「ミステリー」タグアーカイブ

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(2)カンパネルラの恋路の果てに (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
椅子を愛して人類を憎む変人オーナーと、霊感持ちバイト女子高生。
そんな二人が、椅子にまつわる幽霊騒動に巻き込まれるホラー・ミステリー第2弾。
相変わらず怖かった・・・!ぶるぶる震えるような怖さじゃなくて、ぞわっと瞬間的に鳥肌が立つ感じ!
でも面白いです。1巻に続き、椅子薀蓄と謎解きに読み応えがある作品です。
そしてヴィクトールと杏の関係が本当に楽しい。
糸森環印のヒーロー、「気にするのそこ!?」っていうズレたヤキモチが可愛すぎてときめくんですよね。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏はアンティーク椅子工房「TSUKURA」でバイトを続けている。極悪人顔揃いの職人たちは相変わらずみんな心優しく親切だし、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールからは人類扱いされず、時に楽しく椅子談義が弾んだりもする。アレさえ出なければ本当に良い職場なのだ。ところが、ある二つの椅子が工房へ持ち込まれて以来、杏はたびたび恐ろしい目に遭うようになってしまい……?
バイト継続の危機勃発、ふんわりオカルティック・ラブ第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環

薬屋のひとりごと9 /日向夏


薬屋のひとりごと9 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
前巻ラストのあの衝撃から続く第9巻。
そして今回もまた最後の最後に衝撃が走り・・・・・・めちゃめちゃびっくりした・・・!

☆あらすじ☆
シリーズ累計600万部! 待望の最新刊では二人の「その後」が明らかに! 猫猫と壬氏が船旅に?
壬氏の一世一代の行動の結果、とんでもない秘密を共有することとなってしまった猫猫。
折しも後宮は年末年始の休暇に入る時期。
実家に帰りたくない姚は、猫猫の家に泊まりたいと言い出した。
とはいえお嬢様を花街に連れていくわけにもいかず、姚と燕燕は紹介された羅半の家に泊まることになる。
一方、口外できない怪我を負った壬氏のために、猫猫は秘密裏に壬氏のもとに通わなくてはならなかった。
できる範囲で治療を施していくが、医官付き官女という曖昧な立場に悩まされる。
壬氏が今後さらに怪我を負わないとも限らないが、医官にはなれない猫猫は医術を学ぶことはできない。
そこで、羅門に医術の教えを乞おうと決めるのだが――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬屋のひとりごと9 /日向夏

結婚初夜のデスループ 〜脳筋令嬢は何度死んでもめげません〜 /焦田シューマイ


結婚初夜のデスループ~脳筋令嬢は何度死んでもめげません~ (Mノベルスf)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
面白かったー!

結婚初夜、謎の男に殺されてしまった主人公。
そうして始まるのは、結婚初夜の数時間を何度も繰り返し、何度も殺されるというデスループ。

犯人は誰なのか。このループは何なのか。
そして主人公は「犯人絶対泣かす!」の目標をやり遂げ、このループから脱出することができるのか。

猪突猛進脳筋ヒロイン良し、アクション良し、サスペンス良し、ラブコメ良し。
そして予想以上にタイムループ・ミステリーとして面白い作品でした。

たった数時間を延々と繰り返すのに、どんどん話は進んでいくし、これは構成が上手いと思う。
気風の良い主人公の語り口も楽しくて何度も笑いました。この主人公とても好き!

少し消化不良な部分もあるのだけど、そこらへんは続刊が出ることに期待しつつ。

☆あらすじ☆
武人一族の令嬢カトレアは、お金持ちのイケメン公爵様との幸せな結婚から一転、初夜に何者かに殺されてしまう。だが、死んだはずの彼女が目を覚ますと、何故か場面は寝室に向かう直前に巻き戻っていて…!?幾度となく訪れる最悪な死のループから抜け出せ!
小説家になろう発、大人気のサスペンス×ラブファンタジー作品が堂々登場!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 結婚初夜のデスループ 〜脳筋令嬢は何度死んでもめげません〜 /焦田シューマイ

異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵


異人館画廊 透明な絵と堕天使の誘惑 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
人を狂わせる図像術を用いた絵画。
現代では失われた技術を研究する少女と、彼女を見守る画商の青年。
微妙な距離感にある二人と、様々な技能を持つ仲間たちが、図像術にまつわる謎に挑む絵画ミステリー第6弾。
なにげに2年ぶりの新刊です。
待ちに待ったシリーズ。ようやく色々と動きが――!

☆あらすじ☆
千景のもとに「―もうすぐ僕は、絵を完成させる。見た人を不幸にする絵だ…」と脅迫めいた手紙が届いた。消えた図像術の研究者、有名な心霊スポット「切山荘」、四つの絵…点と点が線となり、やがて千景の過去へと繋がっていく。誘われるように、自らの失った記憶に向き合おうとする千景を透磨は案じ、守ろうと二人の距離は近づいて―?
待望の第六弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵

一乗寺探偵事務所の広辞くんと千世子さん /山咲黒


一乗寺探偵事務所の広辞くんと千世子さん (メゾン文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
ビーズログ文庫で活躍されている山咲黒さんのライト文芸作品。
とても面白かったです。
広辞苑を諳んじる探偵夫と、事務や家事で彼をサポートする愛妻。
探偵事務所に持ち込まれる様々な謎に挑みつつ、物語は仲良し夫婦に隠された秘密に迫っていくのです。
二度読み必至とはまさにこれ。
最初はキュンとしたセリフが、二度目にはガ・・・ッと心臓を掴まれる気分に。なんだこの夫婦ー!

☆あらすじ☆
浮気調査に人捜し、その他どんな不思議な依頼でも承り中の一乗寺探偵事務所。所長不在の中でも、依頼解決のために仲良し夫婦が奮闘中! コミュニケーションには難ありだけど、膨大な知識を生かして調査員として活躍する広辞くんと、ご飯をこよなく愛する千世子さん。最高のパートナー同士のはずが、なにやら広辞くんには隠し事がある様子。時を同じくして、頻繁に掛かってくるようになった間違い電話。それらに隠された真実とは……!? 日常系ミステリ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 一乗寺探偵事務所の広辞くんと千世子さん /山咲黒

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録1 欺けるダンテスカの恋 /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(1)欺けるダンテスカの恋 (ウィングス・ノヴェル)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年4月刊。
霊感の強い女子高生と、椅子を偏愛する変人オーナー。
そんな二人が巻き込まれていく、椅子とポルターガイストと嘘と愛憎の物語です。
糸森さん、こういうホラーテイストの作品もいけるんですね。意外に怖くてドキドキした・・・!
椅子に関わる奇妙な心霊現象の真相も、そのなかで語られる様々な椅子の薀蓄も、とても面白かったです。
情緒不安定な変人に振り回されるJK主人公も可愛くて良かった。
ナンバリングが振ってあるので続きますよね?楽しみです。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏は呼ばれるように入ったアンティーク椅子工房「TSUKURA」で霊を祓い、請われてバイトを始めることになった。たまのアレさえ出なければ良い職場で、極悪人顔揃いの職人たちはみんな心優しく親切だ。そして店のオーナーの、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールに、杏は不意にときめいたりもしている。そんな時、杏がある椅子に座ってから店にはポルターガイストが頻発するようになり……?
椅子談義も楽しい、ふんわりオカルト&ほんのりラブ開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録1 欺けるダンテスカの恋 /糸森環

medium 霊媒探偵 城塚翡翠 /相沢沙胡


medium 霊媒探偵城塚翡翠【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
美しい霊媒と推理作家の青年が、様々な殺人事件の謎を解き明かす連作ミステリー。
証拠能力皆無のオカルトパワーで弾きだされた犯人を、誰もが納得できるよう論理的に追い詰めることができるのか。
黒い帯に金の文字で「すべてが、伏線。」と書かれたシンプルな帯に惹かれて買ってみたのだけど、なるほど確かにその通りでした。
特に最終話の面白さがピカイチだと思います。

☆あらすじ☆
「死者の提示する謎を、先生が解き明かしてください――」
推理作家として難事件を解決してきた香月史郎【こうげつしろう】は、心に傷を負った女性、城塚翡翠【じょうづかひすい】と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた――。

以下、ネタバレありの感想です。
本作は特にネタバレ要注意作品です。未読の方は踏まないように気をつけてくださいね。

続きを読む medium 霊媒探偵 城塚翡翠 /相沢沙胡

神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す /真楠ヨウ


神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
不本意にも女装が似合う可憐な少年料理人が、ひょんなことから公主の厨房を任されることになり、彼女の様々な無茶振りに振り回され後宮内で起こる問題に挑んでいく―― という中華後宮もの。
とにかく元気がいい主人公が魅力的な作品でした。
美味しい料理をつくり出す繊細な味覚を持つわりに、色々と感性が雑なところも好き。
比類なき美しさを持つ豪快甘党公主とのコンビも良かった。最初から最後まで賑やかで楽しかったです。

☆あらすじ☆
公主の菓子担当は可憐なイケメン!? 女装厨師、後宮の暗殺計画を曝く!
とある依頼を受け女装で後宮へ侵入していた天矢は、甘い物に目がない公主に半ば恐喝され、お菓子担当の厨師として雇われる。 開口笑(ドーナツ)、杏仁豆腐、数々の菜を頬張る姫君を横目に、後宮の闇を曝けるか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す /真楠ヨウ

誰も死なないミステリーを君に2 /井上悠宇


誰も死なないミステリーを君に 2 (ハヤカワ文庫JA)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
死の予兆から謎を推理し、誰も死なせないために奔走する男女二人を描く青春ミステリー第2弾。
今回も面白かったです。
横溝正史オマージュが多く、遺産相続と「神隠し」を巡る骨肉の争いにワクワクしてしまいました笑

☆あらすじ☆
人が死ぬ予兆がみえてしまう志緒のため、僕は、その死を防いできた。高校生の時から大学生になった今も――
志緒の友人、獅加観飛鳥に“死線”が現われた。幼少期に故郷で“鬼”に追われて神隠しにあった経験を持つという飛鳥には、いまの莫大な財産の相続話が。そして獅加観家の一族――言動不可解な芸術家、軽薄な私立探偵、狐面をかぶる医者にも死線が……僕は死を止めるため、策略を発動する。優しい嘘をつきながら…。
青春ミステリ・シリーズ第2作"サトシオ"、悪魔的な華麗なる一族に挑む!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 誰も死なないミステリーを君に2 /井上悠宇

誰も死なないミステリーを君に /井上悠宇


誰も死なないミステリーを君に (ハヤカワ文庫JA)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年2月刊。
「回避可能な死の未来が見える」という不思議な能力を足がかりにして、誰も死なないように奔走する男女を描いた青春ミステリー。
「死」という結果を防ぐために仕掛けられる逆転のアプローチが面白い作品でした。“安全なクローズド・サークル”とかね。
誰も死なせない。誰も殺させない。そうすれば、きっと全てを救うことができるはず。
そんな、主役コンビの徹底した優しさがとても好きです。ふたりを繋ぐ信頼の絆も素敵だった。
2巻もすぐに読みたいと思います。

☆あらすじ☆
自殺、他殺、事故死など、寿命以外の“死”が見える志緒。彼女が悲しまぬよう、そんな死を回避させるのが僕の役目だった。
ある日、志緒は秀桜高校文芸部の卒業生4人に同時に“死”の予兆を見た。“そして誰もいなくならない”ため、僕は4人を無人島に招待、安全なクローズド・サークルをつくった。だが、そこに高校時代の墜死事件が影を投げかけ、一人、また一人と―
これは、二人にしかできない優しい世界の救い方。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 誰も死なないミステリーを君に /井上悠宇