「フライ」タグアーカイブ

キミの忘れかたを教えて2 /あまさきみりと

キミの忘れかたを教えて2 (角川スニーカー文庫)
キミの忘れかたを教えて2 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年3月刊。
読書メーター運営事務局様よりご恵投いただきました。
青春に未練を残した大人達の恋愛を描くシリーズ第2弾。
1巻の結末からどう続くのかとハラハラして読んだのだけど、今回のメインは修と鞘音が関わることになる、ある一人の女性の恋のお話。
臆病で、ズルくて、踏み出せない。そうして勝負の土俵に立つことすらできず、密かに拗れてしまった恋心をどうすればいいのか。
彼女が辿り着いた答えはとても不器用だったけれど、その先を見守りたくなる親しみを感じました。むしろ共感が半端なくて突き刺さる・・・・・・

☆あらすじ☆
感動の声多数。WEBで話題となった大人の青春物語、第二弾。
好きな人と永遠に結ばれる。そんな迷信が噂されるスノーランタンフェスに参加することになった修たち。フェスを企画してくれた三雲さんは過去、その迷信に想いを寄せた一人で……。 奏でる音楽が再び奇跡を起こし、様々な気持ちを紡ぐ――。
『かつて、才能を持った幼馴染の女の子から無様に逃げ出した経験を持つ主人公の境遇が、凡人として他人事に思えず惹き込まれました。――星野流人(ほしの)(読書メーター)』『どんな形であっても本当に無意味な時間はなく、未来は分からなくても儚い優しさが詰まった読後感は素敵。――みかこ(読書メーター)』
1巻発売後も多くの感動の声。大人の青春物語、第二巻。
電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『エミ姉の部屋にお泊りする男』を特別収録!

あらすじに名前が載った・・・!
以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミの忘れかたを教えて2 /あまさきみりと

キミの忘れかたを教えて/あまさきみりと

キミの忘れかたを教えて (角川スニーカー文庫)
キミの忘れかたを教えて (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
田舎町を舞台に、余命宣告された青年が逃げ出した青春をやり直す物語。
主人公が抱える劣等感と自己嫌悪があまりにも痛々しく、かつ生々しく描かれていて、思わず彼に感情移入して辛くなってしまいました。
それでいて負の感情を生み出していたはずの幼馴染みとの関係は切ないほどに純粋。
音楽によって絶たれた関係が、音楽によって再び繋がっていく姿はどこか切なくて・・・・・・
個人的に病気モノは苦手なのだけど、読んでよかったです。幸福な気持ちが、心に儚く残るような読後感も素敵でした。

☆あらすじ☆
俺はもう死にゆく身、なのにお前はそれを許さない――青春感動巨編、開幕!
「残された余命は半年――、俺はこのまま死ぬつもりだった」
 大学を中退してニートとなり、生きる価値がないと感じていた松本修は、昔からの悪友・トミさんの誘いで母校の中学校を訪れる。そこには芸能人となってしまった因縁の幼馴染み・桐山鞘音がいて……。この出会いが再び修の運命を突き動かす。
『天才ゆえの孤独を抱えたヒロイン、凡才ゆえに苦悩する主人公。二人のすれ違いと、遠回りな青春に引き込まれました』
『逃げて逃げて、逃げ続けたクズに残った一つの約束。胸が熱くなりました』発売前から感動の声多数。掴めなかったチャンス、一度何かを諦めてしまった人に贈る、大人の青春物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミの忘れかたを教えて/あまさきみりと

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet!! 1/九曜

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 1 (ファミ通文庫)
佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 1 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
第1回カクヨムWEB小説大賞恋愛ラブコメ部門「特別賞」受賞作。
一人暮らしを予定していた高校生の男女が、不動産屋のミスをきっかけに同居生活を始めることになるという学園ラブコメ。
このヒロイン、素晴らしい小悪魔女子です。ぐいぐい攻める。ぐいぐい押してく。
そんな彼女のあざとい攻撃をゆらりゆらりとかわすクールな主人公。ただし不意打ちに弱すぎるw
色々と引っかかる部分もあるのだけど、二人のジレ甘な距離感を堪能できる作品でした。
エロカワな佐伯さんがめっちゃ可愛かったので、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
ちょっとHな女の子と同棲してみませんか?
高校二年生の春、ひとり暮らしを始めるはずだった僕こと弓月恭嗣は、何の冗談か不動産屋の手違いで、ひとつ年下の佐伯貴理華さんなる女の子と同居するはめになってしまった。やたらと距離を縮めてきたがる彼女に、ささやかな抵抗を続ける僕だったが、なんと彼女も同じ高校! 学校でも家でも彼女に振り回される日々が始まって――。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、開幕です。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet!! 1/九曜

弱キャラ友崎くん Lv.3/屋久ユウキ

弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)
弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
陰キャラ高校生が人生を攻略する青春小説第3弾。
今回もとても面白かった!
表紙を飾った菊池さんが天使すぎて死ぬかと思ったし、やっぱりこの物語のラスボスは日南なんだなと再確認しました。

☆あらすじ☆
こんなの弱キャラの夏じゃねえ!
怒濤の一学期が終わり、夏休み。薄々特訓漬けになる気はしていたが、日南葵というリア充モンスターは俺の予想のはるか先をいっていた。
「まあ簡単に説明するとね、優鈴と中村をくっつけようって合宿なのよ」
BBQからの川遊びからの男女お泊まり。まあ、リア充を絵に描いたようなイベントだなと思う。問題はただひとつ。そこに俺も参加するということである。なにこの圧倒的違和感。男同士のトークも頑張れって日南の意図は分かるけど、中村となに話したらいいんだよ……。さらに、日南のスパルタは止まらない。
「この夏の目標は、『菊池さんと付き合うこと』ってところね」
いやいやいや、それもうほとんど最終目標だろ! 俺の夏休み、どうなっちゃうの!?バイト、合宿、デート……弱キャラにあるまじき、充実した夏が始まる!!
『このライトノベルがすごい!2017』で新作部門3位にランクインした超話題作、待望の続刊!! 弱キャラが挑む人生攻略論第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 弱キャラ友崎くん Lv.3/屋久ユウキ

弱キャラ友崎くん Lv.2/屋久ユウキ

弱キャラ友崎くん Lv.2 (ガガガ文庫)
弱キャラ友崎くん Lv.2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
面白かった!
弱キャラ男子高生が『人生』というゲームでレベルアップを目指す青春小説第2弾。
今回は生徒会選挙を通して、日南というヒロインがどれだけ強キャラなのかが浮き彫りになる物語で、その中で描かれる一筋縄ではいかない感情の渦はとても読み応えがありました。いいなぁ、これが青春だよなぁ・・・!

☆あらすじ☆
弱キャラの第2ステージは生徒会選挙!?
人生はクソゲー……ではないのかもしれない。少なくとも良ゲーであることは認めてもいい。学園のパーフェクトヒロインこと日南葵と付き合う(そういう意味ではない)ようになって、俺、友崎文也の価値観は根底からひっくり返されることになった。まあまだ神ゲーとは認めてないんだが、このゲームの最強プレイヤーである日南の指導のもと、レベルアップに励む日々だ。季節は初夏。生徒会選挙の時期。日南が会長に立候補するのは当然として……え、みみみも出るの!? みみみをサポートすることになった俺は、これまでの経験をもとに日南に挑むが――?
発売即重版の話題沸騰作!! ちょっぴりレベルアップした弱キャラが挑む人生攻略論第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 弱キャラ友崎くん Lv.2/屋久ユウキ

いつかの空、君との魔法2/藤宮カズキ

いつかの空、君との魔法II (角川スニーカー文庫)
いつかの空、君との魔法II (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
箒で空を飛ぶ少年少女の青春ファンタジー第2弾。
前巻のすれ違い幼なじみも素晴らしかったけれど、今回はそんな二人の姿を傍で見て心を痛めていた先輩がメインのお話。
誰かを好きな人のことを好きになる恋って、どうしてこうも切なくて、悲しくて、目が離せなくなるのでしょうか。
レイシャを好きにならずにいられない第2巻。今回もとても素敵な空と恋の物語でした。

☆あらすじ☆
ひとりじゃ飛べない空がある――空翔る青春ファンタジー、恋心揺れる第2幕
『カリム、好きだよ。大好き――』
〈青空のヘクセ〉として街を救い、急速に距離を縮めるカリムと揺月。ふたりを見つめるレイシャの心は揺れ、この恋を諦めようと決意する。
「告白なんて、出来るわけないよね」
――しかし人々を突然の眠りに誘う謎の精霊〈宿無し〉対策のため、レイシャはカリムとデートすることになり、さらには揺月の代役で〈ヘクセ〉として二人で飛ぶことに……?
少年少女の三角関係が描く、波乱の空模様。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いつかの空、君との魔法2/藤宮カズキ

幸せ二世帯同居計画 妖精さんのお話/五十嵐雄策

幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)
幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
「家族」に恵まれなかった少年少女が、一つ屋根の下で「家族」として絆を育てるハートフルストーリー。
主人公達の抱える事情は重くて暗いものだけど、そんな人生の中で掴んだ幸せを大切に抱きしめる彼らの姿に切なくも温かい気持ちになるお話でした。
こういう話、とても好きです。
奇をてらうことなくストレートな展開ではあるけれど、じんわりと優しさを伝えてくる感じに癒やされました。
あと、ヒロインと「妖精さん」の関係がすごく好み。深夜のお茶会、可愛いなぁ。

☆あらすじ☆
とある事情により家を失って公園でサバイバル生活を送っていた俺たち兄妹は、近所で発見した空き家にこっそり移住することに。でも実はそこには同級生の女の子がたった一人で生活していて!?「まさか…まさか、“妖精さん”!?」そしてなぜか“妖精さん”と勘違いされてしまった俺たちは、彼女から隠れたまま奇妙な同居生活を始めることになったんだ。やがて一緒に暮らすうちに、彼女が抱える悩みを知った俺は―。「“妖精さん”はいつでもお前の味方なんだよ!」五十嵐雄策が贈る、新しい“家族”のハートフルストーリー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幸せ二世帯同居計画 妖精さんのお話/五十嵐雄策

いつかの空、君との魔法/藤宮カズキ

いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)
いつかの空、君との魔法 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年9月刊。
第21回スニーカー大賞「優秀賞」受賞作。
とても面白かった!
現代的な雰囲気に魔法や精霊が存在するおとぎ話のような設定が絶妙に調和した世界観が魅力的。細部までとても凝っているので読んでいて楽しく、特に箒に乗って空を飛ぶ少年達が魅せる神秘的で美しい光景には目を奪われずにはいられませんでした。本当にすごく綺麗だった・・・・・・。
過去の失敗によってトラウマを抱える主人公が、長年すれ違ってきた大切な幼なじみと向き合っていく青春小説としても素晴らしかった本作。
これ、新人賞受賞作なんですよね。今後も大いに期待できそうな新人さんです。

☆あらすじ☆
「あの雲が、本当のことを全部隠してるんだ」
常に上空を覆う雲によって、空の青さを知らない世界。雲を払えるのは《ヘクセ》と呼ばれる魔法使いの少年少女だけ。並外れた飛行技術を持つ少年カリムは、幼馴染みで当代随一の《ヘクセ》揺月と再会する。しかし彼女はある病により、昔とはまるで別人で……?
「高く飛べない」少年と「空でしか生きられない」少女の邂逅が、世界の色を変えていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む いつかの空、君との魔法/藤宮カズキ

弱キャラ友崎くんLv.1/屋久ユウキ

弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)
弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
第10回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」受賞作。
人生はクソゲーだと考えてきた主人公が、パーフェクト美少女な同級生の本性を知り、彼女の指導を受けながら「本当に人生はクソゲーなのか」を確かめていく物語です。
コミュ力トレーニングのハウツー感満載で、思わず試したくなる小ネタがたくさん詰まっていて面白かったです。
そしてそれらを素直に実戦していく主人公の努力が好印象。彼の奮闘を今後も見守りたくなる作品でした。

☆あらすじ☆
これが人生(クソゲー)攻略の最前線!人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。だって、人生には美しくシンプルなルールがない。あるのは理不尽と不平等だけ。自由度が高いなんてのは強者の言い分で、弱者には圧倒的に不利な仕様でしかない。だから、クソゲー。あまたのゲームに触れ、それらを極めてきた日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。――だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、「人生は神ゲー」と言いきった。生まれついての強キャラ、学園のパーフェクトヒロインこと日南葵。しかも、「この人生(ゲーム)のルールを教えてあげる」だって? ……普通は、そんなの信じない。だけど日南葵は、普通なんて枠にはまったく嵌まらないやつだったんだ! 第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。弱キャラが挑む人生攻略論ただし美少女指南つき!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 弱キャラ友崎くんLv.1/屋久ユウキ