「ファンタジー」タグアーカイブ

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?11 /手島史詞


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?11 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年8月刊。
もぉ〜〜〜〜〜、魔奴愛だいすきっ!
あまりにもこの作品らしい展開の連続でめちゃめちゃ楽しかった第11巻。
ラブコメで糖分補給しつつもバトルは胸アツ。
愛妻家で臣下思いの「王」たるザガンの魅力も完璧。
世界観解明はのんびり進行で未だ多くが謎のままですが、じっくりと伏線が張られていくのでドキドキします。
続きも期待!

☆あらすじ☆
温泉の恩返しにリリスは、ザガンとネフィのデートを自らの能力で夢の中で行えばいいと提案をする。しかし想像力の低さゆえ結局いつも通りになり、ザガンは懊悩してしまう。そんな時訪ねてきたのは<魔王>ナベリウス。彼の依頼は消息不明の<魔王>を夢の中に捜しに行くことで――。大人気ファンタジーラブコメディ第11巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?11 /手島史詞

王女殿下はお怒りのようです4 交錯する記憶 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 4.交錯する記憶 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
ついに失われた「ドロッセルの記憶」に切り込む第4巻。
なんですが、なんか謎が謎を呼んだというか、なんだかよく分からないまま終わってしまった感。
ここから盛り上がっていくのでしょうか。続きが気になるので期待したいところです。

☆あらすじ☆
公爵家の圧政を断罪する!
屋敷を襲った謎の青年と黒い霧の関連を知るため、レティシエルはジークと王立図書館へ向かう。
秘書庫を訪れ、ついに黒い霧との関係がある力の正体に近づいたかと思った矢先、レティシエルは不可解なメッセージを発見し……?
なかなか答えにたどり着けない中、レティシエルの元に、公爵家の領地内で発生した暴動の報せが届く。
その中心がニコルの故郷近くと知ったレティシエルは、原因である公爵家の圧政を終わらせ、暴動を収束させるべく領地へ赴いた。
そこに現れたのは公爵家の長男・フリード。
黒い霧を操り、民草を道具と切り捨て蔑ろにするフリードを、王女殿下が断罪する――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです4 交錯する記憶 /八ツ橋皓

声を聞かせて1 精霊使いサリの消失 /河上朔


声を聞かせて(1) 精霊使いサリの消失 (ウィングス文庫)【Amazon】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
面白かった!
「能力入れ替わり」という異常事態に見舞われた男女バディ(険悪)を描いたファンタジー。
精霊使いと魔法使いのコンビという異種な組み合わせが面白かったし、「身体」ではなく「能力」が入れ替わるという切り口も秀逸でした。

トップクラスの実力を持ったプロでも、互いの能力が入れ替われば素人も同然。
失われたのは自分の一部で、手に入れたのは欲しくもない「相棒の力」。
相棒からアドバイスを受けつつも能力の扱いに苦戦する二人は、事態打開の鍵を握る少女を追手から逃がそうと奔走することになるのです。

個人的には、鼻持ちならないエリート魔法使いが「無能!」「足手まとい!」とボロクソに叩かれながらも、ドン底から這い上がるように成長していく姿が痛快でした。
ほとんど彼が主人公みたいなものだった(W主人公ものになるのかな?)

相棒の精霊使いとの関係はここから面白くなりそうな予感。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
精霊の声を聞く力を持っていたために生まれ故郷で迫害を受けて育ったサリは、現在ランカトル王国の公安局に所属する優秀な公安精霊使いとして、傲慢な公安魔法使いラルフをパートナーに王都ザイルを守護している。人はおろか精霊使いからも異端扱いされることは多いが、サリは自分の力が受け入れられる場所を離れるつもりはなかった。ところが、王弟デューカの“鑑賞会”に魔物の子として連れてこられた少女をかばおうとした際、サリとラルフの力が入れ替わってしまい…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 声を聞かせて1 精霊使いサリの消失 /河上朔

どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。2 /六つ花えいこ


どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。 : 2 (Mノベルスf)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年3月刊。
ときめきシーン大量放出!な第2巻。
めちゃめちゃ良かった〜〜
なんかもう多幸感に浸ってます。すごく笑ったから心地よい疲労感もある。
魔女と騎士の恋物語、最後までとても面白かったです。

☆あらすじ☆
片思い相手だった王宮騎士のハリージュに、惚れ薬を依頼されたことで、彼と心を通わせることができた魔女ロゼ。それだけでも嬉しいのに、ハリージュの婚約者として彼と一緒に住むことに!?
毎日会うハリージュにときめきの止まらないロゼだが、そんな彼女の元に、『魔女の弟子になりたい』という少女がやってきて…?
引きこもりだった魔女と、真面目で上から目線な騎士の、惚れ薬から始まった恋のおはなし。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。2 /六つ花えいこ

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?10 /手島史詞


魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんんだが、どう愛でればいい? 10 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
ううう、また増えた・・・・・・可愛いカップルがまた増えた!!
純情一途両思いのザガン・ネフィ夫婦も相変わらず最高ですが、じわじと増えていくサブカプ勢が可愛すぎてつらい(幸)

そして今回は通常版の表紙通り、ザガンとバルバロスが・・・・・・熱い戦いでした・・・・・・

ところでア○ゾンさんに注文したドラマCD特装版がまだ発送されないんですか?
まさかコノザマ食らった?え、つらい(嘆)

☆あらすじ☆
大きいお風呂が欲しいというリリスからの訴えを受け、部下の慰労や、ネフィのためザガンは城に大浴場を建設することに。彼は東方の建築を研究したり、なぜか魔王殿に存在した大浴場を参考になんとか完成までこぎつける。大浴場を楽しむネフィやシャスティルたち、覗きをしようとするバルバロスと防ぐザガンなど、バタバタした魔王たちの日常は変わらず続いていく。しかし、暗躍するビフロンスの魔の手は忍び寄っており、さらにはアルシエラが存在をひた隠しにしていた<アザゼル>がその姿を現し――大人気ラブコメファンタジー絶好調の第10巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?10 /手島史詞

失格世界の没落英雄 /北山結莉


失格世界の没落英雄 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年1月刊。
主人公がイケメン王子!しかも初恋に一途!
これはちょっと期待しかないのでは???という感じの新シリーズでした。この主人公は推したい。

とはいえ、この巻の内容はあまりにもプロローグすぎて、いまひとつ盛り上がりが足りないように感じました。
あとがきでは次巻から物語が動き出すと予告されているので、今後に期待したいと思います。

いやしかしこの主人公、本当に推せるな。その恋の行方は不安しかないけれど。

☆あらすじ☆
行方不明となった元王子は、覚醒した「神眼」で世界を旅する——!
相手の行動から魔法の構造まで、全てを見抜く最強の鑑定スキル《神眼》。
それは誘拐された魔導大国の元王子シオンが、失踪した幼なじみと瓜二つの少女リィエルと出逢ったことで発現した。
「私には生きる理由がない」「そんなのは一緒に探せばいい!」
《神眼》の力で監禁されていた研究施設を瞬殺したシオンはリィエルと共に外へ脱出。
しかし外の世界は、何かが以前と変わってしまっていて──?
立場を失った元王子・シオンと出来損ないの天使・リィエル。二人は真実を見抜く「神眼」で歪んだ世界を救う英雄になれるのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 失格世界の没落英雄 /北山結莉

竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― /筑紫一明


竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
発売前から褐色美少女イラストで話題になっていたGA文庫の最新作。
これは良いファンタジーですね!
師を亡くした魔法杖職人見習いの青年と、彼に杖の修理依頼を持ち込んできた東方の少女。
修理のための素材を探すなかで、二人は伝説上の存在である「竜」の秘密に迫っていきます。
非常に落ち着いた空気のなか、心情描写の繊細さが光る作品でした。
世界観に奥行きをもたせつつ、1冊で綺麗に話をまとめているところも好み。
ぜひシリーズ化してほしいです。

☆あらすじ☆
魔法杖と、消えた竜。その心臓を探し出せ。
「この杖、直してもらいます!」
半人前の魔法杖職人であるイクスは、師の遺言により、ユーイという少女の杖を修理することになる。
魔法の杖は、持ち主に合わせて作られるため千差万別。とくに伝説の職人であった師匠が手がけたユーイの杖は特別で、見たこともない材料で作られていた。
未知の素材に悪戦苦闘するイクスだったが、ユーイや姉弟子のモルナたちの助けを借り、なんとか破損していた芯材の特定に成功する。それは、竜の心臓。しかし、この世界で、竜は1000年以上前に絶滅していた――。
定められた修理期限は夏の終わりまで。一本の杖をめぐり、失われた竜を求める物語が始まる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜と祭礼 ―魔法杖職人の見地から― /筑紫一明

魔女の花嫁 seasons beside a witch /空伏空人


魔女の花嫁 seasons beside a witch (LINE文庫エッジ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
死にたくないと願う少年と、彼を弟子にした魔女の物語。
陽気で、ひょうきんで、構いたがりで、少しだけ影がある。そんなミステリアス美女は好きですか?大好きです!
このお姉さんに、生意気で陰気で皮肉ばっかり言うような少年がセットなんですよ。最高。とても良い組み合わせのおねショタでした。
油断ならない魔術の世界で師弟になった二人の、優しさと欺瞞が折り重なる不思議な距離感が楽しかったです。

☆あらすじ☆
ひとつ屋根の下、綺麗な魔女のお姉さんと暮らしてみませんか?
不治の病に罹った少年・桑折冬至ははずれの森に住む変わり者の魔女・ミーズに出会う。
その魔女は対価を払えば、どんな願いでも叶えてくれるが、願いの対価は彼女の気分次第。
珈琲を淹れることから、心臓を取られることまで、何を要求されても文句は言えない。
冬至の願いを聞いた魔女が伝えた対価は――。
「ふふっ、今日から君は私の弟子だ」
「へ?」
これは『僕』と『魔女のお姉さん』の季節をめぐる物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔女の花嫁 seasons beside a witch /空伏空人

恋せよ天敵。いずれ二人が過去とする永戦世界にて /波口まにま


恋せよ天敵。いずれ二人が過去とする永戦世界にて (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★☆☆☆
2019年11月刊。
ロミジュリ系のファンタジーってとても好きなジャンルで、とりあえず読んでみようと思うんだけど、これはちょっと合わなかったです。
ロミジュリもので私が欲しい展開はなかったし、世界観も戦闘も何がなんだか・・・

☆あらすじ☆
最強のふたりが絶望の未来を切り開く!
凶悪なモンスターが跋扈する世界で、限られた資源を巡り争う天使属と冒涜者。そんな中、休戦協定が結ばれることに。その証として両種族選抜で『合同部隊』が結成されるのだが……。“世界の最果て”に大志を抱く冒涜者フレドと、片翼に劣等感を抱く天使属、少女ラブラ。「わたし〈おれ〉は大切なものを守るため最強になる!!」二人の運命的な出会いが、絶望の未来を希望に変える!! 超王道ボーイミーツガールファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。
ネガティブ注意。

続きを読む 恋せよ天敵。いずれ二人が過去とする永戦世界にて /波口まにま

戦うパン屋と機械じかけの看板娘10 /SOW


戦うパン屋と機械じかけの看板娘 10 (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
「戦後」を描いた物語であり、「伝説」に秘められた歴史の真実を描いた物語であり、なにより「パン屋と看板娘」の物語であった本シリーズ。ついに最終巻です。
かなりの伏線が残っていたはずなのに、終わってみれば全てスッキリと回収されました。
物語の深層に隠されていたものは残らず明るみに出て、クライマックスを怒涛の勢いで駆け抜ける。でも急ぎ足な感じはなくて、美しくフィニッシュを決めたような印象です。
面白い作品だったなぁ。最後まで読めてよかったです。
SOW先生、完結おめでとうございます。

☆あらすじ☆
皆に祝福され、結婚式を挙げたルートとスヴェン。しかし、人と機械では生きる時間が違いすぎた。だから、スヴェンは人間になることを決意し、人化の方法を知るマイッツァーを探すのだが、彼は保安部の手によって誘拐された後だった。マイッツァーの救出に動いたルートたちは、否応にも聖女が画策する次なる大戦の火種に飛び込むことになり――
今はもう英雄でもなく兵器でもない、普通のパン屋店主と看板娘が贈る街角パン屋繁盛記、感動のフィナーレ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 戦うパン屋と機械じかけの看板娘10 /SOW