「ゴシックファンタジー」タグアーカイブ

呪われた黒猫姫は一途すぎる騎士に愛される /香月航


呪われた黒猫姫は一途すぎる騎士に愛される (夢中文庫セレナイト)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2019年11月刊。
面白かった!
呪い持ちの姫と護衛騎士が旅をしながら悪魔を狩る、主従ラブファンタジー。
タイトル通りの話なのだけど、「騎士の愛」の意味(というか印象?)がクルクル変化するところが面白かったです。この一途さは業が深い。

☆あらすじ☆
「俺はずっとお傍にいますから。この命尽きるまで、ずっと」
かつて悪魔に呪われたことで、国を追われた王女ベアトリス。彼女は唯一の護衛である騎士ウィルフレッドと二人で、仇である悪魔を退治しながら償いのため旅をしていた。〝悪魔狩り〟として名を馳せる二人は、この日も依頼を受けてとある町にやってきたのだが、この町では女性ばかりが暴力沙汰を起こす奇妙な事件が起こっていて……?
夜になると呪いで姿を変えられてしまう王女と、彼女をひたすら守り続ける一途な騎士、二人きり贖罪の旅の行方は……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 呪われた黒猫姫は一途すぎる騎士に愛される /香月航

邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 /千羽十訊


邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年6月刊。
チンピラ神官とツンデレ奴隷天使がイチャつきながらお仕事するファンタジー。
いかにもシリーズものの1巻ぽい内容でした。
少し消化不良な部分もあるんだけど、そこは続刊を読めば解消するかな?
主人公とヒロインの関係はかなり好きな部類なので続きに期待します。

☆あらすじ☆
かつて神々の覇権戦争があった。
その戦いで破れ、神格奴隷となった天使、チェルシー。
その主となったのはヤルダバオト教団の不良神官ギィだった。
ギィは本来は隷従させるべき神格奴隷、チェルシーを綺麗に着飾らせ、一緒に食事を楽しみ、寝床を供にし、旅をする。
「――構え! 慰めろ、そして、甘やかせ、主さま!」
そんななか、教団の《英雄》アウグストの仕事を手伝うことになったギィとチェルシー。
その討伐対象のイフリートたちの潜むラグナロク古戦場には神の陰謀と、裏切りが待っていた――。
不良神官と彼に甘やかされる天使が紡ぐファンタジー開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 /千羽十訊

恋と悪魔と黙示録10 降り積もる恋のための寓話集/糸森環

恋と悪魔と黙示録10(仮) (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録10(仮) (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年4月刊。
過酷な運命を背負った少女と乙女な悪魔の冒険と恋を描いたラブファンタジー。その後日談を含めた短編集です。
これで本当に終わりなんですね。ああ、終わってしまった・・・!
後日談以外にも、本編の前日譚、幕間の掌編、そして「起こり得たかもしれない結末」を描いた闇落ちIFルートなど、驚くほど沢山のエピソードが詰め込まれた豪華仕様の1冊でした。すごい満足感。楽しかったです!

☆あらすじ☆
神魔を使役し《名もなき悪魔》の名を書に記す朔使(さくし)。人と獣の姿を持つ美しき神魔アガルと契約したレジナは、彼と恋に落ち共に生きていくことに。平和な地で悪魔の力によって起こった事件、魔となることが決められている少年の物語、優しい天使とのひととき……欠片たちが集まり、旧き物語と新しき物語が描き出されていく――。一途な魔物と乙女が織りなす、大人気悪魔召喚ラブ★ サイドストーリーと本編のその後を描いた物語集登場!!

以下、ネタバレありの感想です

続きを読む 恋と悪魔と黙示録10 降り積もる恋のための寓話集/糸森環

聖獣様と泣きむし聖女 聖なる丘と封じられた悪魔/かいとーこ

聖獣様と泣きむし聖女 聖なる丘と封じられた悪魔 (一迅社文庫アイリス)
聖獣様と泣きむし聖女 聖なる丘と封じられた悪魔 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
強い浄化能力を持つ聖女が、伴侶の聖獣と一緒に、故郷の街を襲う穢れを浄化していくゴシックファンタジー。
恐がり泣き虫面倒くさがりのヒロインが、ぶるぶる震えながらも使命を果たそうと頑張る物語でした。序盤ちょっとヒロインの持ち上げられ方が気になったものの、終盤で聖女らしさが見えたのは良かった。
聖獣とのイチャイチャはもうちょっとモフみが欲しかったですw

☆あらすじ☆
元最強の聖獣ラズスの花嫁であり、超怖がりなのに教会一の浄化能力を持つ聖女ユイ。彼女はある日、ラズスから故郷の街が穢れ始めていると聞かされる。街を浄化しなければ悪魔が現れるかもしれない!? ユイは顔色を変えて――。あそこは幽霊が出る怖い街だから帰りたくない! 悪魔狩りが趣味のラズスの頼みでも絶対にイヤって言ったのに……。無理やり浄化の旅に連れ出すなんてひどすぎる!! 聖獣と怖がり聖女の悪魔狩りファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖獣様と泣きむし聖女 聖なる丘と封じられた悪魔/かいとーこ

恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁

『恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)

「花神遊戯伝」(角川ビーンズ文庫)と同じ著者の作品です。
花神のほうもけっこう好きなので、読もう読もうと思っていたシリーズ。
読んでみたら、赤面乙女系ヒーローにやられました。なにこの生きもの、可愛すぎます。
主人公であるレジナも自分の目的をしっかり持った強い女の子なので、とても好感がもてます。アガルを言い負かしたりするしね。
文体自体も、花神と違って三人称視点だからか、読みやすい。花神より好きかもしれません。
2014年2月現在、3巻まで刊行されていますが、この1冊だけでも完結しています。気になっている方にはぜひ読んで欲しい作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたは特別。契約して差し上げる」。悪魔の名を記した書を複製する森玄使であるレジナ。ある日、彼女は教会内で美しい獣型の高位の魔物を召喚してしまう。慌てて自室に獣を匿うけれど、聖祭の“神の花嫁”候補が悪魔に襲われる事件が発生!レジナは囮役として花嫁の身代わりをすることに―。そんな中、彼女の危機に美青年に姿を変えた獣が契約を迫ってきて…!?一途な魔物と乙女が織りなす、悪魔召喚ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁