます。読むのにとても疲れました・・・・・・。
でも読んで良かったです。主人公たちのラストにホッとする、とても綺麗な物語に出会えたことに満足しました。

☆あらすじ☆
遺伝子の罠―数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。秘密と不穏に満ちた孤児施設・ドケオーに送られた少年・サーシャは、大人への憎しみを抱き、孤独に生活していた。そんな彼の前に、マノンという美しい少女が現れる。マノンとの仲が近づくにつれ、彼女の相談役・フォスターである気味の悪い男・ドゥドゥが、マノンを傷つけているのではないかと疑問を抱く。サーシャはマノンを助けるために、大きな決断をする。しかし、その裏には驚くべき事実が隠されていた。誰もが望まない、約束された自殺へと誘う「モーテ」が、孤児施設と彼らの背景に横たわっていて…。
絶望的に純粋な“絆”の物語―この世界に、奇跡は存在しますか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モーテ1 水葬の少女