「ニリツ」タグアーカイブ

賭博師は祈らない2/周藤蓮

賭博師は祈らない(2) (電撃文庫)
賭博師は祈らない(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年8月刊。
18世紀末イギリスを舞台に、賭博師の青年と奴隷の少女の旅を描いた物語第2弾。
ラザルスとリーラの不器用だけど愛しくなる関係性は相変わらず素敵だったし、ギャンブルに挑むラザルスのビリビリとした緊迫感も前巻同様に胸が熱くなりました〜
そしてやっぱり18世紀末イギリスの世界観を丁寧に描写しているところが好き。背景がしっかりしているから人間ドラマにも深みと安定を感じるんでしょうねー。素晴らしい!

☆あらすじ☆
第23回電撃小説大賞《金賞》受賞作、待望の第2巻!
賭博師と奴隷の少女、二人を待ち受ける障害とは――。
奴隷の少女リーラの救出劇から一週間。賭場を負かし一人の女を守った代償はしかし大きかった。「負けない、勝たない」をモットーにしていたラザルスは賭場に出向くこともできなくなり、帝都を旅立つことを決める。それは、少しずつ心を開き始めたリーラを連れての道楽旅行になるはずだったが……。「ねえ、ラザルス。私と結婚しましょ?」 道中立ち寄った村でラザルスを待ち受けていたのは、さる事情で窮地にある地主の娘エディスからの突然の求婚だった。一方、リーラは二人のやりとりを覗いてしまい、自分はラザルスにとって不要なのではないかと想い悩み始める。「奴隷」である彼女が出した結論とは――。少女たちの想いを受け、やがてラザルスは危険なギャンブルに打って出る。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない2/周藤蓮

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー (GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
本編、ソード・オラトリアに続く、新たなダンまち外伝シリーズの第1弾。
なるべく多くのキャラクターを掘り下げていくシリーズになるようです。トップバッターは毎度助っ人に大活躍の・リュー。
リューと「豊穣の女主人」メンバーの日常と過去について描かれていく内容で、本編の補完として面白かったです。

☆あらすじ☆
主人公は【疾風】リュー・リオン! ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動!
それは神の眷族が紡ぐ歴史の欠片(クロニクル)――。
「アンナ・クレーズを買い取ったのは、『大賭博場(カジノ)』の人間です」
腕利きの元冒険者リューが働く『豊穣の女主人』で今日も騒動が起こる。とある夫婦の一人娘がさらわれたことを知り、正義(アストレア)の名のもとに調査を開始するリュー。その先に彼女が辿り着いたのは――迷宮都市の治外法権、大賭博場。人の欲望が渦巻く黄金の都で【疾風】の轟きが巻き起こる!
「お前達、声を出しな! ここは笑って飯を食べてもらう場所さ!」
そして少女達が酒場に集う始まりの物語も収録!
ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー/大森藤ノ

賭博師は祈らない/周藤蓮

賭博師は祈らない (電撃文庫)
賭博師は祈らない (電撃文庫)

評価:★★★★☆
2017年3月刊。
第23回電撃小説大賞「金賞」受賞作。
18世紀末のロンドンを舞台に、奴隷の少女と孤独な賭博師の出会いから始まる物語です。
明日をも知れぬ賭博師の悲哀とか、少女が沈む絶望とか、そういう重く苦々しい側面の描き方が秀逸な作品でした。
一方で、メイン二人の距離感の変化が生み出す雰囲気は、泣きたいくらいに優しくて温かいもの。
その明暗のコントラストが、物語を情緒豊かに彩っていくのです。
また、史実に基づく世界観は奥行きまでしっかり描かれていて、当時のロンドンの日常風景が目に浮かぶようでした。
そして伏線の張り方は絶妙で構成も丁寧。青年と少女の不器用で愛おしい日常が、やがて一世一代のギャンブルにつながる1本の物語として文句なしの完成度だったと思います。
いやほんと素晴らしかった。ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
十八世紀末、ロンドン。賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。―それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想い通わせていくが…。やがて訪れるのは二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。第23回電撃小説大賞・金賞受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 賭博師は祈らない/周藤蓮

魔法医師の診療記録4/手代木正太郎

魔法医師の診療記録 4 (ガガガ文庫)
魔法医師の診療記録 4 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
魔術×医療のファンタジー第4弾。
相変わらずのカオスっぷり。いやむしろいつも以上にカオスかも?
色んな方向に際どいネタをぶち込みすぎの砂漠の「海回」でした。
面白かったけれど、前半のクリミアとヴィクターの関係は胃が痛かった・・・・・・。

☆あらすじ☆
クリミアのスランプ。魔術を失った彼女は。
古代インスマ文明の発祥の地、インスマ砂漠。灼熱の地に現れた人魚の死体。それに呼応するように、見たこともない海の夢を見始める砂漠の人々。スランプ脱出のために、インスマ砂漠に拠点を置く魔法医学史の権威・ハーネマンの元に訪れていたクリミアは、住人たちを治療しようと主張し続けるが、魔術を使用できなくなった彼女に為す術などない。さらに彼女の隣には、常にあったはずのヴィクターの姿がない。そこに、人魚の噂を聞きつけた、悪名高き解剖医ヴァネッサ・キャスパーが訪れる。再会する二人。深まる人魚の謎。
片や結社の病院に一人残されたヴィクターは、クリミアを求めて旅に出る。インスマ砂漠を取り巻く謎を追うクリミアとヴァネッサ。ドゥンに冒されながらも旅を続けるヴィクター。それを支えるイングリド。
そんな彼らの影で、ついにラー聖教が擁する最強の〈鉄鎚〉ラ・ピュセルが動き出す。黙示録の悪魔を殺すために存在する彼女の存在は、クリミアとヴィクターの旅、そして二人の関係にどのような危機をもたらすのだろうか。
魔法医師の結社と教会の意外な関係。そしてヴィクターが罹患した妖病が、世界にもたらす影響とは。
魔法医学史の根底を覆す、第4集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法医師の診療記録4/手代木正太郎

フェオーリア魔法戦記 死想転生/旭蓑雄

フェオーリア魔法戦記 死想転生 (電撃文庫)
フェオーリア魔法戦記 死想転生 (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
とある宗教戦争の中で戦う少年と少女の物語。
死者を操る「死世学」を軸に、「死とは何か、自意識とは何か、愛とは何か」などの哲学的思考を繰り広げていくファンタジーです。
タイトル的にネクロマンサー大活躍なファンタジー戦記だと思っていたのですが、予想外な方向に物語が深まっていって面食らうハメに。
とはいえ、死世学のもたらす死生観は興味深いものだし、中盤で発覚する仕掛けは驚いたし、内容的にも綺麗に纏まっている読み応えのある1冊だと思います。

☆あらすじ☆
死者の魂を呼び出して、無限の兵器として運用する者。死者の言葉を聞き出して、古代の英知として導く者。死者の想いを利用して、己の欲望を満たす者。―それが死世学者。類い希なる魔力を持ち、たった一人で戦況のすべてを覆す美しき死世学者の少女クレッシェンド・イマジナル。そして彼女が死から喚び起こした最愛の幼馴染みの霊にして、最強の傭兵トトポン。二人は魔法同業組合の発達した黒曜都市共和国にて首都防衛戦に参加する。一般兵から疎まれながらも一騎当千の活躍を果たす彼らだったが、侵略軍の中にも死人兵が現れたことで事態は一変し…。死を操る少女と、不死の傭兵の運命を描く予測不能の魔法戦記ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む フェオーリア魔法戦記 死想転生/旭蓑雄

魔法医師の診療記録3/手代木正太郎

魔法医師の診療記録 3 (ガガガ文庫)
魔法医師の診療記録 3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年4月刊。
妖病と戦う魔法医師の物語第3弾。
クセのあるシリーズだと思っていたのですが、この巻は前巻までよりはちょっと大人しめ?
クリミアたちの医療行為を根底からひっくり返しそうな展開にワクワクしました。

☆あらすじ☆
揺れるクリミア。妖病の新たなる解釈。太古の昔、医術と魔術とは、同一のものであった。その技術を継承し続ける者たち。その者たちは、魔法医師と呼ばれていた。ドゥンと呼ばれる様々な《妖病》の原因。それに感染することで、人は伝承の中に存在する魔物に身を変える。故に、魔法医師は必要とされ続けている――。だが、その魔法医師も《妖病》に冒されることがある。魔法医学の権威・ガレノス。彼は治療法が不明のドゥンに感染し、その命を削りとられていた。そして、彼の元に5人の魔法医師が集う。彼の治療を巡って、技を競い合う魔法医師たち。その一方で、ガレノスの身辺について、奇妙な事柄が浮かび上がってくる。サキュバスの存在と、石化の邪眼を持つ少年。クリミアの他に呼ばれた医師たちとガレノスとの内縁関係。そして、ガレノスは何者かにドゥンを植えつけられた……。果たしてガレノスと、それらとの関係とは。そして、ガレノスの妖病の意外な真相とは。ヴィクターの師、フレデリーク・ナイチンゲールも登場し、クリミアとヴィクターの旅は次のステージへ。魔法医学の特異な一面が記された第3集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法医師の診療記録3/手代木正太郎

魔法医師の診療記録2

『魔法医師〈メディサン・ドゥ・マージ〉の診療記録2』(手代木正太郎著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

魔法医師の診療記録 2 (ガガガ文庫)
魔法医師の診療記録 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
患者を異形に変じさせる妖病に挑む魔法医師の旅物語第2弾。
今度の相手は首なしのバケモノ「デュラハン」と、他人には見えないもう一人の自分「ドッペルゲンガー」。
相変わらず、中世ヨーロッパ風の世界観なのに、なぜか日本の伝奇小説を読んでる気分になる作品ですw
設定が呑み込めたこともあってか、前回よりも面白かったです!

☆あらすじ☆
彼女は言った――「魔物など、存在しない」。 太古の昔、医術と魔術とは、同一のものであった。 それを忘れた人々は、《妖病》と呼ばれる病の患者たちを、魔物と称し、忌み嫌った。 魔法医師の少女・クリミアと、彼女の幼なじみであり重大な妖病を抱えるヴィクターは、その治療法を探して旅を続ける。あるとき立ち寄った街にて、彼らは「もう一人の自分」と会話する少女と出会う。ドッペルゲンガー。魔法医学においてはすでに原因が判明しているはずの病だが、なぜか原因が見つからない。奇妙に思う二人に対し、少女は――首無しの魔物デュラハンの元から逃げてきたと告げたのだった。 ――理性を持つ首無しの生物。 長き歴史を誇る魔法医学界にも資料のない現象。では、それは理論では説明のつかない本物の魔物か……? しかしクリミアは、魔物の存在を認めない。自分のために、ヴィクターのために……。 時を同じくしてクリミアとヴィクターの元に、非道な研究で悪名を轟かす魔法医師が現れる。ヴィクターの妖病を知り、解剖したいと迫る彼女だが……。 はたして、デュラハン、そして少女のドッペルゲンガーの正体とは?魔法医学史上、もっとも稀な事例を取り扱った、第二集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法医師の診療記録2