「コミュ難ヒロイン」タグアーカイブ

引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番2 /山田桐子


引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番: 2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
元引きこもりの伯爵令嬢が、騎士団所属の聖獣たちのお世話に奮闘するお仕事ラブコメ第2弾。
やはり本作一番のイケメンは巨大ウサギのアトラなんですね。
なんでこんな格好いいのか。モフみとイケメンぶりとお兄ちゃん感が絶妙。
しかしヒーロー・サイラスも負けていません。更にパワーアップしたお色気ぶり。薔薇がわさわさしてました。
もはやこの人は常にモザイクかけるしかないのでは・・・・・・ミュリエルの心の安寧のためにも!

☆あらすじ☆
「君が大人の階段をのぼれるように、手を貸そう」
聖獣のお世話をする「聖獣番」として働いている伯爵令嬢ミュリエル。人づきあいが苦手で、本ばかりを読んでいたのが嘘のようだ! となればよかったのだけれど、当然そうはならない。とりわけ色気ダダ漏れなサイラス団長から向けられる好意は、ミュリエルには高すぎる壁としか思えず――。お友達から始めようと言われても、距離感がつかめません! それに、新しい聖獣探しの任務にどうして聖獣番が必要なの?
引きこもり令嬢と聖獣騎士団長の聖獣ラブコメディ第2弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番2 /山田桐子

レベル98少女の傾向と対策 出屋敷市子シリーズ2 /汀こるもの


レベル98少女の傾向と対策 (講談社ノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2014年10月刊。
謎多き魔法少女(!?)のオカルトな日常を描く現代伝奇第2弾。
1巻に続き、内容的にも視覚的にも圧倒される薀蓄の量でした。
たまに勢いで目を通してしまうときもあるけど(情報量に酔いそうで)、とても面白いです。わけわかんねぇ!って思うことも多々あるけど、それも含めて好き。
そして市子は俗世から超絶した最強の美少女だけど、あまりにもピュアすぎて愛さずにいられません。あと心配なんだよ、色々と・・・!

☆あらすじ☆
国を護るため生まれ、能力を磨いてきた出屋敷市子。しかし中学生になり、その役目を終えた彼女は、護法である妖怪たちと共に父親の元へ。魔法力は、衰えつつあっても並のものではない彼女に持ち込まれるのは、難題ばかり。世間知らずの市子は、友人たちに呆れられながらも事件を通し、少しずつ成長していく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む レベル98少女の傾向と対策 出屋敷市子シリーズ2 /汀こるもの

ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの


ただし少女はレベル99 出屋敷市子シリーズ (講談社ノベルス)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年2月刊。
『五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ』(メディアワークス文庫刊)が面白かったので他の作品も読んでみようということで、読んでみました「れべきゅー」シリーズ第1作。
不思議な能力と存在感を持つ女子中学生・出屋敷市子を中心に、彼女の周囲で巻き起こる騒動を描いていく連作短編。
実在の人物・作品名が怒涛の如く垂れ流される天狗の早口オタトークに思わず笑い、サブカル薀蓄で殴られつつも異様に分かりやすい例え話に思わず身体が前のめり。夢中になって一気読みしました。
てかこの妙ちきりんな中毒性、まんま五位鷺の読み味じゃん!すごい!同じ作者だ!(当たり前の感動)
これは他のシリーズも追いたくなりますね。とりあえず「れべきゅー」を読破しよう。

☆あらすじ☆
学校で出屋敷市子は「カッパー」と呼ばれている。彼女のまわりではありえないことばかりが起こるからだ。だからカッパー、デビッド・カッパー・フィールド。同級生の葛葉芹香が撮った写真に偶然写りこんだ市子は、その写真を消去するようにと芹香に迫る。消し忘れているうち、小さな幸運が次々と市子に舞い込むが、それは凶事を呼び込む幸運の無駄遣いだった……。博学天狗にもふもふ狐ほかも登場するオカルティックファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?20 /聴猫芝居


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.20 (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
ネトゲ嫁もついに20巻の大台に突入・・・!
こんなに結婚について真剣に考える高校生とかいるか??と思いつつ、そんなルシアコが大好きな私には楽しくてたまらない20巻でした。
でも、ああ、ラスト、こうくるかぁ〜〜〜〜ああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆あらすじ☆
ネトゲのイベントは一期一会だとでも思った? ——残念! リバイバル祭り開催しちゃいます!
ネトゲ部のみんなは期末試験、そしてマスターはいよいよ受験を控える二月。それ以外にも残念美少女・アコの誕生日やバレンタインデーをはじめイベントが盛りだくさん! だけど、それはネトゲ内でも同じこと。レジェンダリー・エイジでは過去のイベントを大量に再実装する復刻イベントラッシュが行われていた。
そんな中、アコはといえば……
「ルシアンに、プロポーズしたいんです」
え、そっちも復刻するの!?
ゲームもリアルも総復習!
同じようで少しだけ違うお祭り騒ぎをシリーズ中最大ボリュームで贈る!
残念で楽しい日常だいたいネトゲライフ、第20弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?20 /聴猫芝居

引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番 /山田桐子


引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番【特典SS付】 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年6月刊。
『第三王子は発光ブツにつき、直視注意!』の山田桐子さんの最新作。
前作は眩しすぎて顔が見えない発光ブツヒーローだったのだけど、今作は自主規制で顔が見えない刺激ブツヒーローでした。直視危険男再び・・・!
大きな身体をもふもふさせる聖獣達は可愛くて、彼らのお世話係に任命されたヒロインとの絆にほっこりできて面白かったです。
天然な18禁系ヒーローとコミュ力弱めなヒロインの空回りラブコメも楽しかったし、これは期待の新作。
シリーズ化してほしいなぁ。楽しみに待ってます!

☆あらすじ☆
「倒れた母のためには金がいる。だから王宮に出仕してくれ!」
ある日、そう父に言われた伯爵令嬢のミュリエルは、断固拒否した。なにせ彼女は、人づきあいが苦手で本ばかりを読んでいる引きこもり。王宮で働くなんてムリ!
と思っていたけれど、父が提案したのは図書館司書。そこでなら働けるかもしれないと、早速ミュリエルは面接に向かうが――。
どうして、色気ダダ漏れなサイラス団長が面接官なの?
それに、いつの間に聖獣のお世話をする「聖獣番」に採用されたんですか!?
引きこもり令嬢と聖獣騎士団長の聖獣ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 引きこもり令嬢は話のわかる聖獣番 /山田桐子