「ケンカップル」タグアーカイブ

魔法世界の受付嬢になりたいです2 /まこ


魔法世界の受付嬢になりたいです 2 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年4月刊。
やばいですね、ロックマン。
何なんだろうか、この男は。
いけ好かない天敵の顔をして、当たりのきつい言葉を使い、しれっとした態度のまま、本当に、本当に、何なんだ・・・!(震)
このケンカップル、素晴らしく良いです。というかロックマンがやばいわ。

☆あらすじ☆
幼い頃から憧れた『魔導所の受付のお姉さん』の職に就いたナナリー。就職してからも魔法学校時代のライバル、ロックマンとの腐れ縁は切れないままだったが、使い魔のララと優しい先輩達と共に日々を楽しんでいた。
ある日、騎士団と協力して依頼を受けていた行方不明者が見つかった場所へ調査に出向くことに。だけどメンバーとして現れたのはロックマンで!?
そのうえ何故だかナナリーの行動を一々気にかけてきて――。
前向き女子の、ほのぼの異世界おしごとファンタジー、待望の第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法世界の受付嬢になりたいです2 /まこ

魔法世界の受付嬢になりたいです1 /まこ


魔法世界の受付嬢になりたいです 1 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
受付嬢に憧れる少女が、魔法学校で自分を鍛えつつ、夢を叶えようと奮闘する物語。
最初の魔法学校パートは思ったより圧縮展開なんですね。楽しかったからじっくり読みたかった・・・・・・
でも就職してからが本番のようだし、お仕事ものとして面白くなりそうな感じ。

あとこれケンカップルものだと聞いていたのですが・・・・・・いいね!!すごく良い!!!
なんかこう、じわじわと心に効いてくる感じ。
同じ土俵で殴り合っていた子ども同士が、年頃の少年少女になって、やがて大人に変わりゆくような――

まだまだ序の口っぽいけれど、要所要所でロマンチックが大爆発。とても楽しかったです。

☆あらすじ☆
魔法が日常にあふれるこの世界で、幼い頃からナナリーが憧れる職業。それは魔導所の『受付のお姉さん』!
超一流の魔法使いでないとなれないのだ、と両親に諭され魔法学校に入学するも、周りは王子をはじめ貴族の子女だらけ。「庶民の意地を見せて、一番になってやる!」と決意したものの、隣の席の公爵子息・ロックマンと毎度競い合っていた。
卒業後――努力の末にナナリーは見事念願の『受付嬢』に!
使い魔のララと優しい先輩達と共に依頼をこなす楽しい毎日。だけどこれは嵐の前の静けさだった!? そのうえ、ロックマンとの腐れ縁は就職しても途切れず……!?
前向き女子の、ほのぼの異世界おしごとファンタジー、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法世界の受付嬢になりたいです1 /まこ

陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで /松尾からすけ


陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
これは良いケンカップルラノベ!

幼なじみの存在感に潰されてきた主人公が、本当の実力を魔王に見初められ、そのまま魔王軍に引き抜かれるファンタジー。
正直、序盤は読むのがキツかったです。クセの強い陰キャのノリが合わず・・・・・・

ただ、そんな主人公が魔王軍に入ってから物語はどんどん面白くなりました。これから読む方はもし途中で投げ出したくなっても最後まで読んでみてほしい。
上にも書いたけれどケンカップルが良いんですよ。ラブコメパートが本当に良い。
養い子に「パパ」「ママ」と懐かれる、恋愛関係すらない男女の距離感が絶妙なんです。
喧嘩しつつ意識し合うツンデレ×ツンデレの恋人未満夫婦もどきとか、もうこれ大好きなやつ・・・!

☆あらすじ☆
本当の幸せは魔王軍≪ココ≫にありました
完全無欠の親友の陰に隠れて実力を出し渋っていたクロは、ある日魔王軍に引き抜かれることに。””本気””を出して魔王軍の改革を進めたり、サキュバスの秘書や魔族幼女と暮らすうち居心地がよくなってきて……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで /松尾からすけ

怪盗主夫は幸せな家庭を愛している /つるみ犬丸


怪盗主夫は幸せな家庭を愛している (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
怪盗と捜査官。追われる者と追う者。
そんな自分たちの実態を、当人たちだけが知らないラブラブ夫婦の物語です。
隠れロミジュリ系の怪盗コメディって感じ。これ系の作品は先日ドラマもありましたね。好きな設定です。
まぁでも本作は結構ツッコミどころが多いんだけど・・・・・・いやいや冷静になったら負けかもしれない。
なんといっても一番冷静じゃないのは主人公たちだしね!

☆あらすじ☆
愛する夫婦の裏稼業は、怪盗と捜査官!? 夫婦リバーシ・コメディ!
料理上手な専業主夫の黄太郎と家計を支えるキャリアウーマンの花恋。
べったりとろ甘な新婚夫婦。だけども、お互いに言えないヒミツの顔があって……。
実はこの二人“伝説の大怪盗”とそれを追う“腕利き捜査官”だったのだ!
家をひとたび出れば知らずのうちに敵と敵。
それぞれが思い描くハッピーな未来を守るため、今宵もお互いの正体を知らない夫婦による大捕物が幕を開ける!
二人の幸せな家庭はいったいどうなってしまうのか――!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 怪盗主夫は幸せな家庭を愛している /つるみ犬丸

異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵


異人館画廊 透明な絵と堕天使の誘惑 (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
人を狂わせる図像術を用いた絵画。
現代では失われた技術を研究する少女と、彼女を見守る画商の青年。
微妙な距離感にある二人と、様々な技能を持つ仲間たちが、図像術にまつわる謎に挑む絵画ミステリー第6弾。
なにげに2年ぶりの新刊です。
待ちに待ったシリーズ。ようやく色々と動きが――!

☆あらすじ☆
千景のもとに「―もうすぐ僕は、絵を完成させる。見た人を不幸にする絵だ…」と脅迫めいた手紙が届いた。消えた図像術の研究者、有名な心霊スポット「切山荘」、四つの絵…点と点が線となり、やがて千景の過去へと繋がっていく。誘われるように、自らの失った記憶に向き合おうとする千景を透磨は案じ、守ろうと二人の距離は近づいて―?
待望の第六弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊6 透明な絵と堕天使の誘惑 /谷瑞恵

最強カップルのイチャイチャVRMMOライフ 温泉旅行編:繋いだ手だけがここにある / 紙城境介


最強カップルのイチャイチャVRMMOライフ 温泉旅行編:繋いだ手だけがここにある (ダッシュエックス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
あまーーーーーーーい!
「最強カップル」ってタイトルのくせに付き合ってない!でもイチャイチャがすごい!
そんな二人がMMORPGの世界で無自覚にイチャつきながらゲームを満喫するラブコメです。
いや、これ無自覚かな?
無自覚なときもあれば、自覚的なときもあり、そのどちらもすごく美味しい・・・(モグモグ
男女バディものとしても楽しかったし、息ぴったりな仲良しケンカップル最高でした。
小悪魔系後輩が余裕顔でマウント取ろうとして自爆するやつ、いいよね・・・・・・

☆あらすじ☆
孤高のゲーマー、古霧坂里央。学校一の完璧美少女、真理峰桜。現実世界では何の関わりもない2人だったが――
VRゲーム《マギックエイジ・オンライン》では最強コンビとして名を馳せていた。そんなある日、二人は秘境の温泉クエストの攻略へ。しかし見つけた旅館は廃墟と化しており――
「どうしたんですかぁ、先輩? もしかして怖いんですかぁ~?」「はっ……はなれちゃだめって、言ったじゃないですかぁ……!」「人前で裸になるのって……思ったより、ずっと恥ずかしいですね」
お化け屋敷気分の廃墟探索。混浴イベントに超大型ボスとの激戦。最強カップルの日常はすべてがデート!
……なのにこの二人、付き合ってるつもりはないらしい。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最強カップルのイチャイチャVRMMOライフ 温泉旅行編:繋いだ手だけがここにある / 紙城境介

継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ /紙城境介


継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
主役カプだけでなく、サブカプにもスポットを当てるラブコメは良いラブコメ。
そして幼馴染カプ回ですよ、わーいわーい。
幼馴染という関係に対する切り口が楽しい。ぞわっとするシーンもあったけれど、やっぱり楽しかったです。

☆あらすじ☆
まだ覚えてるよ、 好きだったこと。元恋人たちが大いに悶える勉強合宿編!
いさなの告白叶わずも、すんなりと親友同士に戻った水斗といさな。
相変わらず近い二人の距離感に、心がざわつく結女だったが——そんな彼ら以上に、理解できない二人がいた。
南暁月と川波小暮である。幼馴染み同士なのに、顔を見る度にいがみ合い……。
暁月たちの仲直りを望む結女、そして二人の過去を察した水斗は、いさなを巻き込んで一役買うことに!?
きたる勉強合宿。かくして暁月と川波は、黒歴史《おもいで》に向き合うことになる。
あの頃のあだ名で呼び合い、恋人ごっこをさせられて。
それはただの“罰ゲーム”なのに、どうしてもお互いを意識してしまうこの二人も——元恋人同士なのである!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 継母の連れ子が元カノだった3 幼馴染みはやめておけ /紙城境介

クラスメイトが使い魔になりまして2 /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
険悪主従の強制同棲密着学園ラブコメ第2弾。
1巻にも増してケンカップルの良さみが際立っていました。最高かよ。
でも怖い女子も増えた・・・のはさておき、2巻は修行回です。

関係が険悪を超えて冷えだしてきた想太と千影。
そんな二人は試練を乗り越えて信頼関係を築けるのか。

この本を読んでると口元がゆるみっぱなしになるから困ります。もぉ、ニヤニヤが止まらん!
てかね表紙の小指!小指見て!!!

☆あらすじ☆
スキなんて嘘――キライも、たぶん嘘。
落ちこぼれの俺、芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいる。
紆余曲折はあったが一応主従関係は継続中。
そんななか、藤原本家に呼び出された俺は、売り言葉に買い言葉で千影との婚約を認めることに。
おまけに俺たちが婚前交渉しないか、監視役まで付くときた。いや、全裸で懇願されたってしねーよ……一方で、『新魔術』を狙う連中に対抗するため、俺は師匠に特訓を申し込む。
だけどまずは千影と信頼関係を結べ?
なんでこのゴリラ女と、ってうそ暴力はやめ――ごふっ。
喧嘩ップル好きに贈る、険悪主従ラブコメ第2弾!

あらすじの一行目、エモすぎない・・・?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして2 /鶴城東

クラスメイトが使い魔になりまして /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年5月刊。
第13回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞・審査員特別賞受賞作。
アクシデントにより主従関係となった険悪男女を描いた魔術学園ファンタジーです。

これはケンカップル好きにはたまりませんね・・・!

反りが合わない二人による猛烈な罵詈雑言の応酬と、それでも傍に居なければいけない恥辱。
二人の間に隠された事情も相まって、一体どんな関係へ進んでいくのかニヤニヤしながら読みました。超楽しかった。

魔術師の学園ものとしても設定が面白く、スピード感とギリギリ感でもみくちゃにされるバトルは読み応えあり。
一応は召喚バトルなんだけど、使い魔はヒロインなのでバディものっぽい雰囲気があるかな?

すごく好みな作品でした。2巻も続けて読みます。

☆あらすじ☆
「その貧乳で使い魔は無理だろ」「死ね!」
クラスの美少女を侍らせてみたい。
誰もが一度くらいは考えるんじゃなかろうか。でもまあ、正直オススメしない。
落ちこぼれ魔術師の俺、芦屋想太には藤原千影という使い魔がいる。彼女は魔術師の名門出身で、ついでに誰もが憧れる学年一の美少女だ。
え、羨ましい? まじか、じゃあ譲ってやるよ。
まず、こいつはご主人様に求める理想が高い。負けん気が強く、中々反抗的で、絶望的に貧乳だ。
それでもいいならぜひ引き取って……あ、うそ! 許して、藤原さ―――
この物語は主従関係からはじまる、ふたりの恋(?)のヒストリー……らしい。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして /鶴城東

没落寸前ですので、婚約者を振り切ろうと思います /夏目みや


没落寸前ですので、婚約者を振り切ろうと思います (フェアリーキス ピュア)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
幼馴染でケンカップルな婚約者は素直になれるのか!?という学園ラブコメディ。
好きなタイプのカップルだったのだけど、読んでみると仲良しトリオの友情の方が好きになっていました(笑)
それぞれ趣味は違えど人の好きなものを否定せず、ゆる〜く繋がるオタク3人組にとても癒やされる。
ラブコメとしても1冊で綺麗にまとまっていたと思います。

☆あらすじ☆
有名魔法学園に通うアリシアは薬草オタクの変わり者。しかし親同士の取り決めで学園一の人気者リカルドと婚約しているため、いつも注目の的。何かと世話を焼きたがる彼は「しょうがないから俺が面倒みてやる。情が深くて優しい俺様に感謝しろよ」と上から目線! しかし薬草探しの校外学習で助けられてから胸のトキメキを覚えて!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 没落寸前ですので、婚約者を振り切ろうと思います /夏目みや