「サマミヤアカザ」タグアーカイブ

亜夜子と時計塔のガーディアン2 約束のチョコレート

『亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★☆☆

亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート (角川ビーンズ文庫)
亜夜子と時計塔のガーディアン 約束のチョコレート (角川ビーンズ文庫)

19世紀末イギリスを舞台にしたミステリーなのですが、残念ながら2巻で完結。
設定もキャラクターもストーリーもとても好きだっただけに、かなりショックです。
1巻での伏線も拾いきれたとはいえず・・・・・・。
悲しいですが、喜多みどりさんにはこれからも頑張って欲しいです。次回作を楽しみに待っています。

☆あらすじ☆
19世紀末。憧れの英国へ留学した桜桃院亜夜子は、ひょんなことから鋭い美貌を持つ青年紳士レイと主従契約を結び、彼の下僕として連日連夜振り回されることに。ある日、ロンドンの街で凶悪な“切り裂きジャック”による連続殺人事件が発生し、容疑者としてレイの親友、シーモアが逮捕されてしまう!彼の濡れ衣を晴らすため、事件解決に乗り出す2人だが!?超変人監督生と大和撫子―凸凹コンビの英国事件譚、第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 亜夜子と時計塔のガーディアン2 約束のチョコレート

亜夜子と時計塔のガーディアン1 秘密のお茶会

『亜夜子と時計塔のガーディアン 秘密のお茶会』(喜多みどり著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

亜夜子と時計塔のガーディアン 秘密のお茶会 (角川ビーンズ文庫)
亜夜子と時計塔のガーディアン 秘密のお茶会 (角川ビーンズ文庫)

面白かった!!待ちに待った喜多みどりさんの新作は、19世紀末のイギリスを舞台とするミステリーでした。
主人公は日本からやってきた留学生の亜夜子と彼女が通うパブリックスクールの監督生レイ。物語は、亜夜子とレイが、学校で起こった女学生死亡事件の謎を追うというもの。
女学生はなぜ死んだのか、殺人なのか、事故なのか?誰が事件に関係しているのか?という謎が展開されていく一方で、ファグとファグマスターの関係になった亜夜子とレイが信頼関係を築いていく過程が描かれます。
亜夜子もレイも魅力的なキャラクターだったのですが、レイの可愛いツンデレが個人的にとてもツボでした(*゚∀゚)っ

☆あらすじ☆
19世紀末。憧れの英国へ留学した桜桃院亜夜子は、到着早々誘拐されそうになったところを、鋭い美貌の青年紳士―レイに助けられる。しかし彼は、留学先の学校で“切り裂きジャック”と噂される超変人監督生だった!問答無用で「僕の下僕になりたまえ」と主従契約を交わさせられた亜夜子は、彼の下、学内で起きた事件解決に奔走することになって!?
切り裂きジャックと大和撫子―凸凹コンビの英国事件譚、開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 亜夜子と時計塔のガーディアン1 秘密のお茶会

逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!?

『逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!?』(芹名りせ著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!? (一迅社文庫アイリス)
逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!? (一迅社文庫アイリス)

勢いがあった。コレに尽きると思います。
結婚式に乱入してきた謎の男と突然逃避行をすることになってしまったヒロインの受難を描く作品なのですが、このヒロインがとても危うい。この子、絶対DV被害者になるタイプだわ・・・と戦々恐々としてしまいました。
ちなみに糖分はほぼなかったです。
そして黒王子は割とガチで黒いです。
ヒロインがヒーローに惹かれていく描写をみながら「逃げてーーーっ!!!(((( ;゚д゚)))」って思ったのは久しぶりでした。

☆あらすじ☆
結婚式に乱入してきた美青年フェルナンと、なりゆきで駆け落ちすることになったアンリエッタ。おまけに彼は王宮騎士の追っ手付き。どんな凶悪犯かと思いきや、指名手配されたのは自分のほう!!罪状は王子を誑かした悪女が転じて『誘拐罪』。って、あんた王子なの?人捜しを手伝えば誤解を解いてやると傲慢な彼に憤慨するも、このままでは街すら歩けない。仕方なく協力したら、拘束どころか命の危機もあって!?
危険な逃走劇、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 逃亡花嫁と黒王子 結婚式で指名手配!?

悪魔の花嫁と七つの大罪

『悪魔の花嫁と七つの大罪』(秋月志緒著/ビーズログ文庫)★★★★☆

悪魔の花嫁と七つの大罪 (ビーズログ文庫)
悪魔の花嫁と七つの大罪 (ビーズログ文庫)

我ながら悪魔だの黙示録だのほんと好きだよなぁとは思いますけど、それはともかく面白かったです。
幸せな花嫁となるはずだったヒロインが一転して「悪魔の贄」と呼ばれる呪われた存在になってしまった、というお話。ヒロインが失われた自分の幸せを掴むために奮闘する姿が凜々しくて格好良かったです。守銭奴従者とのドライな関係もイイ。
ヒーローである王子もクールなキャラを最後まで破綻させず、王道に素敵でした。
コメディ要素皆無で結構血なまぐさいお話でしたが、こういうの大好きです(笑)
ラストの展開から先が気になって仕方ないので、ぜひ続きを出してほしい!

☆あらすじ☆
冷徹令嬢VS悪魔王子!! <傲慢の石>を巡る、緊張と知略の駆け引き――開始!!
幸福の絶頂から一転、<悪魔の贄>の印を負ったリシェルは世俗を離れ悪魔を駆逐する毎日。ある時リシェルは、悪魔研究をしていると噂の王子テオドールを訪問する。
2人の体が触れた瞬間、大量の悪魔が出現!「まさか、あなたも……!?」「俺の邪魔をするなら消す」
――呪いを解く鍵は大悪魔“七つの大罪”の力を封じた『傲慢の石』。
「未来は自分で掴むわ」と、リシェルはある勝負を持ちかけ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪魔の花嫁と七つの大罪