「クロハルメイカーズ」タグアーカイブ

クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~/砂義出雲

クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~ (ガガガ文庫)
クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~ (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年3月刊。
クリエイティブにオタ活する「創造部」に、オタク知識ゼロの転校生が入部希望者として現れたことから始まる黒歴史生産系青春小説。
クリエイターの悩みと業の深さを感じる作品でした。そもそもオタクという存在自体、業が深いのか。
それにしたってこの主人公は恥が多い人生を生きてる感がすごい。
積み残しがあるのが気になったので続刊に期待しています。

☆あらすじ☆
衝動だけで突き進め! 漆黒の青春と創作!
小説、イラスト、CG、動画……。クリエイティブに関わる活動なら何でもありの「創造部」。
「俺たちはアマチュアだ!クオリティなど気にするのは百年早い!大切なのは衝動だ!」
湊介をはじめとする部員たちは、ただ好きなものへのあこがれと、情熱と、そして衝動に突き動かされ、純粋な創作活動をめざしていた。
しかし「自称ハイパークリエイトプロデューサー」「真性サブカル女」「クリーチャー好きの3DCGクリエイター」等、こじらせまくっているオタク部員ばかりの創作部は、生み出す作品がことごとく黒歴史に。
そんな中、新入部員募集のために創った自主制作まる出しのドB級ショートムービー「終末怪獣クソフラシツボドリル」が、オタク文化にまったく触れずに育ったお嬢様の転校生・比香里の心を掴んでしまって……。
「感動しました!私に色々教えてください!」キラキラと目を輝かせる比香里に、いい気になって創作論を説く湊介。しかし、いざ比香里との創作活動を始めようとするも、プライドや見栄、自意識が邪魔してドツボに嵌まってしまう。
黒歴史を恐れてはならない――でも、俺には才能がない!?
痛くも恥ずかしい、むき出しの青春群像劇開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クロハルメイカーズ ~恋と黒歴史と青春の作り方~/砂義出雲