「ノーゲーム・ノーライフ」タグアーカイブ

ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム/榎宮祐

ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム<ノーゲーム・ノーライフ> (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム<ノーゲーム・ノーライフ> (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
ノゲラ短編集。
いつにも増して中二成分増し増しなのは大戦時の話だからなのかなぁ。だからなのか、いつもよりも目が滑る感じがしました。
一番面白かったのはステフの短編ですね。あとは百合にみせかけて・・・のオチにも笑ったw

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】――が創られる以前。星を引き裂き永遠に続く『大戦』をゲームと断じ、終わせようとしたのは何も”人間”だけではない。多少ルールが異なっただけで、たとえばそれは、とある森精種が思い描いた未来――『星ごと皆殺しにして立っていれば勝ち』と。すなわち――”なんでもあり”とッ! 森精種シンク・ニルヴァレンが見た『もう一つの終戦』を描く書き下ろし中編に加えアニメ特典に収録されたユルくアツき短編をまとめ盛大にはっちゃけた豪華特別編! 「さぁ――戦争をはじめるのですよぉ~」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム/榎宮祐

ノーゲーム・ノーライフ9 ゲーマー兄妹は一ターン休むそうです/榎宮祐

ノーゲーム・ノーライフ (9) ゲーマー兄妹は一ターン休むそうです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ (9) ゲーマー兄妹は一ターン休むそうです (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
「1ターン」お休みする第9弾。お休み?してないよね??
分かりづらさが極まっていた前2巻に比べると、くだらなくて勢いがあって笑えるノゲラが帰ってきたなぁという感じでとても楽しかったですw
しかも今回は6巻の話も関わってくるので、あの感動を思い出して泣きそうに・・・・・・。

☆あらすじ☆
ついに神霊種を降した空と白たち。拡大を続けるエルキア連邦に全世界が警戒感を深め、国内外の緊張が高まる――が……それは置いといて城には『休業中』の札が吊るされていた。“最も新しき神話”は一ターン休み!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ9 ゲーマー兄妹は一ターン休むそうです/榎宮祐

ノーゲーム・ノーライフ8 ゲーマーたちは布石を継いでいくそうです

『ノーゲーム・ノーライフ8 ゲーマーたちは布石(しんわ)を継いでいくそうです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ 8 ゲーマーたちは布石を継いでいくそうです<ノーゲーム・ノーライフ> (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ 8 ゲーマーたちは布石を継いでいくそうです(MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
VS神霊種戦クライマックス。
あちらこちらで思惑が錯綜しながらゴールを目指していくのですが、正直よくわかんなかったです(´・ω・`)
でも勢いが良いから最後まで読めてしまう・・・・・・これぞノゲラって感じの1冊でした。

☆あらすじ☆
神霊種との双六も終盤戦。だがゴール直前、ジブリールが古の『大戦』を再現した”戦略シミュレーションゲーム”の対戦を要求。かつて大戦を終結に導いたものたちが犯したミスを継ぐアナザーアンサーが示される!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ8 ゲーマーたちは布石を継いでいくそうです

ノーゲーム・ノーライフ7 ゲーマー兄妹たちは定石を覆すそうです

『ノーゲーム・ノーライフ7 ゲーマー兄妹たちは定石(せかい)を覆すそうです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ7 (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ7 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年7月刊。
1年3か月ぶりの新刊。
アニメ放映からもうそんなに経ってたんですねぇ。
待望の最新巻というわけなのですが、お、終わらなかった・・・・・・!!!(((゜Д゜;)))
これって前編じゃないですかー!
かなり続きが気になるので8巻はぜひ早めにお願いします(´;ω;`)

☆あらすじ☆
悠久の大戦の果て、ゲームで全てが決まる世界へと変わった【ディスボード】――けれど、手段が暴力からゲームに変わろうとも、勝者が敗者を蹂躙し、犠牲を重ねる『定石』。幼き日の巫女は嗤った……「なにも、変わってなどいない」と。――だが、裏切り、騙し、欺き合う者達が、それでも互いを信じられるというならば。
命を賭けた賽子で、位階序列一位・神霊種の双六すら食い破れるならば。「そん時こそ認めたる。変われる――変えられる世界に、確かに変わっていたとッ!!」”旧き神話”を継ぐ”最も新しき神話”――大人気異世界ファンタジー、第7弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ7 ゲーマー兄妹たちは定石を覆すそうです

ノーゲーム・ノーライフ6

『ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★★

ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)

まさか1巻とは真逆の評をつけることになるとは。
6巻にして「0巻」。大戦の真実が明らかになる過去編です。どこか既視感のある2人の男女が出てきます。彼らがいかに戦い、どう生きたのかを見事に描き出していて、5巻までの経緯を踏まえて読むととても感慨深いです。
もうほんと、ノゲノラに泣かされるなんて夢にも思わなかったですよ・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―を創った唯一神テトは、エルキアの路地裏で、ひっそりと…空腹で行き倒れていた。いづなの施しで生き存えたテトが語るは、「六千年以上前の物語」―天を割り地を裂いた『大戦』を“ゲーム”と断じ、世界に挑んだ男とその傍らに寄り添った少女。
「―なぁ、またゲームしようぜ…今度こそ、勝ってみせるから、さ…」
記憶にも記録にも遺らない、それでも“僕”だけは忘れない物語―“最も新しき神話”へと至る“最初の神話”―大人気異世界ファンタジー、第6弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ6

ノーゲーム・ノーライフ5

『ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★☆

ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ5 ゲーマー兄妹は強くてニューゲームがお嫌いなようです (MF文庫J)

なるほどわからん!だった4巻でしたが、この5巻でちゃんと追加説明されました。なるほど!
海棲種と吸血種の滅亡を防ぎ、女王を目覚めさせるために天翼種に挑む空と白。
今回はジブリールのバックグラウンドを詰めたお話でもありました。
作中に出てくる某ゲーム、以前から気になっていたのですがそんなに酷いのか・・・・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―人類種の王となった地球出身の最強ゲーマー兄妹・空と白は、吸血種と海棲種の『リアル恋愛ゲーム』をかい潜り、真の攻略法を暴くべく向かうは天翼種の故郷、空中都市『アヴァント・ヘイム』!だが序列第六位、狂瀾怒涛の“神殺しの種族”が一筋縄で行くはずもなく―?
空と海を制し、比翼のゲーマーは三種族一挙制覇へその手を届かせるか!?
「俺TUEEEでゲームして一回負けたらクソゲ認定?“俺YOEEE”からやり直せ!」
大人気異世界ファンタジー、嘘と騙りと陰謀の入り乱れる大連戦の第5弾!! 

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ノーゲーム・ノーライフ5

ノーゲーム・ノーライフ4

『ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ4 ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)

新章の序章のような巻でした。次回に続く、ということでこの巻だけでは話が終わりません。
着々と味方を増やしていく空と白。 それでもやはりジブリールが便利すぎる・・・。

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界「ディスボード」―魔法や超能力を駆使する数多の敵を相手に連戦を重ね、なおも無敗を貫く最強ゲーマー兄妹『  』、だがそんな二人にもクリア出来たことがないゲームが、実は“二つ”だけあった…。
東部連合で優雅な休暇を満喫する二人を訪ねてきたのは、吸血種の少女・プラム。種の危機を救うことになった空と白だが、そのゲーム内容はまさしく二人が未クリアのゲームの一つ、「リアル恋愛ゲーム」だった―
青い海を舞台に、咲くか恋の花!今回はラ〜イトに行く、大人気異世界ファンタジーのラ〜〜イトな、第四弾…?

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む ノーゲーム・ノーライフ4

ノーゲーム・ノーライフ3

『ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが・・・・・・?』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★★☆

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)

1巻に比べると驚くほど化けました。今回は文体とか気にならないほど面白かったです。
東部連合攻略の後編。兄妹の絆の強さと空の策略が光っていました。
お前らの存在がチートすぎる・・・・・・

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―人類種の王となった異世界出身の天才ゲーマー兄妹・空と白は、世界第三位の大国『東部連合』に、その大陸全領土と“人類種の全権利”を賭けて行う起死回生のゲームを仕掛けたが、直後。謎の言葉を残して空は消えてしまった―…引き離された二人で一人のゲーマー『』(くうはく)。消えた空の意図、残された白、人類種の運命は!そして獣耳王国の行方は―!?
「言ったろ“チェックメイト”って。あんたらは…とっくに詰んでたのさ」
対獣人種戦決着へ―薄氷を踏む謀略が収束する、大人気異世界ファンタジー第三弾。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ3

ノーゲーム・ノーライフ2

『ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです』(榎宮祐著/MF文庫J)★★★☆☆

ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)

1巻を読んだのは半年前。文章とチェスのノリが自分に合わないと思って、このブログでもかなり酷評していました。たぶん続きは読まないだろうと思っていたのですが、意外にアニメが面白かったので2巻を今更読んでみました。

あれ?面白い・・・(´д`;)
以前にTwitterで、ノゲノラは2巻からちゃんと「ゲーム」をしているというリプをいただいたことがあるのですが、まさにその通りでした。今回のゲームは分かりやすくて面白かったです。
私みたいにノゲノラを1巻で放り投げてしまった人は、騙されるつもりで2巻までは試してみることをオススメします。

・・・・・・もっとも、文章はやっぱり気になりますけど。

☆あらすじ☆
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。“神”を名乗る少年に“ゲームで全てが決まる世界”に召喚された二人は、またたく間に人類種の王座につき、異界の知識で内政を固め次の獲物を狙っていた。『東部連合』―世界第三位の大国。獣人種…つまり獣耳少女の国。「よしそれだその楽園は俺のもんだ獣耳っ子達を征服しに行くぞッ!今!なう!」「心が読める相手にどうやってゲームする気ですのよ!落ち着きなさいな!!」ついに異種族とゲーム開始―。
“最も新しき神話”の人気ファンタジー第二弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ノーゲーム・ノーライフ2

ノーゲーム・ノーライフ1

『ノーゲーム・ノーライフ1』(榎宮祐著/MF文庫J)★☆☆☆☆

ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J)

「このライトノベルがすごい2014」で上位ランクインしていたし、ストーリーが気になったのでとりあえず読んでみました。
うーん、苦手。微妙。

☆あらすじ☆
ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。世界を「クソゲー」と呼ぶそんな二人は、ある日“神”を名乗る少年に異世界へと召喚される。そこは神により戦争が禁じられ、“全てがゲームで決まる”世界だった――そう、国境線さえも。
他種族に追い詰められ、最後の都市を残すのみの『人類種』。空と白、二人のダメ人間兄妹は、異世界では『人類の救世主』となりえるのか?
――“さぁ、ゲームをはじめよう”。

以下、だいぶネガティブな感想です。


続きを読む ノーゲーム・ノーライフ1