「ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ」タグアーカイブ

ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ /あざの耕平

ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ (中公文庫)
ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ (中公文庫)

評価:★★★☆☆
2019年2月刊。
『BLACK BLOOD BROTHERS』『東京レイヴンズ』のあざの耕平先生による、新しい吸血鬼もの。
現代日本の闇に潜む吸血鬼たちの抗争を描いた、血と硝煙が薫るハードボイルド・ファンタジーです。
設定もキャラクターはすごく面白いと思いました。マフィアっぽい吸血鬼社会のピリピリした緊張感や人ではない者の哀愁とか。BBBを読み返したくなりました。
・・・・・・ただこれ、どうにも消化不良というか、ここで終わるの?という感じ。
シリーズの第1巻と見るなら全然OKなんだけど、続くのか分からないから評価しづらいんです。続いてほしいなぁ・・・!

☆あらすじ☆
吸血鬼は実在する。都会の夜の中に。彼らは六本木や新宿などで闇に紛れ、強大な長の統率の下、闇社会を形成している。時の流れは関係ない。“一度死んで”甦ってきた者たちこそが吸血鬼なのだから。
―そして今!変化のない時間を過ごしていた彼らに異変が。それは池袋のまとめ役の不在に端を発し…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ダーティキャッツ・イン・ザ・シティ /あざの耕平