「ケンカップル」タグアーカイブ

クラスメイトが使い魔になりまして3 /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして (3) (ガガガ文庫 か 13-3)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
全ケンカップル好きはこれを読め!
ケンカップル好きにはたまらない主従ラブコメ第3弾。
今回も良きケンk・・・・・・・・・・・・・・・あれぇ!?

☆あらすじ☆
言葉で言えないなら……直接行動で示して。
落ちこぼれの俺、芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいる。
紆余曲折はあったが一応主従関係は継続中。
いや「一応」どころか、藤原は俺のことをはっきりと「好き」と言った。それが恋愛感情かはわからないけどなんて言い訳つきだが。
もはや俺も藤原のことを好きなんだろう。俺だってそれが恋愛感情かは分からないが……。
そんななか、俺の魔術の師匠・真紀美がやっかいな頼みごと(命令?)をしてきた。
「新魔術」使いの俺を手に入れたくて仕方ないらしい魔術結社「宵の明星」(今、一番危険な連中)をおびき出すために、俺と藤原で婚前旅行にでかけろと。
ふざけんな!婚前!?……そうか、俺と藤原、許嫁どうしだったんだよな(ため息)。おまけに藤原と犬猿の仲の生徒会長・三条茉莉花までなぜかくっついてきて最低。ただし「3人いっしょに温泉につかろうじゃないか!」の提案だけは、俺は一応、拒否しません。
そして案の定、肝心の囮作戦は激しくヤバい展開となり、藤原が「宵の明星」のヤツのとんでもない「謎の一撃」を食らってしまって――。
喧嘩ップル好きに贈る、「険悪時々デレ」主従ラブコメ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして3 /鶴城東

継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する /紙城境介


継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年4月刊。
うあああ・・・・・・これは、なんというか、ちょっと良すぎでは????
なんだこの揺れる乙女心の瑞々しさは????
結女は元々好きなタイプのヒロインだったんですが、更に大好きになりました。
こじらせて、こじらせて、こじらせた末に、彼女が選んだ道。
不敵に可愛く笑う姿に惚れてしまいそう・・・・・・
俄然楽しくなってまいりました!これは続きが待ち遠しい!!

☆あらすじ☆
そういうところが、好きだったから。終わった初恋と“今”が交差する帰省編
親の再婚できょうだいになった水斗と結女は、元恋人同士。
“家族”らしさも板についてきた二人だが、ときおりあの頃の思い出が蘇り、やっぱりお互いが気になる日々で——。
そんな夏休みも半ば、伊理戸一家は父方の実家に帰省する。
「水斗くんじゃ〜ん!! ひっさしぶりぃーっ!!」
水斗をハグで出迎えたのは、親戚の清楚風陽キャお姉さん・種里円香。
なぜか彼女には従順な水斗に、結女は察する——この人、水斗の初恋相手!?
昔の恋は振り切って、今の関係——“きょうだい”を受け入れたはずの元カレと元カノに、未練が渦巻く三度目の夏祭りが訪れる。
結女の決断に元カップルが大いに揺れ動く、夏休み帰省編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 継母の連れ子が元カノだった4 ファースト・キスが布告する /紙城境介

七代勇者は謝れない2 /串木野たんぼ


七代勇者は謝れない2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年3月刊。
妹襲来の第2巻。
途切れた兄妹愛の顛末がとても感動的でした。
が、ケンカップル分がちょっと足りてない気がする!?

☆あらすじ☆
妹セーネ登場! 聖剣争奪戦、再生の第2巻!!
「どーしよ。くっつくのそれ……?」
勇者の力を奪いあう八代勇者(仮)ジオと(元)七代勇者イリア。崩壊しかけるジオの体をなんだかんだで維持しつつ、折れた聖剣を直す手段を求めて、2人は協力して(故)六代勇者ミルカークの出身地アステリアに向かう。
そんななかジオたちの前に現れる、ジオの妹セーネ。何よりも大事に思っていた彼女の出現に、ジオは激しく動揺してしまう。なぜなら、セーネは2年前に死んでいたはずで……。
セーネを蘇らせたという魔王ヴェル=カの目的とは。そして、兄妹の失われた絆の行方は――?
2人の勇者候補が紡ぐ聖剣争奪ファンタジー、再生の第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七代勇者は謝れない2 /串木野たんぼ

プロペラオペラ2 /犬村小六


プロペラオペラ 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
飛行戦艦がぶつかり合う、恋と空戦の戦記ファンタジー第2弾。
戦闘シーンの理解が私には難しくて苦戦してしまったけれど、それを加味しても面白い作品だと思います。
思うままにならない不条理な圧力と戦い、圧倒的に不利な戦力差に立ち向かい、たったひとつの命を抱えて彼らはどこまで進むことができるのか。
戦争ものは読んでいて辛くなることが多いのだけど、そこできらめく命の輝きに、どうしようもなく目が奪われてしまいます。
あとやっぱりこの幼馴染ケンカップルが本当にいいんだわー!

☆あらすじ☆
美少女艦長+天才参謀、死の淵へダイブ!!
極東の島国・日之雄。その皇家第一王女・銀髪の美少女イザヤは18歳。
同い年で幼なじみのクロトは、10歳の時にイザヤにとんでもない“狼藉”をはたらき皇籍剥奪された曰く付き。
しかしふたりは今、タッグを組んで飛行戦艦「飛廉」を駆る国民的人気の艦隊司令官&超切れ者天才参謀である。互いを意識しているくせに素直になれないイザヤとクロト。イザヤと人気を二分する巨乳艦長リオ。彼女たちのためならいくつでも命を捨てたいファンもとい乗組員たち。その乗組員たちを我が手足として支配するために不謹慎で不埒な策略をこっそりと練るのが策略の天才クロト。
ということで、何も起こらないはずがない南の島のビーチでの休日……の後は、敵国リングランド艦隊との決戦が待っている!!
ファン待望の犬村小六真骨頂「空戦ファンタジー戦記」、スケール&面白さアップの堂々第二幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む プロペラオペラ2 /犬村小六

魔法世界の受付嬢になりたいです3 /まこ


魔法世界の受付嬢になりたいです 3 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年1月刊。
ケンカップル×お仕事ファンタジー完結巻。
様々な伏線が回収され、実にスッキリと読み終わることができました。
喧嘩ばかりしていたナナリーとロックマンの関係も最高の形で着地。とても面白かったです。

☆あらすじ☆
オルキニスの騒動も落ち着き、『受付のお姉さん』も二年目に入ったナナリー。後輩ができ新しい業務も増え、順風満帆。だけど城を襲った魔物が残した「シュテーダル」の謎は未解決のまま、各国からすべての型の魔法使いが集う競技会・ウォールヘルヌスの開催が決定する。
そんな中、ロックマンから魔物がナナリーの属性である「氷型の血」を狙っていると警告されて!? そのうえロックマンとの腐れ縁に実は理由があり……。
「私、喧嘩ばかりだけどロックマンに一度も“嫌い”って言われてない──」
前向き女子の異世界おしごとファンタジー、いよいよクライマックスへ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法世界の受付嬢になりたいです3 /まこ

魔法世界の受付嬢になりたいです2 /まこ


魔法世界の受付嬢になりたいです 2 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年4月刊。
やばいですね、ロックマン。
何なんだろうか、この男は。
いけ好かない天敵の顔をして、当たりのきつい言葉を使い、しれっとした態度のまま、本当に、本当に、何なんだ・・・!(震)
このケンカップル、素晴らしく良いです。というかロックマンがやばいわ。

☆あらすじ☆
幼い頃から憧れた『魔導所の受付のお姉さん』の職に就いたナナリー。就職してからも魔法学校時代のライバル、ロックマンとの腐れ縁は切れないままだったが、使い魔のララと優しい先輩達と共に日々を楽しんでいた。
ある日、騎士団と協力して依頼を受けていた行方不明者が見つかった場所へ調査に出向くことに。だけどメンバーとして現れたのはロックマンで!?
そのうえ何故だかナナリーの行動を一々気にかけてきて――。
前向き女子の、ほのぼの異世界おしごとファンタジー、待望の第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法世界の受付嬢になりたいです2 /まこ

魔法世界の受付嬢になりたいです1 /まこ


魔法世界の受付嬢になりたいです 1 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
受付嬢に憧れる少女が、魔法学校で自分を鍛えつつ、夢を叶えようと奮闘する物語。
最初の魔法学校パートは思ったより圧縮展開なんですね。楽しかったからじっくり読みたかった・・・・・・
でも就職してからが本番のようだし、お仕事ものとして面白くなりそうな感じ。

あとこれケンカップルものだと聞いていたのですが・・・・・・いいね!!すごく良い!!!
なんかこう、じわじわと心に効いてくる感じ。
同じ土俵で殴り合っていた子ども同士が、年頃の少年少女になって、やがて大人に変わりゆくような――

まだまだ序の口っぽいけれど、要所要所でロマンチックが大爆発。とても楽しかったです。

☆あらすじ☆
魔法が日常にあふれるこの世界で、幼い頃からナナリーが憧れる職業。それは魔導所の『受付のお姉さん』!
超一流の魔法使いでないとなれないのだ、と両親に諭され魔法学校に入学するも、周りは王子をはじめ貴族の子女だらけ。「庶民の意地を見せて、一番になってやる!」と決意したものの、隣の席の公爵子息・ロックマンと毎度競い合っていた。
卒業後――努力の末にナナリーは見事念願の『受付嬢』に!
使い魔のララと優しい先輩達と共に依頼をこなす楽しい毎日。だけどこれは嵐の前の静けさだった!? そのうえ、ロックマンとの腐れ縁は就職しても途切れず……!?
前向き女子の、ほのぼの異世界おしごとファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法世界の受付嬢になりたいです1 /まこ

陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで /松尾からすけ


陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
これは良いケンカップルラノベ!

幼なじみの存在感に潰されてきた主人公が、本当の実力を魔王に見初められ、そのまま魔王軍に引き抜かれるファンタジー。
正直、序盤は読むのがキツかったです。クセの強い陰キャのノリが合わず・・・・・・

ただ、そんな主人公が魔王軍に入ってから物語はどんどん面白くなりました。これから読む方はもし途中で投げ出したくなっても最後まで読んでみてほしい。
上にも書いたけれどケンカップルが良いんですよ。ラブコメパートが本当に良い。
養い子に「パパ」「ママ」と懐かれる、恋愛関係すらない男女の距離感が絶妙なんです。
喧嘩しつつ意識し合うツンデレ×ツンデレの恋人未満夫婦もどきとか、もうこれ大好きなやつ・・・!

☆あらすじ☆
本当の幸せは魔王軍≪ココ≫にありました
完全無欠の親友の陰に隠れて実力を出し渋っていたクロは、ある日魔王軍に引き抜かれることに。””本気””を出して魔王軍の改革を進めたり、サキュバスの秘書や魔族幼女と暮らすうち居心地がよくなってきて……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで /松尾からすけ

怪盗主夫は幸せな家庭を愛している /つるみ犬丸


怪盗主夫は幸せな家庭を愛している (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
怪盗と捜査官。追われる者と追う者。
そんな自分たちの実態を、当人たちだけが知らないラブラブ夫婦の物語です。
隠れロミジュリ系の怪盗コメディって感じ。これ系の作品は先日ドラマもありましたね。好きな設定です。
まぁでも本作は結構ツッコミどころが多いんだけど・・・・・・いやいや冷静になったら負けかもしれない。
なんといっても一番冷静じゃないのは主人公たちだしね!

☆あらすじ☆
愛する夫婦の裏稼業は、怪盗と捜査官!? 夫婦リバーシ・コメディ!
料理上手な専業主夫の黄太郎と家計を支えるキャリアウーマンの花恋。
べったりとろ甘な新婚夫婦。だけども、お互いに言えないヒミツの顔があって……。
実はこの二人“伝説の大怪盗”とそれを追う“腕利き捜査官”だったのだ!
家をひとたび出れば知らずのうちに敵と敵。
それぞれが思い描くハッピーな未来を守るため、今宵もお互いの正体を知らない夫婦による大捕物が幕を開ける!
二人の幸せな家庭はいったいどうなってしまうのか――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 怪盗主夫は幸せな家庭を愛している /つるみ犬丸

異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵


異人館画廊 透明な絵と堕天使の誘惑 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
人を狂わせる図像術を用いた絵画。
現代では失われた技術を研究する少女と、彼女を見守る画商の青年。
微妙な距離感にある二人と、様々な技能を持つ仲間たちが、図像術にまつわる謎に挑む絵画ミステリー第6弾。
なにげに2年ぶりの新刊です。
待ちに待ったシリーズ。ようやく色々と動きが――!

☆あらすじ☆
千景のもとに「―もうすぐ僕は、絵を完成させる。見た人を不幸にする絵だ…」と脅迫めいた手紙が届いた。消えた図像術の研究者、有名な心霊スポット「切山荘」、四つの絵…点と点が線となり、やがて千景の過去へと繋がっていく。誘われるように、自らの失った記憶に向き合おうとする千景を透磨は案じ、守ろうと二人の距離は近づいて―?
待望の第六弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵