「コミュ難ヒロイン」タグアーカイブ

EDGEシリーズ 神々のいない星で 1・2巻 /川上稔


EDGEシリーズ 神々のいない星で 僕と先輩の惑星クラフト〈上〉 (DENGEKI EDGEシリーズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻「僕と先輩の惑星クラフト」(上)2019年8月刊、(下)同年9月刊。
2巻「僕と先輩のウハウハザブーン」(上)2020年5月刊、(下)同年7月刊。

最近、川上稔作品を読み漁ってるのだけど、最新シリーズもすごく面白いですね!
これは世界各地の神話や伝承が好きな人にはたまらない作品だと思います。特に神話の成り立ちを考察するのが好きな人とかね。
人類史と神話の交錯に思いをはせつつ、元気いっぱいな主人公たちの馬鹿騒ぎに終始笑いっぱなしでした。
テラフォーム系SFとしても楽しめるし、90年代のレトロな空気も面白く、そして先輩と主人公のラブコメは可愛くてにっこり。
各種要素を並べると闇鍋のようだ。それらが上手くまとまっているところも凄いです。
そしてこういう知識量で殴る系の物語大好き!
まじで神話好きは読んだらいいですよ。これは楽しいぞ・・・!

☆あらすじ☆
『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る待望の新シリーズが登場!
境界線上のホライゾンでたびたび言われる“神代の時代”。人々が天上にいたとき、何があったのか……、というか、その前提?
気づくと現場は1990年代。広大な学園都市の中で、僕は馬鹿なダベりをしつつ、巨乳の先輩に縦方向の盛り上がりをしていたのだけど、何か没入系ゲームで即死したりといろいろありましてね……。
チョイと気軽に天地創造。つまりこれは「神話再現」だ……!

以下、2巻までのネタバレあり感想です。

続きを読む EDGEシリーズ 神々のいない星で 1・2巻 /川上稔

魔神少女と孤独の騎士3 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 3【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年5月刊。
ボロボロに泣いてしまいました。
これは、過酷な運命に立ち向かった家族の愛を描いた物語でした。
暗い迷路を彷徨うようなお話だったけれど、それだけに、ラストシーンは感慨もひとしお。
とても良かった・・・・・・が、最後の一文で大混乱!えっ、続くんですか!?

☆あらすじ☆
こんなラノベが読みたかった! 絶賛相次ぐ骨太ファンタジー。本格志向におすすめ。読後満足値急上昇中!
無力化され、ゲテナ統一帝国に捕らえられた七子はうつろな意識のまま暗黒の海に導かれたが、そこで、かつて起きた――これから起こる「記憶」を覗き込んでしまう。
衝撃を受ける七子だが、ファースト階層から送り込まれた子だぬきに励まされ、全ての真実を知るための一歩を踏み出す。一方、七子が死亡したことになっている現実世界でも滝彦や礼津から、自身の運命について衝撃的な話を聞かされる。
そこである《答え》を得た七子は、世界の崩壊を止め、未来を変える決意を胸に立ち向かうのだが――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士3 /三月ふゆ

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?21 /聴猫芝居


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.21 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
最終巻だと思ったら違った・・・!
ちょっと番外編っぽい感じのホワイトデー回でした。
次巻が最終巻とのこと。なんだか死刑執行が伸びた気分ですが(過言)、あとがきを読んで少しホッとしました。

☆あらすじ☆
残念で楽しい日常ほぼ=ネトゲライフ、第21弾!
ネトゲはずっと終わらないと思った? ……残念!どんなものにも終わりはきます!
ついに訪れるレジェンダリー・エイジのサービス終了を控えた、三月。二月でイベントはやり切り、残されたのはせいぜい——ホワイトデーくらい。
……ホワイトデー?
「やらかした! バレンタインにチョコレートをもらったの、忘れてた!」
今年も残念美少女・アコ、そしてネトゲ部のみんなへのプレゼントお返しツアーを敢行しながら、英騎はちょうど一年前、同じように奔走していた「この日」のことを思い出す……。
現在と過去を行き来しながら次々繰り出される、ヒロインたちのエピソード満載の特別編!
カクヨム内「電撃文庫公式アカウント」で掲載された連作短編に、文庫だけの書き下ろし&文庫未収録イラストを加えて、最終巻直前の一日をお届け。
残念で楽しい日常だいたいネトゲライフ、時を超えてこれまでとこれからをたどる、第21弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?21 /聴猫芝居

魔神少女と孤独の騎士2 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 2 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
面白い!めちゃめちゃ面白い!
内向的でいじめられていた少女の、憂鬱な異世界召喚譚。
この第2巻では、第1巻で仕込まれていた「謎」が大きく動き、徐々に物語の空気が変容してきました。

異世界と現実世界の交錯。過去は未来で未来は過去。
部外者すらも引きずり込み、この世界で一体何が起こっているのか。

ワクワクが止まりません。続きが楽しみ!むしろ今すぐWEB版に飛ぶか!?

☆あらすじ☆
「面白すぎる」「続きが待てない」と大反響! ドキドキが止まらない2ヶ月連続リリース!
黒い本に呑み込まれ、異世界の森へと彷徨いこんだ少女、七子。
七子は自らの「眷属」へと変えた騎士、エリアスとともに、現実世界に帰る手掛かりを探すため、魔の森の「最下層」を目指していた。
七子たちは最下層へ降りる協力を仰ごうと、魔の森で出会ったグレンに連れられ、ティフ神聖国に向かうことになる。
女王アビゲイルと交渉した七子は、大陸会議への参加が決まるが、会議までの滞在中、何の因果か、クラスメイトの瑞樹優花と再会する。
一方、現実世界。
「篠原七子の葬儀」の参列を終えた木島礼津は、その帰り道、突如出現した黒い本に呑み込まれてしまう。
次に礼津が目を覚ますと、そこは過去の世界だった。
――物語は世界と時空を越え、動きだしていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士2 /三月ふゆ

魔神少女と孤独の騎士1 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 1 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
やや人には勧めにくいけど(独特な雰囲気なので)、私はとても好きな系統の作品でした。

内気で自罰的で吃音気味のいじめられっ子。
何かあればすぐ謝り、他者と上手くコミュニケーションを取れない自分に嫌悪して、更に内へ内へと逃げていく。
そういう女の子が、残酷な異世界に突き落とされ、望まぬ力を手に入れて波乱の運命を歩みだす物語です。

まさにダークファンタジーという感じで、主人公のキャラクターも合わさり、物語は常にどんよりと暗く重い空気をまとっています。

けれど、そこで主人公は少しずつ変わっていくのです。
3歩進んで2歩下がるように、繰り返されていく成長と後退。
自分がどんな存在になったのかも知らないまま、主人公は異世界の迷宮を進むことになります。
彼女が罪を犯して眷属とした、哀れな騎士と共に。

異世界と現実世界の交錯や、迷宮を巡る各国の思惑、そして人を惑わす「魔」の恐怖。
今まさに動乱が起こりつつある異世界で、少女の運命はどこへ転がっていくのか。

まだまだ謎の多い物語です。続きも楽しみ。

☆あらすじ☆
内気な女子中学生が、亡国の騎士を従えて魔の王になる。現実と異世界が交差する、残酷で美しい珠玉の異世界冒険譚。
気が弱く、クラスで孤立している女子中学生・篠原七子。
ある日、七子は同級生の活発な少女・瑞樹優花 に、秘密にしていたノートを貸してほしいと頼まれる。
そのノートが翌日クラスで回し読みされていることを知り、ショックで図書館へと逃げ込むが、そこで不思議な本と出会う。
「この世界から逃げ出したいなら、お手伝いしてあげる——」
七子は本に取り込まれ、気がつくと異世界にいた。
恐怖に震えながら森を彷徨っていると、血まみれの騎士に会い、「眷属」へと変えていく。
内気な少女・七子と、無口な孤独の騎士・エリアス。
歪な主従関係の二人は、「魔の森」を歩きだすのだが……。
これは一人の少女が残酷世界を生きていく物語である。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士1 /三月ふゆ

塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い /猿渡かざみ


塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
んんん!こういうの好き!
初恋×初恋の両片思いラブコメとか大好き!!

とても初々しくて可愛くて甘酸っぱくて楽しい青春ラブコメでした。
好きな人を前にしては緊張で汗びっしょり、傍にいるのが嬉しくてジタバタ。
常にいっぱいいっぱいな恋心は、少しの動揺でぽろりと泣いてしまうほど。
そんな可愛いイキモノが×2です。かける2なんです(大事)
女の子も男の子も可愛い。あとついでにおじさんも可愛い。

☆あらすじ☆
胸焼け必至!両片想い男女の甘々ラブコメ!
「佐藤さんは高嶺の花で誰に対しても塩対応。でも、意外と隙だらけだって俺だけが知ってる。写真を撮るのが下手。そのくせドヤ顔しがち。そして、へにゃっと笑う顔がすごく可愛い」
「押尾君は誰に対しても優しい。でも、意外といじわるなところもあるって私だけが知ってる。SNSを使うのが上手。オシャレなカフェの店員さん。そして、悪戯っぽく笑う顔にすごくドキドキする」
――これは内緒だけど、俺(私)はそんな彼女(彼)のことが好きだ。
初々しくて、もどかしい二人の初恋の物語。
尊さ&糖度120%! 両片思いな甘々青春ラブコメ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い /猿渡かざみ

引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番2 /山田桐子


引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番: 2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
元引きこもりの伯爵令嬢が、騎士団所属の聖獣たちのお世話に奮闘するお仕事ラブコメ第2弾。
やはり本作一番のイケメンは巨大ウサギのアトラなんですね。
なんでこんな格好いいのか。モフみとイケメンぶりとお兄ちゃん感が絶妙。
しかしヒーロー・サイラスも負けていません。更にパワーアップしたお色気ぶり。薔薇がわさわさしてました。
もはやこの人は常にモザイクかけるしかないのでは・・・・・・ミュリエルの心の安寧のためにも!

☆あらすじ☆
「君が大人の階段をのぼれるように、手を貸そう」
聖獣のお世話をする「聖獣番」として働いている伯爵令嬢ミュリエル。人づきあいが苦手で、本ばかりを読んでいたのが嘘のようだ! となればよかったのだけれど、当然そうはならない。とりわけ色気ダダ漏れなサイラス団長から向けられる好意は、ミュリエルには高すぎる壁としか思えず――。お友達から始めようと言われても、距離感がつかめません! それに、新しい聖獣探しの任務にどうして聖獣番が必要なの?
引きこもり令嬢と聖獣騎士団長の聖獣ラブコメディ第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番2 /山田桐子

レベル98少女の傾向と対策 出屋敷市子シリーズ2 /汀こるもの


レベル98少女の傾向と対策 (講談社ノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2014年10月刊。
謎多き魔法少女(!?)のオカルトな日常を描く現代伝奇第2弾。
1巻に続き、内容的にも視覚的にも圧倒される薀蓄の量でした。
たまに勢いで目を通してしまうときもあるけど(情報量に酔いそうで)、とても面白いです。わけわかんねぇ!って思うことも多々あるけど、それも含めて好き。
そして市子は俗世から超絶した最強の美少女だけど、あまりにもピュアすぎて愛さずにいられません。あと心配なんだよ、色々と・・・!

☆あらすじ☆
国を護るため生まれ、能力を磨いてきた出屋敷市子。しかし中学生になり、その役目を終えた彼女は、護法である妖怪たちと共に父親の元へ。魔法力は、衰えつつあっても並のものではない彼女に持ち込まれるのは、難題ばかり。世間知らずの市子は、友人たちに呆れられながらも事件を通し、少しずつ成長していく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レベル98少女の傾向と対策 出屋敷市子シリーズ2 /汀こるもの

ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの


ただし少女はレベル99 出屋敷市子シリーズ (講談社ノベルス)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年2月刊。
『五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ』(メディアワークス文庫刊)が面白かったので他の作品も読んでみようということで、読んでみました「れべきゅー」シリーズ第1作。
不思議な能力と存在感を持つ女子中学生・出屋敷市子を中心に、彼女の周囲で巻き起こる騒動を描いていく連作短編。
実在の人物・作品名が怒涛の如く垂れ流される天狗の早口オタトークに思わず笑い、サブカル薀蓄で殴られつつも異様に分かりやすい例え話に思わず身体が前のめり。夢中になって一気読みしました。
てかこの妙ちきりんな中毒性、まんま五位鷺の読み味じゃん!すごい!同じ作者だ!(当たり前の感動)
これは他のシリーズも追いたくなりますね。とりあえず「れべきゅー」を読破しよう。

☆あらすじ☆
学校で出屋敷市子は「カッパー」と呼ばれている。彼女のまわりではありえないことばかりが起こるからだ。だからカッパー、デビッド・カッパー・フィールド。同級生の葛葉芹香が撮った写真に偶然写りこんだ市子は、その写真を消去するようにと芹香に迫る。消し忘れているうち、小さな幸運が次々と市子に舞い込むが、それは凶事を呼び込む幸運の無駄遣いだった……。博学天狗にもふもふ狐ほかも登場するオカルティックファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?20 /聴猫芝居


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.20 (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
ネトゲ嫁もついに20巻の大台に突入・・・!
こんなに結婚について真剣に考える高校生とかいるか??と思いつつ、そんなルシアコが大好きな私には楽しくてたまらない20巻でした。
でも、ああ、ラスト、こうくるかぁ〜〜〜〜ああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆あらすじ☆
ネトゲのイベントは一期一会だとでも思った? ——残念! リバイバル祭り開催しちゃいます!
ネトゲ部のみんなは期末試験、そしてマスターはいよいよ受験を控える二月。それ以外にも残念美少女・アコの誕生日やバレンタインデーをはじめイベントが盛りだくさん! だけど、それはネトゲ内でも同じこと。レジェンダリー・エイジでは過去のイベントを大量に再実装する復刻イベントラッシュが行われていた。
そんな中、アコはといえば……
「ルシアンに、プロポーズしたいんです」
え、そっちも復刻するの!?
ゲームもリアルも総復習!
同じようで少しだけ違うお祭り騒ぎをシリーズ中最大ボリュームで贈る!
残念で楽しい日常だいたいネトゲライフ、第20弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?20 /聴猫芝居