「バディ」タグアーカイブ

特殊能力統轄学院 叛逆の優等生と悪魔を冠する少女の共犯契約 /ひなちほこ


特殊能力統轄学院 叛逆の優等生と悪魔を冠する少女の共犯契約【電子特典付き】 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
第15回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作受賞作。
濃厚な厨二系学園異能バトルアクションでした。めっちゃ濃厚。
互いに望みを持つ少年と少女が契約を交わし、空想が具現化する能力を駆使して、任務をこなしていくという物語。
最後に仕掛けがある話なので、ネタバレは踏まないほうが楽しい作品だと思います。

☆あらすじ☆
偽りの優等生と悪魔の名を持つ少女。過去を取り戻すため二人は契約する——
夜空に輝く純白の翼。降りそそぐ無数の雷撃。そんな超常の現象を引き起こす≪脅威≫と呼ばれる力。特殊な力を身に宿した少女たち≪観測者≫を保護、養成するための機関『特殊能力統轄学院』。しかし実態は理外の力を持つ彼女たちを隔離、統制、そして利用するための施設であった。日常を奪われた監獄のような学院島で、かつて機関に連れ去られた幼馴染のことを調べるため優等生を演じ監理官を目指す紫門。ある日、機関に隷属し、悪魔『アスモデウス』の称号を持つ少女と行動を共にする仮契約を結ぶことになり——。
君を絶対に助けに行く、たとえ世界のすべてを敵に回したとしても

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 特殊能力統轄学院 叛逆の優等生と悪魔を冠する少女の共犯契約 /ひなちほこ

クラスメイトが使い魔になりまして2 /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
険悪主従の強制同棲密着学園ラブコメ第2弾。
1巻にも増してケンカップルの良さみが際立っていました。最高かよ。
でも怖い女子も増えた・・・のはさておき、2巻は修行回です。

関係が険悪を超えて冷えだしてきた想太と千影。
そんな二人は試練を乗り越えて信頼関係を築けるのか。

この本を読んでると口元がゆるみっぱなしになるから困ります。もぉ、ニヤニヤが止まらん!
てかね表紙の小指!小指見て!!!

☆あらすじ☆
スキなんて嘘――キライも、たぶん嘘。
落ちこぼれの俺、芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいる。
紆余曲折はあったが一応主従関係は継続中。
そんななか、藤原本家に呼び出された俺は、売り言葉に買い言葉で千影との婚約を認めることに。
おまけに俺たちが婚前交渉しないか、監視役まで付くときた。いや、全裸で懇願されたってしねーよ……一方で、『新魔術』を狙う連中に対抗するため、俺は師匠に特訓を申し込む。
だけどまずは千影と信頼関係を結べ?
なんでこのゴリラ女と、ってうそ暴力はやめ――ごふっ。
喧嘩ップル好きに贈る、険悪主従ラブコメ第2弾!

あらすじの一行目、エモすぎない・・・?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして2 /鶴城東

公爵令嬢ティアレシアの復讐 〜悪魔の力、お借りします〜 /奏舞音


公爵令嬢ティアレシアの復讐 ~悪魔の力、お借りします~【電子特典付き】 (ビーズログ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
第1回ビーズログ小説大賞「優秀賞」受賞作。
姉によって処刑された元女王が、悪魔に魂を売って復讐を目論む転生ファンタジー。
1巻が女の子ピン表紙って女性向けレーベルでは割と珍しいような?なんか少女漫画のカバーっぽくて新鮮です。
復讐を敢行する少女と彼女に執着する悪魔のバディもの、でもあるのかな。
色々と設定は美味しかったし、内容は1冊で綺麗に終わっているのだけど、細部が私の琴線に触れるほどではなく、ううむ、、、

☆あらすじ☆
無実の罪で処刑!? それなら転生いたします!
異母姉に嵌められ、十六という若さで処刑された女王クリスティアン。
それから十六年の月日が経ち、女王生誕祭に思いを馳せる少女が一人。
公爵令嬢ティアレシアだ。
彼女の従僕は囁く――「俺はいつまでお守りをさせられるんだ?」
そう彼女こそ、この美しき悪魔と取引をし、転生した元女王だった!
今ここに、転生令嬢と悪魔による復讐の幕が上がる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢ティアレシアの復讐 〜悪魔の力、お借りします〜 /奏舞音

エリスの聖杯 /常磐くじら


エリスの聖杯 (GAノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
発売前から熱い推薦を度々目にした、人気WEB小説の書籍化作品。

権謀術数が渦をまき、相手がミスをし罠にハマるのをニヤニヤと眺める享楽的な貴族の世界。
そんな魑魅魍魎だらけの貴族社会に挑む、年若き二人の令嬢の物語です。

10年前に処刑された公爵令嬢の亡霊と、彼女を見つけた地味な子爵令嬢。
成り行きでバディを組むことになった二人は、果たして10年前の真実を見つけることができるのか。

どこもかしこも謎だらけのストーリーで、物語への吸引力が抜群に強い作品だと思います。
いや本当に吸い込まれるように読んでしまいました。
ギリギリの綱渡りを繰り広げる主役二人の冒険には胸が高鳴るばかり。とても面白かったです。
これは続きも期待できそう。楽しみです。

☆あらすじ☆
悪役令嬢の亡霊が、地味令嬢な私の相棒!?
陰謀渦巻く貴族社会で二人の逆襲が始まる!
「いいこと、コンスタンス・グレイル。お前のこれからの人生をかけて、わたくしの復讐を成功させなさい!」
誠実だけが取り柄の地味な子爵令嬢コニーは、とある夜会で婚約者を奪われ、窃盗の罪まで着せられる絶対絶命の窮地に陥っていた。
しかしそんな彼女の元に、10年前に処刑された希代の悪女、スカーレット・カスティエルの亡霊が現れる!
かつてその類稀なる美貌と、由緒正しき血統と、圧倒的なカリスマでもって社交界の至宝と謳われたスカーレットは、コニーに憑依するや瞬く間に形勢を逆転し、危機を救う。だが、その代償としてコニーが要求されたのは、スカーレットの復讐に協力することだった!?
利害関係から始まった二人のコンビは、貴族社会に潜む悪意や陰謀を蹴散らすうちに大切な絆で結ばれた真の相棒へと成長し、やがて過去から続く巨大な陰謀と対峙していく……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エリスの聖杯 /常磐くじら

地獄に祈れ。天に堕ちろ。 /九岡望


地獄に祈れ。天に堕ちろ。 (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
面白かったー!
ガシッと心を掴んでスカッとさせるクライム・アクション。
亡者の街と化した「東凶」を舞台に繰り広げられる、ハードボイルドなゾンビものです。
血と硝煙、武装した神父、空に吹っ飛ぶ車、マッドサイエンティストにヤク中美少女、月はふたつで白くて赤く、天使と悪魔で天国か地獄か閻魔のみぞ知る。
イカれた世界をハイになって暴走すれば、突然プツンと心が折れて暗い過去を巡ったり。
傷ついて傷ついて、そしてまた立ち上がって走り出す。そんな感じの緩急激しい疾走感がありました。
コミュニケーションは皮肉と罵声。それでも頼りになる正反対で似た者同士な野郎2人組がとても格好良かったです。

☆あらすじ☆
冥界の荒事屋とイカれた聖職者の、デス&クライムアクション!
イカしたDJが今回のお話を大紹介ダ!
ミソギ、死者。嫌いなものは聖職者。犯罪亡者をぶっ飛ばし、地獄の閻魔に引き渡す荒事屋にして……シスコン(妹)!
アッシュ、聖職者。嫌いなものは死者。聖なる銃をぶっ放し、死者を殺しまくる某機関の最終兵器にして……シスコン(姉)!!
こんなチョイとオカしな二人が、何の因果か亡者の街『東凶』で、「魂」に効くヤバーいおくすりを大捜索! 聖職者嫌いの死者と死者嫌いの神父が!? ハッ、まったく上手くいく気がしてこないね!
しっかーし! 困ったことにこいつら実力は折り紙付き。おいおい頼むから『東凶』を壊滅させちまったりすんなよ!?
電撃小説大賞《大賞》受賞作家・九岡望が贈る、ダークヒーロー・アクション!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 地獄に祈れ。天に堕ちろ。 /九岡望

What We Want /オキシタケヒコ


What We Want【Kindle】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年11月刊。
「創元SF短編賞アンソロジー 原色の想像力2」(2012年3月刊)に収録された短編を単独で電子書籍化したもの。

著者いわく、『ガールミーツエイリアンのどつき漫才スペオペ』です。

・・・・・・・・・確かにそうなんだけど、そうなんだけど!

それでこういう話を書いちゃうの!?

序盤から勢いよく飛び出すオリジナル固有名詞の数々に面食らうものの、その言葉が生まれた背景と込められた感情を理解した瞬間の「ああ、そういうこと・・・」とストンと心に落ちる感覚が気持ち良すぎる作品でした。

ところで、オキシタケヒコ先生といえばガガガ文庫にて超傑作SF鬼退治「筺底のエルピス」シリーズを刊行中の、私にとっての神の一柱なんですが。
エルピスはまだかないつかな・・・と一日千秋の思いで待ち続けている信者としては、ここでオキシ成分(!)を摂取できたことが嬉しくてたまりません。
ぜひ「プロメテウスの晩餐」や他の短編も電子化してほしい。

☆あらすじ☆
《汎銀河通商網》とファーストコンタクトを果たした人類は、あっという間にアメリカ合衆国を巻き上げられた。二十年後、ただ一人地球に生還したアメリカ人スミレは、商人として異星人トリプレイティとともに宇宙の荒波に漕ぎ出してゆく……
第2回創元SF短編賞最終候補作を単独電子化。「プロメテウスの晩餐」で第3回創元SF短編賞優秀賞受賞、『筺底のエルピス』で注目を集める著者の真骨頂たる、コメディにして本格スペースオペラ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む What We Want /オキシタケヒコ

英国幻想蒸気譚2 ブラッドレッド・フォルクール /白雨蒼


英国幻想蒸気譚II -ブラッドレッド・フォルクール- (DENGEKI)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
19世紀末の英国を舞台に、機械じかけの怪物との戦いを描くスチームパンク第2弾。
前巻とあわせて上下巻のような構成なんですね。
登場人物それぞれの因縁の相手との決着。
随所に切ない場面もあったけれど、オーバーテクノロジーな機械だらけのアクションは縦横無尽な躍動感があり、とても面白かったです。

☆あらすじ☆
蒸気機関革命のロンドンで繰り広げられる正統派スチームパンクアクション!
シャーロック・ホームズの助力の元、トバリたちはヴィンセントの口より世界の裏側で暗躍する錬金術師たちの戦いを知ることとなる。
そして古から連綿と続く錬金術師たちの闘争に一石を投じるべく、彼らはパラケルスス、そしてセンゲとの再戦を決意する。 しかしロンドンの地下には、彼らの決意と覚悟をも容易く踏みにじる悪意が渦巻いていて——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国幻想蒸気譚2 ブラッドレッド・フォルクール /白雨蒼

誰も死なないミステリーを君に2 /井上悠宇


誰も死なないミステリーを君に 2 (ハヤカワ文庫JA)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
死の予兆から謎を推理し、誰も死なせないために奔走する男女二人を描く青春ミステリー第2弾。
今回も面白かったです。
横溝正史オマージュが多く、遺産相続と「神隠し」を巡る骨肉の争いにワクワクしてしまいました笑

☆あらすじ☆
人が死ぬ予兆がみえてしまう志緒のため、僕は、その死を防いできた。高校生の時から大学生になった今も――
志緒の友人、獅加観飛鳥に“死線”が現われた。幼少期に故郷で“鬼”に追われて神隠しにあった経験を持つという飛鳥には、いまの莫大な財産の相続話が。そして獅加観家の一族――言動不可解な芸術家、軽薄な私立探偵、狐面をかぶる医者にも死線が……僕は死を止めるため、策略を発動する。優しい嘘をつきながら…。
青春ミステリ・シリーズ第2作"サトシオ"、悪魔的な華麗なる一族に挑む!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 誰も死なないミステリーを君に2 /井上悠宇

誰も死なないミステリーを君に /井上悠宇


誰も死なないミステリーを君に (ハヤカワ文庫JA)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年2月刊。
「回避可能な死の未来が見える」という不思議な能力を足がかりにして、誰も死なないように奔走する男女を描いた青春ミステリー。
「死」という結果を防ぐために仕掛けられる逆転のアプローチが面白い作品でした。“安全なクローズド・サークル”とかね。
誰も死なせない。誰も殺させない。そうすれば、きっと全てを救うことができるはず。
そんな、主役コンビの徹底した優しさがとても好きです。ふたりを繋ぐ信頼の絆も素敵だった。
2巻もすぐに読みたいと思います。

☆あらすじ☆
自殺、他殺、事故死など、寿命以外の“死”が見える志緒。彼女が悲しまぬよう、そんな死を回避させるのが僕の役目だった。
ある日、志緒は秀桜高校文芸部の卒業生4人に同時に“死”の予兆を見た。“そして誰もいなくならない”ため、僕は4人を無人島に招待、安全なクローズド・サークルをつくった。だが、そこに高校時代の墜死事件が影を投げかけ、一人、また一人と―
これは、二人にしかできない優しい世界の救い方。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 誰も死なないミステリーを君に /井上悠宇

宝石商リチャード氏の謎鑑定9 邂逅の珊瑚 /辻村七子


宝石商リチャード氏の謎鑑定 邂逅の珊瑚 (集英社オレンジ文庫)

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!超びっくりした!!
あわせてコミカライズもスタートするらしく、シリーズは今まさに絶好調ですね。
どんどん売れてほしい。そしてぜひ「螺旋時空のラビリンス」を劇場アニメ化してください。

さて、肝心の本編は、なんというか、嵐の前の準備回という感じ。
新章に入ってから、本当に丁寧に「愛」について掘り下げていきますね。
誰かに対する途方もなく巨大な感情を、どんな言葉で形にすればいいのか。
こんな関係なんですよ、と説明することの難しさにめまいがします。
色々と動き出した第9巻。いよいよ次は2桁に突入ですね。楽しみです。

☆あらすじ☆
この世界にはさまざまな愛が溢れている。
滞在していたスリランカの戒厳令発令をうけ、日本に一時帰国していた正義だったが、帰国前にある人物から連絡を受けていた。その人物の要望もあり、正義は日本滞在もそこそこに、ヴィンセントに会うため香港へと飛んだ。かつてリチャードを裏切っていたはずなのに、なぜか正義を助けてくれるヴィンセントの真意とは?そしてリチャードと再会した正義は・・・・・・?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定9 邂逅の珊瑚 /辻村七子