「パルプピロシ」タグアーカイブ

やがてはるか空をつなぐ /山之臨

やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)
やがてはるか空をつなぐ (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
幼い頃に別れた少女との思い出に未練を残し、彼女への複雑な想いをロケットに託して飛ばしていた少年。
彼を中心にして繋がっていく5人の少年少女を描く青春群像劇です。

心に爪痕を残す苦い思い出や、ままならない自分自身への葛藤。
「自分らしさ」とは何かと苛立ちながら、それでも祈り、繋がりを求める少年たち。

今は遠くに感じるあの人に届きますように。どうか自分を見つけてくれますように。
彼らがロケットに託した願いは、果たしてどこへ辿り着くのか。

荒削りに感じる部分もあるのだけど、それでも良い作品だと思いました。私は好き。
登場人物達の苦しい胸の内に切なくなりつつ、爽やかなラストに気持ち良く読み終えることができました。

☆あらすじ☆
部室ではバルーン実験の準備が進んでいた。メンバーはロケットオタクの青桐七海、プログラマー山花俊、天真爛漫な後輩、町田佐奈の三人だ。実験の当日、彼らは近くの高校に通う赤森遙と出会う。活動に興味があるという遙は物理部へ入部を希望するのだった。彼女にはどうしても校庭でモデルロケットを打ち上げたい理由があるのだという。しかし過去に青桐が起こしたある事件をきっかけに実験は禁止されていて――。ロケットが紡ぐボーイミーツガールが幕を開ける!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む やがてはるか空をつなぐ /山之臨

境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君/絵戸太郎

境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君 (MF文庫J)
境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年8月刊。
新米の「王」と嫁のラミアが活躍するバトルファンタジー完結巻。
カップルがたくさん出てくるところが好きなラノベだっただけに3巻完結は残念でした。
でも伏線は綺麗に回収しているし物語としては満足。
次回作も期待してます!

☆あらすじ☆
混沌と騒乱を愛する、無貌の影――《幽明境の君》ダビド・パピヤス。
《継ぎ接ぎ公爵》レオ・フランケンシュタインを退けた怜生。それを期に連盟は、妖精人の国を建立する計画を本格始動させる。一方〈青の医術師団〉が世界的な糾弾の対象となり、その騒動を衝いて人造人間(ホムンクルス)の少女たちが脱走を果たす。彼女たち、イロハ、ニイナ、サクヤは自分たちの夢を叶えるため〈緋の龍王〉に戦いを挑むのだが――。さらに、既にこの世に存在しないはずの人物までもが、怜生の前に姿を現す。誰もが夢を憧れを願いを抱き相対する黄金巨樹の上、怜生と花蓮は理想郷に至るのか!? 超絶過激な魔王の狂宴、再び誓いの言葉を交わす第三幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君/絵戸太郎

境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦/絵戸太郎

境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦 (MF文庫J)
境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
ラミア嫁の愛で絞殺されそうな新米龍王の物語第2弾。
このシリーズ、夫婦がたくさん出てきてあっちこっちで夫婦漫才してるところがかなり好きですw
今回の敵であるフランケンシュタイン博士との戦いも面白かったけれど、やっぱりまだ色々と荒削りかな。引きは良かったので3巻が楽しみです。

☆あらすじ☆
それは一つの可能性。道を踏み外したもう一人の「レオ」。
鳴海との激戦を経て<王>としての一歩を踏み出した怜生。怜生の強大な力を巡ってあらゆる勢力が権謀術数を巡らす中、彼が出会ったのは災厄の怪物――医療魔術師『レオ・フランケンシュタイン』

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 境域のアルスマグナ2 盾の死神と博士の絡新婦/絵戸太郎

境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神/絵戸太郎

境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神 (MF文庫J)
境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年12月刊。
第12回MF文庫Jライトノベル新人賞「最優秀賞」受賞作。
面白かったーヽ(*゚∀゚*)ノ
科学と魔法が混じり合い特異な発展を遂げた世界で、魔術的な利権をかけて競い合う「王」たち。
その「王」のひとりとなった少年と、彼の伴侶として力を与える蛇女神の物語です。
かなり気合いの入った世界観は荒削りながら読み応えがあったし、キャラ同士の掛け合いは勢いとノリの良さに何度吹き出したことか。
スピーディーな展開も素晴らしく、そしてなんといっても夫婦もの!
私の好きな要素が詰め込まれた楽しい1冊でした。
ヒロインがいちゃいちゃしようとすると勢い余って主人公が死にかけるんだけど、それもまた愛・・・!

☆あらすじ☆
鬼柳怜生・享年17歳。彼の生涯は双子の姪をかばって儚く幕を閉じた……はずだった。何故か生き返った怜生の前には、長い紅髪に豊かな胸の、見目麗しい蛇女……蛇女!? さらに、彼女は怜生の「妻」を名乗り、彼は「神霊と結ばれ、世に新たな魔法技術を生み出す<王>になったのだ」と告げられる。司るは――無から有を生み出し、死者蘇生すら可能な「命」の魔法則。かくして、世界を一変させる力を手に入れた少年の、全世界と数多の〈王〉を相手にした覇道が幕を開ける! 最強・最速・極悪の三拍子揃った凄絶過激な魔王の狂宴、堂々開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 境域のアルスマグナ 緋の龍王と恋する蛇女神/絵戸太郎