「クライム・サスペンス」タグアーカイブ

テスタメントシュピーゲル3 上・下 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル3 上 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
上巻2017年1月刊、下巻2017年7月刊。
最高でした・・・・・・本当に最高だった。

国際都市を舞台に繰り広げられる、機械化された少年少女の戦い。
そこで彼女たちが対峙する過去の傷と因縁。
果たして過去を乗り越え未来を掴み取ることができるのか――

素晴らしい青春小説でした。
クライム・アクションで近未来SFなんだけど、それ以上に青春小説としてパーフェクトだった。
過去の暗闇を這いずりながらも未来へ進み続ける少年少女の物語好き・・・・・・シュピーゲル大好き・・・・・・
読んで良かったです!すっごく楽しかった!

☆あらすじ☆
鬼才・冲方丁の原点にして記念碑的大河ライトノベル、ついに完結へ――。 都市を驀進する蒸気機関車とともに、6人の少女は希望への道を切り開く!!
「前へ進み続けろ!! 真っ直ぐ前へ――!!」
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊の涼月は、敵の情報汚染への対抗ユニットを目標地点に運ぶため、機能不全に陥った都市を蒸気機関車で驀進する。そのころ、仲間2人――陽炎/夕霧もまた、のっぴきならない危機に直面していた。やがて散り散りになった仲間たちは集い、全ての事象はひとつに収束していく――。機械化された肉体を武器に闘う少女たちの物語、いよいよ最終章!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル3 上・下 /冲方丁

テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル1 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前シリーズの感想はこちらから

評価:★★★★★
2009年11月刊。
面白すぎる・・・・・・あまりにも面白すぎる・・・・・・
オイレンとスプライトの段階でも「おっもしろーい!ひゃっほーう!」となってたのに、嘘やんこんな面白くなるとかありえるの・・・?

本当はブログに感想を書くよりも続きを読みたい気持ちでいっぱいです。
でも1巻を読み終えたこの瞬間の絶望と感動と興奮は今しか書けないと思ったので、グッとこらえて感想を書きます。

もうね、心が血塗れなんですよ。
今までの全てが容赦なく心を握りつぶした。丁寧にすり潰されて、ぺしゃんこになった。

なのに悔しいくらい面白い。

どうしたらいい?面白すぎるんだけど、これ、まだ1巻なんですよ??
本当にどうしたらいいの・・・・・・

☆あらすじ☆
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊(MPB)に所属する涼月、陽炎、夕霧は今日もささやかな休息を寸断され、テロリスト集団と対峙していた。機械化された肉体を武器に重犯罪者と戦う〈特甲児童〉、だがその心にはいまだに癒えぬ痛みがある。単純に見えた事件の奥に過去へと繋がる断片を見出し、独自の調査へ乗り出す少女達。事態は重大な局面へ……。
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の衝撃的ライトノベル、新シリーズ突入第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁

オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁


【合本版】オイレンシュピーゲル 全4巻 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
オイレンシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年5月刊。
スプライトシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年4月刊。

めちゃくちゃ面白かった!
架空の国際都市を舞台に、治安維持組織に所属する少女たちの戦いを描くSFクライム・アクション。
体に障害を持つ子どもに機械の手足をつけてテロリストとの戦いに放り込むという、かなりドギツイ物語ですが、そこで描かれるドラマとアクションは濃厚の一言。
救いがたく反吐が出るような世界だけど、そこで必死に進み続ける少女の慟哭が胸を打つ。
また、現実世界と切り離せない設定・描写が多々あり、そのリアリティが物語への没入感を高めるかのよう。
あとラブコメが予想外に楽しすぎた・・・!笑

色々書きたいことは後ろに回すとして、近未来警察モノとして最高に面白いエンタメ小説でした。

ちなみに『オイレンシュピーゲル』(角川スニーカー文庫)と『スプライトシュピーゲル』(富士見ファンタジア文庫)はワンセットです。
もしもこれから読む方は1巻ずつ交互に読んでくださいね(2巻と4巻で交錯があります)

シリーズ完結作の『テスタメントシュピーゲル』も近日中に読む予定です。

☆あらすじ(オイレンシュピーゲル1巻)☆
「なんか世界とか救いてぇ――」。あらゆるテロや犯罪が多発し『ロケットの街』とまで渾名される国際都市ミリオポリスに、「黒犬」「紅犬」「白犬」と呼ばれる3人の少女がいた。彼女たちはこの街の治安を守るケルベルス遊撃小隊。飼い主たる警察組織MPBからの無線通信「全頭出撃!」を合図に、最強武器を呼び込み機械の手足を自由自在に操り、獲物たる凶悪犯罪者に襲いかかる!
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の、衝撃的ライトノベル第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁