「ボーイ・ミーツ・ガール」タグアーカイブ

鳴かぬ緋鳥の恋唄 /雨咲はな


鳴かぬ緋鳥の恋唄 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2021年2月刊。
すっごく良かった…!
舞台となるのは戦国の世。
島に流れついた少女と島の頭領である青年の出会いから始まる恋の物語です。
声も記憶も失くし、何ひとつ持たない寄る辺なき少女。
若くして頭領として立つために気を張り続ける青年。
それぞれが辛い重荷を抱えながらも、少しずつ歩み寄り、恐る恐る互いの心に触れていく。その焦ったくも甘酸っぱい関係性の変化にときめく物語でした。
そっと優しく琴線に触れるような筆致がとても心地良かった。
どうも続きものみたいなので2巻の刊行が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
過去を失った少女が、自らの居場所を見つける戦国恋物語。
戦国の世、とある島に一人の少女が流れ着いた。声と記憶を失くした彼女は島の頭領・千早に「ひな」という名を与えられ、しばし島で暮らすことに。ひなは千早にこれ以上迷惑をかけまいと自立しようとするのだが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鳴かぬ緋鳥の恋唄 /雨咲はな

【WEB小説感想】暗黒騎士斉藤くんの業務レポート /佐々木匙


暗黒騎士斉藤くんの業務レポート(カクヨム)

『夜猫ジュブナイル』に続いて、こちらもオススメされたので読みました!面白かった!!

心に負荷がかかった結果として発症するストレス性変異脳症。
その『病者(ペイシェント)』となった人は、通常ではありえない異能を持ってしまう。

辛い現実のなかで心を潰され、現代社会で生きるには厄介な異能を抱えた「病者」たち。
彼らをサポートし、時にトラブルに対応するのもまた「病者」であり、本作はそんな「病者」たちが集う「トカノ特殊業務社」の日常を描いていきます。

もうね、優しいんですよ、このお話・・・!

自身も弱さを抱えた人たちが、他人の弱さに寄り添う。
自分も苦しんでいるから、相手の苦しみが理解できる。
理解できるから、助けてあげたいと必死で手をのばす。

その姿はヒーローのように強く優しくて、その背景にある傷に切なくなって、ただただ胸がいっぱいになりました。

「暗黒騎士」の青年と、彼の「侍女」になった少女の関係性もすごく良かった。
長年連れ添った主従のような距離感で、ゼロから絆を育てていくふたり。
現実と空想を頻繁にスイッチする描写がとても可愛らしくてキュンとしたし、やっぱり切なくなって無性に泣きたくなりました。

いや〜〜〜、本当によかった。すこしふしぎ青春小説が好きな人は絶対に読むべきです。
課金したいから書籍化してほしい。『夜猫ジュブナイル』もね!

☆あらすじ☆
家出をして地方都市・瑞野を訪れた少女は、突然の危機を自称・暗黒騎士ナイトヴァルザーブレードと名乗る青年に救われる。彼女は成り行きでリーゼロッテと名付けられ、どう見ても普通の日本人なその青年の職場である零細便利屋・トカノ特殊業務社で働くことに。少しおかしな従業員たちと送る、日常九割、戦闘一割の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】暗黒騎士斉藤くんの業務レポート /佐々木匙

楽園ノイズ /杉井光


楽園ノイズ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
面白かった!
見失ってしまった音楽を取り戻していく、少年少女の青春ストーリー。
感傷的な心情描写と、鮮やかな音楽描写のミックスが最高。
ヒロインたちと主人公の軽快な掛け合いも楽しかったです。
自分が門外漢すぎて音楽ネタや用語を理解するのが若干難しかったんだけど、色々ググったりと杉井先生のブログを読んで補足していくのも面白かった。YouTubeは本当に便利だよなぁ。
1冊で綺麗にまとまっていてとても満足。もしもシリーズ化するなら読みたいです。

☆あらすじ☆
それでも音楽はまだ鳴り続けている気がした——あの日のあの場所で。
出来心で女装して演奏動画をネットにあげた僕は、謎の女子高生(男だけど)ネットミュージシャンとして一躍有名になってしまう。顔は出してないから大丈夫、と思いきや、高校の音楽教師・華園美沙緒先生に正体がバレてしまい、弱みを握られてこき使われる羽目になる。
無味無臭だったはずの僕の高校生活は、華園先生を通じて巡り逢う三人の少女たち——ひねた天才ピアニストの凛子、華道お姫様ドラマーの詩月、不登校座敷童ヴォーカリストの朱音——によって騒がしく悩ましく彩られていく。
恋と青春とバンドに明け暮れる、ボーイ・ミーツ・ガールズ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 楽園ノイズ /杉井光

雲神様の箱 /円堂豆子


雲神様の箱 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
面白かった!
古代日本を舞台にしたファンタジーというと『勾玉三部作』や『銀の海 金の大地』を思い出す私ですが、それらの作品と並べて語りたくなる魅力的な古代ファンタジーだと思います。

朝廷から生命を狙われる、聡明で可能性に満ちた若き王。
災いの子として忌まれ育った、神秘の一族の孤独な少女。
二人の出会いは、古代世界を揺るがす壮大な物語へと変貌していくことでしょう。そんな予感に高揚する第1巻でした。

だがしかし、面白いけど怖い話だとも思う。
この男を信じてもいいの?と何度も自問する主人公の姿に不安が煽られるんですよね。
悪い男に騙されてる女にしか見えないよ〜〜〜怖いよ〜〜〜その男について行った先に待つ未来が怖いよう!

続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
異能の少女と若き王の反逆の旅路——壮大な古代日本ファンタジー誕生!
薬毒に長け、どの地の支配も受けず霊山を移り住む古の民、土雲の一族。一族の少女・セイレンはある日、『山をおり、雄日子(おひこ)という若王の守り人となれ』と里を追い出される。双子の妹という出自ゆえ「災いの子」とされてきた彼女は、本来求められた姉媛(あねひめ)の身代わりにされたのだ。
怒りと孤独を抱え里を飛び出したセイレン。しかし、類い稀な技を持つ彼女と、大王への叛逆を目論む雄日子の予期せぬ邂逅は、倭国の歴史を大きく変える運命の出会いとなるのだった……!
第4回カクヨムWeb小説コンテスト、キャラクター文芸部門特別賞受賞!
古代日本の美しい風景、豪族たちの渦巻く野望、そして『土雲の一族』というファンタジー要素が融合し、胸躍る壮大な物語が誕生したーー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 雲神様の箱 /円堂豆子

いつか仮面を脱ぐ為に 嗤う鬼神と夢見る奴隷 /榊一郎


いつか仮面を脱ぐ為に ~嗤う鬼神と夢見る奴隷~ (角川スニーカー文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
「昏い眼をした奴隷のエルフ少女を引き取って、いちゃいちゃする話」が流行ってるから乗ってみよう、という感じで企画がスタートしたらしい榊一郎さんの新作(あとがき談)
私が大好きなシリーズにもそういう話があるけど(つい最近新刊の感想記事を書いたばかり)、あの設定って流行ってるのか。
というわけで、そういう設定のお話です。
でもラブコメの方はあまりピンと来なかったかな。ちょっと私の好みからは外れてました。
どちらかと言えば、巨大武者ロボの躍動感あるアクションと予想外にエグい設定が印象に残る作品でした。

☆あらすじ☆
戦場で出会う二人が互いに被る『仮面』越しに始める、不器用な恋の物語。
《鬼神》レオ・アラモゴードは王国を護る最強の戦士。いつもの如く敵を殲滅するはずが、彼は敵国の特攻奴隷に一目惚れしてしまい——戦場で出会う二人が互いに被る『仮面』越しに始める、不器用な恋の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いつか仮面を脱ぐ為に 嗤う鬼神と夢見る奴隷 /榊一郎