「イセ川ヤスタカ」タグアーカイブ

普通じゃない世界に迷い込んだ普通の少年は何を選ぶのか―― 『前略、殺し屋カフェで働くことになりました。』/竹内佑

前略、殺し屋カフェで働くことになりました。 (ガガガ文庫)
前略、殺し屋カフェで働くことになりました。 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年10月刊。
偶然迷い込んだ裏通りの劇場。
そこで間違いを犯した主人公は、裏社会の人間に命を握られることになり、時間稼ぎのために彼らのカフェで働くことになるのです。
普通の人間が普通じゃない世界に足を踏み入れた時に、彼は何を思うのか。どんな選択をするのか。
意外と図太い主人公の奮闘にハラハラする作品でした。悪くはなかったんだけど、もっと面白くなりそうな余地を残している感じ。
次巻に期待します。

☆あらすじ☆
夜の廃劇場。最近越してきたばかりの街を探索しようとしていた池也迅太は、そこにいた。
そして、目の前でなにやら不穏に倒れている男をみて、そこで記憶はブラックアウト。
目が覚めると、何やらかわいい女の子たちが話しているのが聞こえてきた。
「やっぱり殺すしかないと思うの」
「でも、遺体の処理だってお金がかかりますし……」
あきらかに危険な会話。漂っているコーヒーの香りが不釣り合いだ。迅太はなんとか命乞いをしようと手を尽くし、処理代を稼ぐ代わりに働かせてくれと頼んだ結果、晴れて殺し屋たちが営む喫茶店のウェイターになってしまう。
店を訪れる明らかに怪しい客たち。これまでの常識の通じない少女たち。
それでも、これまでとはガラリと代わってしまった環境に、迅太は次第に馴染んでいく。そして、命の猶予は刻一刻と――。
だが、その殺し屋稼業の正体は……?
クセだらけの少女たちと、ただの普通の少年が、不思議な喫茶店で社会の闇に触れるとき物語は少しおかしな方向に動き出す。殺し屋喫茶・エピタフ開店ですっ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 普通じゃない世界に迷い込んだ普通の少年は何を選ぶのか―― 『前略、殺し屋カフェで働くことになりました。』/竹内佑

好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる/玩具堂

好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる (角川スニーカー文庫)
好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年6月刊。
普段は無口な帆影さんがブッ飛んだラノベ論を展開していくディスカッション・ラブコメ。
キャッチコピーの「無言の『好き』に萌え死に必至!?」には途中まで首を傾げていたのだけど、最後まで読んで無事に死にました。
ところでこのあらすじ、正しいっちゃ正しいんだけど何か違う気がするんだよなぁ。
WEB作家の友達と喧嘩した妹のために、「ライトノベルって何が面白いの?」を追究する物語なので。
今回のテーマは「表紙」「ハーレム」「異世界転生」などなど。全てに渡ってぶっ飛んでます。
続刊すればロボ回も予定されているらしく、超気になるのでシリーズ化に期待します!

☆あらすじ☆
「恋人同士、ですか? よく解りませんが、それでよければ」
僕の彼女、帆影歩は少し変わっている。無口で無表情が基本な上に「人=哺乳類=おっぱい大好き」と、平然とトンデモ理論を語ってくる。さらに僕の足の甲を愛撫してきたり、入浴中の裸の画像を送ってきたり――って帆影?当初は清純派文学少女だったよね!? おかげでなぜか妹の映が心配?してきて、言葉責めに合うようになったのですが!?(妹よ、お前は何なんだ)
そんな帆影も“普通彼女”を目指してはいるらしく、参考にしているのは……ら、ラノベらしい?(なんか期待しちゃう)
彼女と妹と僕。ラノベを通じた不思議な三角ラブコメ開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる/玩具堂