「マージナル・オペレーション」タグアーカイブ

マージナル・オペレーション5

『マージナル・オペレーション05』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★★

マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 05 (星海社FICTIONS)

最終巻にふさわしい盛り上がりと面白さでした!
攻め込まれ、追い込まれ、マージナル(ギリギリ)なオペレーションを繰り返すアラタ。
冒頭からして鳥肌が立ちました。
そして子供たちの成長もみられ、アラタとジブリールの関係も・・・・・・。
現代(といっても少し未来か?)の戦争を描くシリーズでしたが、その本質はファンタジー。ファンタジーな世界の中で、どこか他人事のように自分を見ていたアラタが生きて悩んで苦しむ姿に目が離せなくなり、彼が常に抱き続ける疑問に一緒に頭を悩ませる物語でした。

☆あらすじ☆
アラタたちの活躍により、人民解放軍は打撃を受けた。しかし、大国としての誇りを背に、中国はミャンマー侵攻作戦を継続する…。時を同じくして、スポンサーである西側諸国から切り離されるアラタたち。さらに、ミャンマー軍すらも中国側に寝返ってしまう。そして、その四面楚歌の状況の中、国境をこえて怒涛のごとく押し寄せる人民解放軍。敵は一四万人、味方は三〇〇〇人。この劣勢な局面で、新田良太の作戦指揮が暁を呼ぶ―。
芝村裕吏が贈る英雄譚、ついにクライマックス!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む マージナル・オペレーション5

マージナル・オペレーション4

『マージナル・オペレーション04』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★☆

マージナル・オペレーション 04 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 04 (星海社FICTIONS)

さらに所帯が大きくなったアラタの民間軍事会社。
今回はミャンマー軍と人民解放軍との争いに首を突っ込むことになるのですが、その一方でアラタとジブリールの関係にも動きがあったり。色々と意味深な人物が増えたりもして、次巻(最終巻)の準備回という印象を受ける話でした。

☆あらすじ☆
敵は、人民解放軍──。西側諸国からの要請を受け、キャンプ・ハキムを根拠地に2000人の少年少女兵を率いる“子供使い”こと新田良太は、ミャンマー北部の国境地帯に位置する村々を怒濤の勢いで攻略していく。
それに対し、ついに中国は正規軍である人民解放軍を投入する。無人偵察機や攻撃ヘリなどの近代兵器を惜しげもなく繰り出す敵に対し、アラタは的確なオペレーションで大打撃を与えていくのだが……。
守護天使・ジブリールとの関係にも新たな季節が訪れる、熱誠の第4弾──!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む マージナル・オペレーション4

マージナル・オペレーション3

『マージナル・オペレーション03』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★★

マージナル・オペレーション 03 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 03 (星海社FICTIONS)

重かったぁー・・・。
アラタ試練の回ともいうべき第3巻。前巻の予告からして不穏な空気を出していたので覚悟してはいたものの、この容赦なさは・・・・・・
暗い話でしたが、ジブリールは可愛かったです。救いだ。癒やしだ。
アラタは自分の進む道に苦い思いを抱えながら、それでも揺らがずに真っ直ぐに進もうとする姿は本当に格好いいです。

☆あらすじ☆
新宿を恐慌に陥れた戦いの後、アラタたち一行は日本を出国し、タイへと降り立った。その地でアラタを待っていたのは、“子供使い”の悪しき影響で横行する少年兵を使ったビジネスと、“あの男”との思わぬ形での再会だった。再び、ファンタジーで現実を壊すべく、戦いに身を投じるアラタだったが、僅かな油断が、子供たち―そして、彼を愛した女の命を窮地に陥れてしまう…。
熱帯の戦場に血飛沫が舞う、緊迫の第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マージナル・オペレーション3

マージナル・オペレーション2

『マージナル・オペレーション02』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★☆

マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 02 (星海社FICTIONS)

軍事的才能に目覚めた元ニート・アラタの次なるオペレーションの舞台は日本。
1巻から1年もの間傭兵稼業を続け、「子供使い」という異名を持つに至ったアラタですが、実質は子供に振り回されています。なんだか前巻よりも少し人間らしくなったような。たくさんの子供を愛するお父さんなアラタと、その子供を死地に送り込むオペレーターとしてのアラタの矛盾がとても苦しそうでした。
その子供も思春期ですし。大変だ。でもそんな思春期地雷娘のジブリールも可愛かったです。

☆あらすじ☆
中央アジアでの戦いを経て、一年ぶりに日本に降り立ったアラタと2ダースの“子供たち”。彼らを待ち受けていたのは、空港での通り魔事件と、日本の国家組織を名乗る謎の女性“イトウさん”だった―。通り魔事件、イトウさん、新興宗教、そしてかつての上司と同僚…全てが結びついたその時、アラタは東京の市街での作戦遂行を決意する―。
『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が奏でる“現代の神話”、堂々の第二楽章開幕。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マージナル・オペレーション2

マージナル・オペレーション1

『マージナル・オペレーション01』(芝村裕吏著/星海社FICTIONS)★★★★☆

マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション 01 (星海社FICTIONS)

無職の30代日本人男性が外資の民間軍事会社に就職したらオペレーターとしての才能が開花した、という話。主人公の一人称視点で、ドライで事務的な報告をされているかのように話が進んでいきます。悲惨な現実と熱のない主人公の視点のギャップが不気味でした。そして、そこになぜか惹き込まれてしまい、一体これからどうなるのかとページを繰る手が止まらず一気に読みました。面白かったです。

☆あらすじ☆
三〇歳のニート、アラタが選んだ新しい仕事、それは民間軍事会社―つまり、傭兵だった。住み慣れたTOKYOを遠く離れた中央アジアの地で、秘められていた軍事的才能を開花させていくアラタ。しかし、点数稼ぎを優先させた判断で、ひとつの村を滅ぼしてしまう。モニターの向こう側で生身の人間が血を流す本物の戦場で、傷を乗り越えたアラタが下した決断とは―?
『ガンパレード・マーチ』の芝村裕吏が贈る、新たな戦いの歴史が、今はじまる。

以下、ネタバレ有りの感想です。

続きを読む マージナル・オペレーション1