「バディ」タグアーカイブ

【WEB小説感想】暗黒騎士斉藤くんの業務レポート /佐々木匙


暗黒騎士斉藤くんの業務レポート(カクヨム)

『夜猫ジュブナイル』に続いて、こちらもオススメされたので読みました!面白かった!!

心に負荷がかかった結果として発症するストレス性変異脳症。
その『病者(ペイシェント)』となった人は、通常ではありえない異能を持ってしまう。

辛い現実のなかで心を潰され、現代社会で生きるには厄介な異能を抱えた「病者」たち。
彼らをサポートし、時にトラブルに対応するのもまた「病者」であり、本作はそんな「病者」たちが集う「トカノ特殊業務社」の日常を描いていきます。

もうね、優しいんですよ、このお話・・・!

自身も弱さを抱えた人たちが、他人の弱さに寄り添う。
自分も苦しんでいるから、相手の苦しみが理解できる。
理解できるから、助けてあげたいと必死で手をのばす。

その姿はヒーローのように強く優しくて、その背景にある傷に切なくなって、ただただ胸がいっぱいになりました。

「暗黒騎士」の青年と、彼の「侍女」になった少女の関係性もすごく良かった。
長年連れ添った主従のような距離感で、ゼロから絆を育てていくふたり。
現実と空想を頻繁にスイッチする描写がとても可愛らしくてキュンとしたし、やっぱり切なくなって無性に泣きたくなりました。

いや〜〜〜、本当によかった。すこしふしぎ青春小説が好きな人は絶対に読むべきです。
課金したいから書籍化してほしい。『夜猫ジュブナイル』もね!

☆あらすじ☆
家出をして地方都市・瑞野を訪れた少女は、突然の危機を自称・暗黒騎士ナイトヴァルザーブレードと名乗る青年に救われる。彼女は成り行きでリーゼロッテと名付けられ、どう見ても普通の日本人なその青年の職場である零細便利屋・トカノ特殊業務社で働くことに。少しおかしな従業員たちと送る、日常九割、戦闘一割の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】暗黒騎士斉藤くんの業務レポート /佐々木匙

矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位


矛盾が神を殺すまで 1~その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く~ (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
最強の矛と最強の盾を対決させたらどうなるのか?から始まるファンタジー。

敵同士の家に生まれた恋人というロミジュリっぽい設定のカップルですが、悲恋系ではなく仲良しの幼馴染カップルでした(もう少しロミジュリ設定を生かしても良かったんじゃないかとは思う)
まったく正反対の性格で、その凸凹がかっちりハマってる感じの二人組です。とても可愛かった。

内容的には序章すぎて評価に迷うところ。続きを読ませてほしいな〜

☆あらすじ☆
『絶対貫通の矛』と『絶対防御の盾』。王国に伝わる矛盾する二つの至宝が、何の因果か同じ時代に揃う。それぞれの継承者、矛の騎士ミシェルと盾の騎士ザック。恋人同士であることを隠している二人に、突如「矛盾の結末を明らかにせよ」という決闘の王命が下る。ミシェルとザックはどちらの『絶対』が上かを証明するため激突することになり―― その対決の結果は……あまりにも予想外のものだった!!
世界の裏側を知ったザックとミシェル、二人の運命が動き出す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位

邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 /千羽十訊


邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年6月刊。
チンピラ神官とツンデレ奴隷天使がイチャつきながらお仕事するファンタジー。
いかにもシリーズものの1巻ぽい内容でした。
少し消化不良な部分もあるんだけど、そこは続刊を読めば解消するかな?
主人公とヒロインの関係はかなり好きな部類なので続きに期待します。

☆あらすじ☆
かつて神々の覇権戦争があった。
その戦いで破れ、神格奴隷となった天使、チェルシー。
その主となったのはヤルダバオト教団の不良神官ギィだった。
ギィは本来は隷従させるべき神格奴隷、チェルシーを綺麗に着飾らせ、一緒に食事を楽しみ、寝床を供にし、旅をする。
「――構え! 慰めろ、そして、甘やかせ、主さま!」
そんななか、教団の《英雄》アウグストの仕事を手伝うことになったギィとチェルシー。
その討伐対象のイフリートたちの潜むラグナロク古戦場には神の陰謀と、裏切りが待っていた――。
不良神官と彼に甘やかされる天使が紡ぐファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 /千羽十訊

錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット / 瘤久保慎司


錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年6月刊。
錆喰いビスコ、話がカオスになればなるほどテンション上がる私がいます。
む、無茶苦茶だ〜〜〜!と笑っちゃうんだけど、それが楽しくてたまらない。
今回もめっちゃ面白かったです。
映画を撮りたい黒革との再対決、クライマックスシーンが特にお気に入り。
あと今回ラブコメ度が高くなかった!?高かったよね!?!?

☆あらすじ☆
オレは、この地球で最高の映画を撮りたいだけさ……お前を主役にしてな。
〈主演 赤星ビスコ役 赤星ビスコ〉
復活した邪悪の県知事・黒革による圧政下におかれた忌浜県。潜伏していたビスコ達一行がTV越しに目にしたのは、ビスコを主役にした映画の制作発表記者会見……そう、日本全域を占領、国民を苦しめた黒革の悪政のすべては、映画制作のためだったのだ!
操られた仲間達、そして迎えた師弟対決。果たしてビスコ達は、無事仲間を救い出し、黒革の野望を打ち砕くことができるのか――!?
因縁の対決ふたたび! 最強キノコ守りコンビが日本各地を暴れ回る!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 錆喰いビスコ6 奇跡のファイナルカット / 瘤久保慎司

エリスの聖杯2 /常磐くじら


エリスの聖杯2 (GAノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
令嬢コンビが10年前の冤罪事件の真相を追うシリーズ第2弾。
今回も面白かった!一気に謎が明かされてドキドキしました・・・

☆あらすじ☆
大好評の貴族社会クライムサスペンス第二弾
リリィ・オーラミュンデが遺した謎の言葉。
そこかしこに見え隠れする巨大な陰謀の影。
悪女の亡霊×地味令嬢のコンビは果たして十年前の処刑の真相にたどりつけるのか――
大好評の貴族社会クライムサスペンス第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エリスの聖杯2 /常磐くじら

声を聞かせて1 精霊使いサリの消失 /河上朔


声を聞かせて(1) 精霊使いサリの消失 (ウィングス文庫)【Amazon】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
面白かった!
「能力入れ替わり」という異常事態に見舞われた男女バディ(険悪)を描いたファンタジー。
精霊使いと魔法使いのコンビという異種な組み合わせが面白かったし、「身体」ではなく「能力」が入れ替わるという切り口も秀逸でした。

トップクラスの実力を持ったプロでも、互いの能力が入れ替われば素人も同然。
失われたのは自分の一部で、手に入れたのは欲しくもない「相棒の力」。
相棒からアドバイスを受けつつも能力の扱いに苦戦する二人は、事態打開の鍵を握る少女を追手から逃がそうと奔走することになるのです。

個人的には、鼻持ちならないエリート魔法使いが「無能!」「足手まとい!」とボロクソに叩かれながらも、ドン底から這い上がるように成長していく姿が痛快でした。
ほとんど彼が主人公みたいなものだった(W主人公ものになるのかな?)

相棒の精霊使いとの関係はここから面白くなりそうな予感。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
精霊の声を聞く力を持っていたために生まれ故郷で迫害を受けて育ったサリは、現在ランカトル王国の公安局に所属する優秀な公安精霊使いとして、傲慢な公安魔法使いラルフをパートナーに王都ザイルを守護している。人はおろか精霊使いからも異端扱いされることは多いが、サリは自分の力が受け入れられる場所を離れるつもりはなかった。ところが、王弟デューカの“鑑賞会”に魔物の子として連れてこられた少女をかばおうとした際、サリとラルフの力が入れ替わってしまい…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 声を聞かせて1 精霊使いサリの消失 /河上朔

終焉を招く神竜だけど、パパって呼んでもいいですか? /年中麦茶太郎


終焉を招く神竜だけど、パパって呼んでもいいですか? (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年5月刊。
ホームドラマ×終末バトルファンタジー。
父娘ものを強調されているけど、嫁もいます。
男女バディなバトル要素もあって、そこが結構好き。

バカップル夫婦が、ひょっこりできた子どもを溺愛して、子どもも全力で懐いて―― という感じで愛にあふれる家庭が爆誕。
しかしその「子ども」を、いつか夫婦が斬るかもしれない。
不穏な未来を予感させつつ、全力でほっこりさせてくる物語でした。

個人的にはあとがきの設定で出してほしかった気もするけれど(めっちゃ笑った)、続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
マホテキ9999の年中麦茶太郎が放つ、ほっこり×幼女×家族愛の最新作!
史上最強の女の子を拾って愛でる超無敵『父娘』ファンタジー!
境界領域ブルーフォレスト公爵領。
『人』と『魔』と『神』とが混在する、地上で最も危険で、熱気ある街。
十五歳にしてブルーフォレスト公爵領の現公爵を務める少年リヤンは、最愛の『妻』レイと共に神々が気まぐれで起こす世界崩壊に今日も立ち向かっていた。
そんなある日、リヤンは戦場で保護した少女をワケあって家族に迎えることにしたのだが――
「パパって呼んでも――いいの?」
少女の名はアマデウス。人間の形をした厄災『終焉の神竜』という剣呑極まる存在だ。
しかし、子供を熱望していたリヤンたち夫婦にとっては、目の中に入れても痛くない愛娘に他ならない!
つまり、溺愛・不可避ッッッ!!!!
「あああ、娘の可愛さが致死量に達した!!」
家族も世界も守るため、天才魔法士――最強かっこいいパパになる!
ほっこり可愛く最強無敵な『父・娘』ファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終焉を招く神竜だけど、パパって呼んでもいいですか? /年中麦茶太郎

クラスメイトが使い魔になりまして3 /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして (3) (ガガガ文庫 か 13-3)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
全ケンカップル好きはこれを読め!
ケンカップル好きにはたまらない主従ラブコメ第3弾。
今回も良きケンk・・・・・・・・・・・・・・・あれぇ!?

☆あらすじ☆
言葉で言えないなら……直接行動で示して。
落ちこぼれの俺、芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいる。
紆余曲折はあったが一応主従関係は継続中。
いや「一応」どころか、藤原は俺のことをはっきりと「好き」と言った。それが恋愛感情かはわからないけどなんて言い訳つきだが。
もはや俺も藤原のことを好きなんだろう。俺だってそれが恋愛感情かは分からないが……。
そんななか、俺の魔術の師匠・真紀美がやっかいな頼みごと(命令?)をしてきた。
「新魔術」使いの俺を手に入れたくて仕方ないらしい魔術結社「宵の明星」(今、一番危険な連中)をおびき出すために、俺と藤原で婚前旅行にでかけろと。
ふざけんな!婚前!?……そうか、俺と藤原、許嫁どうしだったんだよな(ため息)。おまけに藤原と犬猿の仲の生徒会長・三条茉莉花までなぜかくっついてきて最低。ただし「3人いっしょに温泉につかろうじゃないか!」の提案だけは、俺は一応、拒否しません。
そして案の定、肝心の囮作戦は激しくヤバい展開となり、藤原が「宵の明星」のヤツのとんでもない「謎の一撃」を食らってしまって――。
喧嘩ップル好きに贈る、「険悪時々デレ」主従ラブコメ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして3 /鶴城東

帝都つくもがたり /佐々木匙


帝都つくもがたり (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年5月刊。
WEB小説『夜猫ジュブナイル』が最高に面白かったので(感想記事)、作家買いして読んでみました。
怖がりでアル中の作家と、その悪友で怪談を集める記者が、震災後の帝都で様々な怪奇現象に遭遇する物語。
ホラーな設定・展開ではあるのだけど、恐怖を感じると同時に切なくなるようなお話が多い印象でした。こういうの好き。
悪友二人の関係もとても良かったです。特に人でなしの関くんが好き。関くんはね、ずるい男なんですよ・・・!(後半以降の好感度の上げ方がえげつない)

☆あらすじ☆
第4回角川文庫キャラクター小説大賞〈読者賞〉受賞作!凸凹コンビの怪異譚
舞台は昭和初期の帝都・東京。酒浸りで怖がりの文士・大久保と、腐れ縁の記者・関が、怪談を集めるべく東奔西走。百物語にはどこか足りない、日常の中に潜む怪異巡りの日々が始まる――凸凹コンビの怪異譚!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 帝都つくもがたり /佐々木匙

モノノケ踊りて、絵師が狩る。―月下鴨川奇譚― /水守糸子


モノノケ踊りて、絵師が狩る。 ―月下鴨川奇譚― (集英社オレンジ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年2月刊。
これはやばい。やばい小説が出てきたぞ・・・!

怪奇現象を引き起こす妖怪画を探しだし、その憑き物落としを行う男女を描いた現代ファンタジー。
妖怪退治系のお話としても面白いのですが、本作で何よりも推したいのは「主人公二人の関係性」です。

過保護な兄と世話のやける妹のような「幼なじみ」の二人。
一見すると優しくて穏やかな雰囲気なのに、その奥底には荒れ狂うような執着と情念が秘められているのです。

誰よりも近くて、もどかしいほど遠い。そして遠いからこそ執着する。
届きそうで届かないものにこそ、人は必死に手を伸ばすのかもしれません。なりふり構わず、本音を隠して。

二人の関係に隠された業の深さを知れば、その運命的なしがらみに、読者はときめきが止まらなくなることでしょう。
はぁ、もう、どうしましょうか。私の胸の動悸がやばい。

あまりにも性癖に刺さる作品でした。
求める女と、つれない男。焦がれる男と、気づかぬ女。
そういうのお好きな人、ぜひ読みましょう。

☆あらすじ☆
江戸末期の絵師・月舟が描いた妖怪画には、本物が封じ込められているという。そして現代。月舟の子孫・詩子は、美大に通う学生だが、もうひとつの顔があった。散逸した月舟の妖怪画を探し、憑きものを落とす家業を継いでいたのだ。幼馴染みの青年・七森が持ち込んだ情報によると、月舟の絵を所有する画廊のオーナーが足を火で炙られるような痛みを訴えているらしく?
【目次】一 猫又/二 ろくろ首/三 面霊気/四 鬼女/結 無題

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む モノノケ踊りて、絵師が狩る。―月下鴨川奇譚― /水守糸子